« ナイナイお見合い大作戦 都城一番人気女性の心はどうなった? | トップページ | ファミリーヒストリー nozawa22new »

2016年4月 8日 (金)

「元気がありませんね、大丈夫ですか」 声から体調がわかる。

「元気がありませんね、大丈夫ですか」
 朝9時過ぎ、取引先の某氏から電話で、意外な印象を受けた。声のトーンが低かったのだろうか。私は、いつも張り切っているわけではないのだが、大抵は元気に聞こえるように電話に出ているから、それを期待して、相手は、意外な感じを受けたもかも。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 やっと起き上がる時の痛みが、それほど痛くなくなった。数日前までは起き上がる動作で、肋骨左側の骨折部分に痛烈に響いた。未だに下に落ちているモノを拾う動作は、左足を下げて、おもむろに屈んでゆっくりと、右手を下げる。確かテンションが下がっている。
 不意に電話されて、特に仕事モードに入る前に気構えがないときには、トーンが下がっているかもしれない。努めて明るく、元気よく話をしているが、不意打ちを食うと、心のありようが電話を通して伝わるのだろう。
 

 電話でだけ、妙に「お上品な、山の手言葉」をつかう女性を知っている。建前ことばは、アレはいやらしい。それなら、“普段も山の手夫人でいてよ”と言いたいワケだ。 

 「明るく、元気よく」をモットーにしていても、忘れるというか、いつもいつもというわけにいかない、瞬時の気分が出てしまったのだろう。
「私は元気!私は明るい!私は積極的!」
 これがモットー。
 そういうつもりだけど、年老いるとか、負傷するとか、失意の時、一人になると“元気!明るい!積極的”の必要ない瞬間がある。
 そのまま電話に出ると、不機嫌な低いトーンになる。大人として、仕事をする人はそれではいけない、そう心得て、いつも「明るく」「元気よく」接するつもり・・・その間隙を指摘された瞬間であった。
 

 もう一つ、気になることがある。
 高齢者になるとノロノロとした話し方になる。本人はそのつもりはなくても、カツゼツが悪くなるし、話が回りくどくなる。それがないように、頭の回転をよくして、はっきりモノを言おうと思っている。それが油断すると、ボソボソとしゃべってしまう可能性がある。
 写真に写るときも、そういう油断していると、背中が丸くなり、ボヤっとした姿になる。
 

 その女性、機嫌が悪いわけでもないのに、ムッツリした顔だった。若いときは、黙っていても、愛嬌があるものだが、ある程度年齢が上がると、別に商売でもないのに笑えるか、という気持ちがある。

 しかし、女性の顔をジックリ見て覚えがないが、怖い顔も、案外あるものだ。その女性、20代前半なのに笑いがなかった。だから、よく「笑って、笑って」とけしかけていたが、笑う習慣のない人は意外と「笑う」ことが難しいようだった。
 声出して笑う意味ではなく、唇に微笑みを・・・、という程度であるが、これができないようだ。これも心がけないと、そういう表情にならない。
 

 「40代の顔は本人の責任」といったのは、リンカーンだったが、心がけは他人に指摘されないと気づかない。 

 窓口を担当している人は、笑顔を注目されるが、奥で作業すると、外部の人に愛想振りまく必要はないから、レントゲン担当の女性、背はスラーッとしていたが、顔は満島ひかりのイメージで、いい女だった。しかし、職業柄無表情だった。口の利き方もゾンザイ。(ディズニーランドのように)マニュアル会話集がないと、人は個々の言葉で会話をしなければならない。 

 うれしい時に笑うのは誰でも自然にできるが、人と接するときに、何も考えない人は多い。心がけて、穏やかに元気よく、明るく接したいものである。
 「特にマイナスの環境にいるときほど、
 明るく、元気よく振舞う・・・、それを実行したい」
 というと、上から目線とか、先生臭いとか、いい子ぶったことをいう、といわれそうだが、逆境でも「明るく」「元気よく」人と接したい。 「元気よく生きていく」には、そういう心構えが必要である、というソレが言いたかった。
 

 痴呆になると、そんな気遣いもなくなるだろうが、「死を恐れる」ことも必要であるが、「死」を甘受する姿勢も、この「元気よく」「明るく」生きることの延長線上にあるのだ、と私は確信している。

 「死」は、生きている限り、逃れられない。
 死はマラソンのゴール、遠泳でゴールに着いたようなもの。悲しむよりお祝いしてもらいたいと思う。
 

 今日の話は、偉そうに教訓をたれたような印象の話で、スミマセン。この考え方、わかってもらえるでしょうかね。

●お勧めブログベスト5

GHQ日本人検閲官、皇室の手紙も、ラブレターも開封
実にツマランことが気になった。疑問
林修先生の根ッコの部分: 
盗聴、傍受、検閲 アメリカのやることは一体?:
シーア派とスンニ派の違い イスラム教:
アンケート/データ入力/録音テープ起し/執筆代行 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« ナイナイお見合い大作戦 都城一番人気女性の心はどうなった? | トップページ | ファミリーヒストリー nozawa22new »

心と体」カテゴリの記事

病気と健康」カテゴリの記事

自分育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナイナイお見合い大作戦 都城一番人気女性の心はどうなった? | トップページ | ファミリーヒストリー nozawa22new »