«  秋山 ちえ子99歳 いい顔している。こういうオバちゃんでありたい。 | トップページ | のぼうの城 忍城(おしじょう)の攻防、石田三成軍を蹴散らす。評価AA »

2016年4月29日 (金)

「かつしか文学賞」大賞100万円、優秀賞3点10万円 どう、応募しない?

「かつしか文学賞」募集要項
■募集作品 未発表の小説。日本語で書かれ、葛飾区を舞台にそこに暮らす人の心のふれあいを題材とした作品。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

13■締切   2010年11月30日(消印有効)
■お問合せ *シンフォニーヒルズ「かつしか文学賞作品募集係」
*葛飾区地域振興課文化国際担当係
Tel: 03-5670-2259  E-mail: 050450@city.katsushika.lg.jp

この文学賞から作家デビューするにはちょっと・・・。受賞作を演劇・ミュージカル仕立てにして、葛飾区をアピールする目的に見える。

 第1回の入選作を読んだけど、そつはないが面白みが欠けているような印象だった。勝手なことは言えないが、迫力が感じられない。他人の作品を批判するには、自作を見せないで批判は安易だと言われそう。区の予算から文学賞に賞金を出すのは、どうなんだろう。内容にタッチしなければいいだろう。

 まちナビで、受賞者インタビューをして、その詳細を報道するのもいいじゃないか。受賞のノウハウを知るもいいし、受賞者のその後の報道もいい。「かつしか文学賞」を宣伝することにもなる。
 まちナビの取材過程で、驚くべき話題にあたるかもしれないし、いいじゃないかね。ソレを小説のリズムで書けば、いい展開にできそう。今後も、書き続けるとき、文学賞に該当しうる。できたものを事実とは別にフィクションを混ぜて展開したら・・・いけるよ。若さが欠けると面白みがない。自分史で小学生の部を書いてみて、面白い出来事が案外多い。しかし、今となるとまるで面白みがない。

 きょうは、水元憩い交流館に行ってみたが、利用者が限定されていて、特定の人が利用しているみたい。吹き矢の競技を10人~15人が利用していたが、一般の人には利用しにくそうだ。

 きょうは風が強くて正面入口を閉めていて、その説明がなくて、ウロウロしてしまった。そういう配慮が欠如している。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

«  秋山 ちえ子99歳 いい顔している。こういうオバちゃんでありたい。 | トップページ | のぼうの城 忍城(おしじょう)の攻防、石田三成軍を蹴散らす。評価AA »

文化・芸術」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

自分育て」カテゴリの記事

言葉、言語問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«  秋山 ちえ子99歳 いい顔している。こういうオバちゃんでありたい。 | トップページ | のぼうの城 忍城(おしじょう)の攻防、石田三成軍を蹴散らす。評価AA »