« 満州ソ連国境地帯 入植者の犠牲を 国は責任取らないでいいのか | トップページ | 末期がんの僧侶で医師(田中雅博)の悟り方、もがき方、死の迎え方 »

2015年12月 5日 (土)

原作豊田正子「かあちゃん」(父伊藤雄之助、母望月優子、娘二木てるみ)

 豊田正子の生活綴り方の映画化。
Ws000055 昭和24年、東京の下町の貧乏長屋は、田舎の農村と違って生活手段が限定されているから生活が大変だ。娘二木てるみの家は、店賃(家賃)を一年半もためて、結局夜逃げをしてしまう。
 二木 てるみ(にき てるみ、
1949年5月11日 - 66歳)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 この生活の苦しさを実際に体験するとなると、厳しいくて…この映画を見ていると、息苦しさを感じる。イヤダ、イヤダ・・・戦後こんな生活はと日本人はがんばってきたのだ。たぶん朝鮮戦争前の日本は、一番どん底かもしれない。「キューポラのある町」、赤羽の町工場も、やはり、食うに食えない人がいっぱい町にいた。

  土管が転がる京成曳舟の川っぺりに、今にも倒れそうなブリキ屋とコウモリ修繕屋、それと雑巾屋が並んでいる。原作者のブリキ屋一家(気が小さく正直なとうちゃん=伊藤雄之助と肝っ玉かあちゃん=望月優子。娘=二木てるみ)。Ws000060 隣が雑巾をミシンで縫う信欣三、娘が盛り場のキャバレー勤め、Img7b31550ezik6zj
 娘の彼氏が突然現れ、丹波哲郎がぺらぺらと流暢な英語をまくしたてて場末の汚い家を覗いて軽蔑そうな表情を見せる。のちに、彼女は自殺未遂をする。
反対側の隣はコウリの修繕で生計を立てるおじさんと病身の妻と坊や。家族をとりまく人々の極貧ともいえる生活なのに
一家の顔は決して暗くは無い。貧乏でも人情と心意気のある人たちが、助けあって暮らしている昭和の下町。昭和20年代か、戦争が終わったあとの様子が描写されている。しかし、豊田正子が小学生時代だったら、昭和の一桁のはずだが、戦後の時代になっていた。

  乱暴な言葉使いのとうちゃん(伊藤雄之助)に尽くし、かあちゃん(望月優子)は、Ws000059 隣に住む病身の奥さんを親身に面倒みる、あったかい派母だが、お金のないのにはどうしょうもなかった。望月優子と伊藤雄之助の夫婦は、お金がいつも、お金がないことがすべての中心だ。屋根の上でトタン板を取り付けをしても、親方などにピンハネが当たり前になっている。

 確か、夜逃げ、倒産・破産という現象は、昭和20年代には時々見かけた。昭和30年代でも、亀有駅前通りでも一回見た。家の家財や目星ものを格安で売るからすぐにわかる。流行っていたように見えた店が翌日誰もいないっていうこともあった。
 

豊田 正子(とよだ まさこ、1922年11月13日 - 2010年12月9日)は、日本の随筆家。
「綴り方」天才少女豊田正子の作文とその後
伊藤雄之助(1919年8月3日-1980年3月11日)歌舞伎俳優の初代澤村宗之助の次男。母は帝国劇場専属女優の鈴木徳子。妻は新東宝の女優桐丘峯子。子に俳優伊藤高と歌手伊藤照子。付き人:大地康雄。
望月 優子(本名:鈴木 美枝子、1917年1月28日-1977年12月1日)は、日本の女優、政治家。元日本社会党参議院議員。神奈川県横浜市出身。妹は元女優の中村雅子、結婚した俳優加藤嘉は義弟。

 1949年(昭和24年)の年末。東京・下町の長屋に住むブリキ屋由五郎は、稼ぎも借金もままならず、娘が見ている前で、電気代滞納しているから、東京電力会社が電線を切ってしまう。今はこうはしないだろうが、電気代も払えない。真っ暗な家でロウソクをともす。 

 どうやって正月を迎えようか悩んでいた。
 妻お雪は一計を案じ、娘正子に「父親が怪我をして正月を迎える金もなく困っている」という手紙を書かせ、得意先の家に持って行かせ、何とか借金をして無事に年を越すことが出来た。

 しかし、正子が作った「かあちゃん」お雪の顔をモデルにした粘土のお面は学校で賞を貰った。正子が大事に神棚に飾っているお面を由五郎は「気味が悪い。こんな縁起の悪いお面があるから我が家は貧乏なんだ」と正子をなじる。
 正子は駄菓子屋の2階に下宿している担任の木村先生に泣く泣くお面を預けてしまう。声が美しく若くて溌剌とした木村先生(木村芳子=北沢典子)は、正子の憧れの大人だった。

 正月を過ぎる、由五郎は疲れて家に帰っても晩酌の酒もないと分かると不機嫌になり、夫婦喧嘩になる。由五郎と喧嘩したお雪は、家を飛び出す騒動の末、…。
 どんなに働いても人の好さから、つい他人に騙されて稼ぎを巻き上げられ、家賃もろくに払えない。由五郎は、とうとう夜逃げをする覚悟を決める。

  自分たちと同じように夜逃げの荷物をリヤカーに乗せて夜の闇の中に消えていく家族を見つめる。途中の神社で、ニコヨン(失業対策事業の日給240円)の仕事は、ブリキ職人のプライドが許さないと渋っていたが、やるぞ、と決心して夜逃げのリヤカーを引く。
 自転車で巡回しているおまわりさんと出会って、ドキドキの夫婦、後ろに乗せている弟に「風邪ひかすなよ」と去っていく。ほっとする夫婦。巡査は口笛を吹吹いていた。その曲が正子の耳に、ふと木村先生が大好きだった『ラ・マルセイエーズ』だ。

  長い橋を渡っていくが、アレは荒川だろか。「どこからどこへいく」というと、「曳舟から四木」と言っていたかな。両方とも葛飾区だ。荒川の橋をわたるブリキ職人一家、その後ろ姿で「おわり」だ。こんな息苦しい昭和二十四年・・・だったのだ。
 原作者豊田正子の人生も、数年前88歳で亡くなったが、華の時代が短くて、夫となる人にも裏切られ・・・。作文も先生の名前で出版されて、正子のところには何も入ってこなかったらしい。

●昨日の深読みベスト5

なぜオウムに魅入られたか・・・オウム20年目01: 24u
ファミリーヒストリー又吉直樹 ハワイ帰り祖父の英語:17
黒柳徹子「窓ぎわのトットちゃん」800万部:17u
婚活中、彼の誕生日、遠出ドライブ、どうしたら?: 16u
堀江貴文 仮釈放 記者会見 ノーカット版 :14u
ファミリーヒストリー 武田鉄矢の母 波乱の半生が馬力:14u
ロシアのドーピング違反、ロシア度し難い支配欲か:12
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link
 

 

Kanban2データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ 

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ  

  録音テープ起し
 講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ》 
録音起こし依頼側へ  
講演などの録音は、
①講演者から1.5m以内でICレコーダーで録音。
②講演会場の自席でスピーカー通して録音。
 ①と②では、作業担当者には、大きな違いがある。①の場合は、ほとんど資料など必要ない。 ②は、聞き違いが生じる

●自分史の口述をお考えになっている方にお勧めします。 お話相手になりながら、採録します。
 

Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。 
*ドロップボックス
へ音声ファイルを入れると、即刻、デスクトップ上に届く。現在1回20GB(音声30時間)受付可。
 即日、専用ドロップボックスを用意します。
 バイク便より確実で早く、料金のご負担もない。
 
(宅急便で、SDカード、CD、DVD送付でもOK。)

執筆代行 ゴーストライター (原稿作成)
 自身の経験・原案を一冊の本/講演スピーチに/
 
 著者からテーマを聞き出し、取材して“言いたいこと”を原稿作成。出版社・印刷所に出せる体裁に。
 大学生の論文データ入力&相談にも乗ります

《→執筆代行詳細へ                                                         


プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック
 事前にメールを頂いたのちに、電話があると話が進めやすいので、そのようにお願いしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 満州ソ連国境地帯 入植者の犠牲を 国は責任取らないでいいのか | トップページ | 末期がんの僧侶で医師(田中雅博)の悟り方、もがき方、死の迎え方 »

故郷郷愁」カテゴリの記事

日本の姿、文化」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

自分育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 満州ソ連国境地帯 入植者の犠牲を 国は責任取らないでいいのか | トップページ | 末期がんの僧侶で医師(田中雅博)の悟り方、もがき方、死の迎え方 »