« 氷河期の狩猟民と弥生時代の農耕民、日本人はどこから来たか | トップページ | イランがロウハニ大統領(中道穏健派)で躍進しそうだ。 »

2016年3月29日 (火)

秋のソナタ(映画)心理的な過去を過剰に引きずる室内劇評価A

  夫と静かに暮らすエヴァは、7年も会っていない母のシャルロッテを自宅に招くために、手紙を書いた。
 次のシーンで、ノルウェーの美しい田園地方を母シャルロッテ(イングリッド・バーグマン)がクルマを走らせるシーンが続いて、
000008娘のエヴァ(リヴ・ウルマン)の牧師館へ着く。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 コレだけ美しい景色があるのに、室内で過去をめぐって、言い争いを見せられるドラマって、どうなんだろう。

 ドイツ人なのか、ノルウエー人なのか、わからないが、言い争いをし続けるドラマ、それなりに理由はあるが、この論争は不毛だよ。過去のことだもの。
 日本人なら水に流して・・・過去をほじくり返さない礼儀があるのに、ヨーロッパの人の言い争いは、しつこい。ゲルマンの血はソレが許せないのかもしれない。

 老いても美しく華やかな母シャルロッテは、今も世界を飛び回る現役のピアニストだ。彼女は、高級車を運転して牧師館に到着し、000010娘エヴァと笑顔で抱き合う。

  夫ヴィクトール(ハルヴァール・ビョルク)を含めて、お互いを観察し、その心情を探り合う。娘エヴァも母シャルロッテも、温厚な牧師の夫も、皆が心の中に満たされない思いを抱えている。エヴァの望みは、家族の幸せだが、 母 シャルロッテは、エヴァの家には、もう一人の娘レナ(エヴァの妹)が同居していると聞いて動揺した。

  進行性脳性麻痺の病気で寝たきりのレナ(レナ・ニーマン)は長く療養所に入っていたが、母シャルロッテは見舞いに行かなかった。母と会わせるという目的をもってレナを引き取っていた。そのことをエヴァから聞くと、シャルロッテは、急に苛立ちの表情を見せるが、レナは母と会って、嬉しそうに母と対面するレナ。000035不自由な彼女にも、母に言えない隠し事があった。

  夕食後、ショパンのプレリュードを弾く自信に満ちた母の表情を見つめるエヴァ。
 その夜、夫ヴィクトールは、シャルロッテは、娘エヴァが息子エリックを生んだ時の幸福そうだった様子を語る。その息子エリックが四歳になる直前に溺死した時のことなどを語った。000062その息子がエヴァの心の中で生きている心理状態で、息子の部屋はそのまま手つかず置いている。

 その夜、エヴァはシャルロッテと二人きりで語り合う。
000107000115





 酒を飲んだエヴァは、酔いに任せて娘時代の鬱積をぶちまけ始めた。母シャルロッテは、エヴァの幼い時代、暇な時だけ過剰に干渉に苦しみつつ、嫌われまいとびくびくして暮らしたと、本音で話す。母を責めるエヴァ。その言葉に対して、母シャルロッテも自分も苦しんだと激しく反論する。


 プロのピアノ演奏家の母シャルロッテと、今でも母親の愛を乞い続けているエヴァの物語。000055母親は、家族を捨てて別の男と駆け落ちをしたり、それまでもエヴァには冷たくあたっていた。

 「秋のソナタ」のクライマックスでは、お酒の力を借りたエヴァは、「最後まで言わせて」と母シャルロッテを黙らせました。
 エヴァの回想がはじまると、彼女が子どもだったころの映像が映され、エヴァの少女時代、部屋の扉の前でピアノの音が止むのを待って、母シャルロッテの練習を邪魔をしないようにと演奏が終わってから扉を開けた、とエヴァは言う。

 映しだされた少女エヴァは、ピアノの脇にちょこんと座り、母シャルロッテは、一言声をかけたあとに、ソファーに寝そべって新聞に目を走らせます。000113「一人になりたいの、外で遊んでらっしゃい」と言う。エヴァは、部屋から出て行きました。

 母シャルロッテは、自分の物語を語りはじめる。
 彼女は、子どものころの自分も孤独だったことを教える。音楽だけが感情を表現する手段だった。おそらく、誰からもほおずりひとつされた記憶がないのだろう。
 母シャルロッテは背中を痛めて、練習もできなく引退を決めたのは、友人から「君は家族と一緒に平凡に暮らしたほうがいい」と言われたことがキッカケだった。
 
 娘であるエヴァには母親であるという事実が優先し、母シャルロッテは演奏ができなくなってどんなに辛かったかを告げて「私のほうこそ抱きしめてほしかった」と言っても、エヴァは「わたしは子どもだった」と突き放した。

 激高したエヴァは、それまで内にたまっていた母ヘの怒りを爆発させる。000116母の恋人が犯した昔の秘密の過ちまで暴露してシャルロッテを傷つけた。いつも自分や父をおいて演奏旅行に出ていった母。自分のことしか考えない人……。一方的な娘の攻撃に、たじろぐシャルロッテ。

 二階から必死に母を呼ぶレナの声にも気づかぬまま、シャルロッテは翌日、早々に翌日、母シャルロッテは牧師館を後に旅立っていった。
  数日後、すっかり落ち着いた様子のエヴァは、母宛に許しを請う手紙を書くのだった。

「秋のソナタ」のテーマは、この問題に尽きる。

母への恨みからの脱却を 
親からの虐待を、大人になって復讐しますか

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 氷河期の狩猟民と弥生時代の農耕民、日本人はどこから来たか | トップページ | イランがロウハニ大統領(中道穏健派)で躍進しそうだ。 »

家庭問題」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

自分育て」カテゴリの記事

青春時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 氷河期の狩猟民と弥生時代の農耕民、日本人はどこから来たか | トップページ | イランがロウハニ大統領(中道穏健派)で躍進しそうだ。 »