« 弱い者に寄り添い、権力と戦う。閑話休題、本日の雑感。 | トップページ | 全国展開には、画像作成のドキュメントスキャナーの威力 »

2016年2月18日 (木)

「かつしかまちナビ」編集員は毎週集まって、原稿の読合わせ。

 多くの人には、葛飾がどこか、わからないかもしれない。先ず東京は知っているだろう。Tokyopp4葛飾区は、東京の東、千葉県と埼玉県の近くだ。そこには、全国規模で知られているのは、柴又帝釈天だ。あとは、東京一大きな水元公園だ。矢切の渡しがあって、船で渡ると国府台合戦の古戦場がある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

07
 「かつしかまちナビ」は、区からの委託で年3回発行しているが、編集員の熱心なことは感心する。青戸に集まって、毎週記事の校正をしている。先輩の取材方法、原稿の書き方、レイアウトの仕方を学んで、新米記者は、自分の記事をどう出すか悩むところである。
 高砂北町会にスポットを当てて、シャッター商店街にならないように、一軒一軒の歴史を聞いて、いつごろが一番ピークだったのか・・・、今後のやり方を考える機会にしたいものだ。

葛飾区地域の人口は
Map明治6年 、  1万6千570人だった。
大正9年 、  2万7千661人(第一回国勢調査)。
昭和元年、 5万5千495人。
昭和20年、20万2千441人(終戦直後)。
昭和45年、47万1千934人。
平成27年、45万2千人前後だ。
 

9 昭和30年頃の高砂駅北口、
 角の交番、隣りのヤマザキ、不動産(花美志)、お茶屋さん(第一勧銀)、薬局「サクラ薬局」はの並びは、現在もそう変化していない。 昭和30年と平成28年の間には、60年近く時代の流れがあるのに、町並みはあまり変化がない。「変化がない」というのは、少々乱暴だが、「比較的変化が少ない」町である。

 その高砂北口、北町会を「かつしかまちナビ」6月号では、東部(高砂・鎌倉・細田)が特集で取り上げる予定である。 私が長年この駅周辺に世話になったお礼に、活性化の一助に応援歌のつもりで書いてみたい。
 シャッター通りが紹介されても、記者は外からみた光景だが、私はこの街に暮らしているから、変遷を見てきたから・・・、
栄枯盛衰というか、一軒ずつ詳細が違う。個に焦点をあて、真実は微細にあり、ということを追及したい。

 葛飾区で高砂は京成電鉄では重要な駅で、社員の施設が多いが、区の中ではジミ。駅前通りが活気がない。

 昭和25年、高砂駅のホームから見た写真がある。2505 現在の駅の位置なのか、判断がつかない。高砂駅は、今社員食堂あたりに駅舎が会った話を聞いているので、そのときの写真か、駅員に聞かないとわからないが。古い話は今の社員ではわからないだろう。

 高砂北町会長に連絡して、古い話が聞ける人に当たる必要がある。高砂北町にも、映画館(まるやま着物)があり、ローラースケート場(高砂保育園前)があったという。そういう、民間の個人に活力が会った時代・・・おもしろい町だった。ところが、コンビニ、スーパーとかが進出してきて、風月堂が吉野家、「サクラ薬局」が焼肉屋、米屋がセブンイレブン(短気で廃業)、向えの酒屋はコンビに、おもちゃやが調剤薬局という具合に、個人の事業を廃業に追い込み、全国に展開するチェーン型の店が軒を並べる。服部書店は、床屋(理髪店)に貸したが、理髪業は個人事業であるから、始めはよかったが、あまり勢いがよくない。

 政府は「総活躍の社会を作る」と言いながら、資力のある企業が個人事業を淘汰していく、その現状に誰が目を配って味方しているのか。このことを解き明かす文章を書いてみたい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ブログランキングに★クリックお願いします★」
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 弱い者に寄り添い、権力と戦う。閑話休題、本日の雑感。 | トップページ | 全国展開には、画像作成のドキュメントスキャナーの威力 »

旅行・地域」カテゴリの記事

東京見聞録」カテゴリの記事

自分育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 弱い者に寄り添い、権力と戦う。閑話休題、本日の雑感。 | トップページ | 全国展開には、画像作成のドキュメントスキャナーの威力 »