« 欲望という名の電車 名家育ちブランチの心の崩壊を描く評価A | トップページ | 簡単な“モヤシとタマゴ炒め”財布に優しい美味しい料理 »

2015年11月 5日 (木)

TVタックル アフガン少女ラップ 「売り物の花嫁」(Brides for Sale)という現実

 ビートたけしTVタックルで紹介した現実、 「売り物の花嫁」(アフガニスタン)が重かった。000058 この一家は、アフガニスタンの戦乱からイランへ難民として逃げて来ていた。 ところが、12歳の少女は、兄が結婚するからその資金作りのために売られようとした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ソニタ・アリザデ(アフガニスタン人のラッパー)は「売り物の花嫁(原題:Brides for Sale)」という歌を書くことによって、14歳という年齢で強制的に結婚させられることから辛うじて逃れた。

「売り物の花嫁」★
★I hope that God will keep your smilles
And my smile,I will exchang with your  pain.
神があなたの微笑と私の微笑を保持することを、あなたの苦痛を替えることを私は望む。

  このビデオではソニタはウェディングドレスを着て、額にバーコードをつけて。顔にはあざがある。家族にどうか“私”を売り飛ばさないでと懇願している。歌っている今は18歳で長い黒髪、華奢な体つきをしているが、もし両親の計画どおりになっていたら、今頃ソニタは結婚していたことだろう。
 「今では何人かの子を持つ母親だったかも、という現実を時々考えるの。好きな考えではないけど」

 ソニタはイランの首都テヘランで育った。彼女が8歳のときに、戦争のために両親はアフガニスタンから逃げてきた。幼いとき、ソニタは不法入国のアフガニスタンの子どもに教育する非営利団体を見つけた。そこで、空手や写真、ギターを学んだ。そして歌、ラップを始めた。
 ソニタの音楽の才能はすぐに認められ、イラン人のディレクターに出会い、そのディレクターがソニタの音楽スタイルを磨き上げる助けとなった。またミュージックビデオも作製し、そのビデオはいくつかの賞を獲得した。14歳までは、全てが完璧だった。
 それが、ある日、ママが言ったの。『お前は私と一緒にアフガニスタンに帰るのよ。お前と結婚したがっている男性がいるの。お前の兄さんが婚約して、その結婚資金のためにお前がもらう結婚持参金が必要なのよ』
 ソニタは打ちのめされた。
 だから「売り物の花嫁」という歌を書いた。この歌はこう始まる。
 「こそこそ声で話させて。売られる女の子について話してるって誰にも気づかれないように。誰にも聞かれてはいけない。シャリーア(イスラムの規範)に背くことだから。女性は沈黙しなければならない……これが伝統なの」

 そのとき、「売り物の花嫁(原題:Brides for Sale)」という歌を書くことによって、14歳という年齢で強制的に結婚させられることから辛うじて逃れた。だから「売り物の花嫁」という歌を書いた。

  この歌はこう始まる。
 「こそこそ声で話させて。売られる女の子について話してるって誰にも気づかれないように。誰にも聞かれてはいけない。シャリーアに背くことだから。女性は沈黙しなければならない……これが伝統なの」

●シャリーア:イスラム教徒が守るべき儀礼的日常的生活規範。語義は水場に至る道である。転じて、現世・来世にて幸を得るための人の行うべき規範の意。
 どこの国にも、女性が家の嫁として居つくことで、種族が永続し栄えるのだと考えがある。
 今のように女性まで働かせ、“一億総活躍”と言い出すと女性の不幸が始まる・・・。人手不足は高齢者を活用しよう。せっかく平均年齢が上がり、長寿命になったからには、ムダに生かしておくのは年金がムダ。短時間で高齢者向けの使い方がある。
 イスラムの教えを保守的な社会がゆがめている面もあるが、間違ってはいないだろう。少女を持参金目当てで結婚を押し付けるのは、問題ではあるが、いい男で裕福の家庭に嫁げば幸せになるだろう。
 

 ソニタ・アリザデ(アフガニスタン人のラッパー)は、この歌をヒットしたことで、アメリカへ渡った。
 最近彼女はカリフォルニアのウエスト・オークランドを訪れた。イランやアフガニスタンのように、アメリカでも貧困地域があり、ホームレスの人々がいることに驚いた。 写真クレジット:シュカ・カランタリ PRIの許可を得て掲載 アメリカでの初めてのコンサートのために、ソニタ・アリザデが町に来たときに、彼女に会った。散歩をしていると、彼女は突然立ち止まり、2人の子どもと遊ぶ男性を凝視した。
 

インタビュー13分(高校生でも理解しやすい英語)
Meet Afghanistan's youngest female rapper, Sonita Alizadeh ★
★ 英語をモノにしようと思う10代の中学生・高校生には、ちょどいい英語だ。 内容は簡単だから、英文を繰り返し聞いて、書き取りすれば、内容を覚えられる。ウソだと思ったら、実行してみることだ。

 彼女は全額奨学金を得て、(アメリカユタ州)ユタにあるアートアカデミー(ウアサッチアカデミ)に通うことになった。それが、ここサンフランシスコベイエリアでのコンサートにつながったのだ。だがコンサートの前に、ソニタはリハーサルが必要だった。一緒に車に乗り込み、近くのウエスト・オークランドへ行った。 Sonita800x471この地域にあるリハーサルスタジオは、壁が落書きで覆われていた。道の両側にはホームレスの人々が列をなす。ソニタは衝撃を受けた。その光景で彼女の故郷を思い出したからだ。

「みんなが貧乏で、家は荒れ果てている。そんな場所で育ったわ。夜は外に出ることができなかった。だってすごく危険だったから。アメリカにも夜に一人で出歩けない場所があるっていうの? だとしたら、いったいどこに避難場所を見つけられるっていうの?」と彼女は言った。

 コンサートのすぐ後、
 ソニタはFarkhondehという名前の女性についての記事を読ん
Oakland800x450だ。Farkhondehは、伝えられるところによると、アフガニスタンにおいて、コーランを焼いたために、石を投げられ棒でたたかれ死亡した。ソニタは悲しみに打ちひしがれた。だからソニタは彼女が知っている最善のことをした。この事件について歌を書いたのだ。
「ラップでならば、みんなが自分の事を伝えられるの。ラップは私の心の叫びを分かち合う手段なのよ。」
 
Sonita wrote poetry (no education allowed for women) and then rapped after her family fled the Taliban in Afghanistan, and went to Iran.  It is illegal for women to sing without government permission in Iran.  Her family was going to sell her to a much older groom, (common, and for much money to the famil -, girls as young as 12, 13, etc, although 16 is legal there, to men as old as in their 70s).  She did this song and video in secret while in Iran with the help of others who acted against Iran.  She thought she was going to be married off, hence

 コメントを寄せて頂いたダンカンマット(Matthew Duncan)さんが紹000015介してくれたアドレスhttp://mugen.chaospirals.com/みると、そこには、日本女性による琴と尺八のコラボ演奏があった。
 日本的な魅力的があふれている。日本のよさを再発見できる。この動きのある尺八、琴の演奏が、アレ、外国人向きだな。日本では、琴演奏といえば、正月の・・・定番が多すぎた。こうして、いつ聞いてもいい、それに目覚めないといけない。000010
昨日深読みベスト5
東京大空襲と浮浪児、語りたくない過去 その1:
キルギスの略奪結婚、写真集で女性人権支援:
吹石一恵 どんな人?おちゃめな、気のいい女:
ファミリーヒストリー モト冬樹の父は産婦人科医(巣鴨で)
菅原文太の妻「落花は枝に還らず」小さな種を
スポーツと暴力 見ていた弟の報告 竹田高剣道部:
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link

Kanban2データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ 

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ
 

 録音テープ起し
 講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ》 
録音起こし依頼側へ  
講演などの録音は、
①講演者から1.5m以内でICレコーダーで録音。
②講演会場の自席でスピーカー通して録音。
 ①と②では、作業担当者には、大きな違いがある。①の場合は、ほとんど資料など必要ない。 ②は、聞き違いが生じる

●自分史の口述をお考えになっている方にお勧めします。 お話相手になりながら、採録します。
 

Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。 
*ドロップボックスへ音声ファイルを入れると、即刻、デスクトップ上に届く。現在1回20GB(音声30時間)受付可。
 即日、専用ドロップボックスを用意します。
 バイク便より確実で早く、料金のご負担もない。
 (宅急便で、SDカード、CD、DVD送付でもOK。)
執筆代行 ゴーストライター (原稿作成)
 自身の経験・原案を一冊の本/講演スピーチに/
 
 著者からテーマを聞き出し、取材して“言いたいこと”を原稿作成。出版社・印刷所に出せる体裁に。《→執筆代行詳細へ                                                         

プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック
 事前にメールを頂いたのちに、電話があると話が進めやすいので、そのようにお願いしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 欲望という名の電車 名家育ちブランチの心の崩壊を描く評価A | トップページ | 簡単な“モヤシとタマゴ炒め”財布に優しい美味しい料理 »

アジア問題」カテゴリの記事

アメリカ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

結婚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 欲望という名の電車 名家育ちブランチの心の崩壊を描く評価A | トップページ | 簡単な“モヤシとタマゴ炒め”財布に優しい美味しい料理 »