« ようやく革命の波が日本にやってきた。 | トップページ | 検証:肯定的な評価 前原誠司 »

2017年9月28日 (木)

検証:前原誠司の否定的な評価

 待てよ、「永田寿康メール問題」「八ッ場ダムの迷走」を見直せ
Ws000020  前原誠司の性格の基本は、かつての「永田寿康メール問題」「八ッ場ダム事業の迷走」が表わしている。彼の行動が、大学の文化祭レベルの行動と評された。その後の影響は、民主党の政治手法と理解された。自民党の老獪さに手もなくひねられる原因だ。
 だから、共産党を排除する論理で野党統一しようとしたり、野党調整を進める論理をすっ飛ばして、根回し不足で「希望の党に乗り換え」行動をした。これではスキだらけだ。
  夜襲の戦いで、勝てばいいと思っているかもしれないが、前原誠司には、「普通の企業なら当然そなわっている危機管理と統治能力がなかった」と、以前の失敗に言われているが、今回も、足元を小池百合子に読まれているから、民進党員の審査を相手方に任せている。これは考えられないことだ。
 副代表だった弁護士の枝野幸男だったら、こんな落ち度をするだろうか。
 その結果、真山真一さんが寂しそうな顔をしていたのが気になる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 さて、今日の前原 誠司が進めている話である。
 人気のある小池新党「希望の党」への乗り換えは、新しいだけで、これが、間違っていないか?地味な野党間協調は手間がかり、効率がわるけれど、凡人の知恵だと思う。まだるこしい手間はやっていられないのかもしれない。焦って、特急列車に乗ったら、方向を間違えた?000044_2 頑固なリベラル派==辻元 清美(大阪10区)、逢坂誠二氏(北海道8区)、野田佳彦氏(千葉4区)、阿部知子氏(比例南関東)、赤松 広隆、有田芳生、枝野幸男、菅直人元総理・・・は、希望の党へ入れてもらえるか?(野田佳彦氏と菅直人は、細野さんが扱えないから排除。かつて、菅直人さんも新党を結成したときに、さきがけの武村正義代表を排除した)
無理かもしれない。あるいは、員数合わせに使われて、ポイかも。論客であればあるほど、それは無理。あるは、希望の党が自民党との合併でという舞台になったら、邪魔だ。
 
 話をはじめに戻して、
 民進党が希望の党の救援を得て生き残るために、頑固なリベラル派の首をはね、保守派「憲法改正、安全保障」の同意する仲間だけを入れましょう。と百合子さんに囁かれ、誠司さん、迷いに迷った挙句、選挙に落ちるのも、仲間を見限るのも、似たようなモノ、エイ!と決断したけど民進党内のリベラル派の首を切る結果になったが、その決断は正しかったのだろうか? 日本にできる二大政党は、リベラル派はなしか?
  
20091216203929eb8s  彼の歯切れのいい言論と風貌で、党内リーダーになって支持を得ているが、どうもそっそかしい点が気になる。
 小池百合子と会談した際にも、うまく乗せられた気がしてならない。誰か、もう一人横にいて会談の証人を置いて話しをするべきではなかったか?
 
 今までの彼の行動は、いつも、民主党の低落に大きくかかわっている。
 彼の選挙に強いといわれているが、「永田寿康メール問題」「八ッ場ダム事業の迷走」をきちんと検証したのだろうか。政治家にとっては、一局面かもしれないが、関係者にとっては、致命傷になる一大事だから、そう簡単に結論をくだせない。
 彼は、似たような行動をあちこちでしている。いつも彼の決断には瑕疵がある。だから、自民党のスパイではないか、と思われるのだ。日本新党を離党し、民主の風(院内会派)を結成した際、その離反について、週刊現代によると、細川夫人が前原を「恩を仇で返す薄情な男」と怒っていた。
 
 かれの子供時代の行動に、その原型(原点)がある。
 小学校の五・六年のとき、「失踪事件」がある。
 「両親が山陰出身ということで、幼少時から夏には墓参り等で列車に乗って出かけていた。SLも走っていたため、自然に鉄道が好きになった。一人で京都から祖父母の家へ行くことになった。米子から乗り換え境港に行く予定だった。境港駅に祖父母が迎えに来てくれていたが、いつまでたっても誠司が降りてこないで大騒ぎになった。
 誠司は、せっかくなので、米子で乗り換えず、その先のだ。それで、えらく怒られた。」
 彼の頭の中では、理屈が通っているが、周りに納得がない。迷惑をかけていることに頭が回っていない。この思考パターンが、今回の民進党の解体にも、その思考が残っている。
 
20091216203929eb8s 前原 誠司(まえはら せいじ、1962年(昭和37年)4月30日 - )は、日本の政治家。民進党所属の衆議院議員(8期)、民進党代表(第3代)、凌雲会会長(第2代)。
 京都市左京区生まれ。両親は鳥取県出身(父親は境港市、母親は日野郡日南町)である。
 
 永田寿康メール問題
Photo 永田元議員は東大卒で大蔵省に入省。平成12年の衆院選で千葉2区から出馬して初当選し、当選3回だった。18年2月の衆院予算委員会で、当時のライブドア社長が自民党幹事長の次男への送金を指示したとするメールを取り上げたが、メールは偽物と判明。民主党から半年間の党員資格停止処分を受け、同党の前原誠司代表(当時)らが引責辞任。自身も18年4月に議員辞職した。
 昨年7月には、17年8月の国政報告会で創価学会が不正な選挙活動をしたとの偽った発言をしたとし、千葉簡裁から名誉棄損罪で罰金30万円の略式命令を受けていた。県警によると、永田元議員は昨年11月中旬にも、療養中の福岡県宗像市の保養施設を抜け出し、手首を切って自殺を図っていたという』
 記事に寄れば昨年11月中旬にも自殺を図ったという永田元議員。
 彼の姿を盆踊り会場で見かけたが、来賓とはいえ、若い国会議員は、他の人と会話もなく、手持無沙汰のようすで浮いていた。バッチがなければ、ただの若造。
 当時の前原党首が危機管理において未熟だった故に、ムザムザと「偽メール」を掴まされ、国会の場で失態を冒した民主党。その御陰で、自民党が耐震偽装やライブドアのホリエモンを候補者として担ぐという失態を冒したのを捕らえられず、自民党はまんまと危機を脱し、息を吹き返した。つまり、永田元議員(民主党)が掴んだ「偽メール」は日本の国益を損じ、自民党の賞味期限を引き延ばす結果をもたらした。

 そして3年後、「偽メール」は、永田寿康という元議員の命をも奪う結果をもたらした。私は永田寿康元議員の死は、実質的には「殺人」だったと考える。
 では誰が殺したのか!?
 永田元議員に偽メールを掴ませ、国会の場で大失態を生じさせた本当の卑劣者を糾弾しなくてよいのだろうか?新人議員の永田寿康をかばってやるべきところ、前原党首は彼を切り捨てた。これは、細川夫人が前原を「恩を仇で返す薄情な男」と怒っていたことと共通していないか?
 
  八ッ場ダム事業計画の迷走
 前原は国土交通大臣に就任直後2009年(平成21年)9月17日、国事業八ッ場ダム(群馬県)と川辺川ダム(熊本県)の建設事業について「(民主党の)マニフェストに沿って(事業を)中止します」と明言。
Kuroyonn_damu_2  これに対し、地元の意向を直接確認しないまま大型事業休止の方針発表した。
 とくに八ッ場ダムについては共同事業者である関東各都県の知事を始めとする地元関係者の反発を招いた。
 また前原は、ダム建設事業については10月9日に国土交通省直轄ダム建設事業の56事業のうち、改修事業を除く48事業について「2009年度は
(ダム事業を“調査・設計”→“用地買収”→“生活再建工事”→“転流工工事”→“本体工事”という段に区切った場合における)新たな段階に入らない」ことを表明、ダム建設事業を全面的に見直す立場を示した。
 完成寸前のダム(長井ダム、胆沢ダムなど)も存在しており、各地で反対の声が上がっている。 八ッ場ダム事業計画は、一時停。し、政権が自民党に戻ると、再び始まった。
 八ッ場ダム事業計画は、完成予定が次々延びて、一向に完成のめどもわからず、水需要の変化もあって、必要性があるか、その目的が不明になっていたのは、民主党の主張も理解できるが、その計画の中に組み込まれて複雑な利害関係、つまり人間関係を無視して、切り込んだ結果、民主党政権の思惑通りには行かず、前原国交相の力不足を露呈した。
 
参考資料
巨大な「八ツ場ダム」 完成しない公共工事: nozawa22
http://nozawa22.cocolog-nifty.com/nozawa22/2011/12/nozawa22-8e26.html
治水とダムについての見識 宮本博司: nozawa22
http://nozawa22.cocolog-nifty.com/nozawa22/2009/10/post-13a4.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

|

« ようやく革命の波が日本にやってきた。 | トップページ | 検証:肯定的な評価 前原誠司 »

国会」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ようやく革命の波が日本にやってきた。 | トップページ | 検証:肯定的な評価 前原誠司 »