« 隣りの家のフクの肉は、うまかった。 | トップページ | ようやく革命の波が日本にやってきた。 »

2017年9月28日 (木)

田舎の店で緑色のシュワーとする飲み物を飲んだ。

 昭和21年、小学一年生の私は、夏休みの宿題の習字を書いていた。夏休みの終わりで宿題に追い詰められていた。もう、やっつけ仕事でもいい終わらせたらいいという気分である。私の字があまりにも、いい加減で下手なのを見て、兄が手伝おうとして、私の背中から手を掴んだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 研修医として郷里に帰ってきていた兄が、母が亡くなって兄が親代わりになっていた。みんな兄の威令に従う風になっていた。その式で、私にも兄は習字を書かせようとしていた。
 
Naku1  私の筆を持つ手を握り、兄の動かすように文字を書いているが、それでは自主的に書くとまるで兄の字とは違う下手な文字になる。再度、手を持たれて書かされて、今度は私が書くと、兄の満足できる文字にならない。それを何度繰り返しても、きれいな文字がかけないから、だんだん、兄はイライラして大きな声で叱りつけた。
 そうすれば、立場の弱い私が泣くしかない。泣かれては、もう兄は始末に負えないから、放り出して、外へ出て行った。
 
 めそめそしている私に姉が外へ誘ってくれた。
 夏の夕方は、少し黄昏ていた。姉の友人がきていたので、いっしょに中津川の駅前通りに出て、喫茶ルームような店~キリン亭に入った。NHK朝ドラ「ひよっこ」の“鈴ふり亭”のような店だった。
 駅前なのに店の前に川が流れていた。夕暮れて、ガラス窓は青やオレンジに内側の光が美しく見えた。戦後間もない時には、明るいというだけで、時代の変化を感じたのである。ドアを開けて中へ入ると、部屋は金魚鉢の中にいるような雰囲気。天井からなにか、きらきら光る紙がつるしてあった。
 部屋の中を不思議なものを見るようにキョロキョロしていると、盆に乗ったガラスのコップに緑色の飲み物が運ばれて来た。
 ストローで飲み物を飲むのも初めてだった。姉と姉の友達は、それぞれ慣れた調子でしゃべっていた。私は一人、この緑色の飲み物を眺めて、底から泡が立ち上って、表面にでて弾ける音を見ていた。シュワシュワと聞こえるこの音が、夏休みの一日が闇の中に消えていくように思えた。惜しみつつ全部飲んだころには、すっかり気分が良くなっていた。
 その後、このキリン亭へ一度も行かなかったし、このようなスッキリした味わいは体験しなかった。このキリン亭もすでに廃業してなくなっている。 夏、終戦直後の田舎町中津川の思い出である。
 その兄は,栃木県矢板で外科医院を開き、60数年後の今年1月に亡くなった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 隣りの家のフクの肉は、うまかった。 | トップページ | ようやく革命の波が日本にやってきた。 »

故郷郷愁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 隣りの家のフクの肉は、うまかった。 | トップページ | ようやく革命の波が日本にやってきた。 »