« 録音起こし 承ります。 | トップページ | 「都議会の一掃!」小池ゆり子が知事選の公約 その意味は? »

2016年7月15日 (金)

「はじめまして 愛しています」各所に見所あるストーリーで楽しめる

 民放のドラマは、若者に媚びるストーリーが多いだが、この「特別養子」を扱った「はじめまして 愛しています」は、問題の深さが底辺にあるから、訴える力がある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 性急に問題点にぶつかることなく、周りを固めて、登場人物を描いた後に、核心をつく手法で作者(脚本)の円熟味を感じる。
★はじめまして、愛しています。 第1話 ★
  第1話では美奈と信次の夫婦と、男の子との出会い。
 10年前に結婚した梅田信次(江口洋介)と美奈(尾野真千子)。
信次は、近所の不動産管理会社に勤務しており、美奈は、国際コンクール入賞を目指しながら、自宅でピアノ教室を開いていた。
 ある日、ゴミ箱をあさる不審な生き物が出没していると近所で噂になる。美奈がある日、ピアノの練習をしていると、“不審なもの”が庭に侵入。恐る恐るその正体を確かめると、なんとその正体は幼い男の子だった!服も体も汚れ、無表情で何もしゃべらない男の子だった。

 男の子は。美奈が何を聞いても口を一切口をひらかない。空腹のため、美奈の差し出したドーナツをむさぼる。その後、男の子は親から虐待され、その親も1カ月以上、姿が確認されないことから、養護施設に入ることになる。

しかし、数日後、男の子は再び梅田家の庭に姿を現す。相変わらず何も語らないが、二度も自分の家にやってきたことに運命めいたものを感じた信次(江口洋介さん)は、ひそかに特別養子縁組について調べ始める……という展開だった。

非血縁の子どもの親になる「養子縁組」の現実。
養育里親の親子関係のトラブル、その覚悟と理解が
児童相談所に見捨てられた中学生の自殺。
児童相談所、50代女性担当のヒス:

 自分を子供として認めてくれるか、確認をする行動を養子になった子はいろんなことをする。養子となった場合、どんな行動をするか、それを見極めたい。

 児童養護施設の児童指導員になる方法
①大学で心理学・教育学・社会学・社会福祉学を専攻、
②大学で教員免許取得、
③専門・短大で保育士免許を取得
④児童指導員養成校を卒業
⑤社会福祉士・精神保健福祉士資格取得

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 録音起こし 承ります。 | トップページ | 「都議会の一掃!」小池ゆり子が知事選の公約 その意味は? »

家庭問題」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 録音起こし 承ります。 | トップページ | 「都議会の一掃!」小池ゆり子が知事選の公約 その意味は? »