«  ラジオ体操も無理しないで、やりたくないのは、やらんでよろしい。 | トップページ | 繁体字 山楂樹之戀  サンザシの樹の下で 評価AA »

2016年7月 6日 (水)

延命寺の由来

 真言宗豊山派の東京での中心は、文京区の護国寺で、あそこには、日大豊山高校がある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 (青戸の)延命寺は、長久山地蔵院と号し、もと青戸宝持院の末寺。1169年創立の古刹。青砥やくじん延命寺と呼ばれ、地蔵菩薩が本尊に、摩怛梨天(三面大黒)を祀り、「やくじん(疫神)さま」と呼ばれ、親しまれてきた。鎌倉時代に葛西城(青戸御殿)を領した青砥藤綱が摩怛梨天(青砥疫神)を守護神とした伝説や、疫病が流行すると厄病払いの神輿を担いで練り歩いた。
 水戸街道側に山門があり、階段を降りて境内の門の先に本堂、左側に二十一仏庚申塔があります。

 摩怛梨天=梵語で摩怛哩マタリとは母を意味する。閻魔大王の姉妹で、『七母神』。疫病消除の神なるが故に疫病の厄払いとなる。

 延命寺は、江戸時代の大火でやむえず転居してきた寺とは違い、八十八ヶ所霊場42番、新四国四箇領八十八ヵ所霊場13番となっている歴史が長い。

江戸時代の区役所の仕事して、関所札を発行したり、死者を葬る役目を担っていたが、それがどういう過程で、返上したのか。

山号 長久山 院号地蔵院 寺号延命寺 山号/院号/寺号と」三種類の名前をつける意味がわからない。住所葛飾区青戸8-24-29
宗派真言宗豊山派 葬儀・墓地

 寺の常識を普及する仕事を、KACを講演場所にして、文学を語りながら、人生を語る。人生を語りながら仏教=宗教を語るのがいいのではないか。住職が人前にでるチャンスを作って、文学を語る場を提供するのはいいことではないか。

■天台宗では三面大黒天は大黒天、弁財天、毘沙門天の合体形、近世になり疫病や災厄除けの神として、民間の信仰を集めた。民間信仰という俗信が宗教を捻じ曲げている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

«  ラジオ体操も無理しないで、やりたくないのは、やらんでよろしい。 | トップページ | 繁体字 山楂樹之戀  サンザシの樹の下で 評価AA »

宗教=仏教」カテゴリの記事

私のかつしかまちナビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«  ラジオ体操も無理しないで、やりたくないのは、やらんでよろしい。 | トップページ | 繁体字 山楂樹之戀  サンザシの樹の下で 評価AA »