« 「コルチャック先生」孤児院、小児科医、児童文学作家、生き方評価AA | トップページ | さんま大先生・・・女の子達のおしゃべりを懐かしく見た »

2015年12月23日 (水)

共和党トランプ、大統領候補、なぜ暴言に人気があるのか?

13455 来年11月の米大統領選にとんでもない男が名乗りを上げている。ドナルド・トランプ(69歳)。
 良識がある批判勢力は問題視しない姿勢を見せているが、大統領選挙までに1年を切った今、共和党内では、抜群の人気だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

000017 弟ブッシュは、どういうものか、人気がない。兄ブッシュの知性のなさが印象が残っているのだろうか。
ISのパリの同時多発テロ、銃乱射など、米国の威信低下をオバマ民主党のせいにして、大衆受けをねらった扇動する発言が盛り上がるのを見越しているのだというが、アメリカの大衆がナニを考えているか・・・不安になる。国際的にも、常識的に見ても、アメリカの行くべき方向ではない方向を目指している・・・とわかっていながら、このトランプさん、発言していると大方の人は思っているらしいが、そのまま、惰性で進んでしまう可能性がある。

●「メキシコ人は、麻薬や犯罪を持ち込み、婦女暴行犯だ」と不法移民を敵視。

●選挙番組で批判した女性司会者には、
「彼女の目は血走っていた。どこであれ血が出ていた」と、月経を示唆する下品きわまりない発言をして物議を醸した。

 ●「米ロがもっと協力すれば、テロを根絶し世界平和を再構築することができると常に感じている。貿易のみならず、あらゆる恩恵が相互の信頼関係からもたらされる」と述べている

 ●リビアを見なさい。イラクを見なさい。イラクに昔はテロリストなどいなかった。フセインならテロリストを即座に殺害していただろう

 ●リビアは大失敗だ。イラクは大失敗だ。シリアもだ。中東中が。そしてこれは皆ヒラリー・クリントンとバラク・オバマが台無しにしたのだ。

●「昨今の対日政策はだらしなさすぎる。その原因はキャロライン・ケネディ駐日大使だ。彼女はアビ(安倍)首相の接待ばかり受けていて、自分がなぜ日本に派遣されているのか、その意味すら分かっていない」

●「アメリカは世界一の影響力を持った国だ。アメリカのおかげで日本が生きていられることを、分からせる必要がある」

●「米国は軍隊を送って韓国を守る態勢だが、得られるものは何もない。これはクレイジーだ」と主張。
「米国は韓国を助けるのに、なぜ韓国は米国を助けない。韓国は十分に豊かな国だが、米国が防衛していることに対し、補償を支払っていない」と訴えた。

  言いたい放題のトランプ氏だが、これが共和党支持者には人気がある。支持層は、白人の貧困層だという。ホワイトプワーだという。知的なレベルの高い民主党層には、知性のない発言には賛成する人は少ない。
 姜 尚中 (カン サンジュン) 先生、
000013 サンデーモーニングでは、皆さんの師みたいな存在で、彼の主張に異議を唱える人は少ない。
『母』姜 尚中カン サンジュン世界に引込まれる

 000012デマゴーグ(ウソも、100回言い続ければ、人は信じる)
1.反知性
2.友/敵(敵と味方を峻別)
3.プロパガンダ(宣伝)
 この三つを、繰り返し、効果的に続ければ、人の心はひきつけられる。これを天才的に使ったのは、ヒットラーである、と説明した。その意味で、トランプ氏のデマゴーグが浸透し始めて、このまま大統領選に滑り込んでしまう可能性が高い。

 アメリカの知性、コレを信じたいのだが、ベトナム戦争の空爆、枯れ葉剤散布、9.11のアフガン侵攻、イラクの大量破壊兵器問題でミソつけたじゃないか。判断の失敗は、WhitePoor層のフラストレーションのせいだけじゃない。
 まず、銃規制ができないアメリカ人が、日本を理想郷のような憲法9条を持たせたのは、逆にいえば、アメリカではできない“平和”国家の実験をしたのかもしれない。

  共和党のブッシュ、トランプ候補など、白人のエゴを見せ付けている。あれでは、世界の尊敬を集められないだろうが、共和党はそういう伝統を持っている。良識的な保守の共和党は、いつも共和党の強硬派に色目をつかっている。前の選挙でも、超保守のアラスカの女性知事ペイリンを副大統領候補にした。
超保守のシンボル サラ・ペイリン:

 白人の黒人へのリンチ殺人や放火といった過激な行動に世間の批判が高まり、35afa5a1ついに政府や警察が取り締まりに乗り出した。この結果、次第に勢力は衰退した。
 しかし、時代の変わり日ごとに頭をもたげてくるのがKKKである。1960年代になり、「公民権法案」の可決を巡り黒人と白人の対立が激しくなると、KKKは再びその勢力を拡大した。
5df27d59 1964年には黒人襲撃など過激なテロを繰り返し始めた。公民権活動家マイケル・シュワーナー、アンドリュー・グッドマン、ジェームズ・チャネイが彼らに殺害された。「全米黒人同盟(NAACP)」のリーダー、バーノン・ダウマーが彼らに殺害された。
 このKKKの伸張と良識派との戦いが、今暫くは続く。
 WhitePoor層の不満を晴らす対象を見つけて、扇動政治家がプロパガンダに使う場合が危険だ。

 ●1977年にIvana Zelnickovaと結婚し、ドナルド・トランプJr、イヴァンカ・トランプ、エリック・トランプをもうけるも、1992年に離婚。翌年に女優マーラ・メープルズと結婚し1人の子供を授かるが、1999年6月8日に離婚。A_2 2005年1月22日に、現在の妻、スロベニア共和国セヴニツァ市出身、24歳年下のファッションモデルのメラニア・クナウスと結婚した。翌年3月20日に長男が誕生。

 ●2009年11月、経済誌フォーブス誌が「アメリカTV界で最も稼いでいる男性」ランキング、2008年6月から2009年6月までの収入が5,000万ドル(日本円で約45億円)で2位にランクイン。
 ランキング上位の男性のほとんどが事業なども手掛けている。トランプはネクタイやウォッカなどの商品に自分の名前を使わせており、講演や著書の印税などの収入もある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link
Kanban2データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ 

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ  

録音テープ起し
 講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ》 
録音起こし依頼側へ  
講演などの録音は、
①講演者から1.5m以内でICレコーダーで録音。
②講演会場の自席でスピーカー通して録音。
 ①と②では、作業担当者には、大きな違いがある。①の場合は、ほとんど資料など必要ない。 ②は、聞き違いが生じる

●自分史の口述をお考えになっている方にお勧めします。 お話相手になりながら、採録します。 

Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。 
*ドロップボックス
へ音声ファイルを入れると、即刻、デスクトップ上に届く。現在1回20GB(音声30時間)受付可。
 即日、専用ドロップボックスを用意します。
 バイク便より確実で早く、料金のご負担もない。
 
(宅急便で、SDカード、CD、DVD送付でもOK。)

執筆代行 ゴーストライター (原稿作成)
 自身の経験・原案を一冊の本/講演スピーチに/
 
 著者からテーマを聞き出し、取材して“言いたいこと”を原稿作成。出版社・印刷所に出せる体裁に。
 大学生の論文データ入力&相談にも乗ります

《→執筆代行詳細へ                                                         


プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック
 事前にメールを頂いたのちに、電話があると話が進めやすいので、そのようにお願いしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

|

« 「コルチャック先生」孤児院、小児科医、児童文学作家、生き方評価AA | トップページ | さんま大先生・・・女の子達のおしゃべりを懐かしく見た »

アメリカ」カテゴリの記事

国家戦略」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「コルチャック先生」孤児院、小児科医、児童文学作家、生き方評価AA | トップページ | さんま大先生・・・女の子達のおしゃべりを懐かしく見た »