« はずみで「IME」(言語バー)の設定が変わって | トップページ | 安倍晋三首相, プーチン大統領の日露首脳会談 »

2016年5月12日 (木)

名古屋に転勤した野際陽子の泥棒にあった話

 名古屋に転勤した野際陽子の泥棒にあった話、アサイチでもきくべき黒柳徹子も勧める。ぜひきくべきだという。ちょっと長いですけど。000000・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
イノッチ:ここまで聞くと、聞きたくなる。
有働:かいつまんで
野際:ご存じないですか?簡単にいうと、(NHKへ)入局して名古屋へ赴任して、10月です。給料をもらいました。一万3650円。(今で言うと、二十万円弱)。(銭湯へ行って帰り)布団を敷いて、000013四畳半のキタナイ・・・イエイエ、キタナクない、小さな民間借り上げアパート、そこに布団を敷いて・・・したら、べニアのドアです。そこに、私はノレンをかけていた。カギはまだ8時過ぎだったからかけていなかった。そうしたら、スーッとあいたんです。ふっと、(ノレンの方を)見たのです。したらね、マスクした男がね、「なんですか?」と、牛乳の集金か新聞だと思った。そうしたら、スーッと入ってきて、私がこう(腹ばい)やっていると、バッとナイフを突き付けて、
イノッチ:ホントに?

野際:本当に。それで逃げようと思ったけど、こっちは窓が閉まっているし、もうこうなっているから「キャーッ」とものすごい声を出したんです。あの声はゼッタイ芝居では出せない声、絹を裂くような、この辺から、ピーっと出たのですけど、一声で止めたのですよ。理性が働いてしまって、
有働:なんで?
野際:騒ぐと殺される。
イノッチ:そこまで切羽詰まった状態だった。

野際:向こうも、ナイフを納めて、(私ハ)ガタガタ震えて怖いから、「何がほしいの?」と、馬鹿な質問したんです。決まっているんじゃないですか、そんなもの。
「カネだ」
そうだろうとは思ったのですが、震えながら「いくらほしいの?」と、とにかくしゃべっていないと、怖い。むこうは、そんな質問は、想定外だったらしく、「いくら」というのは、「200円」当時の価値でいうと今の5000円くらいですかね。
当時の給料が2万いくらかですから、ああーよかった。とにかく、私は給料日ですから。袋に入って有り金あるわるわけですから、パッととっさに布団の下に入れた。
有働:隠したんですか!
野際:ああよかった、有り金を取られなくて。有り金取られて殺される、まず思った。千円札しかなかったのです。
有働:あああ。000010野際:200円がなかった。どうしょう、どうしょう。200円がない。
「1000円しかないけど、おつりいただけます?」
イノッチ:はははは・・・。
野際:笑わないでください。本当に
イノッチ:・・の人が出せるわけないでしょ。
野際:そういったの、泥棒が。
「800円あるくらいなら、200円くれと言わない。」
有働:ああそうだわ!
野際:頭はいい泥棒だった。ああそうだな。でも、いったんは有り金で殺されると思ったのに、「200円」といわれたとたん、すべてが惜しくなったの。
有働:ワッハハ。
000019_2
野際:1000円、ここ(布団の下の月給)から出したら、有り金持っていかれる。と思った。200円にこだわって、じゃあね、寮はNHKが借り上げていたから、もすぐ他の人、男の人もいたのです。
「じゃあ、とにかく誰か帰ってきたら、あなたのことを絶対誰にも言わないで200円借りて、あなたに200円上げるから、というと
「信用できねえ」時々、へんなすごむ声をだす。「信用できね」とか。「じゃあ、一緒に煙草屋へ行こう」そこで崩して200円を上げます.
 どうしょう、どうしょうと思って、ピンクのお布団が敷いてあるし、だんだんそっちがこわくなってきた。
有働:ワッハハハ・・・。

野際:フッと見たら、ナイフは私の部屋の隣にある台所にある食事用のナイフであまり切れない。「あのナイフなら大丈夫だ」と思って、命の方は。布団敷いてある。首締めるという手もある。000022  とにかく、帰そうと思って、ガタガタ震えながら、
「どうしてこんなことするの。私こんな目に会うのは初めてだ」と言ったら、向こうも「おれだってこんなことをするのは初めてだ」で、 若いですよ、私より。たぶん。
「なんでこんなことするの?」
「女房が子どもを置いて出て行った。この寒空に」10月にね。寒いっちゃ、寒いですけど。シャツ一枚で震えているから。シャツ買ってやりたい。ウソかほんとかわからないけど。まあ、それはかわいそうだけど。 じゃあ、こうしましょう。
  200円ならば、タダの泥棒だけど、1000円とったら強盗よ。とにかく、惜しいわけですよ。
イノッチ:渡したくないわけね。
野際:そうしたら、いきなりね、ナイフ見られたと思ったみたいで、マスクをいきなり、パッと取って、私の手を(ちょっと手を拝借していいですか)こうやって手を掴んで、000024「姉さん、オレをサツにつき出してください」いやいや、「チョチョチョ。ちょっと待って、まだあなたは取っていないから、サツどこか、私はわからないし」
  だんだん、日本語もおかしくなってきた。
イノッチ:サツどこかわからないし。(笑い)

000026_2野際:まあまあ、いろいいろなことがありまして、
  そうじゃあね、わかりました。この千円あなたにお貸しします。あなた、まだ若いんだから、こんなことやっていないで、働いてちゃんとして、返す気があるのだったら、そのポストの中へ入れておいて頂戴。といったの。
   「イヤイヤ」と言っていたけれど、もうすぐみんな帰ってくるから。大挙してNHKの男の人が帰ってくる。帰ったほうがいい、といった。やっと帰した。

   したら、ガタガタと震えがカギをこうやって鍵ったってね、あんなところに年若いアナウンサーを住まわしておいたというほど、こんな鍵ですよ。真鍮でできた鍵ですよ。閉めてガタガタしていたら、

  仲間が帰ってきて「ノンコ!」とのんきな声出して・・・その話をチーフアナウンサーにして、しばらくしたら、手紙が来たのです。
   NHK名古屋放送局発送部野際陽子さんと発送部ではなく、放送部なんですよ。
イノッチ有働:間違えた?
野際:間違えたかどうか、わからないですけどね。
「こないだ怖い思いをさせて。働いて、なんとかおかえしします。心のやさしい姉さんへ」
   姉さんというのは、ドウモね。気に入らないのですが。
有働:イヤイヤ。それは、どうでもいいです。
イノッチ:ワハはは。
野際:「後悔している悪魔より」と書いてあるのです。その手紙をもっていればね、今、この話はウソではないと証明できるのだけどね。
有働:ウソじゃないですよ。それだけ、ディテールに詳しく話だから。
野際:これで、四回、五回話している。当時聞いた人は「あなたの話、微妙に違う」という人が出てきて、話しているうちに、おひれがついてきているのかもね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« はずみで「IME」(言語バー)の設定が変わって | トップページ | 安倍晋三首相, プーチン大統領の日露首脳会談 »

お金、経済」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

自分育て」カテゴリの記事

青春時代」カテゴリの記事

コメント

この話、テレビで見ていておかしくてたまりませんでした。こちらで又読むことができて、何回も読み返しています。黒柳徹子がお話しなさいよとすすめるのが、わかりますね。で、自分のブログでも紹介させて頂きました。いつも様々な話題を取り上げていらして、こちらへお邪魔するのを楽しみにしております。

投稿: toty | 2016年5月16日 (月) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はずみで「IME」(言語バー)の設定が変わって | トップページ | 安倍晋三首相, プーチン大統領の日露首脳会談 »