故郷郷愁

2017年10月 8日 (日)

「匂いガラス」を知っていますか?

 「匂いガラス」は、戦時中の思い出だから、知る人ぞ知る、という程度の希少な記憶になりつつある。当時の子供にとっても、田舎では、その匂いは嗅がしてもらうのは、めったないから、魔法の匂いだった。伝聞で、「戦闘によって墜落した飛行機の風防ガラス」と聞かされていただけで、真偽は不明だった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
  お気に入りに追加  ブログ村
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 昨今、調べてみると、伝聞は正しいことを伝えていたようだ。
 戦闘で敗れて、墜落した飛行機の風防に使用されていたアクリルガラス (ポリメタクリル酸メチル樹脂(Polymethyl methacrylate)=透明固体材である。別名「匂いガラス」です。当時の子供達はよくこれを拾って匂いをかいでよろこんでいた。
 
 飛行機の空中戦がある地方の子から譲り受けて、岐阜県の山奥まで伝えられたとしたら、その移送は、縄文時代に特定の場所にしか存在しない石が、遠く離れた場所で見つかるようなものである。それは、不思議な移送である。
 
 圧力に強く、成形が自在で、透明度が高いのと、粘りがあるため、現在では、水族館の水槽や、家庭用の水槽などに使われています。あと東急ハンズなどに行けば、アクリル樹脂のキットが売っています、小さな貝や、カニやタツノオトシゴなんかが入って、ガラスの塊をみた事ありませんか?あれがそうです。
 
 それから、擦ると特有の匂いを発することから匂いガラスとも呼ばれる。匂いの原因ですが、溶剤の匂いだと思います。。擦るとえもいわれぬ、いい匂いです。柑橘系のほのかに甘い匂いがします。その理由は未だに定かではないのです。当時の子供達は、その不思議な現象がまるで魔法みたいで、大切にしまって置いて密かに匂いを嗅いだのです。
 小学生の高学年の子が、そっと、神社の境内で一人楽しんでいたのが、その子を囲んで一大イベントになってしまうのが、当時の風習であった。
 
 
 

| | コメント (0)

2017年9月28日 (木)

田舎の店で緑色のシュワーとする飲み物を飲んだ。

 昭和21年、小学一年生の私は、夏休みの宿題の習字を書いていた。夏休みの終わりで宿題に追い詰められていた。もう、やっつけ仕事でもいい終わらせたらいいという気分である。私の字があまりにも、いい加減で下手なのを見て、兄が手伝おうとして、私の背中から手を掴んだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 研修医として郷里に帰ってきていた兄が、母が亡くなって兄が親代わりになっていた。みんな兄の威令に従う風になっていた。その式で、私にも兄は習字を書かせようとしていた。
 
Naku1  私の筆を持つ手を握り、兄の動かすように文字を書いているが、それでは自主的に書くとまるで兄の字とは違う下手な文字になる。再度、手を持たれて書かされて、今度は私が書くと、兄の満足できる文字にならない。それを何度繰り返しても、きれいな文字がかけないから、だんだん、兄はイライラして大きな声で叱りつけた。
 そうすれば、立場の弱い私が泣くしかない。泣かれては、もう兄は始末に負えないから、放り出して、外へ出て行った。
 
 めそめそしている私に姉が外へ誘ってくれた。
 夏の夕方は、少し黄昏ていた。姉の友人がきていたので、いっしょに中津川の駅前通りに出て、喫茶ルームような店~キリン亭に入った。NHK朝ドラ「ひよっこ」の“鈴ふり亭”のような店だった。
 駅前なのに店の前に川が流れていた。夕暮れて、ガラス窓は青やオレンジに内側の光が美しく見えた。戦後間もない時には、明るいというだけで、時代の変化を感じたのである。ドアを開けて中へ入ると、部屋は金魚鉢の中にいるような雰囲気。天井からなにか、きらきら光る紙がつるしてあった。
 部屋の中を不思議なものを見るようにキョロキョロしていると、盆に乗ったガラスのコップに緑色の飲み物が運ばれて来た。
 ストローで飲み物を飲むのも初めてだった。姉と姉の友達は、それぞれ慣れた調子でしゃべっていた。私は一人、この緑色の飲み物を眺めて、底から泡が立ち上って、表面にでて弾ける音を見ていた。シュワシュワと聞こえるこの音が、夏休みの一日が闇の中に消えていくように思えた。惜しみつつ全部飲んだころには、すっかり気分が良くなっていた。
 その後、このキリン亭へ一度も行かなかったし、このようなスッキリした味わいは体験しなかった。このキリン亭もすでに廃業してなくなっている。 夏、終戦直後の田舎町中津川の思い出である。
 その兄は,栃木県矢板で外科医院を開き、60数年後の今年1月に亡くなった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2017年9月24日 (日)

隣りの家のフクの肉は、うまかった。

25 恵那山は、中津川駅から見ると 目の前の山である。だから、中学の校歌にも歌われ、恵那山はもう我々のしみついている存在である。中津川市と恵那山は切っても切れない関係で、生まれたときから、続いている。
 昭和20年3月過ぎ、米軍に硫黄島を奪われてから、B29が毎日定期便のように、恵那山の上に現れた。中津川市から見ると、B29 は恵那山の真上を飛んでいて、飛んだ航跡が雲のような筋をたくさん残した。その航跡が多すぎて、青空が曇りのようになることもあった。
 地元の人は、空襲警報が鳴っても、慣れっこになって、米軍機を眺めていた。うちの家族も、二階の窓を開けて恵那山の上を眺めていた。日本軍の飛行機が迎撃して戦いになることはめった無かったが、時には日本軍の戦闘機が戦いを挑み、米軍の後尾につけて追い掛けると、地上から拍手したりした。後尾につかれる米軍機はと逃げ出した。足が速かった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 恵那山の上で戦っていると、子供心に思っていたが、角度からすると、駿河湾に空母に乗せられた艦載機が日本の都市を空襲にきて、相模湾の上空に舞い上がった姿が見えるのだと、大人が説明していた。
 新聞は、夕刊がなくなり三紙合同になり、夫が出征した家のIさんのお母さんが配達していた。新聞がななり溜まっていて、新聞紙をノートと交換してもらえると喜んで交換して、たぶん10冊もノートをもらったように記憶している。
 
 そのころ、空襲で動物が脱出を恐れて、軍の指令で上野動物園では、猛獣は射殺とか、象は餓死をさせた。食料は乏しくて、名古屋の東山動物園も大型動物は処分されていた。民間の家で、愛玩用に犬を飼うのは、近所の手前、憚れれることだった。隣りのF岡さんでは、柴犬のフクを飼っていた。時々、我が家に顔を出すこともあったので、フクは顔見知りの仲であった、国道沿いの我が家も、隣りのF岡さんも、農家ではないから、配給以外の食べ物を獲得するのは必死であった。
 
122008_9_dog_49_2  フクの肉をボールにいれて、奥さんが持ってきたのは、夕方だった。
隣りの家のフクは、時々塀の隙間をくぐってウチにもきたから、知っている。ごく普通の茶色の短髪の柴犬である。戦前には毛の長いスピッツが来るまでは、短い毛の犬ばかりだった。(画像はイメージです)
 しかし、その犬を処分しなければならないのは、社会の空気があったのは、確かだ。犬を飼っている家はなかった。飼っているとすれば、鶏だ。
 そうだ、うちにはヤギを飼っていて、ヤギの乳を飲まされて、育ったといわれた。
 国道のうちには、鶏小屋が庭にあり、ひよこから飼っていた。卵をよく産む白色レグホンの卵を抱かせて・・・。鶏も一年に一回巣篭って一か月は抱卵時期には、餌は食っても卵を産まないから、はやく抱卵時期を終わらせる工夫をした。瀬戸物の卵を抱かせるとか。地面に腹をつけて腹を冷やさせるとか。素人の養鶏にも工夫が必要な知識であった。
 10羽くらいを群れで一緒に飼っていて、雄が鶏冠が伸びだして、こいつが雄、後多くが雌となって卵を産む。メスだと思っていたのが雄だという場合もある。
 夕方、F岡さんが、フクを殺したからと、ボールに入れて「いちばんいいところを持ってきた」と、フクの肝臓をどんぶりに一杯くらいをくれた。姉は、玄関に正座して隣りの奥さんの話を聞いていた。19歳の姉は、母が入院中は我が家の主婦をしていたので、近所向こう三軒両隣の主婦の仲間に入って、戦時中の配給や金属供出の仕事を懸命にこなしていた。
 主婦は、十人近くいたが、主人が出征している家や出征はしないもう45歳以上の家など、または、鉄道機関区で必要とされる人はいた。多種多様な家の主婦に囲まれて、19歳主婦代行は、鍛えられたと思う。大人の会話を4歳位の私は、黙って聞いていた。
 姉は、この数日前には、たぶん近所の人から蚕のむつをたくさんもらって、グツグツ煮て佃煮にしようとしていた。ムツは池の鯉の餌にするものだから、嗅いでみれば、今も昔も匂いは同じだからわかるが、生臭いし、とても食べれたものではない。まずい。
 たぶん、酒を入れて生臭さを消して、味付けに砂糖がいるのではないか。折角労苦を重ねて出来上がったムツの佃煮は、誰も食べたがらないから、どうしたのだろう。姉も自分の作った料理は、私には何も説明しないで、消えていた。鶏のエサにしたのかも。
 F岡さんから頂いた肉は、夕飯のとき、すき焼きになって出された。
 しばらく食べていない肉の味に飢えていた我が家の人たちは、夢中になって食べた。ごはんも麦飯だったと思うけど、実においしかった。
  なんで、あんなに大量の肉をくれたのか。考えてみるに、愛していたフクを食うということが、出来なかったのだと、だいぶ経って、ようやく思い至った。
 
 腹一杯になった夜は、卓袱台をかこみ、結構騒いだり歌ったしていた。母はいないし、父は出征しなかったが、仕事が遅くなり父も帰って来なかった。けれど、姉、兄二人、すぐ上の姉など5人と赤ん坊いたから、にぎやかで、ちっとも寂しくはなかった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2016年5月 9日 (月)

取材に行ったらそこは昔からの豪邸だった

 取材に行ったら、そこは個人の家としては豪邸だった。成金と違って、代々の家という伝統が背景に感じられる。植木と庭園の手入れが行き届いていた立派な屋敷であった。初めてみると羨望の気持ちが湧く。746・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 若い頃、日記クラブで遊びに行ったゼネコン大手鹿島建設の元会長宅以来の豪邸だった。奥様の趣味は、人をもてなし、喜んでもらうことだといっていたのを仄聞している。閉鎖もしていないが、積極的に遊ばせるための動きもない。庭師の手入れもきちんとして、すごい庭だ。評価したら、この屋敷と庭で、20億円はする。

 

 ずっと、葛飾区に住んでいるから、地元のことはよく知っているし、ずっと以前からの地主だから、揺るぎない自信があるようだ。約束をしてあったから気持ちよく話しができた。
 葛飾区●町会のことは、「高砂のことをよく知っている方だ」と紹介して頂いたのが、×××さん。
 自分チだけでなく、町全体を見て、町の安寧を考えている。私が住んでいられるのは、町の人が安心して住んでいるからこぞです。自分ノ力はビビたるものです。町全体がよくなると、自分にめぐってくる。じぶんだけよくなるのはムリです。
 “
安全安心はみんなでささえなきゃ。警察と消防だけに任せていればいいというものではない。彼らの仕事に協力してお互いに助け合って、初めて立派な町ができてくる。ウチの町、高砂6丁目(亀田橋地区)は平穏なものです。自治会会長、PTAの会長も、父がやって僕が引き継いだ。
 住吉小PTA会長を11年やり、葛飾区全体の会長を6年やりました。東京都の会長を2年。そのあと、(子ども二人は中学から、孫二人小学校から通ったので)立教中学高校のPTA会長をやりました。そのあと、葛飾区の教育委員を3期12年やりました。20年前に。教育委員長は3回やりました。
 35歳から、●●学園(保育園)の会長をつとめ、37歳で連合会長になった。38歳で●●小のPTA会長になった。41歳で自治会の会長になった。そのとき、副会長が70歳だった。
 皆さん、安心して住めないとだめです。それには、自治会のトップのリーダーシップと会員の協力が必須です。
 心臓の欠陥3本全部取り替えた。頚動脈も取替えています
。”

 

青龍神社=日枝神社の末社
昭和7年に、
東京府南葛飾郡奥戸村曲金=東京都葛飾区高砂
東京府南葛飾郡下河原新宿
佐倉街道の南と北の境界で高砂(曲金)と新宿に分かれる。

 

葛飾区には、49社神社がある。しかし、出入り口のある道路がないから青龍神社は神社とは認められない。20年前に50回忌以後は、出席する家族がいなくなったので、法要は行われない。

 

住吉小学校は新宿小の分校。
高砂小は奥戸小の分校として、昭和7年にできた。

 

昭和34年、宅地取引主任試験が
青龍神社の石碑は、新宿3丁目(住吉)町会から出征した戦死者、

 

 京成の立体化は、今年からはじまり、四つ木からはじまた。平成35年(2022年)まで青戸まで行なわれる。立石の駅北口整備で駅が変わる。特に駅前広場ができることで、街の活性化は進む。特に、葛飾庁舎が新築され、二棟建てビルで、一棟は区役所、もう一棟はマンション。駅前に広場をつくって、タクシー、バス乗り場がないから、その意味では、青戸駅は失敗であった。

 

 高砂は、2022年(平成35年)までは、駅の立体化は見送られたが、それ以後の計画には、線路の立体化と同時に駅前広場のバスターミナル、タクシー乗り合い場によって、青戸と高砂に分かれていた機能を統一化して、成田空港への利便の前線都市として一大発展の基礎を築く。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

| | コメント (0)

2016年4月24日 (日)

恩師千村昌幸(英語)最初の出会いConscious thatが第一声

Photo 高2の夏休み講習に出た最初の授業の、文章の最初の文章が“Conscious that”(=That以下を意識して)という分詞構文。Be(conscious that)のBeが省略された文章を先生は「コンシャス・ザット」と、発音が漢文調であった。
 先生の発音を聞いて、漢文の先生じゃないか、と思うほど英語的でなかった。名古屋(国立)大学=六高を出た学力のある先生だが、気取らない先生だったから、
生徒の間では「千村さん」と呼ばれていた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 旭陵会だより(同窓会新聞)に千村昌幸先生の訃報が載っていたが、まだ90歳には間があると思っていたが。9回生の吉田豊美君が追悼文をかいていた。906 彼は、大学では学生運動で60年の三井三池炭鉱争議にも参加していると書いているから、真剣な活動家だ。就職後も組合運動に関わったのだろう。

Photo_2 彼が、学生運動で三井三池炭鉱争議に関わり、恵那の教育に影響されていたとは、意外な印象を受ける。
 遠目から、ハンサムな彼なら女性にもてるだろうと思っていたが、一度もクラスが一緒にならず親しく話しをしたことがなかった。出身小中校も出身の町、大学はどこへ行ったかも、
彼の詳細は知らなかった

 Nenkinn06_2中津(岐阜県)の市内出身の高校生は、東小、南小も、『恵那の子の作文教育』でかなり免疫がある。高校で千村先生の左翼的な言葉にも、一歩引いて冷静にみていた。そんな記憶がある。彼のように即、左翼的言辞に影響受けなかったような気がする。
 T先生以下何人かの先生は、左翼思想の先生であることはわかっていたが、一方では、思想とは一歩離れた姿勢の「無思想・保守的な」先生もいた。社会改革を夢想する先生のほうが面白いから、そういう先生は人気があった。
 無着セイキョウ先生の『作文教育』の影響はかなり中津市でも強かった。その影響を受けたのは小学生だった。その洗礼を受けて何人かは、改革思想を持って高校に入っていた。彼のように、高校へ入ってから思想に影響受けるのは純粋だ。

 思い出すと、当時、モラロージという“最高道徳”という思想を盛んに言う友人が数人いた。直接影響は受けなかったが、“最高道徳”の団体があった。
 盛んに素晴らしい思想だと語っていた。仏教と儒教、キリスト教のいいところを取っているから・・・、高校のPTA会長のHさんの父親が責任者だとかも言っていた。モラロージの良さを盛んに吹聴していた仲間がいた。
 モラロージについては、欄外で説明

 高校三年生のとき、
千村先生は生徒会顧問として新聞の部室に出入りしていたから、親しくなった。心理学同好会を結成して、これもT先生に顧問やってもらったが、一回開いただけで、その後どうやって進めていいか分からずポシャッたが、先生に甘えていた。

 新聞部の顧問は千村先生は、生徒会の顧問をやっていて、生徒会長になったHが中学からの友で、我が家へ出入りして、会長やりながらタバコを吸うアレで、先生も呆れて返っていたが・・・まあ、それはソレとして。

 千村先生が、本町、横町、下町から左に曲がって(間酒造の裏)大正町に住んでいた。私の家、本町から行くと5分程度でいけた。途中、Nさんの家の前を通って、夕飯の済んだあと、7時頃かな、「こんばんわ、先生」といって、本を借りに行った。
 結構、先生宅へ平気で行ったものだった。先生、そのころ月給いくらだったか分からないが、昭和32年か322年ころ、「毎月書籍代は2000円は使う」と言っていた。
 先生宅に女の子の赤ちゃんが生まれた直後だった。
 奥さんが苗木小で桜木君の担任した、と自慢していた。アレは、彼が東大へ入った直後の会話だった。それを、「東大生に育て上げた」ようなニュアンスに聞こえたのか、千村先生は「バスか、電車に乗り合わせた」のと同じだと、混ぜ返していた。気さくな先生であったのは、確かだ。

 ホワイト・ピッグのあだなの英語の先生、
太利先生の親戚の間一族だが、一生懸命に自分の思想を伝えようとしていたのは、わかっていた。こうして、戦後の平和思想を伝えることが、先生の立場から言ってはいけないと今ならそうなっているが、その当時は、先生の使命だと思っていたようだ。

 今回の同窓会だよりには、他の糸魚川忠平、市岡玉枝先生が亡くなったことが書いてあった。残念だが、人生はそういうものだ。

 中津の町では、英語が使える人は、商業学校の菅井先生、教会の水垣牧師、あと旧本陣の市岡玉枝先生(女性)の三人だった。戦時中、田舎の中津川市で、英字新聞を取っているのは、三人だと新聞配達の人から伝わって、皆知っていた。

 市岡先生が一番若くて、このGHQのジープに付き添って、教育委員会などに行って通訳をしていた、と後に聞いた。昭和22年~25年ころだろうと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■「モラロジー」とは
(
http://moralogy.jp/?page_id=1293)
「道徳」モラル(moral)と「学」ロジー(logy)からなる学問名。日本語では「道徳科学」と言います。
 前身である道徳科学研究所の創立者廣池千九郎(法学博士)が、著書『新科学モラロジーを確立試みとしての道徳科学の論文』(昭和3年)の中で使った学術語(合成語)です。
■モラロジーの創建
 人間は長い歴史で、人間尊重の考えと豊かな文明を築いてきました。一方で、環境破壊、民族や宗教の対立、心の荒廃など、まさに地球規模の危機に直面しています。
 廣池千九郎は、これらを解決するためには私たち一人ひとりが自分中心の考え方を止めて、道徳心を高めていくしか方法はないと考えました。

 そこで、東西の諸聖人に共通する質の高い道徳に注目し、それを最高道徳と名づけました。質の高い道徳の実行とその効果を明らかにするために研究と実証を積み重ね、大正15年(1926)、新しい学問として「モラロジー」を提唱しました。

■育てたい3つの心
1.感謝の心

 大自然の恵み、また家庭や国の恩恵などに対する感謝の心は、自分の命はもちろん人や周囲のあらゆる命を大切にする尊厳性をはぐくみます。そして恩返しをしたり、社会や世界に貢献していく勇気を育てます。
2.思いやりの心
 相手の立場に立って考えることのできる思いやりの心は、人の喜びや悲しみ・痛みへの共感性をはぐくみます。そして自分を反省したり、相手を許す謙虚さや周囲に奉仕する深いやさしさを育てます。
3.自立の心
 夢や志に向かって、主体性を持って生きようとする自立の心は、家庭人、社会人、また国民としての責任感や使命感をはぐくみます。そして地域や国際社会に目を向けていくたくましさを育てます。
 
以上、「モラロジー」の説明。
 いいこと尽くめだけど、さあそれに従いなさいといわれて、どうする?思い切って、食いつけないのは、何が不足しているのだろう。自発の動機がないから?

| | コメント (0)

2016年4月21日 (木)

 亡くなった昭和4年の早生まれのT兄の思い出を

 手紙検閲 昭和25年頃 昭和4年の早生まれのT兄は、終戦後の風潮を一番謳歌していた。 人のいい兄貴だった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 10数歳も年下の弟や妹に、仕事をさせ紙で書いた約束手形で払って、最後に相当の金額をチャラにする兄だった。

 小5の夏休み、当地出身の十両の関取が来て、子ども相撲大会が横町で行われ、同級生のY君と取って、最初は先手を取られて負けたが、二度目は用心して実力を発揮して勝った。その賞品として、サイダーを商品に貰った。それを机の上に置て楽しみにして取って置いた。数日後、飲むと味がない。おかしい。水になっていた。サイダーの王冠はきちんと閉まっていた。うまく細工してあった。兄弟の中でこういうことをするのは、T兄しか頭に浮かばなかった。

  リーダーズダイジェストは、アメリカの雑誌の翻訳版だったが、兄貴は雑誌の折込ハガキを送って契約して毎月取っていた。この内容は、アメリカの雑誌の直訳であまり、興味引く内容ではなかった。
 東京へ来たとき、毎日新聞社と隣併せに「リーダーズダイジェスト」の日本支社を見つけたと奇妙な懐かしさを感じた。 兄はそれほど熱心には読んでいなかった。

 うちの兄弟で一番流行に敏感であったT兄は、ベレー帽を被っていた。近所とか、知り合いの女の子を集めて、手回しの蓄音機でレコードを掛けてダンスをしていた。 すぐ下の中学生の兄も、そういう音楽とかダンスには興味深々だった。

 時々、女の子がT兄を訪ねてきて、コソコソと外に出て行き、路地の陰の暗闇で立ち話をしていた。単に立ち話だったのか、何か知らないが、我々小学生がそれをつけて行って、のぞくのが当時の子供の楽しみというか、風習だった。

  田端義夫の「ハワイアン航路」の歌が流行っていたから、あれに影響されたのだろう。T兄は白いズボンにビニールの透明なベルトをしていた。透明のベルトも半年もしない間にくすんだ色に変色した。

 当時の芸能雑誌「平凡」には、田端義夫がハワイロケで現地の背の高い女性と親しくなって、結婚したという記事が載っていた頃だと思う。後に離婚したが。

 この投書の方の検閲された手紙の話で思い出した。
T兄のところに来ていた手紙も検閲してあった。ラブレターかどうかは、小学生の私にはよくわからなかったが、封筒の下がハサミで開けた後にビニールテープで「OPEN  HERE」だろうと思うが、「開けました」という意味が英語で書いてあった。

 開けた封筒の底が「接着ビニール」で閉じてあるを見て、ヘーエすごいものがアメリカにはあるもんだ、と感心した記憶がある。その頃は、日本にはセロテープもないし、張り合わせるには、うどん粉を煮て糊にしたものだ。市販の糊は「不易糊」が第一号だった。

  進駐軍は全国どの町にも来ていたのだろう。中津の町にも、軍人ではないが、教会に2名の若いGHQが二名滞在していた。彼らは、GHQを代表して教育委員会へ行って指導をしていた。

 車は、茶色の濃い色したジープではなくセダンとオフロードカーの中間の車種だった。それで町中を駆け回っていたから、目だった。

  中津の町では、英語が使える人は、商業学校の菅井先生、教会の水垣牧師、あと旧本陣の市岡先生(女性)の三人だった。

 市岡先生が一番若くて、このGHQに付き添って通訳をしていたと後に聞いた。昭和22年~25年ころだろうと思う。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2016年4月10日 (日)

自分史を作る講座、隗よりはじめよ。

 誰にも相談をしていないが、“自分史講座”を始めると、どんな反響がでるか。文章に関する話、自分史という墓標、終活の考えの養成、あまりいいイメージではないが、老人がすべきことだろう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 自分を「高齢者」「老人」[シニア」と呼ぶだけのゆとりを持ちたい。
 これって、アレだね。子どもに向って「お姉さんがね」(おにいさんが)と自称していたのを「おばさんがね」(おじさんが)と変えて言うようになる“40代ギャップ”に似ている。
 

 客観的に自分を見つめるには、“自分”を振り返るのがいい作業だ。自分史とはいえ、きっとファミリーヒストリーだと思う。これを本にする。眼に見える文集化するところまで仕上げて終えるから、いい作業だ。ただ、一日で終えるとか、一斉には終わらないから、ソレが問題だ。 

 隗よりはじめよ。ということで、
_6603_2 小学生編(上・下)
序章:故郷の廃家
    中津川市内を歩く
 
②我が家の忘れられない日
復員兵が帰ってきた 昭20年秋
④継母となる母と始めてで会った
初恋の洋子ちゃん、今いずこ
文化新進会 町に戦後の風
第五福竜丸のマグロを食べた家
紙芝居おじさん 神主が副業
市内の企業野球チーム
めがねをはずせ、往復ビンタ
⑪ニセ「進物品」でだます.
保古沼でスケート
⑬もう一人の自分に向って

  一冊が36~38ページだから、内容がこれだけあると、多分、二冊に分冊しないと、収まらない。中学生編でも、同様かもしれない。
 自分史は、プライバシーを露出しないと書けないと思う人も多いから、その辺が吹っ切れないと、書けないかもしれない。特に見栄がネックだろうね。これをどう自分の中で折り合いをつけるかだ。
 Img_8119孔版印刷機を駆使すると、容易に本が作れると知れば、この印刷機が使われるようになっていいのではないか。

●お勧め深読みブログ

天皇実録完成 昭和天皇の生涯と戦争と関わり: 
「TSUTAYA」から増田 宗昭 自力発展に注目
三原じゅん子(参議院議員)の「八紘一宇」の意味
ノモンハン事件(昭和14年)から何も学ばないまま
負けて、勝つ 大柄渡辺謙 小柄吉田茂を演ず
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2016年3月14日 (月)

高齢者の自分史10人集めて、まちを描く手法を考えた

 季刊誌「かつしかまちナビ」の記事を書くにあたり、アンケートの原案を考えた。質問は10項目、出来上がって、ああそうだ、夫婦の馴れ初めも入れるべきだと気づいて、書いたものを出そうとしたら、消えていた・・・、そんなことあるの?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 認定質問氏名(          )
①昭和20年8月15日は、どこで何をしていましたか?
②5年前の東日本大震災のとき、どんな様子でしたか?
③この町に住み、どんな思い出がありますか?
 住み初めは昭和何年、町の様子は?
④お仕事・ご商売はいつごろが景気が良かったですか?
(悪くなった時期、理由)
⑤結婚は、お見合い?恋愛?

⑥人生の有益な格言・好きな言葉は何ですか?
⑦健康に気をつけていること、よく眠れますか?
⑧今、願いを一つ叶えるとしたら、何を希望しますか?
⑨あなたが注目している、有名人、タレントは誰ですか?
 TV番組はなにですか?
⑩写真を借りたいですね。昔の店、昔のあなたの写真。
 

以上で質問はおわりますが、逆にお聞きになりたいことはありますか?

本日の深読みベスト

病の起源うつ 扁桃体からストレスホルモン分泌: 26u
実にツマランことが気になった。疑問①②:25
戦後「思想の科学」何を総括したか25a
英語赤点少女、パリ経済協力開発機構で働く 21.
先輩東條英機を侮辱、石原莞爾受けた報復:20u

ぜひとお勧めしたい
日本人の特色 ①勤勉 ②権力には弱い ③論争しない:

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link

データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ 

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ 
 

録音テープ起し
 講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ》 

Kanban2問い合わせ窓口 ←クリック
 事前に電話を頂いたのちに、メールがあると話が進めやすいので、そのようにお願いしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2016年3月11日 (金)

五年前の3月11日、あのとき、あなたはどうしていたか。

  図書館の前にある理髪店へいった。違う人に当たると、なんとなく居心地が悪いが、きょうは久しぶりになじみの担当者に当たった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 目の前の大鏡をのぞくと、頭は丸坊主の元気そうなジイさんがいる。そして髪を当たる女性の姿を見て、あ、コレを写すといい写真になる。「写真撮ってもよろしいか」と、プロカメラマンなら言えるだろうが、シロウトはいえないものだ。
 この瞬間、この時間は、もう二度と来ないから、写真に撮っておきたいものだ。四角の鏡の枠に囲まれた構図(写真)は、よく見える。

 きょうは東日本大震災の日だね。と話したら乗ってきた。
「もう五年も経ったですね」
「五年前、ここにお勤めでしたか?」と話しを接ぐと、
「いました。あの時は、お客さんに接客中で、凄く揺れて棚の荷物が落ちないように抑えて。その揺れが収まると、水が出ない、ガスが止まり、電気が消え、でも、何とかそのお客さんを終えたました」
 普段何も話さないのに、多弁になった。「(お客さんは)どうでしたか」と聞いてくれた。

 あの時は、図書館へ来ての帰り、地面が大きく揺れてまるで地面がこんなに柔らかだったのかと思った。だから、同じ時間に来てみた。と話す。「帰りが大変だったのでしょう」と聞くと
「私、●●に住んでいますので、バスで帰ろうと思ったのですが、道路は渋滞で動きそうもないので、(金町から)歩いて帰りました。四時間かかりました。」五年前の自分を思い出すかのように語った。 

 五年前(2011年)3月11日 (金)、あのとき、あなたはどうしていたか。
 地震だ!震度6 道路揺れて歩けない
 2:46宮城県沖震源の地震が東京に到達したとき、東京葛飾を歩いていたら、道路がうねってるようで、酔っ払ったときの感じで、フラフラした。電線がブランブランと、今までみたことのないような激しくゆれていた。こっちの地震は7・4から8.4に変更された。その後、9.0になった。

0767 あの日、東京の空はこんなに晴れていた。
 が、電車は止まり多くの人は難渋していた。田舎駅(京成高砂)の階段にも、人が座り込んでいた。駅員は為すスベを失って誰も出ていなかった。
0775 都心の駅は想像もつかないほど、人で溢れていただろうが、そこは取材できないから写真は残っていないだろう。0765

揺れはひどいとは思ったが損害が出るほどではなかったが、唯一被害はブロック塀の倒壊だった。

 鉄筋は、ブロックの見た目より、地面と接合に必要だとわかる。

その後、何が問題かといえば、食料だ。緊急食料として、パンが消えた。スパーの食品コーナーがまるで閉店状態だった。
 地震でスーパー棚の食料品 消えた 0815 これだったら、出遅れたら、何も食うものがない。まるで戦時中か、戦後の世界だ。非常食を備蓄していないと餓死する。特に都会のアパート・マンション暮らしの人達には、打撃だ。

地震 日本各地の入力者の反応 
地震と原発事故で日本中大騒ぎ 
京成電鉄11時~午後5時全面運行中止 
田老町 住民4000中1000名消息不明

●昨日の深読みベスト5
ロバート馬場、モンゴルで日本食おもてなし:25
しょうけい館、戦争傷跡の“継承”造語。:25
百寿者の長寿秘訣 アディポネクチン
:22
453名が一人の男性 四万十お見合い:19a
北朝鮮水管弦楽団とモランボン楽団女性 :15
イスラム国の性奴隷、クルド人ヤジディ教徒
:13u
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link

データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ 

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ 
 

 録音テープ起し
 講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ》 

Kanban2問い合わせ窓口 ←クリック
 事前に電話を頂いたのちに、メールがあると話が進めやすいので、そのようにお願いしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2016年2月21日 (日)

昭和30年高砂駅前通りは、平成28年まで60年間にどう変化したか

昭和30年の(京成電鉄)高砂駅前通り商店街の写真を見つけた。これは珍品だ。
「かつしかまちナビ」は毎週、原稿の校正読合わせ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30 上の写真は昭和30年だが、高砂駅は前年昭和29年12月、現在、車庫保線区のある所に駅舎があったのが、今の場所に駅が引っ越した。それから60年、現在の町はどうなったか。282_2 変化のないのは、交番だけだ。花美志不動産は、かたくなに現状を変えなかったが、それでも五年くらい前に改装と塗装をした。さくら薬局と左隣の米屋(写真では見難い)がほぼ同時に高層ビルにした。
 高齢の人に聞かないと、内情はわからないが、駅前通りはシャッター通りにならないで、多くは頑張っている。

 当時(60年前)、町には映画館もあったと聞くし、ローラースケート場もあったらしい。当時から花屋花房、牛乳屋、化粧品屋、木村文房具、和装●●もあった。そのあたりを聞き込みをしてみたらどうだろうか。これは風月堂で聞いてみようと思う。
 パチンコ屋がいつからできたのか、これは駅前の風月堂でそれを聞くのもいいかも。高砂北町会を中心にまとめるがいい。

 交番の前に、ジェーン台風で水没した目印があったと思ったがない。交番の巡査にきいてもわからないものだ。高砂出張所にいけばわかるかも。
 周辺の高齢者に聞き込みに用意すべきは、取材のためのアンケート用紙と写真集めの依頼、あとから回収する方法を考えたい。6397_2 隣駅の青砥のように高架下に商店街がないから、中小の個人商店がやっていけるようだ。案外老舗の駅前ヨーカ堂が力を裏で発揮しているのかもしれない。わからないが。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link Kanban2データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ 

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ 

 録音テープ起し
 講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ》 
録音起こし依頼側へ  
講演などの録音は、
①講演者から1.5m以内でICレコーダーで録音。
②講演会場の自席でスピーカー通して録音。
 ①と②では、作業担当者には、大きな違いがある。①の場合は、ほとんど資料など必要ない。 ②は、聞き違いが生じる

●自分史の口述をお考えになっている方にお勧めします。 お話相手になりながら、採録します。
 

Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。 
*ドロップボックス
へ音声ファイルを入れると、即刻、デスクトップ上に届く。現在1回20GB(音声30時間)受付可。
 即日、専用ドロップボックスを用意します。
 バイク便より確実で早く、料金のご負担もない。
 
(宅急便で、SDカード、CD、DVD送付でもOK。)

執筆代行 ゴーストライター (原稿作成)
 自身の経験・原案を一冊の本/講演スピーチに/ 著者からテーマを聞き出し、取材して“言いたいこと”を原稿作成。出版社に出せる体裁に。
 大学生の論文データ入力&相談にも乗ります
《→執筆代行詳細へ                                                         

プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック
 事前に電話を頂いたのちに、メールがあると話が進めやすいので、そのようにお願いしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

nozawa22newの楽しみ方 | おすすめサイト | お金、経済 | アジア問題 | アニメ・コミック | アメリカ | アンケート | アンケート処理 | ウェブログ・ココログ関連 | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | スポーツ | テープ起こし | データ入力 | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ヨーロッパ | ロシア問題 | 中国問題 | 中東問題 | 事件、事故 | 人種問題 | 企業情報 | 住まい・インテリア | 健康体操 | 八千代市 | 北朝鮮問題 | 司法問題 | 国会 | 国家戦略 | 国際情勢 | 執筆代行 ゴーストライター | 季節感、自然情景 | 学問・資格 | 宗教=仏教 | 家庭問題 | 心と体 | 恋愛 | 戦争 | 携帯・デジカメ | 政局・政治・選挙 | 故郷郷愁 | 教育 | 文化・芸術 | 旅、旅行 | 旅行・地域 | 日本の姿、文化 | 日本史 | 日本近代史 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝鮮半島+韓国 | 東京見聞録 | 死の招き | 生き方 | 病気と健康 | 私のかつしかまちナビ | 科学研究、発明発見 | 経済・政治・国際 | 経済・金融問題 | 結婚 | 美容・コスメ | 育児 | 自分育て | 自然現象 | 芸能・アイドル | 英国イギリス | 裁判 | 言葉、言語問題 | 趣味 | 選挙 | 録音起こし | 青春時代 | 韓国関係 | 音楽 | 音楽、メロディ、歌 | 食料、食べ物 | ファミリーヒストリー