« 「高砂1号踏切」(駅前バス通り)、7時台に何分開くか、答え10分 | トップページ | 久しぶりにイギリスから電話があった »

2016年4月15日 (金)

“ホンマでっか” ディーン藤岡 Identity Crisisをどう克服したか

  お悩み相談のコーナーで、ディーン藤岡が000019重い話ししていいですか?」と言い出すと、さんまは
あかん、これはいい加減な軽い話しか」とまぜっ返す。
 このまぜっ返す呼吸が私は大好きだが、この笑いが分からん人が多くてね、日本は住みにくい。まあまあいいけど
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 つまり、ディーン藤岡は
こんなことを言った。
「ミックス(混血ハーフ)の子どもは、10代でアイデンティティ・クライシス(自己喪失)を経験する。ボクはだいぶ遅かった。20代の後半で、自分が何人かわからなくなった。 常に外国人というか、その国の国籍を持たないで15年くらい過ごしたから、言葉も日本語をほとんど使わない時期があって、日本語も高校生レベルで30代になってしまった。敬語もチャント使えなかったし、今も不安ですが、000125逆にコンプレックスがあってパスポートも、日本から他の国に切り替えようかとも思った。しかし、今は日本がいいと決めて日本にしている。
 そういう(迷った)時期が経験できてよかったと思う。そういうプロセスが自分の中で凄く長くあった。」

 さんま:我々にはわからないこと、自分は一体何者なんやという壁にぶつかっていたんや。
ディーン:マジメすぎたんだね、多分。考えなくなって、だいぶラクになった感じですけどね。
 

尾木:国際結婚した人のお子さんを見ると、言語はどっちを使えばいいか、オロオロしています。 000128ディーン:その通りです。七年前、その頃、一つの言語で会話を頭から終わりまで、終わらせられなかった。混ざってしまって。000129サンマ:カッコイイ・・・。
尾木:カッコよくないのよ。シンドイのよ。
ディーン:どの言葉もチャントしゃべれないから。
小杉:聞き様によっては、ルー大柴さん。「藪からステック(棒)!」
さんま:たとえがおかしいやろ。重い話しをしているときにヘンなものをはさむな、ボケ!

尾木:さんまさんに会えば、日本人だから日本語、インド人ならインド人と思ってインド語、それがシンドそう。見ていると。ソレを経験していると、すごくシンドそう。
ディーン:まさにおっしゃる通りで、子どもができて、日本のいい部分をたくさんありますので、そういうのをちゃんと伝えられる一番最初に出会う日本人になりたいと思っている。
 

さんま:もう、地球人でいいじゃないですか?!000132
島崎和歌子:いいこと、いうね!
加藤綾子(カトパン):今いいこと言ったの響きました?
(大盛り上がり)

 アイデンテティを問題にして、悩んだというのは、
ドイツと日本混血アリス=紗良・オットのIdentity Crisis
だった。000045ピアノ演奏家としてやっているうちに気にしなくなった。考えないのがいいみたいだ。
 イギリスにいる孫にもそんな悩みがあるだろう。
 イギリス(英語)、ドイツ(ドイツ語)、日本(日本語)、今スペイン語をやっているから、どれがメイン言語かわからなくなる。あるいは、どれも中途半端になった場合、悩みが出るかもしれない。
 

Identity Crisis”=アイデンティティの危機クライシスを説明をし始めると、七面倒くさくなる。わかるときになると、分かるが、熟していないと頭に入らない。一生無縁の人もいるし、と切り捨てるのは・・・。 自分がどういった人間なのか、どういう道を進むべき人間なのか、といった悩みを持ったりする事。
 青春期~青年前期ぐらいで、
悩むときがある。
「成長するために、必須の転換期、難しい重大な時期」全人生において、いつでもアイデンティティクライシスに陥る可能性はある。

 その時の設問として、次のような悩みがある、はずだ。
  「自分が何者なのか、何をしたいのかわからない」
 「私の人生は何だったのだろう?」
 「何でこんな人生になってしまったのだろう」
 「人生はむなしい
 「私には生きる価値もない」
 「私の人生に意味はない」
 「私の人生は苦しみだけだった」
 「生きていてもしようがない
     
 自分と世界と起きる出来事に対して理解できないまま、むなしさの中で生涯を過ごし、空虚感で終わる・・・ さもなければ、
●むなしさや空虚感を埋めるべく、熱狂的に何かに取り組む・・・    ●ぼんやりとむなしい人生を送り、死ぬことを待っている人生。
 どちらも人生からの逃避行動である。 
アイデンティティ・クライシスになると、無価値感・無存在感・無力感・喪失感・空虚感・罪悪感・・・など、否定的な感情が大きくなり、     心身共に不安定になり、不安や恐れを感じる。その結果、安心感を求めて様々な迷いを生ずる。
 W国籍を持つと、二つの国籍の上で、悩むことが多いから、アイデンティティ・クライシスを意識する人は多い。ドイツと日本の国籍で、

恋愛もて仕草 重田みゆき ホンマでっか
植木理恵先生 男がコロっといく小悪魔フレーズ
ホンマでっか なでしこジャパン監督の教育法
ホンマでっかTV 沖縄編 門倉貴史と植木理恵
結婚のウラ常識 ホンマでっか!?TV
岡村隆史の女性トラウマ ホンマでっか!

脳科学的ギモンに答える 澤口俊之:  
並行遊び、共同遊び 植木理恵
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 「高砂1号踏切」(駅前バス通り)、7時台に何分開くか、答え10分 | トップページ | 久しぶりにイギリスから電話があった »

ヨーロッパ」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

自分育て」カテゴリの記事

言葉、言語問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「高砂1号踏切」(駅前バス通り)、7時台に何分開くか、答え10分 | トップページ | 久しぶりにイギリスから電話があった »