アメリカ

2016年5月28日 (土)

オバマ演説(広島)英文と日本語(エキサイト翻訳)

よくアメリカ大統領が広島へ来た。アメリカ大統領が共和党だったら、とても実現は無理だったと思う。あと数ヶ月しか任期がないからこそ、やれたことだ。人生も残り少なくなったら、思い切って、勇気を出して主張すべきはしなければならない。

広島市の平和記念公園での演説で「核兵器なき世界」への決意を表明するオバマ米大統領=27日午後5時49分(代表撮影)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 Seventy-one years ago, on a bright cloudless morning, death fell from the sky and the world was changed. A flash of light and a wall of fire destroyed a city and demonstrated that mankind possessed the means to destroy itself.
71年前は明るい雲ひとつない朝、死において空から低下し、世界は変更された。ライトのフラッシュおよび火の壁は、都市を破壊し、人類が、自身を破壊するための方法を所有しているのを証明した。

Why do we come to this place, to Hiroshima? We come to ponder a terrible force unleashed in the not so distant past. We come to mourn the dead, including over 100,000 Japanese men, women and children, thousands of Koreans and a dozen Americans held prisoner.
 なぜ広島にし 私達 、この場所に来るか?私達は、過ぎて遠い において解放されたひどい力を考えるために来る。私達は、100,000人を超える日本人男性、女性と子供、数千人の韓国人、およびダースアメリカ人 拘束囚人 を含む死にを悼むように来る。

Their souls speak to us. They ask us to look inward, to take stock of who we are and what we might become.
それらの人は私達と話す。彼らは、私達に、鑑定する 誰の私達のareのおよび もの 私達がなるかもしれない ために中であることに見えるように頼む。

It is not the fact of war that sets Hiroshima apart. Artifacts tell us that violent conflict appeared with the very first man. Our early ancestors, having learned to make blades from flint and spears from wood, used these tools not just for hunting but against their own kind.
それは、広島を異なっているようにする戦争の事実ではない。人工物は、私達に、暴力的な衝突が非常に最初の人と出現したと言う。私達の早い祖先は、木材からの火打石と鎗からブレードを作るのを学び、ただハンティングを起こすことのためにけれども彼ら自身の種類に対してこれらのツールを使った。

On every continent the history of civilization is filled with war, whether driven by scarcity of grain or hunger for gold, compelled by nationalist fervor or religious zeal. Empires have risen and fallen, peoples have been subjugated and liberated, and at each juncture innocents have suffered -- a countless toll, their names forgotten by time.
 すべての大陸には、文明の歴史は金への穀物または熱望の不足により動かされるかどうかにかかわらず戦争によって満たされて、国家主義の熱情または宗教の熱心により強要される。帝国は上がり、落ちて、民族鎮圧および解放されて、個々の連結無邪気な子供で苦しんだ--時間までに忘れられたそれらの名前という無数の使用料。

The World War that reached its brutal end in Hiroshima and Nagasaki was fought among the wealthiest and most powerful of nations. Their civilizations had given the world great cities and magnificent art. Their thinkers had advanced ideas of justice and harmony and truth, and yet the war grew out of

the same base instinct for domination or conquest that had caused conflicts among the simplest

tribes, an old pattern amplified by new capabilities and without new constraints.広島と長崎のその残忍な終わりに達した世界大戦と国家で最も裕福に、最も強力に戦った 持ち 。それらの文明社会は世界大きい都市および壮大なアートを与えた。それらの思想家は、公正と調和と真実のアイデアを進めて 新しい機能および新しい制約により拡大された古いパターン 、それなのに、戦争は、最も簡単な種族の間の衝突を起こした支配または征服のための同じ基本の本能から生じた。

In the span of a few years some 60 million people would die: men, women, children -- no different than us, shot, beaten, marched, bombed, jailed, starved, gassed to death.

There are many sites around the world that chronicle this war -- memorials that tell stories of courage and heroism, graves and empty camps that echo of unspeakable depravity.

数年のスパンにおいて、約6000万人の人々が死ぬ:人、女性、子供--いいえ、私達、撃たれて、打ち延ばされて、行進して、爆撃されて、拘留されて、飢えていて、死ぬまでガスを入れられて違う。

この戦争を記録する世界中に多くのサイトがある--勇気の物語、および言いようもない堕落で反響する英雄的素質、墓、および空のキャンプを話す記念物。

Yet in the image of a mushroom cloud that rose into these skies, we are most starkly reminded of humanity's core contradiction -- how the very spark that marks us as a species, our thoughts, our imagination, our language, our tool making, our ability to set ourselves apart from nature and bend it to our will -- those very things also give us the capacity for unmatched destruction.

How often does material advancement or social innovation blind us to this truth? How easily do we learn to justify violence in the name of some higher cause?

Every great religion promises a pathway to love and peace and righteousness. And yet no religion hasbeen spared from believers who have claimed their faith has a license to kill.

Nations arise telling a story that binds people together in sacrifice and cooperation, allowing for remarkable feats, but those same stories have so often been used to oppress and dehumanize those who are different. Science allows us to communicate across the seas, fly above the clouds, to cure disease and understand the cosmos. But those same discoveries can be turned into ever more efficient killing machines.
まだ、これらの空に昇ったきのこ雲のイメージにおいて、私達は人間性の中心的な否定を最もはっきりと思い出す--どのように、種、私達の考え、私達の想像力として私達をマークするまさしくそのスパーク、私達の言語、私達のツール制作、自然から自身を目立たせて、私達の意志にそれを曲げる私達の能力--それらのまさしくその物は私達にたぐいまれな破壊の能力も与える。

何回 物質的な進歩 または社会的な革新が、私達をこの真実に盲目的にするか?私達は、どれほど容易に、あるより高い原因の名において暴力を正当化するのを学ぶか?

すべての大きい宗教は、愛情と平和と正義に、小道を約束する。それなのに、宗教は、殺すために、それらの信頼がライセンスを持っていると主張した信者から全然節約されなかった。

顕著な偉業を考慮し、国家は生じて、犠牲と協力において人々をバインドする物語を話すけれども、それらの同じ物語は、違う人々を圧迫し、人間性を失わせるためにそんなにしばしば用いられた。科学は、海を横切って私達が通信すること、病気を治療し、宇宙を理解するために雲の上で飛ぶことを可能にする。しかし、それらの同じ発見物はいっそうの効率的殺害マシンに変えられうる。

The wars of the modern age teach us this truth. Hiroshima teaches this truth. Technological progress without an equivalent progress in human institutions can doom us. The scientific revolution that led to the splitting of an atom requires a moral revolution as well.

That is why we come to this place. We stand here in the middle of his city and force ourselves to imagine the moment the bomb fell. We force ourselves to feel the dread of children confused by what they see.

We listen to a silent cry. We remember all the innocents killed cross the arc of that terrible war, and the wars that came before, and the wars that would follow.

Mere words cannot give voice to such suffering. But we have a shared responsibility to look directly into the eye of history and ask what we must do differently to curb such suffering again.

Some day the voices of the Hibakusha will no longer be with us to bear witness. But the memory of the morning of August 6, 1945 must never fade. That memory allows us to fight complacency. It fuels our

moral imagination, it allows us to change.
現代の時代の戦争はこの真実を私達に教える。広島はこの真実を教える。人の組織で等しい進歩なしの技術進歩

は、私達を運命づけることができる。原子の分割を引き起こした科学の革命は、その上、道徳的な革命を必要と

する。

それは、私達がこの場所に来る理由である。私達はこの都市の中央でここに立ち、爆弾が落ちた瞬間に、想像し

ていることを自身に強制する。私達は、彼らが見るものにより混同された子供の恐怖を感じることを自身に強制

する。

私達は静かな叫び声を聞く。私達は、そのひどい戦争の円弧、および前に来た戦争、および続いている戦争を横

切ってすべての無邪気な子供が殺したことを覚えている。

単なる言葉は声をそのような苦しみに与えることができない。しかし、私達は、歴史の目を直接調査し、再びそ

のような苦しみを抑制するために、私達が何を違ったふうにしなければならないかを尋ねるために、共有された

責任を持っている。

いつか、被爆者の声は、証拠を支えるために、もう私達にない。しかし、1945年8月6日の朝のメモリーは決して

薄れるはずがない。そのメモリーは、私達が自己満足と戦うことを可能にする。それは私達の道徳的な想像力に

燃料を供給し、それは、私達が変わることを可能にする。

And since that fateful day we have made choices that give us hope. The United States and Japan forged not only an alliance, but a friendship that has won far more for our people that we can ever claim through war.

The nations of Europe built a union that replaced battlefields with bonds of commerce and democracy.

Oppressed peoples and nations won liberation. An international community established institutions and treaties that worked to avoid war and aspired to restrict and roll back and ultimately eliminate the existence of nuclear weapons.

Still, every act of aggression between nations, every act of terror and corruption and cruelty and oppression that we see around the world shows our work is never done. We may not be able to eliminate man's capacity to do evil, so nations and the alliances that we formed must possess the means to defend ourselves.

Among those nations like my own that hold nuclear stockpiles, we must have the courage to escape the logic of fear and pursue a world without them. We may not realize this goal in my lifetime, butpersistent effort can roll back the possibility of catastrophe.

そして、その決定的な日以来、私達は、私達に希望を与える選択をする。米国と日本は、同盟を作り上げたけれども、ずっと私達が戦争を通じて要求できる私達の人々のためにずっともっと勝った親交。

ヨーロッパの国家は、戦場を商業と民主主義の束縛と取り替えた組合を築いた。圧迫された民族と国家は、解放を勝ち取った。国際的なコミュニティは、戦争を避けるために働き、限定し、後退し、核の武器の存在を最終的に取り除くことを熱望した組織と条約を設立した。

それでも 国家の間のすべての幕の侵略 、すべての幕の恐怖と腐敗、および世界中で私達が見る残酷さと抑圧、私達の仕事を示す 決してされない 。私達は、悪をするために、人の能力を取り除くことができないかもしれない。従って、私達が形成した国家と同盟は、自身を防御するための方法を所有していなければならない。

核の資材を持っている私自身のようなそれらの国家の間には、私達は、恐怖のロジックを免れて、それらなしで世界を追跡する勇気を持っていなければならない。私達は私の生涯のこのゴールを実現できないけれども、持続的な努力により大災害の可能性は巻き戻されうる。

We can chart a course that leads to the destruction of these stockpiles, we can stop the spread to new nations, and secure deadly materials from fanatics. And yet that is not enough, for we see around the world today how even the crudest rifles and barrel bombs can serve up violence on a terrible scale.

We must change our mindset about war itself -- to prevent conflicts through diplomacy and strive to end conflicts after they've begun; to see our growing interdependence as a cause for peaceful cooperation and not violent competition; to define our nations not by our capacity to destroy but by what we build. And perhaps above all we must reimagine our connection to one another as members of one human race -- for this too is what makes our species unique.

We're not bound by genetic code to repeat the mistakes of the past. We can learn. We can choose. We can tell our children a different story, one that describes a common humanity, one that makes war less likely and cruelty less easily accepted.

We see these stories in the Hibakusha: the women who forgave a pilot who flew the plane that dropped the atomic bomb because she recognized what she really hated was war itself; the man who sought out families of Americans killed here because he believed their loss was equal to his own.

私達は、これらの資材の破壊を引き起こすコースをチャートで示すことができて、私達は新しい国家に広がりを止めて、狂信者から必殺の素材を守ることができる。それなのに、今日、世界中で、私達が、最も天然のライフルと樽爆弾でさえどのようにひどいスケールの暴力の上で役立つことができるかをわかるので、それは十分ではない。

私達は戦争自身についての私達の思考様式を変更しなければならない--外交を通じて衝突を防止し、それらが始めた後に衝突を終えるために努力するために;私達の成長相互依存を暴力的な競争ではなく、平和な協力のための原因と考えるために;破壊する私達の能力ではなく、私達が築くものによって私達の国家を定義するために。そして、たぶん、とりわけ私達は、互いの私達の接続を1人の人類のメンバーと再想像していなければならない--また、私達の種をユニークにするものがこれのためにである。

私達は、遺伝情報により、過去の誤りを繰り返すことを義務づけられない。私達は学ぶことができる。私達は選ぶことができる。私達は、違う物語、共通の慈善行為、それほどありそうではない戦争およびそれほど容易ではなく受け入れられて戦争するものを説明するものを私達の子供に話すことができる。

私達は被爆者においてこれらの物語を見る: 彼女が認めていたので原子爆弾を落とした飛行機を操縦したパイロットを許した女性もの 彼女が本当に憎悪した 戦争自身であった;彼がそれらの損失が彼自身と等しいと信じたので、ここで殺されたアメリカ人のファミリーの外で捜した人。

My own nation's story began with simple words: "All men are created equal, and endowed by our Creator with certain unalienable rights, including life, liberty and the pursuit of happiness."

Realizing that ideal has never been easy, even within our own borders, even among our own citizens. But staying true to that story is worth the effort. It is an ideal to be strived for, an ideal that extends across continents and across oceans.

The irreducible worth of every person, the insistence that every life is precious, the radical and necessary notion that we are part of a single human family: that is the story that we all must tell.

That is why we come to Hiroshima, so that we might think of people we love, the first smile from our children in the morning, the gentle touch from a spouse over the kitchen table, the comforting embrace of a parent.

We can think of those things and know that those same precious moments took place here 71 years ago. Those who died, they are like us.

Ordinary people understand this, I think. They do not want more war. They would rather that the wonders of science be focused on improving life and not eliminating it.

私自身の国家の物語は簡単な言葉から始まった:「すべての人は等しく創造されて、私達の創造者から、ライフ、自由、および幸福の追跡を含む一定の譲渡できない権利を与えられる。」。

私達自身の市民の間でさえ私達自身の境界内でさえ理想が一度も容易であったことがないことに気がつく。しかし、その物語に忠実なままでいることは、努力に値する。それ、大陸と海洋を横切って拡張する理想のために努力することが理想である。

すべての人、主張の削減できない価値 すべてのライフが貴重である 、根本的で、必要な観念 that 私達は単一の人ファミリーの一部である:それは、私達すべてが話さなければならない物語である。

それは、私達が広島に来る理由である。私達が人々について考えるように私達が愛していること朝の私達の子供からの最初の微笑み、キッチンテーブルの上の配偶者からの優しい感触、親の慰め抱擁。

私達はそれらの物について考えて、71年前ここでそれらの同じ貴重な瞬間が起こったと知っているかもしれない。死んだ人々 それらは 私達に似ている。

普通の人々はこれを理解し、私は考える。彼らはより多くの戦争を望まない。彼らは、科学の不思議の焦点がライフを改善し、それを取り除かないことに合わせられることを望んだ。

When the choices made by nations, when the choices made by leaders reflect this simple wisdom, then the lesson of Hiroshima is done.

The world was forever changed here, but today the children of this city will go through their day in peace. What a precious thing that is. It is worth protecting and then extending to every child.

That is a future we can choose, a future in which Hiroshima and Nagasaki are known not as the dawn of atomic warfare, but as the start of our own moral awakening.

そしてリーダーによりされた選択がこの簡単な知恵を反映する時に国家により広島のレッスンにされる選択がされる時。世界はここで永久に変更されたけれども、今日、この都市の子供は平和のそれらの日を通り抜ける。もの である貴重な物 。保護し、それから、すべての子供に拡張することが値する。

それは、広島と長崎が核戦争の夜明けではなく、私達自身の道徳的なめざめの開始として知られている未来に、未来 私達が選ぶことができる, である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2016年5月21日 (土)

モーリー・ロバートソンの出自 日本育ちの米国籍

 アメリカ国内では、大統領の広島訪問については、反対する声も少なくなかった。Nobamasmilelarge570  しかし、オバマ氏らが「アメリカで大きな政治的反発を招くことはなく、戦争の犠牲者に哀悼の意を捧げることはできる」などと意欲を見せ、国家安全保障会議(NSC)もアメリカの世論が大統領の広島訪問を「前向き」に受け止めていると判断。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 NHK土曜日の朝番組「ふか読み」で、出席者は、アメリカ大統領オバマの広島訪問をまるで「腫れ物」を触るような扱いである。
 日本人の基本姿勢は、よくも原爆を日本に落としてくれたな!という意見を持ちながら、まあ、よく来てくれた。徐々にアメリカ国民を納得させてほしい。次に、人類は核兵器を廃絶しようぜ。という共通認識をもつことだ。

 オバマ大統領が広島訪問について、討論していた。そこで、モーリー・ロバートソンが参加していて、アメリカの代表的な意見をいうのかとおもったら、彼は広島で育っているその日本のルーツを語った。
 
モーリー・ロバートソン(Morley Robertson、1963年1月12日 - ):日本を中心に活動している米国籍のDJ、ラジオパーソナリティー、ミュージシャン、ジャーナリスト。妻は日本人。
 モーリー・ロバートソンって、時々見かける顔だったが、どういう人だか知らなかった。まるで日本人、日本で小学生中学の途中までいたから、そうなるのだろうが、日本びいきだ。

000005 モーリー・ロバートソンは、途中まで発言していなかったが、
3949l_2「まず、私の出自をちょっとお話したい。
 僕は、アメリカ人医師の父と日本人の母の間に生まれました。1968年5歳の時、広島に移住しました。研究員だった父は当時ABCCと呼ばれた「原爆調査委員会」という研究所へ赴任したからです。後に放射線研究所の名前は変わります。

 僕の家族の認識は、父が被爆者の方をなんとか健康に戻るゆように助けているのだ、と意識があった。大人になって調べると、もう少しドロドロした占領国側の思惑もいっぱいあったようで、当時の僕はそれは意識せず、5歳から13歳まで広島に住んでいました。

 小学校5年生のころには、完全に広島っ子になってしまって、外国人の学校はやめて日本の小学校へ編入し、地元の男子校の修道中学へ行き、だから、完全に広島っ子になってアメリカへ帰った。「はだしのゲン」はリアルタイムで連載を読んでいた。完全に広島側の見方を原爆について持っていた。
000006 原爆資料館には、何度となく子供時代に訪れています。それ以外にも、原子爆弾の爆心地の模型みたいなものが、研究所のABCCの中にあって、下校時にそこで父との待ち合わせをしていたから、頭に入っていた。原子爆弾はリアルで痛ましい凄惨なものだった。

 アメリカに戻った途端に、誰も知りませんでした。誰も知識を持っていなかった。もし、戦争の話をしようものなら、日本は真珠湾攻撃をするよう卑怯な民族だろか、というような人種差別を受けた。それは'70年代、13歳、14歳だった。

 大学になって、80年代になって、論理的に「原子爆弾はこんなにひどい、アメリカもソ連も、日本の憲法9条を輸入して、直ちに「核開発をやめろ!」と、あらゆる回りの学生に言うと、“オマエは、バカか”と言われてしまった。

 ユダヤ系の
同級生の家に泊まったときに、
“そもそも日本にアメリカの基地がある”から始まって、
 要は「一人ひとりの被爆者に顔がある」と言うと、
“じゃあ、ユダヤ人のガス室で死んだ名前を言えるか?”みたいなふうになり、“広島の原爆は正しい”と急に言い出して、
 「何を言うのですか?」というと、
“ユダヤ人が何人死んだか知っているか?ナチスと日本は組んでいたのだぞ!その罪を日本は購えるのか?”みたいになっちゃって、絶句した。 80年代には、(アメリカと日本は)意識が乖離していた。」

司会:オバマ訪問で、何か変わるでしょうか。
 広島っ子の私は、オバマ大統領としては、謝罪をしてほしいし、被爆者にも会ってほしい。本当だったら、(アメリカは)憲法9条を採用してほしい。
 その後、ジャーナリストの仕事をすると、いかにこれが難しいか、そして、2009年オバマさんが就任して以来、いかにして共和党とすべてを政治的に妨害して彼のやったことを「弱腰」と決めつけ、プロパガンダしてきたか、それも今大統領選ですからもっと激しくなっています。
 今の段階で、オバマさんが謝罪をすると、国内の政治にもヒビが入ってしまうので、ジャーナリストとしては難しい。
 というのが、
今のモーリー・ロバートソンの立場と意見だ。

121207
000009モーリー・ロバートソン(Morley Robertson、1963年1月12日 - ):日本を中心に活動している米国籍のDJ、ラジオパーソナリティー、ミュージシャン、ジャーナリスト。ニューヨーク生まれの広島市育ち。妻は女優の池田有希子。(Wikipedia)

  アメリカ合衆国ニューヨークで、スコットランド系アメリカ人の父親(医師)と、毎日新聞社記者の母親のロバートソン黎子の間で出生。生後2か月から、幼稚園に通う頃まではサンフランシスコに在住。1968年に、父の仕事の転勤で広島県広島市の比治山近くに移住。父は比治山上の原爆傷害調査委員会、通称:ABCC(現・放射線影響研究所)に勤務し原爆患者の研究にあたった。広島市では小学校5年生まで広島市のインターナショナルスクールで過ごす。1973年、小5の2学期から同市五日市町の公立小学校に。1975年、修道中学校に入学、父の転勤で2年1学期末に中退し、米国ノースカロライナ州チャペルヒルに転居。 
 同年9月、チャペルヒルの公立校に入学した。
1ヶ月足らずでデューラム市の私立校に転校。ここで1年飛び級したが、1977年夏、父の転勤でサンフランシスコへ転居。同年9月、現地の公立高校に入学。
 のち留学生として高校から修道に戻るも、
修道高等学校を退学し、母の実家、富山県高岡市に母や弟と移住。当初、高岡高校に聴講生の扱いでしばらく通学。その後に編入を認められた。

  1981年3月、富山県立高岡高校卒業、東京大学理科一類に入学。同時にハーバード、マサチューセッツ工科、スタンフォード、イェール、バークレー、プリンストンの各大学にも合格。東大を同年7月に中退。1988年ハーバード大学を卒業。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2016年4月22日 (金)

タックスヘブンの税金回避地で、日本人名が報道されない?

 タックスヘイブン(租税回避地)で現地法人の設立・運営・管理をしていたパナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」から漏洩した、「パナマ文書」、機密情報が2.6テラバイト(すべて印刷すると、トラック1000台分!)も流出した、ようだ。000039世界を震撼させているが、
 一般人には床屋政治談議みたいなもので、関心のない人が多い。しかし、テレビなどで報道しない理由は、スポンサーを怒らしたくないのが、アリアリだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 その中には中国の習近平主席の親族、ロシアのプーチン大統領の周辺、英国のキャメロン首相の亡父ほか、世界各国の首脳・閣僚等、重要人物あるいはその関係者の名前も多数ある。
000064 習近平主席が直接かかわったわけではないが、「汚職追放」でやってきた政治上の指導力にかげりが出る。
 某保険会社や銀行のトップになる寸前は、身奇麗にしないと、指弾される、と親戚一同が同社から融資の便宜を図ってもらうのをやめた・・・などということがある。そういう意味では、公職に付く人間は、金銭問題にクリーンでないと、あぶない。


 文書を見た人からの情報では
(日本では)「セコムの創業者である飯田さん、丸紅、ファーストリテイリング、バンダイ、JAL…。」これらは全て「パナマ文書」に名前が掲載されていた個人及び企業名だ、という。

 税金逃れのためペーパーカンパニーの所有者の実名、その活動内容など、絶対に明るみに出ないはずだった。いったい誰が、何のために暴いたのか?000034 「パナマ文書」について、日本では相変わらず通り一遍の報道しかなされていない。このままだと、「本当に重要な部分」が世間に伝えられることは、絶対にない。 中国では、「パナマ文書」と検索すると、出ないように措置されている。000070日本も、マスコミ関連の部署は、自己規制をかけて、多くの有力TVは知っていながら、口つぐんでいる。
000048000047

 2013年にエドワード・スノーデンが持ち出して、ロシアに渡った米国諜報活動に関する機密情報、あるいは2015年に令完成(中国人)が米国に持ち出した中国共産党に関する機密情報、その後、どう「活用」されたか、どんな「取引の材料」に使われたのか一切漏れ伝わってこない。

 つまり、「パナマ文書」の本当に重要な部分は、それを漏洩させた誰か(あるいはどの部分をどのタイミングでどのように公にするかを決められる誰か)により恣意的に利用されるはずです。

「パナマ文書」をスクープというか、強奪したのは、どこの諜報機関か。送られた先が「南ドイツ新聞」であったことを考えれば、ドイツ政府の意を受けたBND(ドイツ連邦情報庁)が最初に思い当たる。としたら、闇が深い。000079000080
 BNDとは、、7000人もの職員を抱え、かつては東西冷戦時、対東独・東欧・ソ連の諜報活動の最前線だった組織で。ロシアやプーチン大統領を狙い撃つためのものだったと考えれば、一応は筋が通る。

 その中には、日本人情報はほとんど含まれていなかった。検閲があるからではなく、アクセス出来る情報量の問題で、未公開部分は来月に明かされる予定で、新たな情報が出てくるとしたらその後。
http://features.thesundaytimes.co.uk/web/public/2016/04/10/index.html

クリックすると、Get the data: downloadダウンロードしてデータをとれるとある。

 数千億円も財産を持つと、その金を税金対象から逃げたいと思う心理は、欲で生きる人間なら、タックスヘブン、スイス銀行を頭に描くだろう。しかし、そのカネを管理してあげるよ、と集める上手な国や組織もあるわけだ。

 タックスヘブンという無税の組織を持つ国も多い。法的にはなんら違法ではないと言い逃れる人は多いはずだ。1%の巨万の富を持つ人と、99%の貧困者との格差、乖離はどうしたらいいのだろうか。みんな真剣に考えているのだろうか?

 金持ちの横行で、ロンドンの不動産価格は2倍に上昇した。000109 パキスタンの大統領の娘が数億の部屋を3部屋所有しているが、使っていない。だから、ロンドンの高級マンションのビル街は暗い通りになっている。

養育里親の親子関係のトラブル、その覚悟と理解
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2016年4月19日 (火)

明治維新のスローガンは「尊王攘夷」、明治政府は「開国洋学」の国

000002 近代史を学んでいると「尊王攘夷」というスローガンを唱えて、長州なんか、ドンドン進んで、薩摩と同盟組んで討幕する・・・ここまでは、順調にわかるというか、そういう学習をする。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
000016 その後、ゴチャゴチャになって、アッという間に開国するじゃないか。井伊直弼を暗殺する水戸学派の思想っていえば「尊王攘夷」の総本山だよね。
それが、明治政府がきてみれば、「開国・洋学」の国家でしょ?このプロセスが近代を学ぶ高校生に、歴史の先生たち、うまく説明できているか、心配だ。
 000028 歴史好き、社会には関心が高い私も、相当長く、志士のいう攘夷尊王を信じていた。そんなに魅力あるスローガンではないのに、あのあ幕末の志士たちを酔わせて、突ッ走ったのはなにか。明治以後の日本を観ている身にはわかりにくい。

 理性的にみれば、開国、文明を取り入れるのが妥当、とわかる人にはわかっている。磯田道史が司馬遼太郎の「明治という国家」「この国のかたち」から説明していた。
 

 「開国して貿易をして戦争にならないように外国と対処しないといけない」と主張していては、討幕はできないのである。その当時、外国という夷えびすを追い払うか、植民地にされて食われるか、の二者択一だった。それで、外国と同じ立場に立とうとした・・・。 

「前の国家を壊して新しい国をつくる」というのは、並みのエネルギーではできない。人を酔わせて酒の力を借りてソレに乗っていく。人は酒に踊らされやすい。

   幕末の討幕エネルギーは攘夷から起こったことはいうまでもない。「開国」なんてのは、イデオロギーとしては弱い。
 開国は理の当然で正しく、かつ常識的なありかたで、それは液体で言えば水。水はいきるのになくてはならないもの。しかし、革命というのはみんなが酔っ払わなくてはならないから、水ではどうにもならない。強い酒を必要とするものだ。

 「尊王攘夷」という標語は利用価値があった。
 天皇こそが日本を支配していた。武士は天皇に委託されて政治を日本を支配しているだけだ。という思想である。天皇から委託されて天皇を支える身分と言う意味では、草莽の一般人も同じ、ボクも天皇の家来だ。ということで、一気に身分制度を破壊する力を持った。
 

 一般人にも、幕府に不満をもっていた人には、「尊王攘夷」とセットになって、テンションが上がる。幕府の失態をみつけて噛み付くキッカケを探していた。これが革命のエネルギーだった。 

 それまでは、人は藩に所属し、村、町に所属していた。勝海舟は政府の要人で、日本全体を考える立場に立っていた。イギリスやドイツ、アメリカの植民地にならないようにするには、海軍を持たないと考えた。まず、日本に海軍を作ろうと、以前から親しいオランダに相談した。 

000006 軍事顧問として、海軍を作るために来たカッテンディーケが来日した。勝は彼から海軍と船の操縦を学んだ。

「オランダの場合はどうなんですか」
 カッテンディーケに勝が質問したでしょう。

000005「オランダには憲法があります。いかなる人といえど、オランダに生まれたら、ごく自然にオランダ人です。自分の身と国を一体のものと考え、オランダ国の代表として振る舞い、また、敵が攻めてきた場合には、自ら進んで防ごうとします。それが国民というものです。
 日本がなぜそうでないかが不思議ですね」

 このとき、勝は「国民国家」ということに目覚めた、と司馬遼太郎は書いている。この後、咸臨丸でアメリカは行っている。そのときも、なお一層「封建国家」ではもうダメだと確信する。「国民国家」をつくらないとダメだと気付いた人物の一人だ。国民国家であれば、日本が攻撃されたら、国民が一体になってみんなで守るという意識が根付く。ソレが国民であり、国民国家である。
 

 明治維新は、国民国家を成立させて、日本を植民地化の危険から救いだすという、唯一つの目的のために一挙に封建社会を否定した革命である。青写真が描けていなかった。ドイツへ行って、イギリスへ行って学んできた。法体系もヨーロッパから入れた。 

 導入しても、日本には江戸時代の基礎があったから、うまく定着したのである。280もの藩に別れて、各国が夫々の教育をしていたから、それぞれの藩独特の成果があった。000041 加賀藩では、理系、科学知識の教育をした。会津は、学問好きな人が多かった。この多様さは明治政府が徳川幕府から引き継いだ遺産であった。若くて優秀な人材を東京に集められた。東京大学が、明治政府の配電盤になった。000043 一個の配電盤として、機能したので、明治政府は、一気に走り出した。アレヨアレヨという間に、ヨーロッパの先進国と肩を並べた。ロシアと戦争して勝つまでの一炊の夢を見た。

 明治の青年は、圧縮されたガソリンのように、火をつけると、内燃機関のように、一定の順序に爆発を起こした。金を稼ぐという観念ではなく、世の為、人のタメに、身を投じた。鉄道が必要だとしたら鉄道技師になり、不景気だというなら、政府に不満をぶつけるより、今より20%多く働くという考えで、がんばったという。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2016年3月 3日 (木)

『若草物語』 四姉妹を見分けると、その個性と振舞いが楽しくなる

『若草物語』、(英: Little Women)は、1868年にルイーザ・メイ・オルコット(Louisa May Alcott,1832年11月29日 - 1888年3月6日)によって書かれた自伝的小説である。000061  明治元年(1868年10月23日)と同じ年に書かれているのだから、かなり古い話だ。そんな昔のアメリカを舞台に、ピューリタン(移民清教徒)であるマーチ家の四人姉妹を描いた物語である。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 若草物語(1933年の映画)000000 アメリカ東北部の町コンコードのマーチ家は、長女メグ、次女ジョー、三女ベス、四女エミイの4人の四姉妹。南北戦争で父は不在だが、やさしい母と平和に暮らしている。隣は大金持ちのロウレンスおじいさんの独り暮らしゆえ、交際はしなかった。
 メグ四姉妹の長女。本名はマーガレット。母の名前を引き継いでいる。第1作では16歳。
000035 非常に美しく女らしいが、やや保守的な性格。金持ちの家庭の家庭教師となってマーチ家の生計を助けている。 まだ家庭が裕福だった頃の事を姉妹の中では唯一覚えているため、美しい衣服や装飾品や社交界の話を見聞きする度辛く思い、虚栄心に悩まされる。 

 ジョー:四姉妹の次女。本名はジョゼフィーン。
 背が高く手足が長く痩せている。第1作では15歳。
000008 マーチ家の「息子」と自ら標榜し、容姿はこれと言って優れてはいないが、唯一の女らしい部分は美しく豊かな髪。だが父が前線で病となり、母が看護にでかける旅費を助けるためにその髪を売る。金持ちの伯母宅へ通い、伯母の介護で生計を助けている。
 趣味は読書。作家を目指して小品を書いている。『ジョーおばさんのお話かご』。また、文筆修行をしていたニューヨーク時代にフリッツ・ベア教授に出会い、のちに結婚。マーチおばの遺言により、遺贈されたプラムフィールドで夫と共に学園を開く。作者自身がモデル。

 ベス四姉妹の三女。本名はエリザベス。
 黒髪に青い目の非常に内気、しかし内に強さを秘めた少女。第1作では13歳。音楽が大好きで、ピアノをよく弾く。
000012 ピアノがきっかけで、老ローレンス氏との間に年齢を超え友情が芽生える。子猫や小鳥や人形を可愛がって面倒を見ている。
 正反対の性格の姉、次女ジョーと特に仲良し。内気な性格に加えて病弱なため、学校には通わず自宅で勉強し、家事を手伝う。仕事も率先して片付け、かといって報酬を得ようとは思わない。猩紅熱にかかり、一命を取り留めるもすっかりひ弱になる。実際には、若草物語の執筆が始まった時には既に他界していた。

  エイミー四姉妹の四女。おしゃまな12歳。金髪の巻き毛が自慢で、貴婦人らしく振舞うのが好き。000009 写生をするのが好きで、美術の才能がある。生意気盛りでジョーとはよくぶつかる。自分の鼻の低さを気にしている。美人ではないが品があり、社交上手のおしゃれ。
 後に隣人セオドア・ローレンス(ローリー)と結婚し、生まれた娘ベスの鼻が立派であることで非常に喜ぶ。

  母ミセス・マーチは四姉妹から尊敬され、慕われる賢母。姉妹には聖書や『天路歴程』を礎とした道徳・愛の実践を自らが慈善活動を行うことによってやさしく教える。それは姉妹たちは、この母に教えを請い、成人してからも続く。

  物語は、クリスマスの朝、次女ジョーは、門口で2人の青年ロウレンス老の孫ローリーと、その友人ブルックに会う場面から始まる。★
 隣家ロウレンス家で開かれたパーティーに姉妹は招かれ、楽しい時を過ごしたが、次女ジョーが孫息子ローリーと踊ったことが来客の嫉妬の的になり、恋愛の対象と見ていなかったジョーの心は傷ついた。やさしい三女ベスは気むずかしやのロウレンス老と仲好しになり、好きなピアノを弾くことができるようになった。
 出征中の父が負傷し、ワシントンで入院したので、母は看護にゆかねばならなくなった。その時、次女ジョーは旅費調達のため自分の金髪を惜しげもなく切って金に変えた。
 母の留守中、三女ベスは貧しい近所の娘の病気を看護したことから猩紅熱に罹った。命はとり止めたものの、その後体は胸を蝕まれていた。ベスの病中、ロウレンス家との交際はますます深まり、長女メグはブルック(孫息子ローリーの友人)と結婚することになった。

 結婚式の日、次女ジョーはローリーに愛を打ちあけられたが、承諾することはできなかった。ジョーは、かねての希望の作家としての勉強のためニューヨークへ行き、カーク夫人家の家庭教師となった。
 夫人の家でドイツ人音楽教授バールと知り合い、共に学び共に遊ぶうち、2人の友情は清い愛へと成長した。
 叔母の家に引きとられていた四女エミイは欧州へ旅立つことになった。欧州にはローリーもいると聞いて、ジョーは何となしにさびしい気持ちになった。三女ベスが病篤くなったと知らせてきたが、春を待たずに他界した。

●昨日のベスト5
「トンイ」の生んだクム 「イ・サン」祖父英祖
ファミリーヒストリー梅宮 辰夫の祖父、父親

河上和雄(元最高検部長)千葉紘子と幸せな最後

川上慶子さん、日航機墜落後の人生、今は幸せ: 

斉藤斎藤の短歌、ひさしぶりに出た短歌鬼才

●昨日の深読みベスト2
ザ!ワールド2013 フランス女子15歳歌手デビュー
後輩はしっかりした現状改革の「意見」を持て

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ 

 録音テープ起し
 講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ》 

Kanban2問い合わせ窓口 ←クリック
 事前に電話を頂いたのちに、メールがあると話が進めやすいので、そのようにお願いしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2016年2月29日 (月)

トランプ候補(共和党)が驀進中だが、当選した暁には・・・

Trump5_2 新聞で、トランプをアメリカ予備選挙で当選させないように主張しているほどに、既成政党やマスコミさえ押さえ切れないほどの人気だ。
 トランプ候補がいうことが暴言というが、既成勢力の安住をズバズバ言うから、白人の低所得階級にとっては溜飲が下がる思いだ。
 なにしろ、アメリカの上層0.1%が握っている富は、下層90%の富と同じだというから、大金持ちの富の偏在は大いに問題だ。
共和党トランプ大統領候補、なぜ暴言に人気が?
二回離婚、三回結婚、暴言、巧みなマスコミ操作
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 これは、日本の非正規の20代、30代には同じことがいえる。
 アメリカでは、この階層が発言始めた印象だ。だからこそ、トランプ候補が「アメリカをNO.1にする」というと、ドーッと受ける。
 日本を含めて外国勢力が、アメリカ人が手にするべき富を奪っているのだ・・・というと、貧困層は「そうだ、そうだ」という流れになってしまう。

 日本人から見ると、 日本はアメリカに奉仕していると思う。
 例えば、パソコン一台ごとに、かなりのパテント・技術料などとして、支払っている。また、ディズニーランド、シーにしても、その看板料を毎Thzpo0wump_2
Map_2




年、(利益のではなく)売上げの7%は払っている。ディズニー本社には、何もしないで莫大な金銭が入ってくる。これだけで、何百何千億円を吸い上げられている。これらの細かい情報が国民が知ったら、事件になるはずだ。
 それだったら、近代オリンピックを開催するごとに、オリンピックのパテント料をギリシャに払うべきだと、前々から思っている。そうしたら、ギリシャの経済危機が相当助かると思って見ている。誰も言い出さないのはどうしてだろう。
 コレを語ると、横道へ入りすぎてしまうので・・・。

 日本では、まだまだ、一般の市民は選挙に行かないし、新聞も読まない人が多いから、政治的な覚醒されていない。沈黙の国民みたなものだから、特権階級の思うまま。
 一方、アメリカの20代~40代の不満フラストレーションをひきつけ共和党の場合、主流派から外れたトランプ候補が驀進中だ。000025
 日本では、声を上げているのは、ヘイトスピーチしかないから、主張し始めても、一体なんだかわからない。
 自殺を考える若者とか、イジメで苦しむ子どもや社会人がやればいいのにと思う。生活保護ラインの年金レベルの老人も、非正規勤務の若者も将来考えたら、もっと叫ぶべきだ。

 アメリカの現実は、既成勢力でワシントンにあつまる治世勢力は、多分落ちこぼれの国民には興味がないだろう。自分を守るためには拳銃を持っていい国だから、切り捨てられている。日本では、「生かさぬように、殺さぬように」絞り取るのが国を治める階級の極意だった。その点、アメリカや西洋の狩猟国家の政治意識とは違う。どっちにしても、特権階級に上がった連中は、市場経済で儲けても、損しても、各人の責任だと放って置かれる。
 盲腸で入院しても、保険がないから、何百万円も払うことになる。日本には3割負担(保険料を払っているから、英国やキューバのように無料にすべきだ)で、高額の場合は払い戻しがある。その違いが明瞭に民衆の沸点ラインが米国と日本では違う。アメリカは怒るラインを、日本は巧妙に下げて、「生かさぬように、殺さぬように」なって百姓一揆が起きない仕組みだ。

 ということで、民主党は、理想論を語るサンダース氏(73歳)が、アレヨアレヨという間に、ヒラリークリントンを凌駕するほどの人気である。彼は民主党の本流ではないから、とてもクリントンと互角に争えるとは思っていなかった。
 それは、なぜか。やはり、中間層の不満である。市場経済を野放しにした結果、上層0.1%が握っている富が、全体の90%に達して、貧乏の層があまりにも不満がたまっているからだ。爆発寸前で、サンダースの社会主義的な主張に今点火したら爆発する。000031 そういう状況で、最終的にヒラリークリントンが民主党の大統領候補になると見えているが、彼女の主張を中道から左に寄せて、サンンダースを副大統領候補にして、“ヒラリー+サンダース”で、共和党トランプと戦おうと考えているようだ。

 トランプ候補の言っていることに同感して、ワーッと集まるのも理解できる。しかし、本当に当選したら、その主張通りには政策が実行はできないだろう。が、共和党の大統領候補はトランプ候補だ。000048 もうクリスティー大統領候補(元Newジャージー知事)が下りて、トランプが勝と読み切って、トランプ支持に乗り換えた。主ところが、まだ共和党主流派は、新聞を通じてトランプを当選させないように主張している。が、勝ち馬に乗ろうと・・・共和党顧問団を作ろうとしている。

 流れは、トランプ旋風を無視したら、共和党が沈んでしまう。
 このトランプ旋風を利用したら、民主党のクリントンに勝てるかも・・・という流れが共和党にできつつある。共和党主流のマスコミのトランプ阻止の主張は、どうなるだろうか。

お勧めページ
金町浄水場Tokyo Water おいしくなった理由

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ 
 

 録音テープ起し
 講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ》 

Kanban2問い合わせ窓口 ←クリック
 事前に電話を頂いたのちに、メールがあると話が進めやすいので、そのようにお願いしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2016年2月23日 (火)

18歳のあなたに 人生展開のヒント 大統領補佐官への道

4101朝日新聞を見ていたら、41歳のオバマ大統領(報道)補佐官へのインタビューが載っていた。

 彼はテキサス州(南部)からワシントンへ出てきて、26歳まで、就職の応募をしても断られる毎日だった。町を車で走っていたら、ホワイトハウスが白く光って見えた。あんなところで、働けたらいいな、と思ったそうだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 それが、キッカケは、大学時代の授業を受けた先生がヒューストン市長に立候補したを知った。別の教授に選挙に興味があると相談したら、「選挙に関わることだ」とアドバイスをくれた。
 そして、民主党の関係者を紹介された。そこで気に入られたが、仕事は無給のボランティアだった。無給のボランティアこそが偉大な仕事への入口だった。そういうことはよくある。
 

 そういえば、民主党の党首になった菅直人も、689b1市川房枝の選挙運動を手伝って、政界へ進出した経歴がある。131041112441413209380菅 直人(かん なおと、1946年(昭和21年)10月10日 - )は27歳の時、1973年、参議院選挙落選で引退宣言していた市川房枝に1974年の参院選全国区への立候補を依頼。度重なる要請にも応じないので、「市川房枝を勝手に推薦する会」を結成。根負けした市川が立候51ffdavde0l補を決め、菅らのグループは、彼が選挙事務長に就任した。
 わずか20日間余りの選挙運動で、人員手配や事務管理などを切り盛りをテキパキ菅は「庶務課長」と呼ばれ、市川房枝は(参議院全国区50名中)2位当選した。
 市川が1981年に死去した際、菅は
「政治家としての発言力、信頼性は恐らくナンバーワンで、なにより存在そのものに意味がありました」「私は何ものにも替えがたい貴重な薫陶を受けたと感謝しています」といった言葉を寄せている。


 無給のボランティアの仕事を得たアーネストは、選挙運動を手伝いながら、夜は家庭教師のアルバイトを続けていた。しばらくして薄給ながら給与をもらえるようになった。
 あまり重要な仕事は与えられなかったが、「大都市の市民選挙を内側から見て、社会に貢献できることが嬉しかった」
 多少の経験を積んで、数年後、政治で身を立てるならワシントンだと思い、アチコチの政治家を訪ねたが、断られ続けたが、ようやく選挙を手伝う会社に働き口を見つけた。

 転機は、07年オバマ上院議員が大統領選に名乗りを上げたとき、ア
Aイオワ州の広報ディレクターについたことだ。
 アイオワ州は、アメリカ合衆国大統領選挙の初戦に位置付けられて、世界的に注目される。
 オバマは、ヒラリー・クリントンと比べると知名度も低く、圧倒的に劣勢だった。それを一気に挽回することが使命だった。
 それが、なんとオバマ氏が集会を開くたびに人々が熱狂する姿を見て変化の予兆を見た。
「彼オバマが聴衆に訴えかける力を実際の票に結びつけることが、勝負の分かれ目だ」と直感した。アイオワ州の広報ディレクターとして、腕の振るいどころだった。

 アーネストは、ワシントンで経験した選挙の雑用こなして身につけた経験が生きた。若いボランティアスタッフに指導した。
「オバマ氏への支持をどう呼びかけたら効果的か」
「これまでの経歴をどう訴えたらよいか」
 先輩スタッフとして、運動員一人一人に丁寧に指導した。
「もしここアイオワ州で勝てれば、オバマは米国大統領になれる可能性が、かなりある!」と、全員を鼓舞した。
 08年1月アイオワ州を歴史的な勝利を収めた。初期には優位だったヒラリークリントンを逆転勝利し、11月には大統領に当選した。

 15年前には、ホワイトハウスで仕事をするのを夢見ていた無職の青年が今は、毎日会見室で報道官として立っている。06 アーネストは、いまや、オバマの右腕として「真っ正直で素晴らしい男だ」と信頼されている。世界の新聞記者、テレビカメラから、質問が飛んでくる。一問、一問を真っ向から、時にはジョークを交えて答える。
「会見室の壇上から、星条旗を前にして、米国の利益、米国の大統領と米政権を代表する重みを感じている」


06_2 大統領予備選のトップのアイオワ州の選挙について
 当初、オバマ氏は明らかに“アンダードッグ”(勝ち目がない人)と見られていた。陣営内でも、オハイオ州で番狂わせの勝利が収められたら、彼オバマは大統領になれる感触があった。
(ヒラリークリントンら有力候補のひしめく中で)戦略の要諦は、若者へのアピール、感化と刺激だった。これまで選挙に関わらなかった人を呼び込んで投票してもらうことだった。私アーネストたちが運動した結果、民主党の集会には前代未聞の記録的な人が集まった。私たちの戦略が成功したのだった。

 あなたは、選挙とか政治に関心のない家庭に育ったそうですね。
 私の母の妹がダウン症であったが、祖母は「私はいつも民主党候補に投票するのは、民主党は私の娘のような人の味方になってくれるからなのよ」と言っていた。その話が私の心に残っていた。

本日のお勧めベスト5
「撮影禁止」は「国民的財産」に逆行だ: ...

教育論、子育て議論迷走 NHK解説委員:
半藤一利「母を語る」100歳まで生きた男勝り
女性25越したら“三高”身長、収入、学歴どれ外す

薬効改ざんで1兆2千億円に高血圧薬

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link

Kanban2データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ 

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ 

  録音テープ起し
 講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ》 
録音起こし依頼側へ  
講演などの録音は、
①講演者から1.5m以内でICレコーダーで録音。
②講演会場の自席でスピーカー通して録音。
 ①と②では、作業担当者には、大きな違いがある。①の場合は、ほとんど資料など必要ない。 ②は、聞き違いが生じる

●自分史の口述をお考えになっている方にお勧めします。 お話相手になりながら、採録します。 
 

Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。 
*ドロップボックス
へ音声ファイルを入れると、即刻、デスクトップ上に届く。現在1回20GB(音声30時間)受付可。
 即日、専用ドロップボックスを用意します。
 バイク便より確実で早く、料金のご負担もない。
 
(宅急便で、SDカード、CD、DVD送付でもOK。)

執筆代行 ゴーストライター (原稿作成)
 自身の経験・原案を一冊の本/講演スピーチに/ 著者からテーマを聞き出し、取材して“言いたいこと”を原稿作成。出版社に出せる体裁に。
 大学生の論文データ入力&相談にも乗ります
《→執筆代行詳細へ                                                         

プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック
 事前に電話を頂いたのちに、メールがあると話が進めやすいので、そのようにお願いしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2015年12月23日 (水)

共和党トランプ、大統領候補、なぜ暴言に人気があるのか?

13455 来年11月の米大統領選にとんでもない男が名乗りを上げている。ドナルド・トランプ(69歳)。
 良識がある批判勢力は問題視しない姿勢を見せているが、大統領選挙までに1年を切った今、共和党内では、抜群の人気だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

000017 弟ブッシュは、どういうものか、人気がない。兄ブッシュの知性のなさが印象が残っているのだろうか。
ISのパリの同時多発テロ、銃乱射など、米国の威信低下をオバマ民主党のせいにして、大衆受けをねらった扇動する発言が盛り上がるのを見越しているのだというが、アメリカの大衆がナニを考えているか・・・不安になる。国際的にも、常識的に見ても、アメリカの行くべき方向ではない方向を目指している・・・とわかっていながら、このトランプさん、発言していると大方の人は思っているらしいが、そのまま、惰性で進んでしまう可能性がある。

●「メキシコ人は、麻薬や犯罪を持ち込み、婦女暴行犯だ」と不法移民を敵視。

●選挙番組で批判した女性司会者には、
「彼女の目は血走っていた。どこであれ血が出ていた」と、月経を示唆する下品きわまりない発言をして物議を醸した。

 ●「米ロがもっと協力すれば、テロを根絶し世界平和を再構築することができると常に感じている。貿易のみならず、あらゆる恩恵が相互の信頼関係からもたらされる」と述べている

 ●リビアを見なさい。イラクを見なさい。イラクに昔はテロリストなどいなかった。フセインならテロリストを即座に殺害していただろう

 ●リビアは大失敗だ。イラクは大失敗だ。シリアもだ。中東中が。そしてこれは皆ヒラリー・クリントンとバラク・オバマが台無しにしたのだ。

●「昨今の対日政策はだらしなさすぎる。その原因はキャロライン・ケネディ駐日大使だ。彼女はアビ(安倍)首相の接待ばかり受けていて、自分がなぜ日本に派遣されているのか、その意味すら分かっていない」

●「アメリカは世界一の影響力を持った国だ。アメリカのおかげで日本が生きていられることを、分からせる必要がある」

●「米国は軍隊を送って韓国を守る態勢だが、得られるものは何もない。これはクレイジーだ」と主張。
「米国は韓国を助けるのに、なぜ韓国は米国を助けない。韓国は十分に豊かな国だが、米国が防衛していることに対し、補償を支払っていない」と訴えた。

  言いたい放題のトランプ氏だが、これが共和党支持者には人気がある。支持層は、白人の貧困層だという。ホワイトプワーだという。知的なレベルの高い民主党層には、知性のない発言には賛成する人は少ない。
 姜 尚中 (カン サンジュン) 先生、
000013 サンデーモーニングでは、皆さんの師みたいな存在で、彼の主張に異議を唱える人は少ない。
『母』姜 尚中カン サンジュン世界に引込まれる

 000012デマゴーグ(ウソも、100回言い続ければ、人は信じる)
1.反知性
2.友/敵(敵と味方を峻別)
3.プロパガンダ(宣伝)
 この三つを、繰り返し、効果的に続ければ、人の心はひきつけられる。これを天才的に使ったのは、ヒットラーである、と説明した。その意味で、トランプ氏のデマゴーグが浸透し始めて、このまま大統領選に滑り込んでしまう可能性が高い。

 アメリカの知性、コレを信じたいのだが、ベトナム戦争の空爆、枯れ葉剤散布、9.11のアフガン侵攻、イラクの大量破壊兵器問題でミソつけたじゃないか。判断の失敗は、WhitePoor層のフラストレーションのせいだけじゃない。
 まず、銃規制ができないアメリカ人が、日本を理想郷のような憲法9条を持たせたのは、逆にいえば、アメリカではできない“平和”国家の実験をしたのかもしれない。

  共和党のブッシュ、トランプ候補など、白人のエゴを見せ付けている。あれでは、世界の尊敬を集められないだろうが、共和党はそういう伝統を持っている。良識的な保守の共和党は、いつも共和党の強硬派に色目をつかっている。前の選挙でも、超保守のアラスカの女性知事ペイリンを副大統領候補にした。
超保守のシンボル サラ・ペイリン:

 白人の黒人へのリンチ殺人や放火といった過激な行動に世間の批判が高まり、35afa5a1ついに政府や警察が取り締まりに乗り出した。この結果、次第に勢力は衰退した。
 しかし、時代の変わり日ごとに頭をもたげてくるのがKKKである。1960年代になり、「公民権法案」の可決を巡り黒人と白人の対立が激しくなると、KKKは再びその勢力を拡大した。
5df27d59 1964年には黒人襲撃など過激なテロを繰り返し始めた。公民権活動家マイケル・シュワーナー、アンドリュー・グッドマン、ジェームズ・チャネイが彼らに殺害された。「全米黒人同盟(NAACP)」のリーダー、バーノン・ダウマーが彼らに殺害された。
 このKKKの伸張と良識派との戦いが、今暫くは続く。
 WhitePoor層の不満を晴らす対象を見つけて、扇動政治家がプロパガンダに使う場合が危険だ。

 ●1977年にIvana Zelnickovaと結婚し、ドナルド・トランプJr、イヴァンカ・トランプ、エリック・トランプをもうけるも、1992年に離婚。翌年に女優マーラ・メープルズと結婚し1人の子供を授かるが、1999年6月8日に離婚。A_2 2005年1月22日に、現在の妻、スロベニア共和国セヴニツァ市出身、24歳年下のファッションモデルのメラニア・クナウスと結婚した。翌年3月20日に長男が誕生。

 ●2009年11月、経済誌フォーブス誌が「アメリカTV界で最も稼いでいる男性」ランキング、2008年6月から2009年6月までの収入が5,000万ドル(日本円で約45億円)で2位にランクイン。
 ランキング上位の男性のほとんどが事業なども手掛けている。トランプはネクタイやウォッカなどの商品に自分の名前を使わせており、講演や著書の印税などの収入もある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link
Kanban2データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ 

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ  

録音テープ起し
 講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ》 
録音起こし依頼側へ  
講演などの録音は、
①講演者から1.5m以内でICレコーダーで録音。
②講演会場の自席でスピーカー通して録音。
 ①と②では、作業担当者には、大きな違いがある。①の場合は、ほとんど資料など必要ない。 ②は、聞き違いが生じる

●自分史の口述をお考えになっている方にお勧めします。 お話相手になりながら、採録します。 

Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。 
*ドロップボックス
へ音声ファイルを入れると、即刻、デスクトップ上に届く。現在1回20GB(音声30時間)受付可。
 即日、専用ドロップボックスを用意します。
 バイク便より確実で早く、料金のご負担もない。
 
(宅急便で、SDカード、CD、DVD送付でもOK。)

執筆代行 ゴーストライター (原稿作成)
 自身の経験・原案を一冊の本/講演スピーチに/
 
 著者からテーマを聞き出し、取材して“言いたいこと”を原稿作成。出版社・印刷所に出せる体裁に。
 大学生の論文データ入力&相談にも乗ります

《→執筆代行詳細へ                                                         


プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック
 事前にメールを頂いたのちに、電話があると話が進めやすいので、そのようにお願いしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

| | コメント (0)

2015年11月11日 (水)

MRJ三菱リージョナルジェット上々の試験飛行 愛知の空は快晴

 きょうは、①巨人の野球賭博の処分発表、②高木大臣の政治資金から香典を出費問題、③小六生が大麻喫煙、④70歳男が近隣電話を拡声器でバラス。⑤自民党河野太郎が事業仕分け⑥MRJ試験飛行。
 いいニュースは、⑥MRJ試験飛行だけだ。

000010・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

MRJ試験飛行★★新品のジェット機が滑走路から飛び立つのは、気持ちがいい。日本の技術は、ゼロ戦のようなアメリカよりも、性能がいい物を作る技術があったんだから、これが人気商品になったら、大もうけだ。
 ライバル商品として、ブラジル、カナダの航空機が売れているみたいだが、新機種だから、燃費が2割もいいということになれば、ドッドと受注してしまう。農産物と違い、簡単にはまねできない商品だから、三菱重工、がんばって日本の商品を売ってほしいものだ。

 受注状況 2013年6月現在
中国商用飛機:ARJ     202機
中国商用飛機:C919    380機
イルクート  :MS-21    241機(ロシア)
スホーイ    :SSJ      244機(ロシア)
エンブラエル:E-Jet   2713機(ブラジル)
ボンバルディア:CRJ  1855機(カナダ)

MRJ(三菱リージョナルジェット、Mitsubishi Regional地域 Jet):三菱小型旅客機。000095①90席機MJ-90、小型の70席機MJ-70、大型の96席機の計画
②MJ-90=全長35.0 m、
 最大離陸重量42,100 kg、
 離陸滑走路長1,820 m、
 巡航速度マッハ0.78、
 航続距離3,600 km
 MJ-70は総重量38,200kg、
 離陸滑走路長1,740m

③航続距離は3,300 - 3,900 km に設定、
 米国の国内線など、比較的短距離の路線を見込む。
④主翼には炭素系複合材で軽量化。空気抵抗を低減し、燃費向上
 乗り心地が良く、整備費が安く、客室・空港への騒音低減

 経産省審議会での報告は以下のとおり。
●ジェットエンジンは、騒音公害の制限されている伊丹空港乗入れを狙い、プロペラ機並みの低騒音を重視。 

000011●MJの採算ラインは350機、利益確保には600機の生産が必要である。受注は223機受けている。(2013年)、現在2015年では、アメリカからだけで407機を受注している。世界中から注目されたら、すぐ1000機は越す。600機の採算ラインは楽に越す。
 10年ごとに新機種、バージョンアップして、日本の主力商品にできたら、すごい。国防費をこの開発に力を注いで、自衛のための平和と独立の力になるじゃないか。

●昨日深読みベスト5
血栓予防、血液サラサラにする「ポリフェノール」:26

信長の従者黒人彌助ヤスケ モザンビーク出身: 25
「風と供に去りぬ」スカーレッと・オハラみたいな女20
スポーツと暴力 兄のしごき死 竹田高剣道部:20U
高橋英樹の歴史女学館 講義は日中戦争: 16
司法長官ロバート・ケネディと文通した人: 16
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link

Kanban2データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ 

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ    

 録音テープ起し
 講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ》 
録音起こし依頼側へ  
講演などの録音は、
①講演者から1.5m以内でICレコーダーで録音。
②講演会場の自席でスピーカー通して録音。
 ①と②では、作業担当者には、大きな違いがある。①の場合は、ほとんど資料など必要ない。 ②は、聞き違いが生じる

●自分史の口述をお考えになっている方にお勧めします。 お話相手になりながら、採録します。

Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。 
*ドロップボックス
へ音声ファイルを入れると、即刻、デスクトップ上に届く。現在1回20GB(音声30時間)受付可。
 即日、専用ドロップボックスを用意します。
 バイク便より確実で早く、料金のご負担もない。
 
(宅急便で、SDカード、CD、DVD送付でもOK。)

執筆代行 ゴーストライター (原稿作成)
 自身の経験・原案を一冊の本/講演スピーチに/
 
 著者からテーマを聞き出し、取材して“言いたいこと”を原稿作成。出版社・印刷所に出せる体裁に。《→執筆代行詳細へ                                                         

プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック
 事前にメールを頂いたのちに、電話があると話が進めやすいので、そのようにお願いしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2015年11月 5日 (木)

TVタックル アフガン少女ラップ 「売り物の花嫁」(Brides for Sale)という現実

 ビートたけしTVタックルで紹介した現実、 「売り物の花嫁」(アフガニスタン)が重かった。000058 この一家は、アフガニスタンの戦乱からイランへ難民として逃げて来ていた。 ところが、12歳の少女は、兄が結婚するからその資金作りのために売られようとした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ソニタ・アリザデ(アフガニスタン人のラッパー)は「売り物の花嫁(原題:Brides for Sale)」という歌を書くことによって、14歳という年齢で強制的に結婚させられることから辛うじて逃れた。

「売り物の花嫁」★
★I hope that God will keep your smilles
And my smile,I will exchang with your  pain.
神があなたの微笑と私の微笑を保持することを、あなたの苦痛を替えることを私は望む。

  このビデオではソニタはウェディングドレスを着て、額にバーコードをつけて。顔にはあざがある。家族にどうか“私”を売り飛ばさないでと懇願している。歌っている今は18歳で長い黒髪、華奢な体つきをしているが、もし両親の計画どおりになっていたら、今頃ソニタは結婚していたことだろう。
 「今では何人かの子を持つ母親だったかも、という現実を時々考えるの。好きな考えではないけど」

 ソニタはイランの首都テヘランで育った。彼女が8歳のときに、戦争のために両親はアフガニスタンから逃げてきた。幼いとき、ソニタは不法入国のアフガニスタンの子どもに教育する非営利団体を見つけた。そこで、空手や写真、ギターを学んだ。そして歌、ラップを始めた。
 ソニタの音楽の才能はすぐに認められ、イラン人のディレクターに出会い、そのディレクターがソニタの音楽スタイルを磨き上げる助けとなった。またミュージックビデオも作製し、そのビデオはいくつかの賞を獲得した。14歳までは、全てが完璧だった。
 それが、ある日、ママが言ったの。『お前は私と一緒にアフガニスタンに帰るのよ。お前と結婚したがっている男性がいるの。お前の兄さんが婚約して、その結婚資金のためにお前がもらう結婚持参金が必要なのよ』
 ソニタは打ちのめされた。
 だから「売り物の花嫁」という歌を書いた。この歌はこう始まる。
 「こそこそ声で話させて。売られる女の子について話してるって誰にも気づかれないように。誰にも聞かれてはいけない。シャリーア(イスラムの規範)に背くことだから。女性は沈黙しなければならない……これが伝統なの」

 そのとき、「売り物の花嫁(原題:Brides for Sale)」という歌を書くことによって、14歳という年齢で強制的に結婚させられることから辛うじて逃れた。だから「売り物の花嫁」という歌を書いた。

  この歌はこう始まる。
 「こそこそ声で話させて。売られる女の子について話してるって誰にも気づかれないように。誰にも聞かれてはいけない。シャリーアに背くことだから。女性は沈黙しなければならない……これが伝統なの」

●シャリーア:イスラム教徒が守るべき儀礼的日常的生活規範。語義は水場に至る道である。転じて、現世・来世にて幸を得るための人の行うべき規範の意。
 どこの国にも、女性が家の嫁として居つくことで、種族が永続し栄えるのだと考えがある。
 今のように女性まで働かせ、“一億総活躍”と言い出すと女性の不幸が始まる・・・。人手不足は高齢者を活用しよう。せっかく平均年齢が上がり、長寿命になったからには、ムダに生かしておくのは年金がムダ。短時間で高齢者向けの使い方がある。
 イスラムの教えを保守的な社会がゆがめている面もあるが、間違ってはいないだろう。少女を持参金目当てで結婚を押し付けるのは、問題ではあるが、いい男で裕福の家庭に嫁げば幸せになるだろう。
 

 ソニタ・アリザデ(アフガニスタン人のラッパー)は、この歌をヒットしたことで、アメリカへ渡った。
 最近彼女はカリフォルニアのウエスト・オークランドを訪れた。イランやアフガニスタンのように、アメリカでも貧困地域があり、ホームレスの人々がいることに驚いた。 写真クレジット:シュカ・カランタリ PRIの許可を得て掲載 アメリカでの初めてのコンサートのために、ソニタ・アリザデが町に来たときに、彼女に会った。散歩をしていると、彼女は突然立ち止まり、2人の子どもと遊ぶ男性を凝視した。
 

インタビュー13分(高校生でも理解しやすい英語)
Meet Afghanistan's youngest female rapper, Sonita Alizadeh ★
★ 英語をモノにしようと思う10代の中学生・高校生には、ちょどいい英語だ。 内容は簡単だから、英文を繰り返し聞いて、書き取りすれば、内容を覚えられる。ウソだと思ったら、実行してみることだ。

 彼女は全額奨学金を得て、(アメリカユタ州)ユタにあるアートアカデミー(ウアサッチアカデミ)に通うことになった。それが、ここサンフランシスコベイエリアでのコンサートにつながったのだ。だがコンサートの前に、ソニタはリハーサルが必要だった。一緒に車に乗り込み、近くのウエスト・オークランドへ行った。 Sonita800x471この地域にあるリハーサルスタジオは、壁が落書きで覆われていた。道の両側にはホームレスの人々が列をなす。ソニタは衝撃を受けた。その光景で彼女の故郷を思い出したからだ。

「みんなが貧乏で、家は荒れ果てている。そんな場所で育ったわ。夜は外に出ることができなかった。だってすごく危険だったから。アメリカにも夜に一人で出歩けない場所があるっていうの? だとしたら、いったいどこに避難場所を見つけられるっていうの?」と彼女は言った。

 コンサートのすぐ後、
 ソニタはFarkhondehという名前の女性についての記事を読ん
Oakland800x450だ。Farkhondehは、伝えられるところによると、アフガニスタンにおいて、コーランを焼いたために、石を投げられ棒でたたかれ死亡した。ソニタは悲しみに打ちひしがれた。だからソニタは彼女が知っている最善のことをした。この事件について歌を書いたのだ。
「ラップでならば、みんなが自分の事を伝えられるの。ラップは私の心の叫びを分かち合う手段なのよ。」
 
Sonita wrote poetry (no education allowed for women) and then rapped after her family fled the Taliban in Afghanistan, and went to Iran.  It is illegal for women to sing without government permission in Iran.  Her family was going to sell her to a much older groom, (common, and for much money to the famil -, girls as young as 12, 13, etc, although 16 is legal there, to men as old as in their 70s).  She did this song and video in secret while in Iran with the help of others who acted against Iran.  She thought she was going to be married off, hence

 コメントを寄せて頂いたダンカンマット(Matthew Duncan)さんが紹000015介してくれたアドレスhttp://mugen.chaospirals.com/みると、そこには、日本女性による琴と尺八のコラボ演奏があった。
 日本的な魅力的があふれている。日本のよさを再発見できる。この動きのある尺八、琴の演奏が、アレ、外国人向きだな。日本では、琴演奏といえば、正月の・・・定番が多すぎた。こうして、いつ聞いてもいい、それに目覚めないといけない。000010
昨日深読みベスト5
東京大空襲と浮浪児、語りたくない過去 その1:
キルギスの略奪結婚、写真集で女性人権支援:
吹石一恵 どんな人?おちゃめな、気のいい女:
ファミリーヒストリー モト冬樹の父は産婦人科医(巣鴨で)
菅原文太の妻「落花は枝に還らず」小さな種を
スポーツと暴力 見ていた弟の報告 竹田高剣道部:
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link

Kanban2データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ 

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ
 

 録音テープ起し
 講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ》 
録音起こし依頼側へ  
講演などの録音は、
①講演者から1.5m以内でICレコーダーで録音。
②講演会場の自席でスピーカー通して録音。
 ①と②では、作業担当者には、大きな違いがある。①の場合は、ほとんど資料など必要ない。 ②は、聞き違いが生じる

●自分史の口述をお考えになっている方にお勧めします。 お話相手になりながら、採録します。
 

Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。 
*ドロップボックスへ音声ファイルを入れると、即刻、デスクトップ上に届く。現在1回20GB(音声30時間)受付可。
 即日、専用ドロップボックスを用意します。
 バイク便より確実で早く、料金のご負担もない。
 (宅急便で、SDカード、CD、DVD送付でもOK。)
執筆代行 ゴーストライター (原稿作成)
 自身の経験・原案を一冊の本/講演スピーチに/
 
 著者からテーマを聞き出し、取材して“言いたいこと”を原稿作成。出版社・印刷所に出せる体裁に。《→執筆代行詳細へ                                                         

プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック
 事前にメールを頂いたのちに、電話があると話が進めやすいので、そのようにお願いしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

nozawa22newの楽しみ方 | おすすめサイト | お金、経済 | アジア問題 | アニメ・コミック | アメリカ | アンケート | アンケート処理 | ウェブログ・ココログ関連 | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | スポーツ | テープ起こし | データ入力 | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ヨーロッパ | ロシア問題 | 中国問題 | 中東問題 | 事件、事故 | 人種問題 | 企業情報 | 住まい・インテリア | 健康体操 | 八千代市 | 北朝鮮問題 | 司法問題 | 国会 | 国家戦略 | 国際情勢 | 執筆代行 ゴーストライター | 季節感、自然情景 | 学問・資格 | 宗教=仏教 | 家庭問題 | 心と体 | 恋愛 | 戦争 | 携帯・デジカメ | 政局・政治・選挙 | 故郷郷愁 | 教育 | 文化・芸術 | 旅、旅行 | 旅行・地域 | 日本の姿、文化 | 日本史 | 日本近代史 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝鮮半島+韓国 | 東京見聞録 | 死の招き | 生き方 | 病気と健康 | 私のかつしかまちナビ | 科学研究、発明発見 | 経済・政治・国際 | 経済・金融問題 | 結婚 | 美容・コスメ | 育児 | 自分育て | 自然現象 | 芸能・アイドル | 英国イギリス | 裁判 | 言葉、言語問題 | 趣味 | 選挙 | 録音起こし | 青春時代 | 韓国関係 | 音楽 | 音楽、メロディ、歌 | 食料、食べ物 | ファミリーヒストリー