« 日本の将来は、シベリア抑留の記憶 これらの上に立つのだ。 | トップページ | 五年前の3月11日、あのとき、あなたはどうしていたか。 »

2016年3月10日 (木)

伊集院静「見栄えがよくなく、うまいことをしゃべらない」男はいい。

 000007質問:震災のとき、仙台の自宅で、執筆中だったのですか?
伊集院:そうですね。月の前半は仙台の自宅で小説など集中的に連載を執筆します。仕事が徹夜になるので、その日は目を覚ましてから一時間後くらいでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
000006田勢康弘の週刊ニュース新書3月末に終了する。
田勢康弘 島倉千代子ファンクラブ会員だった

伊集院:はじめ、地鳴りに近い音がしました。それから(左右の手を交互に上下して)揺れるのですよ。二階にある1m四方あるレンガの煙突が道路の向うにあるバス停の屋根に飛びました。相当の力だと思う。000004 この近くは年寄りが多く住む地域だから、建物から離れなさいと伝えなければならないが、震災のときというのは、声が通りにくいです。空気がよどむのでしょうね。
000013000014





寸断された鉄道の線路を外して、道路にバスが通るようになった。かさ上げした土地に、建物を建てているけれども、大半の人は離れ離れになっている。建物を建てた中にそれだけの人が(戻ってきて)入りますか。一方で、孤独死が、この一年くらいで物凄く増えた。阪神大震災のときよりも多い。

000015000016





 (ハード面の建物とソフト面の心のケア)その両方をしなければならない。行政の仕事のギャップが地元の人には見ている人が多い。工事は進んでいるけれど、人々には復興と言えるかどうか。

 田勢:国の事業が復旧から復興となっていくには、地元の努力が必要だ。国の政治では、復興まで及んでいない。
000008伊集院:将来、この人達は、被災世代と呼ばれるようになるだろう。被災を経験した世代は強いと思う。
 人は一つ辛いこと、苦るしいことを経験した人でないと、人間は伸びないところがある。あえて、苦しいことに向けるのは辛いのだけれど、40代、50代、60代になったとき、彼らがしっかりした人になっているのをみると、大概辛い経験をしたり、人の倍以上何かをしなければいけない時期を過ごしている。政治家もそういう経験をしてから政治家になってほしい。こちら(選挙民)の政治に対する意識が低いのもあり、教育の仕方にも問題があるのでしょうか。

田勢:伊集院さんのお書きになったものの中に“哀しみ”ということが出てきますよね。“哀しみ”をどれほど体験しているか、本当に重要なことだと思う。
 多くの人は、そういう部分を見向きもしないで、ひたすら“豊かさ”とか“幸福”だとかを求めたがっている。そういう風潮になっている。

伊集院:そうですね。小説を書く上でテーマが何かというと、“哀しみ”という時間と“哀しまざるをえない”モノが生きることだと、そこへ落ちていく。そこへいく。
“楽しい”とか“嬉しい”とかの光景は似かよっているけれど、“哀しみ”の情景は全部、色が違う。そこをどう書くか、それが我々の仕事である。
 実は“豊かさ”、享楽とはいいませんが、そこへ向って仕事をどうもっていくか、それがオトナのやることだ。

田勢:伊集院さんが今回出て頂くにあたり、まとめて読ませて頂いた。伊集院さんの小説にはまりました。000031生意気なことを言わせて頂ければ、作品には哀しみがあるけれど、読んだ後に救われる。それが読者をひきつけるのがポイントのような気がする。
伊集院:そうですか。ありがとうございます。救われるのは作家の私ですね。

Sub司会女:私も読ませて頂きました。お父様、お母様の存在が大きかったのかな、と。

伊集院:それはそうです。海を渡って異国の地へ来たのですから、当然、(両親は)差別を受けたでしょう。それに6人の子どもを育てるということは、並大抵ではない。どうしたらこの国で生きて行かれるか、両親、特に母は厳しかった。
 「品性」だけは欠かせないようにしようとした。挨拶、礼儀とか、そういうものはきちんとさせようとした。日本語は、日本人よりきれいに書けるようにと、母は一生懸命にしたので、その時は、辛かったですね。私は母から詩歌から全部教わりましたから、終わるまでは外へ遊びにいけなかった。しかし、結果的にはよかったと思う。

田勢:私を含めて日本人は字が下手ですね。
伊集院:漢字を知らないのは、政治家だけでなく担当大臣が島(歯舞)が読めなくて、それは困ります。島に思いがある人にとっては、どれだけ辛いことか、想像力がないとダメですね。

 夏目雅子を口説いたエピソードで、レモン
「檸檬(れもん)」という漢字を書いて・・・尊敬させてうんぬんと伝聞で知っている。彼の博学はすごい。

在日二世には、日本で知られている優秀な人が多い。

木下優樹菜(朴 優樹菜)、優木まおみ(本名・張真央美)、和田アキ子(金現子)力道山(金信洛)、張本勲(張勳)、岩城滉一(李光一)、清原和博 、金村義明(金義明)、松井稼頭夫(朴和夫)、西条秀樹(李龍雄)井川遥(趙秀恵)、安田成美(鄭成美)、岡本夏生(李幸子)、都はるみ(李春美)、松任谷由実(金玉子)沢田研二(李研二)、原田泰造(金泰造)、錦野旦  朝鮮松坂慶子 韓国(http://bokumetu.o.oo7.jp/Zainiti_List.html

000030

 1 篠 ひろ子(しの ひろこ、1948年3月8日 - ):日本の女優。本名:西山 博子(にしやま ひろこ )、旧姓沼澤(ぬまさわ)。宮城県仙台市出身。東北学院大学法学部中退。血液型O型。所属事務所は芸映プロダクションであった。

夏目 雅子(なつめ まさこ、1957年12月17日 - 1985年9月11日):日本の女優である。本名、西山 雅子(にしやま まさこ)。旧姓、小達(おだて)。其田事務所などに所属していた。

伊集院 静(いじゅういん しずか、1950年2月9日 - )は、作家としてのペンネームである。作詞家としての筆名は伊達 歩(だて あゆみ)。本名(戸籍名・日本名)は、西山 忠来(にしやま ただき)。日本に帰化前の氏名(旧名・出生名・韓国名)は、チョ・チュンレ(朝鮮語: 조 충래、漢字表記: 趙 忠來)。男性
山口県防府市出身の在日韓国人2世。出生当時は「趙 忠來」(チョ・チュンレ、ハングル表記では조충래)。

山口県立防府高等学校を経て、立教大学文学部日本文学科を卒業した。当初、立教大学ではなく美術大学に進学するつもりでいたが、当時義兄の高橋明が読売ジャイアンツの野球選手だった影響で高校の夏休みを利用して東京に行った折、長嶋茂雄本人から「野球をするのなら立教に行きなさい」と言われた。その長嶋の一言で立教大学に進学を決めた。野球部の寮に文学全集を持ち込んで入寮したため、変わった新入部員として注目の的になった。肘を壊したため野球部は途中で退部した。

1981年、『小説現代』に『皐月』を発表し作家デビュー。代表作に『機関車先生』山口県防府市を舞台とした自伝性の強い『海峡』三部作などがある。
1984年8月27日にカネボウ化粧品「クッキーフェイス」CMキャンペーンガール女優の夏目雅子と7年の交際の後再
婚。1985年9月11日、夏目は27歳の若さで急性骨髄性白血病で死去。

1987年、近藤真彦に提供した『愚か者』で、第29回日本レコード大賞を受賞。その他『ギンギラギンにさりげなく』などのヒット曲がある。伊達歩(だて あゆみ)の名で作詞家としても活躍。
1992年7月15日、『受け月』で直木賞を受賞する。
同1992年8月7日に現在の妻で女優の篠ひろ子と再々婚した

  Wikipediaを見ていたら、衝撃的な事実が書いてあった。
「最初の妻(と2人姉妹、次女娘西山繭子女優・作家)がいた。離婚した妻は保険外交員となって2人の子どもを育てた。西山繭子は見た目は清楚で大人しいイメージだが、素顔は「闘志を内に秘めたタイプ」と共演した人との評。

 
Thその頃から、夏目雅子とは長い不倫関係だった。夏目は伊集院との間の子を複数回堕胎している。
 広告業界を舞台に夏目雅子との出会いについて、大和和紀によって『天使の果実』で漫画化された(現在は絶版)。夏目雅子をモデルに書かれたエッセイ小説を含め少ない。夏目の没後25年目に『真っ白な壁』と題した彼女の思い出についての手記を執筆している。執筆にいたった経緯として「生きている間は書かないと約束をしていた両親が亡くなって3年経った」と語っている。

●昨日の深読み推薦ベスト5
天敵ナマズ論は、
話のネタに応用がきく。20a
藤本健二 北朝鮮訪問、金正恩より招待: 17
奥底の悲しみ(山口TV)戦後記憶~02:15..
NHK90周年、大塚利兵衛青函連絡船洞爺丸、11.
八千代市長秋葉就一は 有能な参謀をつけろ!:
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link

データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ 

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ 
 

 録音テープ起し
 講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ》 

Kanban2問い合わせ窓口 ←クリック
 事前に電話を頂いたのちに、メールがあると話が進めやすいので、そのようにお願いしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 日本の将来は、シベリア抑留の記憶 これらの上に立つのだ。 | トップページ | 五年前の3月11日、あのとき、あなたはどうしていたか。 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

執筆代行 ゴーストライター」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

自分育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本の将来は、シベリア抑留の記憶 これらの上に立つのだ。 | トップページ | 五年前の3月11日、あのとき、あなたはどうしていたか。 »