日本近代史

2016年5月28日 (土)

オバマ演説(広島)英文と日本語(エキサイト翻訳)

よくアメリカ大統領が広島へ来た。アメリカ大統領が共和党だったら、とても実現は無理だったと思う。あと数ヶ月しか任期がないからこそ、やれたことだ。人生も残り少なくなったら、思い切って、勇気を出して主張すべきはしなければならない。

広島市の平和記念公園での演説で「核兵器なき世界」への決意を表明するオバマ米大統領=27日午後5時49分(代表撮影)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 Seventy-one years ago, on a bright cloudless morning, death fell from the sky and the world was changed. A flash of light and a wall of fire destroyed a city and demonstrated that mankind possessed the means to destroy itself.
71年前は明るい雲ひとつない朝、死において空から低下し、世界は変更された。ライトのフラッシュおよび火の壁は、都市を破壊し、人類が、自身を破壊するための方法を所有しているのを証明した。

Why do we come to this place, to Hiroshima? We come to ponder a terrible force unleashed in the not so distant past. We come to mourn the dead, including over 100,000 Japanese men, women and children, thousands of Koreans and a dozen Americans held prisoner.
 なぜ広島にし 私達 、この場所に来るか?私達は、過ぎて遠い において解放されたひどい力を考えるために来る。私達は、100,000人を超える日本人男性、女性と子供、数千人の韓国人、およびダースアメリカ人 拘束囚人 を含む死にを悼むように来る。

Their souls speak to us. They ask us to look inward, to take stock of who we are and what we might become.
それらの人は私達と話す。彼らは、私達に、鑑定する 誰の私達のareのおよび もの 私達がなるかもしれない ために中であることに見えるように頼む。

It is not the fact of war that sets Hiroshima apart. Artifacts tell us that violent conflict appeared with the very first man. Our early ancestors, having learned to make blades from flint and spears from wood, used these tools not just for hunting but against their own kind.
それは、広島を異なっているようにする戦争の事実ではない。人工物は、私達に、暴力的な衝突が非常に最初の人と出現したと言う。私達の早い祖先は、木材からの火打石と鎗からブレードを作るのを学び、ただハンティングを起こすことのためにけれども彼ら自身の種類に対してこれらのツールを使った。

On every continent the history of civilization is filled with war, whether driven by scarcity of grain or hunger for gold, compelled by nationalist fervor or religious zeal. Empires have risen and fallen, peoples have been subjugated and liberated, and at each juncture innocents have suffered -- a countless toll, their names forgotten by time.
 すべての大陸には、文明の歴史は金への穀物または熱望の不足により動かされるかどうかにかかわらず戦争によって満たされて、国家主義の熱情または宗教の熱心により強要される。帝国は上がり、落ちて、民族鎮圧および解放されて、個々の連結無邪気な子供で苦しんだ--時間までに忘れられたそれらの名前という無数の使用料。

The World War that reached its brutal end in Hiroshima and Nagasaki was fought among the wealthiest and most powerful of nations. Their civilizations had given the world great cities and magnificent art. Their thinkers had advanced ideas of justice and harmony and truth, and yet the war grew out of

the same base instinct for domination or conquest that had caused conflicts among the simplest

tribes, an old pattern amplified by new capabilities and without new constraints.広島と長崎のその残忍な終わりに達した世界大戦と国家で最も裕福に、最も強力に戦った 持ち 。それらの文明社会は世界大きい都市および壮大なアートを与えた。それらの思想家は、公正と調和と真実のアイデアを進めて 新しい機能および新しい制約により拡大された古いパターン 、それなのに、戦争は、最も簡単な種族の間の衝突を起こした支配または征服のための同じ基本の本能から生じた。

In the span of a few years some 60 million people would die: men, women, children -- no different than us, shot, beaten, marched, bombed, jailed, starved, gassed to death.

There are many sites around the world that chronicle this war -- memorials that tell stories of courage and heroism, graves and empty camps that echo of unspeakable depravity.

数年のスパンにおいて、約6000万人の人々が死ぬ:人、女性、子供--いいえ、私達、撃たれて、打ち延ばされて、行進して、爆撃されて、拘留されて、飢えていて、死ぬまでガスを入れられて違う。

この戦争を記録する世界中に多くのサイトがある--勇気の物語、および言いようもない堕落で反響する英雄的素質、墓、および空のキャンプを話す記念物。

Yet in the image of a mushroom cloud that rose into these skies, we are most starkly reminded of humanity's core contradiction -- how the very spark that marks us as a species, our thoughts, our imagination, our language, our tool making, our ability to set ourselves apart from nature and bend it to our will -- those very things also give us the capacity for unmatched destruction.

How often does material advancement or social innovation blind us to this truth? How easily do we learn to justify violence in the name of some higher cause?

Every great religion promises a pathway to love and peace and righteousness. And yet no religion hasbeen spared from believers who have claimed their faith has a license to kill.

Nations arise telling a story that binds people together in sacrifice and cooperation, allowing for remarkable feats, but those same stories have so often been used to oppress and dehumanize those who are different. Science allows us to communicate across the seas, fly above the clouds, to cure disease and understand the cosmos. But those same discoveries can be turned into ever more efficient killing machines.
まだ、これらの空に昇ったきのこ雲のイメージにおいて、私達は人間性の中心的な否定を最もはっきりと思い出す--どのように、種、私達の考え、私達の想像力として私達をマークするまさしくそのスパーク、私達の言語、私達のツール制作、自然から自身を目立たせて、私達の意志にそれを曲げる私達の能力--それらのまさしくその物は私達にたぐいまれな破壊の能力も与える。

何回 物質的な進歩 または社会的な革新が、私達をこの真実に盲目的にするか?私達は、どれほど容易に、あるより高い原因の名において暴力を正当化するのを学ぶか?

すべての大きい宗教は、愛情と平和と正義に、小道を約束する。それなのに、宗教は、殺すために、それらの信頼がライセンスを持っていると主張した信者から全然節約されなかった。

顕著な偉業を考慮し、国家は生じて、犠牲と協力において人々をバインドする物語を話すけれども、それらの同じ物語は、違う人々を圧迫し、人間性を失わせるためにそんなにしばしば用いられた。科学は、海を横切って私達が通信すること、病気を治療し、宇宙を理解するために雲の上で飛ぶことを可能にする。しかし、それらの同じ発見物はいっそうの効率的殺害マシンに変えられうる。

The wars of the modern age teach us this truth. Hiroshima teaches this truth. Technological progress without an equivalent progress in human institutions can doom us. The scientific revolution that led to the splitting of an atom requires a moral revolution as well.

That is why we come to this place. We stand here in the middle of his city and force ourselves to imagine the moment the bomb fell. We force ourselves to feel the dread of children confused by what they see.

We listen to a silent cry. We remember all the innocents killed cross the arc of that terrible war, and the wars that came before, and the wars that would follow.

Mere words cannot give voice to such suffering. But we have a shared responsibility to look directly into the eye of history and ask what we must do differently to curb such suffering again.

Some day the voices of the Hibakusha will no longer be with us to bear witness. But the memory of the morning of August 6, 1945 must never fade. That memory allows us to fight complacency. It fuels our

moral imagination, it allows us to change.
現代の時代の戦争はこの真実を私達に教える。広島はこの真実を教える。人の組織で等しい進歩なしの技術進歩

は、私達を運命づけることができる。原子の分割を引き起こした科学の革命は、その上、道徳的な革命を必要と

する。

それは、私達がこの場所に来る理由である。私達はこの都市の中央でここに立ち、爆弾が落ちた瞬間に、想像し

ていることを自身に強制する。私達は、彼らが見るものにより混同された子供の恐怖を感じることを自身に強制

する。

私達は静かな叫び声を聞く。私達は、そのひどい戦争の円弧、および前に来た戦争、および続いている戦争を横

切ってすべての無邪気な子供が殺したことを覚えている。

単なる言葉は声をそのような苦しみに与えることができない。しかし、私達は、歴史の目を直接調査し、再びそ

のような苦しみを抑制するために、私達が何を違ったふうにしなければならないかを尋ねるために、共有された

責任を持っている。

いつか、被爆者の声は、証拠を支えるために、もう私達にない。しかし、1945年8月6日の朝のメモリーは決して

薄れるはずがない。そのメモリーは、私達が自己満足と戦うことを可能にする。それは私達の道徳的な想像力に

燃料を供給し、それは、私達が変わることを可能にする。

And since that fateful day we have made choices that give us hope. The United States and Japan forged not only an alliance, but a friendship that has won far more for our people that we can ever claim through war.

The nations of Europe built a union that replaced battlefields with bonds of commerce and democracy.

Oppressed peoples and nations won liberation. An international community established institutions and treaties that worked to avoid war and aspired to restrict and roll back and ultimately eliminate the existence of nuclear weapons.

Still, every act of aggression between nations, every act of terror and corruption and cruelty and oppression that we see around the world shows our work is never done. We may not be able to eliminate man's capacity to do evil, so nations and the alliances that we formed must possess the means to defend ourselves.

Among those nations like my own that hold nuclear stockpiles, we must have the courage to escape the logic of fear and pursue a world without them. We may not realize this goal in my lifetime, butpersistent effort can roll back the possibility of catastrophe.

そして、その決定的な日以来、私達は、私達に希望を与える選択をする。米国と日本は、同盟を作り上げたけれども、ずっと私達が戦争を通じて要求できる私達の人々のためにずっともっと勝った親交。

ヨーロッパの国家は、戦場を商業と民主主義の束縛と取り替えた組合を築いた。圧迫された民族と国家は、解放を勝ち取った。国際的なコミュニティは、戦争を避けるために働き、限定し、後退し、核の武器の存在を最終的に取り除くことを熱望した組織と条約を設立した。

それでも 国家の間のすべての幕の侵略 、すべての幕の恐怖と腐敗、および世界中で私達が見る残酷さと抑圧、私達の仕事を示す 決してされない 。私達は、悪をするために、人の能力を取り除くことができないかもしれない。従って、私達が形成した国家と同盟は、自身を防御するための方法を所有していなければならない。

核の資材を持っている私自身のようなそれらの国家の間には、私達は、恐怖のロジックを免れて、それらなしで世界を追跡する勇気を持っていなければならない。私達は私の生涯のこのゴールを実現できないけれども、持続的な努力により大災害の可能性は巻き戻されうる。

We can chart a course that leads to the destruction of these stockpiles, we can stop the spread to new nations, and secure deadly materials from fanatics. And yet that is not enough, for we see around the world today how even the crudest rifles and barrel bombs can serve up violence on a terrible scale.

We must change our mindset about war itself -- to prevent conflicts through diplomacy and strive to end conflicts after they've begun; to see our growing interdependence as a cause for peaceful cooperation and not violent competition; to define our nations not by our capacity to destroy but by what we build. And perhaps above all we must reimagine our connection to one another as members of one human race -- for this too is what makes our species unique.

We're not bound by genetic code to repeat the mistakes of the past. We can learn. We can choose. We can tell our children a different story, one that describes a common humanity, one that makes war less likely and cruelty less easily accepted.

We see these stories in the Hibakusha: the women who forgave a pilot who flew the plane that dropped the atomic bomb because she recognized what she really hated was war itself; the man who sought out families of Americans killed here because he believed their loss was equal to his own.

私達は、これらの資材の破壊を引き起こすコースをチャートで示すことができて、私達は新しい国家に広がりを止めて、狂信者から必殺の素材を守ることができる。それなのに、今日、世界中で、私達が、最も天然のライフルと樽爆弾でさえどのようにひどいスケールの暴力の上で役立つことができるかをわかるので、それは十分ではない。

私達は戦争自身についての私達の思考様式を変更しなければならない--外交を通じて衝突を防止し、それらが始めた後に衝突を終えるために努力するために;私達の成長相互依存を暴力的な競争ではなく、平和な協力のための原因と考えるために;破壊する私達の能力ではなく、私達が築くものによって私達の国家を定義するために。そして、たぶん、とりわけ私達は、互いの私達の接続を1人の人類のメンバーと再想像していなければならない--また、私達の種をユニークにするものがこれのためにである。

私達は、遺伝情報により、過去の誤りを繰り返すことを義務づけられない。私達は学ぶことができる。私達は選ぶことができる。私達は、違う物語、共通の慈善行為、それほどありそうではない戦争およびそれほど容易ではなく受け入れられて戦争するものを説明するものを私達の子供に話すことができる。

私達は被爆者においてこれらの物語を見る: 彼女が認めていたので原子爆弾を落とした飛行機を操縦したパイロットを許した女性もの 彼女が本当に憎悪した 戦争自身であった;彼がそれらの損失が彼自身と等しいと信じたので、ここで殺されたアメリカ人のファミリーの外で捜した人。

My own nation's story began with simple words: "All men are created equal, and endowed by our Creator with certain unalienable rights, including life, liberty and the pursuit of happiness."

Realizing that ideal has never been easy, even within our own borders, even among our own citizens. But staying true to that story is worth the effort. It is an ideal to be strived for, an ideal that extends across continents and across oceans.

The irreducible worth of every person, the insistence that every life is precious, the radical and necessary notion that we are part of a single human family: that is the story that we all must tell.

That is why we come to Hiroshima, so that we might think of people we love, the first smile from our children in the morning, the gentle touch from a spouse over the kitchen table, the comforting embrace of a parent.

We can think of those things and know that those same precious moments took place here 71 years ago. Those who died, they are like us.

Ordinary people understand this, I think. They do not want more war. They would rather that the wonders of science be focused on improving life and not eliminating it.

私自身の国家の物語は簡単な言葉から始まった:「すべての人は等しく創造されて、私達の創造者から、ライフ、自由、および幸福の追跡を含む一定の譲渡できない権利を与えられる。」。

私達自身の市民の間でさえ私達自身の境界内でさえ理想が一度も容易であったことがないことに気がつく。しかし、その物語に忠実なままでいることは、努力に値する。それ、大陸と海洋を横切って拡張する理想のために努力することが理想である。

すべての人、主張の削減できない価値 すべてのライフが貴重である 、根本的で、必要な観念 that 私達は単一の人ファミリーの一部である:それは、私達すべてが話さなければならない物語である。

それは、私達が広島に来る理由である。私達が人々について考えるように私達が愛していること朝の私達の子供からの最初の微笑み、キッチンテーブルの上の配偶者からの優しい感触、親の慰め抱擁。

私達はそれらの物について考えて、71年前ここでそれらの同じ貴重な瞬間が起こったと知っているかもしれない。死んだ人々 それらは 私達に似ている。

普通の人々はこれを理解し、私は考える。彼らはより多くの戦争を望まない。彼らは、科学の不思議の焦点がライフを改善し、それを取り除かないことに合わせられることを望んだ。

When the choices made by nations, when the choices made by leaders reflect this simple wisdom, then the lesson of Hiroshima is done.

The world was forever changed here, but today the children of this city will go through their day in peace. What a precious thing that is. It is worth protecting and then extending to every child.

That is a future we can choose, a future in which Hiroshima and Nagasaki are known not as the dawn of atomic warfare, but as the start of our own moral awakening.

そしてリーダーによりされた選択がこの簡単な知恵を反映する時に国家により広島のレッスンにされる選択がされる時。世界はここで永久に変更されたけれども、今日、この都市の子供は平和のそれらの日を通り抜ける。もの である貴重な物 。保護し、それから、すべての子供に拡張することが値する。

それは、広島と長崎が核戦争の夜明けではなく、私達自身の道徳的なめざめの開始として知られている未来に、未来 私達が選ぶことができる, である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2016年4月26日 (火)

葛飾区役所が全焼は、昭和20年(1945年)2月

B29bombing_of_japan 闇雲に焼夷弾をバラまいたのではなく、目標地点をはっきり決めた上で かなり緻密に爆撃している。
Wikipedia 東京の市街地で空襲を免れた区域

 空襲で葛飾区役所が全焼は、昭和20年(1945年)2月、青戸の高射砲陣地(現・白鳥三丁目10番)から発射された砲弾がB-29一機に命中した。それに米軍が怒って始まったらしい。命中したのは、青戸高射砲でなく、小岩陣地の砲弾ではないかとも。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
79882b◆本所(現・墨田区)、深川(現・江東区)が甚大な被害を受けたことは
 よく知られていますが、
 それ以外の被災地は、
・日本橋/浅草/上野/淀橋(新宿)/豊島(池袋) といった繁華街。
つまり商業と民需品の流通ポイントのターミナル駅。
・王子(大小工場)~ 田端(中小工場と国鉄機関区)といった
 軍需物資の流通拠点。
・蒲田(現大田区)および荏原北側。中小工場の多いところ。
 民需品ルートを破壊し、市民生活の窮乏に焦点を当て、戦後の闇市形成に大きな影響があったかと思われる。

焼かれていない所で目立つのは、
 ・小石川/本郷(≒東大周辺)
 ・神田 (御茶ノ水から神保町(古書店街)
 ・皇居~丸の内 (三菱の本拠地)
 ・日本橋室町 (三井本館と日銀は今日なお健在)
 ・京橋 (大手企業本社) 
 ・芝/品川 (大企業の工場)
 ・十条 (陸軍施設が多かった所。王子/田端と対照的)
 ・牛込~市ヶ谷 (陸軍司令部)
 ・目黒~世田谷方面(政財界要人)
 ・半蔵門にあるイギリス大使館だけが、焼け残っている。
 アメリカ人捕虜の宇田川陸軍刑務所は焼かれている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


| | コメント (0)

2016年4月19日 (火)

明治維新のスローガンは「尊王攘夷」、明治政府は「開国洋学」の国

000002 近代史を学んでいると「尊王攘夷」というスローガンを唱えて、長州なんか、ドンドン進んで、薩摩と同盟組んで討幕する・・・ここまでは、順調にわかるというか、そういう学習をする。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
000016 その後、ゴチャゴチャになって、アッという間に開国するじゃないか。井伊直弼を暗殺する水戸学派の思想っていえば「尊王攘夷」の総本山だよね。
それが、明治政府がきてみれば、「開国・洋学」の国家でしょ?このプロセスが近代を学ぶ高校生に、歴史の先生たち、うまく説明できているか、心配だ。
 000028 歴史好き、社会には関心が高い私も、相当長く、志士のいう攘夷尊王を信じていた。そんなに魅力あるスローガンではないのに、あのあ幕末の志士たちを酔わせて、突ッ走ったのはなにか。明治以後の日本を観ている身にはわかりにくい。

 理性的にみれば、開国、文明を取り入れるのが妥当、とわかる人にはわかっている。磯田道史が司馬遼太郎の「明治という国家」「この国のかたち」から説明していた。
 

 「開国して貿易をして戦争にならないように外国と対処しないといけない」と主張していては、討幕はできないのである。その当時、外国という夷えびすを追い払うか、植民地にされて食われるか、の二者択一だった。それで、外国と同じ立場に立とうとした・・・。 

「前の国家を壊して新しい国をつくる」というのは、並みのエネルギーではできない。人を酔わせて酒の力を借りてソレに乗っていく。人は酒に踊らされやすい。

   幕末の討幕エネルギーは攘夷から起こったことはいうまでもない。「開国」なんてのは、イデオロギーとしては弱い。
 開国は理の当然で正しく、かつ常識的なありかたで、それは液体で言えば水。水はいきるのになくてはならないもの。しかし、革命というのはみんなが酔っ払わなくてはならないから、水ではどうにもならない。強い酒を必要とするものだ。

 「尊王攘夷」という標語は利用価値があった。
 天皇こそが日本を支配していた。武士は天皇に委託されて政治を日本を支配しているだけだ。という思想である。天皇から委託されて天皇を支える身分と言う意味では、草莽の一般人も同じ、ボクも天皇の家来だ。ということで、一気に身分制度を破壊する力を持った。
 

 一般人にも、幕府に不満をもっていた人には、「尊王攘夷」とセットになって、テンションが上がる。幕府の失態をみつけて噛み付くキッカケを探していた。これが革命のエネルギーだった。 

 それまでは、人は藩に所属し、村、町に所属していた。勝海舟は政府の要人で、日本全体を考える立場に立っていた。イギリスやドイツ、アメリカの植民地にならないようにするには、海軍を持たないと考えた。まず、日本に海軍を作ろうと、以前から親しいオランダに相談した。 

000006 軍事顧問として、海軍を作るために来たカッテンディーケが来日した。勝は彼から海軍と船の操縦を学んだ。

「オランダの場合はどうなんですか」
 カッテンディーケに勝が質問したでしょう。

000005「オランダには憲法があります。いかなる人といえど、オランダに生まれたら、ごく自然にオランダ人です。自分の身と国を一体のものと考え、オランダ国の代表として振る舞い、また、敵が攻めてきた場合には、自ら進んで防ごうとします。それが国民というものです。
 日本がなぜそうでないかが不思議ですね」

 このとき、勝は「国民国家」ということに目覚めた、と司馬遼太郎は書いている。この後、咸臨丸でアメリカは行っている。そのときも、なお一層「封建国家」ではもうダメだと確信する。「国民国家」をつくらないとダメだと気付いた人物の一人だ。国民国家であれば、日本が攻撃されたら、国民が一体になってみんなで守るという意識が根付く。ソレが国民であり、国民国家である。
 

 明治維新は、国民国家を成立させて、日本を植民地化の危険から救いだすという、唯一つの目的のために一挙に封建社会を否定した革命である。青写真が描けていなかった。ドイツへ行って、イギリスへ行って学んできた。法体系もヨーロッパから入れた。 

 導入しても、日本には江戸時代の基礎があったから、うまく定着したのである。280もの藩に別れて、各国が夫々の教育をしていたから、それぞれの藩独特の成果があった。000041 加賀藩では、理系、科学知識の教育をした。会津は、学問好きな人が多かった。この多様さは明治政府が徳川幕府から引き継いだ遺産であった。若くて優秀な人材を東京に集められた。東京大学が、明治政府の配電盤になった。000043 一個の配電盤として、機能したので、明治政府は、一気に走り出した。アレヨアレヨという間に、ヨーロッパの先進国と肩を並べた。ロシアと戦争して勝つまでの一炊の夢を見た。

 明治の青年は、圧縮されたガソリンのように、火をつけると、内燃機関のように、一定の順序に爆発を起こした。金を稼ぐという観念ではなく、世の為、人のタメに、身を投じた。鉄道が必要だとしたら鉄道技師になり、不景気だというなら、政府に不満をぶつけるより、今より20%多く働くという考えで、がんばったという。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2016年4月13日 (水)

二度目の『花神』(かしん) 「尊皇攘夷」はダシに使われた。

1fgf_2 『花神』(かしん) は、一度数十年前に夢中で読んでいるが、ディテールを忘れている。蔵六は、イネの家庭教師をして、イネが何かのバツとして蔵六の髪をシャボンで洗う。石鹸が眼に入る痛さをガマンする・・・蔵六とイネの関係を記憶していた

201206161430046ac 伊予宇和島藩城下に神田川原という侍屋敷があり、そこの小さな一軒に妙齢のおイネさん一人で住むのは不用心。もう一人だれか用心棒を住まわせたほうがよいと、村田蔵六が、という話になった。
 女の人が一人住むところへ、まだ三十手前の蔵六も一緒に住む。「村田蔵六なら大丈夫だ」と言われていた。堅い人間で、男として名誉なのか不名誉なのかはわかりませんが、そういうわけでおイネさんと村田蔵六は一時期、一緒に住んだことがある

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
An75591 上野寛永寺に篭る彰義隊にアームストロング砲で、本郷台地から打ち込む・・・その発想、新技術と軍制の力を信じる村田蔵六、なかなかの魅力だ。

 蘭語を適塾で学ぶ集中力には、圧倒される。その語学力で、軍隊技術、造船技術を訳して、Uku1見たことのない蒸気船を伊予宇和島藩のために作った。

  『花神』(司馬遼太郎の長編歴史小説)。
 日本近代兵制の創始者大村益次郎(村田蔵六)の生涯を描く。1969年(昭和44年)~1971年(昭和46年)『朝日新聞』夕刊に連載された。 あらすじ[編集]  周防国吉敷郡(現山口市)の百姓医の家に生まれた村田蔵六は、大坂適塾に入り、抜群の成績で塾頭に。故郷防長に戻った蔵六は、田舎では変人扱いされていた。

  黒船来航・開国開港など時代が大きく変化し、ずば抜けて洋書を読解著述ができる蔵六は、伊予宇和島藩(伊達の支藩)の軍艦建造に招かれ、その後、洋学普及のため、江戸で私塾「鳩居堂」を開き、幕府の研究教育機関(蕃書調所、のち開成所)でも出講する。 

 Eda73f_3長州藩志士桂小五郎は、蔵六を長州藩士として、軍政改革の重要ポストに就けた。尊皇攘夷など狂奔な活動を続ける長州藩に、文明開化を重んじる蘭学者で洋学者(福沢諭吉)たちの視線を承知しつつ、蔵六は時代の花神(花咲か爺)としての役割を担っていく。

 高杉晋作の没後、村田蔵六は奇兵隊を倒幕に向け再編成し、幕府による長州攻撃に対して、新式軍制と武士階級を除いた庶民軍によって、撃退した。その後、薩摩藩の動きと共に、長州代表として新政府の事実上の総参謀を務め、戊辰戦争の勝利に貢献し、明治維新確立の功労者となった。さらに維新政府の兵部大輔として軍制近代化の確立を進めてゆく。  

Saigou長州は、「尊皇攘夷」をエネルギー源として、倒幕を進めてきたが、いつのまにか、「攘夷」を言っていては、外国に追いつけないと気付いていたが、これを言うと倒幕エネルギーを統合できないので、軍制は機能重視の西洋式の変えた。「尊皇攘夷」の旧態依然の体制にはない新組織になった。しかし、トップに立つ村田蔵六は、綿服と羽織袴だったという。

一方で、旧来の思考でしか判断のできない者(海江田信義・大楽源太郎など)からは、激しい憎悪が投げ掛けられた。村田蔵六は、薩摩藩の西郷隆盛を新組織、新技術とは相反する存在だと断じて、重視しなかった。心情的に崇める対象になっていた西郷を数理、技術的な論理から無視した。
 

 村田蔵六の技術者の観点から、必要と不必要を峻別していくと、日本人の伝統的な情で結びつく魂とか、崇拝の精神が排除されて、新政府の根本が固まると考えていた。突如、長州の田舎百姓出身の村田蔵六が、機能の上で軍制トップに立ったから、嫉妬の渦に巻き込まれた。
 革命と言う明治維新までの武闘でのし上がった志士は、功績で顕官の地位に着いたが、行政の能力もなく、見識もない武闘派は、能力の発揮する場もない。少しでも、後から来た者が上の地位について、待遇がよかったりすると、暗に陽に嫉妬して邪魔をする。
 

 ということで、処世術は一顧だにしない村田蔵六の態度には、西郷隆盛、大久保一蔵と親交のあった、初期からの志士海江田信義は、怒りを左右にぶちまけていた。さらに偏見嫉妬、批判は深まり、遂に配下をして京の宿泊先で襲わせた。 

 村田蔵六は、死の床にあっても、やがて来たる「西南戦争」を予感し、新製の大砲(四斤砲)を用意しろと遺言を残し、最後まで技術者実務家を通し生涯を終える。 

 戊辰戦争
 
1868年(慶応4)戊辰の年に始まり、維新政府軍と旧幕府側との間に16か月余にわたって戦われた内戦。
 鳥羽・伏見の戦いに負けた幕府は、江戸へ逃げ帰った。
 新政府軍は、四月江戸城を接収、上野の彰義隊を鎮圧、次に関東各地で旧幕府主戦派を討滅、奥羽越列藩同盟の諸藩を会津戦争を頂点に10月には帰順させた。翌年5月、最後、箱館五稜郭を陥落させ、内戦は終った。
 これで、明治“絶対主義国家”への途が開かれた

 戊辰戦争が終結すると、武闘派の出幕は終わった。しかし、日和見していた出遅れの志士が、例えば、海江田信義など、旧来の思想「尊皇攘夷」を掲げて、西洋思想へ移ろうとする方針に反対する気分屋攘夷に集まってきた。

 鎖国の思想「尊皇攘夷」が、幕府の開国方針にぶつかって・・・それは、西洋の軍隊に蹂躙される長州の敗北と英国軍の薩摩砲撃で、技術の差では叶わないと知った途端、誰も「尊皇攘夷」を捨てたとははっきり言わないが、明らかに方針は幕府と革命軍の思想に差はなくなった。
 幕府が負けたら終わりかというと、それが革命軍には、日本全土をクリーニングしないと、新しい政府にはならないと思う西郷には、江戸を火の海から救う・・・というか、妥協して明治政府は始まった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

| | コメント (0)

2016年3月19日 (土)

東京の田舎葛飾区空襲 「東京大空襲」江戸東京博物館発行

 東京都心から見て田舎だった葛飾区の空襲被害は、合計として、死者も焼失面積も少ない。B29などが都心を空襲したのち、余った爆弾を捨てる形で落としただけだ・・・という。Photo_3・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
02 高砂周辺は、空襲はない。昭和20年3月10日の東京大空襲のときは、向島周辺から葛飾区へ避難して来た人がそのまま住み着いたといわれる。

 初空襲(ドーリットル空襲)、昭和17年4月18日、13機が襲来し、日本側には死者87名、重軽傷者466名、家屋262戸の被害。
   非戦闘員に対する攻撃を故意に行った機もあり、葛飾区にある水元国民学校高等科生徒石出巳之助が機銃掃射を腹部直撃されて死亡した。水元小併設の記念館に少年の写真がある。
 この学童には「悲運銃撃善士」という戒名が与えられ、朝日新聞社は『鬼畜の敵、校庭を掃射』等を報じている。

 ドーリットル空襲:アメリカ軍が航空母艦に搭載したアメリカ陸軍航空軍の爆撃機によって行った日本本土に対する初めての空襲である。なお、作戦遂行において中華民国の国民革命軍の支援を受けた。

日本家屋を空襲に効果を挙げたのが、焼夷弾である。02_2 一つの焼夷弾の中に子爆弾が数十個入っていて、それが空中でバラバラになって落ちてくる。直撃弾は避けることはできないが、焼夷弾は即死はないから、消すために砂袋が軒先につるしてあった。砂をかけて消すことを政府は勧めていたが、原料が粘っこい油だから、建物の木造部分や衣服にくっつくと離れないし消せない。

 風船爆弾 
 風船爆弾をアメリカ大陸に 製造は両国公会堂

43afc 今の北朝鮮のような立場だった日本は、太平洋を越えたアメリカ大陸に、ジェット気流に乗せて、アメリカを攻撃する風船爆弾を飛ばした。実際に、アメリカ大陸へ届いた風船爆弾は、いくつかはあるようだ。アメリカは報道規制して、絶対報道しなかったから、戦時中にはアメリカ人は誰も知らない。
 昭和40年代に、学生時代、蔵前の大講堂で、風船爆弾を作っていたという人(当時60代前後)の話をきいたことがある。
 広い板敷きの場所で、和紙をコンニャクのりで張り合わせて、丈夫な大きな一枚の風船をつくったという。それを千葉の九十九里から上空に上げていたという。

  気流に乗せて、アメリカ大陸に飛ばすのだが、夜気温が下がると風船も下がり、気温が上がるとまたジェット気流に乗るの打と説明があった。アメリカの山林に落ちて山火事が何件か起きたらしい。風船爆弾に対する恐怖は米軍幹部にはあったらしいが、それは極秘にされた。06

  徴兵検査は、今の人には分からないことが多い。08 甲種合格が一番上のランクで、20歳で検査終えて帰ると、大きな顔していれたものだ。戦争が激しくないときはいいけれど、負け戦になると、本心は戦争に取られたら、生きて帰れない・・・と思っていたから、銃を撃てないように右手人指し指を切り落としたという話も聞いたし、醤油を一升飲んで病気になって・・・とイロイロ手を使ったという話はあるが、それを実際やった勇気のある人は、周りにはいなかった。

甲種 身体頑健〜健康 現役に適する 155cm以上
乙種 健
第一 乙で在っても現役を志願する者
第二 抽籤で外れた者
丙種 身体上極めて欠陥の多い者 現役には不適だが 国民兵役には適する
丁種 目・口が不自由な者、精神に障害を持つ者 兵役に適さない
戊種 病中または病後など 兵役の適否につき 判定出来ない
   国民兵役
兵役とを終えた男子=第1国民兵役、
満17歳以上45歳以下=第2国民兵役。

 あなたの“思い出ベンチ”を水元公園のに置いてみませんか

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link

データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ 

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ 
 

  録音テープ起し
 講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ》 

Kanban2問い合わせ窓口 ←クリック
 事前に電話を頂いたのちに、メールがあると話が進めやすいので、そのようにお願いしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2016年3月17日 (木)

シベリア抑留 近現代史①マンガで知る基本知識

01 若い女性漫画家“おざわゆき”が自分の祖父から聞き取った事実を表現した画期的なマンガ作品。ちばてつやが“賛”を贈っている。

マンガ本の題名は「凍りの掌」(氷の手)と読ませている。零下20°、30°を表現するのに、“凍りの”と言わないと表せないが、とにかく、現代の日本からは想像しにくい世界だ。人間としての尊厳を吹き飛ばす環境にいたことは確かだ。
 
「凍りの掌」は、シベリア抑留の基本知識は押さえている。今後、多くの人に読んでもらえるように、願っている。

日本の将来は、シベリア抑留の記憶から 
日本人 ①勤勉 ②権力には弱い ③論争しない
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

03 ①なぜ、日本兵が満州からシベリヤへ連行されたか?
 大きな理由として、規則や命令に従順な日本人の性格がある。
 ソレを見込んで、日本兵が
武器を引き渡し丸腰になった途端、彼らソ連軍は態度が変わった。
 
「ダモイ トウキョウ」と盛んに口にして、日本兵は外の見えない貨車にギュウギュウ詰め込まれた。その後、貨車に
乗せて北へいく。韓国の釜山から行くなら、南下するのが普通。それに疑問に思わないように“釜山は戦闘で破壊され使えない”という。常にウソを聞かされ・・・半信半疑でいるところを「ダモイ、ダモイ」と聞かされた。ダモイ=帰国のロシア語。

日本人の特色(イワン・コワレンコKGBの日本人観)
①集団主義の国民、勤勉な国民
②日本人は約束すれば、それを実現するために遂行する。文化的にも高いが、権力には弱い
③この国民性は、日本人管理に役立った。日本人はまず論争を一切しない。命令には「はい、そうですか」との返事以外は聞いたことがない。
④「日本人は強く出れば、引き下がる」という。
 (コワレンコの自伝「対日工作の回想」 )
04②貨車から下りて海を見ると、日本の船で帰るのだと思っていたところに、ソ連の船だ。ドイツ人なら、「だまされた!」と大騒ぎになるところだが、日本人の優しさだろう。従順にソ連の言い分を聞いてしまっている。

③ソ連と日本はどういう取り決めをしたか、さっぱりわからないのが事実である。日本の参謀本部からソ連に抑留の取り決めをダレか、やっているのだが、正直にダレも戦後70年経っても告白していない。
05 ソ連のシベリア開発に労働力として、抑留日本人を利用しようとスターリンが号令をかけたということになっているが、それが事実か、はっきりしない。日本人代表が“日本人抑留”の言質を与えたのではないか。日本兵の抑留前に、大本営の代表として瀬島龍三がクレムリンへ行って話し合いをしている。
 向うのペースで話し合いになって、瀬島龍三は囚われの身になっている。

不毛地帯(山崎豊子)主人公モデル瀬島龍三
「不毛地帯」主人公壱岐正=瀬島龍三の経歴

  瀬島龍三は、1945年7月1日、関東軍作戦参謀に任命され、満州へ赴任。
 日本の降伏後、8月19日、ジャリコーウォでソ連軍と停戦交渉を行う。日本側は、関東軍参謀長秦彦三郎、瀬島作戦主任(中佐)、在ハルビン日本総領事宮川舩夫、ソ連側は、極東ソビエト赤軍総司令官アレクサンドル・ヴァシレフスキー元帥、第一極東司令官キリル・メレツコフ元帥、同会議委員シュチコフ大将であった。
 このとき瀬島は軍使であったので、内地に帰還することは可能であったが、同年9月5日、関東軍総司令官山田乙三陸軍大将や総参謀長秦彦三郎陸軍中将らとともに捕虜となった。
 この交渉の際、“日本人労力提供について密約が交わされた”という説が伝わっているが、瀬島は否定している。 
 その後、瀬島はシベリアで11年間抑留された。
 本来将校である捕虜は、労働の義務のないにもかかわらず、強制労働を強いられ、建築作業に従事させられた。瀬島は後に「佐官が左官になった」とシャレとして述懐している。

 ④何もない場所、あるいは壊れかかった建物を日本人で自分たちの収容施設を作って、監視された。もちろん収容所はたくさんあるから、それぞれ収容所によって事情が違うが。ソ連の属国(モンゴルなど)のような国で収容された場合は、案外ラクであったという人もいる。06⑤日本人は、器用で真面目に仕事をするという評判がある。徴兵される前は大工だったとか、左官屋だったという人がいると、彼の下で仕事を覚えて、にわか大工や左官になって、結構いい仕事をしている。09⑥シベリアの寒さには、日本人は体質的に合わないようだった。ロシア人の寒さに強いのは驚く。08 毎日、食い物は少なく、重労働を強いられて体力は衰弱していった。前の晩には元気だった仲間が翌朝は死んでいることはよくあった。07⑦日本の事情を知りたいということから、ソ連の肝いりで「日本新聞」が発行された。内容は、日本はアメリカの属国になっているから、それをソ連のような共産主義の国にするべきだと、思想教育が始まった。110212 そうすると、ソ連の思想に迎合する輩が、日本人リーダーになって思想教育を始めた。それをアクティブと言って、積極的な人が“優先的に帰国できる”という吹き込みがあって、いっせいに左翼思想に踊らされ始めた。
⑧赤化思想教育が収容所全体を包み込み、つるし上げが始まった場所もあったようだ。
1713 それが行き過ぎ、全員でイジメ、真冬の雪中に木に縛り付けて、死に瀕する(有名な)“暁に祈る”という処刑を行った事実が、抑留者が帰国後、国会で問題にされた。

⑨帰国が近づくと、最後までアクティブの幹部が、最後まで帰国者の思想をチェックした。16そして、船に乗って出航後は、今まで我慢していた連中が集団で、ソ連の背景がなくなって、船の中でアクティブ連中に殴りかかる事件もあったらしい。18 一方で、赤化左翼思想を信じた帰国者が、下船後、労働歌を歌って集団で行進する写真が新聞社によって撮られている。19 ソ連に収容されている間に、日本はアメリカによってヘンな国になっているから、帰国したら労働者中心の国家に作り変える必要があると多くの帰国者は信じていたらしい。すぐさま、共産党へ入党申し込みに行った人もいるらしい。それも数年後には、日本の現状に気付いて・・・覚めたという。

 そんな事情で、ソ連からの帰国者は思想的に赤だからと、企業に就職できない人が多かった。帰国のため、積極的に赤の思想を纏って
アクティブ活動したが、それが溶けるには時間が掛かった。

  シベリアで重労働と栄養失調で、帰国した人は、故郷についてからは体力を回復するには、数ヶ月から半年は、病人のように寝付いていたという。義父の場合、30代で帰国しても、衰弱していたから、それ以上の年齢の人はもっとダメージが大きかったはず。

●昨日の深読みベスト5
集団暴行容疑者 腰縄をはずし、逃走:20u
「綴り方」天才少女豊田正子の作文とその後:16a
「世界の村で発見 日本人」葛根廟事件 14
最後のサラメシ 43年の締めくくり 日替わりランチ:14a
婚活中、彼の誕生日、遠出ドライブ、どうしたら?:13

●是非読んで頂きたいベスト1
シリアの日本語教室からドイツへ移民:8

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2016年3月 9日 (水)

日本の将来は、シベリア抑留の記憶 これらの上に立つのだ。

 太平洋戦争末期の昭和20年(1945年)8月9日。ソ連は“日ソ中立条約”を破棄し、満州国に侵攻した。ソ連のスターリンは、満州の関東軍は南方へ引き抜かれてカラッポ、その後には形だけの素人ばかりの兵隊を並べていたところに、175万のソ連軍が三方面から侵入してきた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 日本は、この“日ソ中立条約”を金科玉条のようにソ連を信じたが、ソ連にとっては、ドイツとの戦いの最中に日本が攻めて来ないための“日ソ中立条約”は保険のようなものだった。ドイツとの戦いが終われば、日本に向うのは当然の理だった。アメリカ・英国は、日本の分捕りを許可して北海道をソ連に呉れてやるような勢いで、戦争終結を図っていた。

 現場の将軍は、独ソ戦で傷ついたのを癒したあとに日本戦に半年以上の準備時間をほしがったが、原子爆弾を日本本土に落とすことを聞いたから、戦争が終わる前に強引に、スターリンは日本参戦を急いだ。

  関東軍の大半の部隊は局地的には敢闘した部署もあるが、全般的には圧倒的な戦力を前に、激しい戦闘をすることもなく、張子の虎状態の関東軍は武装解除された。日本軍将兵や民間人はソ連によって捕らえられ、57万を超える人々が各地の収容所に送られた。

  当時ソ連は、ドイツとの戦争で国土が疲弊。国内インフラも少なく、深刻な労働力不足に直面していた。スターリンは、抑留者の強制労働によって豊富な資源が眠るシベリアの開発を推し進め、国力回復の足がかりにしようとした。
 冬には氷点下30度を下回るシベリアで、抑留者たちは森林伐採や炭坑作業など、「食糧不足からの飢餓」「極寒」「重労働」というシベリア三重苦の下で、過酷な労働で少なくとも5万5千人が命を落とした。
 ロシア人は、寒さに耐える体力持っていたが、日本人の多くは南方から北上した人種だったから、寒さには弱かった。

 シベリア抑留体験者 極寒の記憶 絵筆に込めて ★絵筆を持って、シベリア抑留からの記憶だけで描く絵は、聞くも涙の話だ。

日本人のシベリア抑留には、ソ連領内に留め置かれた人以外に、カザフスタンとか、外蒙古といったソ連の植民地に連れて来られた人もいる。ソ連の植民地だから、案外扱いがよかった印象がある。
カザフスタンで生きる元日本人抑留者 2011.9.28

 このような惨めな境地に追いやられた日本人は、ソ連の上層部からみると都合のいい特色があったという回顧録がある。

 日本人の特色(イワン・コワレンコKGBの日本人観)
①集団主義の国民、勤勉な国民。
②日本人は約束すれば、それを実現するために遂行する。文化的にも高いが、権力には弱い。
③この国民性は収容所での日本人管理に役立った。日本人はまず論争を一切しない。命令には「はい、そうですか」との返事以外は聞いたことがない。
④「日本人は強く出れば、引き下がる」という。
 
コワレンコの自伝「対日工作の回想」
 ゲルマン民族のドイツ人は、こんな日本人のように素直にソ連の管理には従わなかったという。

ソ連が満州に侵攻した夏(半藤一利)①
満州ソ連国境地帯 入植者へ 国は責任取らないでいいのか 
「暁に祈る」シベリア抑留の悲劇を忘れない
満州国崩壊は、「対ソ有事」考えない関東軍のせい:.
日露戦争勝利 バルチック艦隊を壊滅した日。
日本人シベリア抑留は、ソ連邦国家建設の一部 
樺太真岡電話局女子交換手集団自決
シベリアの抑留日記

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link

データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ 

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ 
 

 録音テープ起し
 講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ》 

Kanban2問い合わせ窓口 ←クリック
 事前に電話を頂いたのちに、メールがあると話が進めやすいので、そのようにお願いしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2016年3月 7日 (月)

奥底の悲しみ(山口放送)~戦後70年、引揚げ者の記憶~03

 その後毎日、日本人の住む長屋に1年間ソ連兵がやって来ては
「マダムダワイ、マダムダワイ」(女を出せ)
 と大声でわめき叫んで銃で脅した。抵抗すると、実際にマンドリン銃で撃ち殺した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
000031●「今、こうして幸せに暮らせるのは、口に出していいか・・」と言いよどんでから、語られたことは悲劇だった。
 脱出後、途中で、ソ連兵に会って要求されたとき、
 団長は一行の主だった人と相談して、生娘を守るために、みんなでカネを出し合って、一行の中に水商売の4人にお金を渡しを差し出し犠牲になってもらった。
 その間に、できるだけ急いで遠くまで急いで逃げて行った。

 

●新田浩治さんの家庭は、奉天(現瀋陽)で000081父親が国民学校の校長でした。お手伝いさんが3人、運転手が2人いて、裕福な暮らしをしていた。000034 戦後すぐにソ連兵がやってきて、ソ連兵が銃を撃ちながら、家の中へ入ってきた。家の中の金目のものは全て奪っていった。
 家には、子どもと奥さんしかいないので、用心のために、母は軍服を着て戦闘帽をかぶっていたが、女であることは外見や雰囲気でソ連兵にはわかってしまう。新田さんの見ている前でソ連兵に連れて行かれ、トラックの上に乗せられ、そこでソ連兵によって強姦が始まった。

 強姦された近所の母親の家で、更に悲劇が起きた。
 強姦を受けた母親は、子どもを連れて手榴弾で一家心中をした。その人は、ウチの隣りの隣りくらいの家だった。
000078“バーン”と大きな音に僕ら(新田さん)が走って行ったら、爆風が来た。爆風に乗って、肉片が飛び散った。その肉片を犬がくわえてていた。
 普段は食糧がなかったから、高粱コウリャン、粟アワだとか、乾パン、イモしか食っていなかったが、そのシーンを見てから、腹がすいていても4日間ほどはメシがノドを通らなかった。

 

●北朝鮮(鎮南浦同窓会)の女性が語ったことは、000037町の親たちが子どもに覚えさせたのは“死に方、命の断ち方”だった。
どうやって死んだらいいか、死に方を習った。昔から隣組で首のくくり方、頚動脈の切り方を知っていた。多くの女学生は青酸カリを持っていた。
「親は子供の死んだのを見届けてから死ぬ」と聞かされていた。

●金品のみならず、女性を求めるソ連兵の要求は日に日に強くなってきた。やむなく自決を決行することになった。
「何もわからない子どもにクスリだよと飲ませ、グズグズ言っている老婆(60才以上)には、団長が首を切った。一面が血が飛び散り、修羅場と化した。」その場を脱した女性が証言した。
  その記録が残されている日誌を見つけた。
000039「問診日誌」を書き残したのは、佐世保引き上げ援護局婦人相談所」139万人の引揚者を世話した婦人たちであった。000041 これらの婦人たちが、疲れ切った姿の引揚者を世話した。特にソ連兵の犠牲になった15歳から50歳の婦人の話を聞いた記録が「問診日誌」である。
 今も2万人で活動する“友の会”の相談員が、特殊婦人に向き合って悩み事を聞いた。当時の会員の娘中山興子(ともこ)さんが語る。
000034_2「毎晩遅くなって、母は消毒薬の臭いをさせて帰ってきた。
「お母さんの目の前で銃を突きつけられて、娘が犯されるというのは、どういう気持ちだと思われますか?」その結果、望まない妊娠をして日本へ帰れないといって、日本の島々が見えたとき、海へ身を投げた。それを親であった母が淡々と語られたことが書き表されている。

シベリアの抑留日記 
ソ連兵強姦の現実 手記 文藝春秋

シベリア抑留 当時16歳の体験者
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link

データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ 

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ 
 

 録音テープ起し
 講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ》 

Kanban2問い合わせ窓口 ←クリック
 事前に電話を頂いたのちに、メールがあると話が進めやすいので、そのようにお願いしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

奥底の悲しみ(山口放送)~戦後70年、引揚げ者の記憶~02

 昨年2015年、山口放送では、引揚げに関する特集を放送し、視聴者から寄せられた体験記を紹介するなどした。日本海に面しているから、終戦時には、引揚者に多く接した。
奥底の悲しみ(山口放送)~引揚げ者の記憶01
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ●深澤幸代 89歳
 19歳の時に北朝鮮から門司に引き揚げた、山口県周南市の深澤さんを訪ねる。
000008 敗戦後、北朝鮮にソ連軍が押し寄せてきた。深澤さんの両親はソ連兵の暴力から逃れるため年頃の娘を2ヶ月間天井裏に隠した。深澤さんは男のように頭を剃り食料は天井の隙間からいれてもらった。用を足すのはツボの中だった。000001 怖いというのは通り越していた。タダどうしたら生き残れるか、両親がいるから、生き抜かなくてはと思った。ソ連兵は、ゲルマン(ドイツ兵)と戦ってきた囚人兵というから、一番荒い連中だ。000003
000004




何が目的かというと、女性だった。19歳の深澤幸代たちが一番合っているから、女学校の同期でやられた人は多かった。一番悲惨なのは、1歳2歳の子持ちの女性は、子どもが静かにできないから、すぐ見つかっていたずら(強姦)されている。死んだ人もたくさんいる。000006 どうしようもない。それが戦争に負けたということだった。日本人がソ連兵の強姦から日本女性を助けることはできなかった。日本兵が助けに来ることはありえない。女学校の同期の三分の1は帰国していないから、どういう死に方をしたか分からない。000002などという。深澤さんは怖いのを通り越してどうしたら生きられるだろうかなどと思ったという。当時の国会議事録の中に現地で日本人女性に被害を及ぼすソ連兵に関して「ソ連兵は一面野獣的性格を所有している」などの記述があった。 

 新奉天市(現:瀋陽市)に暮らしていた新田浩治さん一家は、満州から佐世保に引揚げの道中で弟を3人亡くしている。

 新田さんは当時を振り返り、敗戦間際にソ連軍によって街が占領され、金品を奪われ、女性達が強姦され、辱めを受けた女性が手榴弾で子どもと一家心中をしたなどと語った。
 佐世保友の会の問診日誌にも、集団自決の記録が残っている。

●山口市に住む小林茂さんは、北朝鮮を父の転勤でいろんな場所を回ってが、終戦のときは球場という町にいた。
000021 敗戦当時、小林さん一家は、父は終戦間際の根こそぎ招集で出征していたので、家の中は母と子ども3人だった。 

敗戦後すぐに街(球場)はソ連軍に占領され、000061その後1年間ソ連軍は毎日、日本人の住む長屋にやって来ては
Th_2「マダムダワイ、マダムダワイ」(女を出せ)
 と大声でわめき叫んで銃で脅した。抵抗すると、実際にマンドリン銃で撃ち殺した。
  ソ連兵は(女を)裸にして、数人並べて壁に手をつけ背中を向けさせ、銃を口の中に押し込んで脅し、犬の交尾スタイルで男女のセックスをした。その両端に数人のソ連兵が警護し、強姦する番を待つ次の兵士がいた。足を開かない女性がいると撃ち殺し、その人を引きずり出して、別の女性を裸にして並べた。

 ソ連兵は、日中でも、雪の日も、道路でも、平気でセックスをした。それを小林少年は、恐怖と興味半々でのぞいていた。始めは遠くで見ていたが、幾度もそういう場面を見るうちに、自分のできることをしようと、ソ連兵が去ってから、放心状態の女性のため、服を拾い、湯を沸かし体を拭かせてやった。
000016 小林さんは、今まで誰にも伝えていなかった当時の様子を次世代に伝えるため手記にし、書き終えて肩の荷が下りたという。000023

  日本が降伏した直後に南下したソ連兵は、主に囚人兵だったというのが通説になっている。
 その後、昭和20年9月初め頃になると、ソ連兵の軍服は色々と異なり、規律も異なってきた。規律を守らせる憲兵の役目の兵もして、強姦しているソ連兵が射殺される場面もあったという。
  
 略奪、強奪、強姦は、ロシア人ソ連兵以外、蒙古人等黄色人種の朝鮮人、中国人もいた。
 日本の敗戦と同時に、日本人に対して、何をしてもいいという考えが広まったとも思える。彼らは日本人と見れば、略奪、強奪、強姦はソ連兵と同様であった。ただソ連兵には、満人と日本人の区別がつかなく、単独で歩いている満人女性も多く強姦された。

 領土と勢力圏を広げ、35年間植民地として朝鮮半島を支配し、多くの日本人が渡った。引揚者小林茂さんもそこに暮らしていた。
 当時、北朝鮮では皇民化教育も進められ、朝鮮人には多くの差別があった。敗戦後、逆に、日本人は現地民から棒で叩かれるなど度重なる暴力を受けた。
 小林さんは、そこで初めて日本の支配について考えた。

皇民化教育(こうみんかきょういく):大日本帝国の支配地域において、天皇(主権者)への忠誠要求した教育、内地・外地を問わず(日本人へ)同化教育。それは、民族の伝統や文化を無視し、徴兵や植民地支配強化を目的とした。
①言語統制、日本語標準語の公用語化。
②教育勅語の「奉読」、奉安殿の設置
③台湾神社、朝鮮神宮等の参拝、国家神道の強制
 

 小林茂さんも、敗戦翌年に占領された街から集団で脱出し、その道中にも、現地の人達から度々暴行を受けたと話した。 

 毎年5月、福岡県二日市では水子供養祭が行われ、堕胎手術で消えていった小さな命に今年も人々が手を合わせた。悲劇を語り継ぐ努力は静かに続いてきた。
 しかし、関係者の高齢化は進んで、その悲しみの記憶を伝え繋げることが出来るのは今を生きる私達だけなのだ。そんな思いで今こそ、その記憶を伝える努力をしている。

満州から引き揚げ 1: nozawa22
満州引上げはどう行われたか:
満州から引き上げ 宝田明の場合
赤木春恵の満州体験 昭和二十年夏Ⅰ:
ファミリーヒストリー 藤原紀香 祖父 満州渡航の軌跡:
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link

データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ 

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ 
 

  録音テープ起し
 講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ》 

Kanban2問い合わせ窓口 ←クリック
 事前に電話を頂いたのちに、メールがあると話が進めやすいので、そのようにお願いしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2016年2月13日 (土)

ファミリーヒストリー手塚治 直系祖先は多士済々 本人治虫 その1

 ファミリーヒストリー手塚治は、木曽義仲に最後まで付き従った四武将の一人の手塚光盛が祖先。数名の部下と共に寿永3年(1184年)1月21日、近江国粟津(滋賀県大津市/粟津の戦い)で討ち死にした。木曽義仲享年31。

江戸時代、水戸藩初代藩主水戸頼房(水戸光圀の父)に仕えた手塚 良仙がはっきりした系図に載っている。
ファミリーヒストリー手塚治 その2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 父粲(ゆたか)は会社員(住友金属)で、当時珍しかった手回しの9.5mm映写機(パテベイビー)を所有し、治は小学校2年生から中学にかけて、日曜日にはチャップリンの喜劇映画、ディズニーのアニメ映画を観た。そのため、幼少時からアニメ映画を作ることを夢見た。
 父はカメラ以前は、漫画にも凝っていて、家には『のらくろ』(田河水泡)のシリーズや、「ナカムラ・マンガ・ライブラリー」、「ナカムラ・繪叢書」など、200冊を超える漫画の蔵書があった。また、後に父粲(ゆたか)が母に送ったラブレターに漫画が描かれているのを発見。「やっぱり自分は父の息子だ」と思ったという。

 母文子は陸軍中将服部英男の娘で厳しいしつけのもとに育ち、夫には絶対服従であった。夫が召集された後、生活費の捻出や畑仕事から隣組の役員を務める働き振りを示した。
000109 母も漫画好きで、子どもたちに絵本や漫画を読み、登場人物ごとに声音を使い分けて聞かせていた。後に治の長男手塚眞が治虫の書斎にあった『のらくろ』のページの隅にパラパラ漫画を発見した。てっきり父の書いたものだと思っていたが、後になって母文子が描いたものだったと判明したエピソードもある。000111 治が小学校3年の時に、最初の漫画「ピンピン生チャン」を完成させると、その後漫画の練習に取り組み、小学5年生の頃には長編漫画「支那の夜」を完成。同作品は、仲間内のみならず学校の教師の間でも話題になるほどであり、以後教師からも漫画を描くことを黙認されるようになったという。000102 漫画を描くことでクラスからも一目置かれ、また漫画目当てにいじめっ子も手塚の家に訪れるようになるなどして次第にいじめはなくなり、誕生日には家に20人もの友人が集まるほどになっていた。この当時に描いた漫画の一部は今でも記念館に保存されている。

 父粲(ゆたか)は、会社員として働いていた時は、かなりの暴君であったらしいが、戦争でフィリピンルソン島へ出征したのち、000121音信不通になるほど、日本軍が敗色濃い状態になると、1000人のうち450名が戦死、病死して、残存部隊は畑を耕して食糧を得ることが仕事であったらしい。それは、上官の記録をみると、分かる。
米軍に追い立てられ、ジャングルの中へ中へ分け入って、多く兵は生き残ってもマラリヤに罹り、父粲(ゆたか)が帰国したときは、出征したときの姿は見る陰もなく、お爺さんが帰ってきたという感じであった。

 マラリアの発病が度々起きて、会社員としての仕事にもつけず、毛布に包まって寝ていることが多かった。医学生だった治は、家計を見る責任を痛感して、マンガを売ることを考えていた。

000134 漫画が売れて忙しくなり、手塚は医業と漫画との掛け持ちは諦めざるを得なくなった。教授からも医者になるよりも漫画家になるようにと忠告され、また母の後押しもあって、手塚は専業漫画家となることを決める。
 もっとも学校を辞めたわけではなく、1951年3月に医学専門部を卒業(5年制、1年留年。この年に専門部が廃止され最後の卒業生となった)、大阪大学医学部附属病院で1年間インターンを務め、1953(昭和28)年7月に国家試験を受けて医師免許を取得。

 1945年7月、大阪帝国大学医学専門部の試験を受け入学を許可された。医学専門部は、軍医速成の臨時に大阪帝国大学に付設され、旧制医学専門学校と扱われ、旧制中学校からの入学が可能であった。旧大阪帝国大学附属医学専門部は1951年に廃止。


000073手塚 治虫(てづか おさむ、本名:手塚 治1928年(昭和3年)11月3日 - 1989年(平成元年)2月9日)、日本の漫画家、アニメーション監督。
大阪帝国大学附属医学専門部を卒業、医師免許取得、のち医学博士(奈良県立医科大学・1961年)。血液型A型。
兵庫県宝塚市出身(出生は 大阪府豊能郡豊中町、現在の豊中市)、同市名誉市民。

大阪帝国大学附属医学部在学中の1946年1月1日に4コマ漫画『マアチャンの日記帳』(『少国民新聞』連載)で漫画家としてデビュー。1947年、単行本『新寶島』がベストセラーとなり、大阪に赤本ブームを引き起こす。1950年より漫画雑誌に登場、『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『リボンの騎士』とヒット作を手がけた。

1963年、30分枠のテレビアニメシリーズ『鉄腕アトム』を制作、現代日本のテレビアニメ制作に影響を及ぼした。1970年代には『ブラック・ジャック』『三つ目がとおる』『ブッダ』などを発表。また晩年にも『陽だまりの樹』『アドルフに告ぐ』など青年漫画を生み出す。デビューから1989年の死去まで第一線で作品を発表し続け、存命中から「マンガの神様」と評された。000175 虫プロダクションは、昼はマンガを生産し、夜はテレビアニメ制作のフル回転していた。泊り込みの仕事を続けていた。そのころの虫プロの職員は400名を越すほどいた。
 仕事は多く、フル回転であったが、手塚は経営には無頓着であったため、4億の借金を抱えて倒産した。
000179 さすが、天才手塚治は、支援者の葛西健蔵を訪ねてきたときは、手が震えていた。先輩の葛西健蔵は「大丈夫。再建できる」といい、彼に版権さえこちらにあれば、大ジョウブ、版権を握っていることで、再上映、再出版ができるという指導だった。

 長男に映像作家の手塚眞、長女にプランニングプロデューサーの手塚るみ子、次女に女優の手塚千以子がいる。また、姪は声優の松山薫。000013
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Sponsored Link

Kanban2データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ 

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ 

録音テープ起し
 講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ》 
録音起こし依頼側へ  
講演などの録音は、
①講演者から1.5m以内でICレコーダーで録音。
②講演会場の自席でスピーカー通して録音。
 ①と②では、作業担当者には、大きな違いがある。①の場合は、ほとんど資料など必要ない。 ②は、聞き違いが生じる

●自分史の口述をお考えになっている方にお勧めします。 お話相手になりながら、採録します。   

Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。 
*ドロップボックス
へ音声ファイルを入れると、即刻、デスクトップ上に届く。現在1回20GB(音声30時間)受付可。
 即日、専用ドロップボックスを用意します。
 バイク便より確実で早く、料金のご負担もない。
 
(宅急便で、SDカード、CD、DVD送付でもOK。)

執筆代行 ゴーストライター (原稿作成)
 自身の経験・原案を一冊の本/講演スピーチに/ 著者からテーマを聞き出し、取材して“言いたいこと”を原稿作成。出版社に出せる体裁に。
 大学生の論文データ入力&相談にも乗ります
《→執筆代行詳細へ                                                         

プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック
 事前にメール(電話)を頂いたのちに、電話(メール)あると話が進めやすいので、そのようにお願いしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

nozawa22newの楽しみ方 | おすすめサイト | お金、経済 | アジア問題 | アニメ・コミック | アメリカ | アンケート | アンケート処理 | ウェブログ・ココログ関連 | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | スポーツ | テープ起こし | データ入力 | ニュース | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ヨーロッパ | ロシア問題 | 中国問題 | 中東問題 | 事件、事故 | 人種問題 | 企業情報 | 住まい・インテリア | 健康体操 | 八千代市 | 北朝鮮問題 | 司法問題 | 国会 | 国家戦略 | 国際情勢 | 執筆代行 ゴーストライター | 季節感、自然情景 | 学問・資格 | 宗教=仏教 | 家庭問題 | 心と体 | 恋愛 | 戦争 | 携帯・デジカメ | 政局・政治・選挙 | 故郷郷愁 | 教育 | 文化・芸術 | 旅、旅行 | 旅行・地域 | 日本の姿、文化 | 日本史 | 日本近代史 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 朝鮮半島+韓国 | 東京見聞録 | 死の招き | 生き方 | 病気と健康 | 私のかつしかまちナビ | 科学研究、発明発見 | 経済・政治・国際 | 経済・金融問題 | 結婚 | 美容・コスメ | 育児 | 自分育て | 自然現象 | 芸能・アイドル | 英国イギリス | 裁判 | 言葉、言語問題 | 趣味 | 選挙 | 録音起こし | 青春時代 | 韓国関係 | 音楽 | 音楽、メロディ、歌 | 食料、食べ物 | ファミリーヒストリー