« 篤志面接委員 黒田久子さん、現在102歳 | トップページ | 参議院議員選挙の東京地方区は、誰に入れるか。 »

2016年7月 8日 (金)

石田純一が都知事に野党統一候補で立候補するかも 

 石田純一が都知事に立候補するかもしれない記者会見をして、000002急にクローズアップされて、テレビの夕方のワクを独占していた。山本太郎は生活の党で活躍している。都知事の定員は1名だから、自民党から立候補する候補は有利だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 昨年9月に若者グループ「SEALDs」が国会前で行った安保法案に反対する集会でマイクを握って、スポンサーにこっぴどく「注意を受けたり、仕事も減ったり」と、ひどく苛められて、この社会の言論の自由とか、不条理に内心反骨精神に火がついた・・・と想像される。 

 妻の東尾理子は妻という立場だし、スポーツマンだから、社会運動に生活をかける気持ちにはついていけないだろう。000008
 俳優の石田純一(62)が8日、都内で会見を開き、東京都知事選(14日告示、31日投開票)へ「野党統一候補なら立候補する」との意向を示した。

 000003_2 市民団体の男性とともに会見に臨んだ石田は「野党統一候補なら出させていただきたい」。「子供が夢を持てる社会、平和に暮らせる暮らしを強く実現したい」と説明。そのためには「野党が結集しないと思いを力に変換できない」と野党統一候補へのこだわりを説明した。

 000004_2 自民党+公明党との改憲勢力に勝つには、「野党が結集しないと、思いを力に変換できない」と“野党統一候補”へのこだわりを示して、かつ方式を民進党など野党幹部にわからせたが、この方式が徹底できるほど民進党の岡田克也代表に伝わったか・・・。
000006 国民に“3分の2阻止”というお題目の重要性が伝わらない。
 憲法改正にジワジワと平和憲法を侵食して・・・軍隊を持って、強い日本を作ると言って、日本人の平和ボケをアッという間に、戦前の保守体制に切り替える。それこそ、EU離脱leaveに投票した英国民のアレに似て、結局残留と思って離脱に投票して、悔やんでいるような状態が、参議院選挙後に起きる。

 石田純一は6年間アメリカで暮らしたから、アメリカの常識をよく知っているから、日本の不合理を指摘できる点だ。ディスカッションには強いが、日本の常識との接点を心得ている。青島幸男が都知事一期やったときは、都議会の少数派の知事で、ほぼ何もできなかった。
石田純一は、それよりも、まだ多数派を操縦する方法を知っているはずだ。

 市場に資金をジャブジャブにして、景気高揚だとアベノミクスを数年続けてっも景気浮揚しないから、消費税を10%アップができないで、アップしないことを選挙直前に行なって、それを功績気味に言うのは、どうかと思う。この道を真剣にとか訴えても、やることは、改憲こそが安倍晋三の狙い。 

Sousai20111213_kazukienari_33安倍晋三と石田純一は、ともに62歳の同じ年。そう思えないのが不思議だ。

 ファミリーヒストリーで、祖父が新聞記者で、アメリカ特派員で責任者までになって、その後、一転大阪から衆議院選挙に立候補したが、落選。祖父武太郎は財産のほとんどを失い、心労がたたり、肝硬変で倒れた。選挙から2年後の昭和9年に亡くなった。44歳の若さであった。それと、純一は、昨年9月に「SEALDs」の安保法案に反対集会、マイクを握ったのとが軌を一にしている。

 参議院の東京地方区で立候補したら、山本太郎と同じように当選したかもしれないが、この都知事で勝つのは至難のわざだ。民進党が石田純一で一本化するほど、勇気持って変身できない。国政だね。千葉県へ行って、 森田 健作 (66歳)と戦うのもいい。

 行政手腕とかいうが、森田 健作も東国原も、大阪市長だった橋下にしても、素人だった。偉そうに見える安倍総理だって振り付けされているだけだろう。

 タレントのヒロミ(51)が、「純一さんは(政治に)興味があるタイプの人。いろいろちゃんと見えている。頭もいいし(出馬を)真剣に考えている」と出馬への本気度を説明した。

 妻松本伊代が、石田の姿勢について「正義感がある方だから、次世代のことが心配なんでしょう」とコメント。さらに夫のヒロミが「(都知事に)なればいいのにと思う」と冗談を口にする場面もあったが、ヒロミは「出ようと思ったけど、ホコリが出すぎるんで…」と笑い飛ばしていた。  

ファミリーヒストリー石田純一の始祖は、徳川紀伊家武士
石田純一、最近、 元気がないけど、どうなっている? 

 小池百合子のエピソード
Photo_2_2 東京10区は、小泉首相の意向に男たちがしり込みしたのに、いち早く小池百合子が手を上げ、落下傘刺客「くのいち」1号で、郵政反対実力者、小林興起を弾き飛ばした選挙区、再度の闘いはどの程度の差になるか。再起できるだろうか。小林興起(参議院東京地方区で立候補中、危ない印象)

東京10区平成21年8月30日衆議院選挙結果
①江端貴子 105280 当選
②小池ゆり子 96231   比当

小池百合子渡り鳥経歴
 
日本新党(比例区)参議院議員1993年衆議院議員(兵庫県第2区)→新進党(小沢一郎側近として活躍)→分裂自由党→分裂(残留要請を拒絶)保守党
→(2002年保守党を離脱)自由民主党入党。

まあ、言ってみれば、男の言い分を聞かない・・・自由人だという石原伸晃には手に負えないタイプ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

|

« 篤志面接委員 黒田久子さん、現在102歳 | トップページ | 参議院議員選挙の東京地方区は、誰に入れるか。 »

生き方」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 篤志面接委員 黒田久子さん、現在102歳 | トップページ | 参議院議員選挙の東京地方区は、誰に入れるか。 »