« 「人間佐藤一斉の悩み」(風詠社)かくれた彼の青春の蹉跌 | トップページ | 録音テープ起こし/データ-名刺入力/執筆代行/ »

2016年6月12日 (日)

便利だけど息苦しい“不寛容な社会”インターネットの発達で

 不寛容社会の問題点を多岐にわたって出していたから、簡単に語れなくなるが、ツートやSNS,ネットの炎上など、特定の意見に寄ってたかって潰しにかかる勢力、000051あれって、昔は匿名の便所の落書き、今も匿名で意見を述べているようなものだ。政治的に見ると、日露戦争後の日比谷公園の焼き討ちデモのことか。
 もっと、英国の公園のスピーカーズコーナーでしゃべるほど整理されていない、感情から発する意見が多い。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 もう一点は、自分と違う意見のよさを発見することができない。相手の意見にいい点を見つけるとそれを認めない。
 日本人特性か、空気を読むというか、社会の空気と違うと、村八分にして、個性のある意見を好まないのが日本人の特徴だ。自分の身を安全な場所において、相手を攻撃する傾向がある。000001000015
 熊本地震で支援を表明した著名人などが批判される“不謹慎狩り一億総バッシング”。
 このところ、1つの過ちや発言をめぐって、個人や組織が糾弾される事態が相次いでいる。舛添さんがバッシングを受けているが、それってみんなそんなに身奇麗か・・と反問したら、だれもそんな強いことが舛添さんに言えなくなるようなものだ。
 

 ひとたび火が付くと、たちまち尻馬に乗ってエスカレートする。000048000070000079 個々の人の特徴だ。私たちの身近なところで、住民から「子どもの声は騒音だ」という苦情が出るなど、世の中が息苦しくなったという声が多く聞かれる。 

 最新、他人の過ちや欠点を許さない“不寛容な社会だ”と答えた人が半数近くに上り、“寛容な社会だ”という声を上回った。000016 何かにつけて対立構造が浮かび上がり、主張が先鋭化する現代社会。
 「社会が萎縮してしまう」、
 「自由な言論が脅かされる」。
 なぜ不寛容な空気が広がっているのか、冷静な議論のためには何が必要なのか。徹底討論する。000009000066_2
 スマートフォンが普及している現実は、すごい。そこから使う大衆に逆襲されているのだ。今まで供給側に消費者が何をされたか考えると、デジタル化でアナログTVを捨てた金額を考えると・・・これを金額にした統計はあるのか?そうしておいて、消費者に文句言う体制側の戸惑いかもしれない。

当の批判している一般の投稿者の言い分が取り上げられていなかったな、そんな印象だった。

要するにこの番組の落とし所は 「批判してもいいのはメディアだけ。ネットの素人どもは黙ってろ」 ってことなのかね?
個人の「生の声」が邪魔で仕方ないって流れにしか思えないんだけど? 「生の声」を無理矢理に「個人のストレス」にまとめようとしてるところとか

#不寛容社会 津田「司会が居ないネットは言いっ放しだからダメ」 放送台本があって 司会も流れがあって 出演者たちも求められてる発言を承知で発言して それをパッケージングして「テレビ討論は正しい」 すげーな、この無茶苦茶な論理

ネットの悪い面を100万倍にしたのがマスメディア

NHKは現代的な地域社会の瓦解やいわゆる #不寛容社会 的なものへの警鐘を鳴らすのは大好きなのに
そう言った際に、なぜか
経済的な側面をスルーしがちだし、テメーらが応援してる緊縮財政こそ不寛容社会つくってる大きな原因と理解できない
 拾い出して読み直してみると、市民の意見として、納得できる面がある。体制側には困っているのかな。
ただ、言葉遣いがキツイのが目立つが、

 経済面が根本にあるような気もするし、ネットの言い放しは、スパーの客と店員の関係に似ている。何も言わなくてもいいし、カネさえ払えば用が足りる。それは、パソコン操作すると意見が書けるのと似ている。相手との挨拶とか何かは不要。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 「人間佐藤一斉の悩み」(風詠社)かくれた彼の青春の蹉跌 | トップページ | 録音テープ起こし/データ-名刺入力/執筆代行/ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日本の姿、文化」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

コメント

要するにこの番組の落とし所は 「批判してもいいのはメディアだけ。ネットの素人どもは黙ってろ」 ってことなのかね?


そう思うならこの番組にクレーム入れて不寛容な奴代表になればいいのでは

投稿: | 2017年10月18日 (水) 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「人間佐藤一斉の悩み」(風詠社)かくれた彼の青春の蹉跌 | トップページ | 録音テープ起こし/データ-名刺入力/執筆代行/ »