« nozawa22 深読みベスト7 小甲斐 syoukai 紹介 | トップページ | プロ漫画家になる最短コース、Web“オモコロ”にデビューだ »

2015年11月 9日 (月)

朝ドラ、面白くなってきた。アサ、事業家へ、炭鉱へ乗り込み、対決、

 加野屋の代表としてアサが九州の炭鉱(飯塚)へ乗り込んで、荒くれの炭鉱夫の親方たちと向き合う場面である。000010 明治時代、男尊女卑の九州、アサの無鉄砲、(懐にピストルを持っているから、無鉄砲ではないが)には、付き添い男衆が怖気づいている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
広岡 浅子(廣岡淺子ひろおか あさこ。1849年10月18日(嘉永2年9月3日) - 1919年(大正8年)1月14日):日本の実業家、教育者、社会運動家。明治を代表する女性実業家で、豪気・英明な天性から「女傑」と称えられた。

 1871(明治四)年の廃藩置県により、加島屋一軒で、およそ九百万両(幕末のレートでは、9000億円)といわれた大名貸しの債権の大半が帳消しになった。さらには諸藩から運用のために預かっていた
公金は各大名家への返済義務が課された。徳川幕府から明治政府に代わると、こういう冷酷さがある。
 浅子が加島屋の経営に参画した時、まず取り組まねばならなかったのは、貸付金の回収だけでなく、加島屋が抱え借金の返済延期の要請や、大名家からの融資依頼の断りなどだった。
Photo 
 加賀屋の若奥さん、アサが炭鉱の飯場へ乗り込んだシーン。
親方:寝とるもんも起きて、挨拶せんか!大阪から加野屋の若奥さんが見えたところやんか。
アサ:はじめてお目にかかります。親分さん。
00007  石炭の商いをやると心に決めてから、ずいぶんとこの炭鉱に来るのを楽しみにしておりました。来てみたら、ダーレも働いておらへん。なんでです?なんで、お仕事しておらしまヘンのですか?
親方:ヤマの持ち主が変わったとワシらに何の挨拶もせんで、この先、どげんことになるか見当もつかんたい。
000003_2
アサ:それやったら、心配あらしません。これからは、この加野屋が炭鉱夫の皆さんにお手当て払って、今まで通り、いや、それ以上に手厚うさせてもらいますよって、どうぞ、ヨロシュウお願いいたします。
 そなら、早ヨウ、仕事始めておくんなはれ。休んだら、あなた方や、ウチの店が損するだけやありません。石炭使こうて発展しようとしているお国の損失にもなってしまウンだす。

炭鉱夫1:ウマイコツ言いよるが、しょせんあんたたち加野屋がカネほしいだけやないか。000005
炭鉱夫2:そうだ、オナゴに話す気はなか!
炭鉱夫3:オー、帰れ!

アサ:なんでドス?なんで、オナゴと話せへんのどす?
 炭鉱については、私が一切加野屋の主から任されてます。
 炭鉱やりたいと言い出したのは、ウチだすさかい。
親方:オナゴに一切任せるなんちゅうのは、ハハハ、加野屋の旦那連中は、オナゴ任せの腰抜け。
(当時、炭鉱で働く男たちは、キビシい仕事引き受け、命がけでした。九州男児であることに強い誇りを持っていた)
(場面変わって、外へ出て、アサは、長距離歩いて足にマメを治療。そこへ親方と港からアサたちを案内して現場責任者が出てきた)
000003
アサ:この炭鉱夫さんたちに掘ってもらわな、どうもならへん。
 親分さん、明日は掘ってくれますか?よろしゅうお頼み申します。
親方:ワシらみんな、ヤマの男タイ、ヤマの男は、スジの通らないことは何があってもせん。
アサ:それは、明日も掘らへんコト言うのですか?私はスジ通して、このヤマ買うています。
 それをウチがオナゴやとか、ケッタイな屁理屈つけて、堂々となまけはるのは止めてもらいとうオマす。
親方:へ理屈なんでえん。現に穴に入って掘るとは、オレたち鉱夫って、こんヤマの持ち主なることは、炭鉱夫たちに“実のあるところ”を見せてもらわなならん。
アサ:実のあるところ?(そうたい)
親方:今からオレが炭鉱夫たち集めちゃる。
(アサは炭鉱の男たちに認めてもらえるのででしょうか) 

 1884年(明治17年)ごろから炭鉱事業に参画し、筑豊の潤野炭鉱(福岡県飯塚市、後の製鐵所二瀬炭鉱)を買収、開発に着手。その際、単身炭鉱に乗り込み、護身用のピストルを懐に坑夫らと起き伏した。男もためらうような事業に敢えて乗り出し、狂気扱いされたという。

 炭鉱業への新規参入の史実について、
 炭鉱業への参入は、広岡浅子を実業家として、一躍有名にしたが、浅子はなぜ炭鉱ビジネスに進出したか。
000001

 後年、浅子は日本女子大の校誌」『家庭』で語っている。「まだ石炭の値打を知らぬ時でありましたが、これからの日本には米よりも必要なものであるのは石炭であると思って(略)江戸時代に加島屋のビジネスの中核であったコメよりも有望だと思った。
 
 浅子が石炭の重要性、その商売としての将来性を認識するきっかけとなった、二人の人物がいた。帆足義方
吉田千足である。
 1869(明治二)年「鉱山開放令」、1872(明治六)年「日本坑法」が施行され、石炭採掘が、藩専業から地元村民の許可があれば、民間で事業ができるという制度に変った。

 西南戦争が1877(明治10)年終結し、平穏が訪れると、一攫千金を夢見て「山師やまし」が様々な手段を使って資金や人材を集め、炭鉱を開いた。まさに炭鉱乱立状態、筑豊だけで、およそ八百、いち早く頭角を現した炭鉱主の一人、それが帆足義方だった。000004(今野孝「明治初期の旧嘉麻・穂波両郡にみる石炭鉱業と借区  明治一六年の『鉱山借区一覧表』」1986年、九大石炭研究資料センター)。 

 帆足義方は元々軍人で、西南戦争で九州を訪れた時に炭鉱業の将来性を見越して軍を退職、そのまま筑豊で炭鉱業を興した人物である。その規模は地場の炭鉱主として著名な貝島太助、麻生太吉(麻生太郎の曽祖父)らをも凌ぐ規模だった(祖父江陽一『鉱業家・帆足義方 石炭から金山へ筑豊を駆け抜けた男の全貌』)。 

 その後、炭鉱事業が大きくなるに従い、より大きな資本が必要となった。中央資本の進出が加速、大資本である三菱や三井が相次いで筑豊に進出。その時代の流れの中で、地場炭鉱主が対抗するために、帆足義方と浅子との接点が生まれた。 

 しかし、加島屋の立て直しに奔走する浅子と、筑豊にいる帆足とが直接出会う機会はなかった。浅子と帆足義方を繋いだのが吉田千足(ちたる)である。 
 吉田千足は1846(弘化三)年、埼玉県熊谷市出身、維新後司法省に官僚として勤務し、1874(明治七)年に福岡若松県に転勤、一説に
吉田千足は、帆足義方の弟斯波義兼の女婿になった(『山本達雄』山本達雄先生伝記編纂会、1951(昭和二六)年)。

 その後、その吉田千足が、大阪取引所の第二代頭取として大阪財界に登場。同取引所の肝煎(取締役)に浅子の夫信五郎が就任した。大阪株式取引所は、(アサにピストルを渡した)五代友厚が設立した証券取引機関である。その設立発起人には、加島屋もそのメンバーにいたから、炭鉱ビジネス進出のきっかけを掴んだ。筑豊と大阪財界双方の人脈を持つ吉田千足の手によって、帆足義方と加島屋が連携することとなった。

D427928ac6bd418ab7c4d8fd2d95af8d 浅子の炭鉱ビジネスは、帆足の所有する炭鉱で産出された石炭を、独占的に(
広炭商店が)販売していくスタートになる。

 1881(明治一四)年から、松方財政により日本国内がデフレ不況になり、ついに1885(明治一八)年末ごろから石炭の価格が暴落してしまう。

 アサの事業は一時、頓挫して・・・、きょうは、ここまでにする。もっと先を知りたい方には、“加島屋と広岡浅子”をご覧ください。

 1888年(明治21年)に加島銀行を設立。1902年(明治35年)に大同生命創業に参画、近代的な金融業として、大阪の有力財閥となる。鈴木米(鈴木商店)、峰島喜代子(尾張屋銀行)らとともに、明治の代表的な女性実業家として名を馳せる。
●昨日の深読みベスト7
ファミリーヒストリー 藤原紀香 祖父 満州渡航: 20.

愛染かつら 田中絹代、上原謙 評価A: 17
杏さん裸足でミヤンマー“バガン遺跡の仏塔”: 17
ファミリーヒストリー坂上忍親父 太宰治に影響され:13
攻撃レーダー照射事件 始末どう付けるか:11
緒方貞子「満州事変―政策の形成過程」: 10
豊田俊郎市長は市長職私物化!: 10.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link
 

Kanban2データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ 

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ 
 

 録音テープ起し
 講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ》 
録音起こし依頼側へ  
講演などの録音は、
①講演者から1.5m以内でICレコーダーで録音。
②講演会場の自席でスピーカー通して録音。
 ①と②では、作業担当者には、大きな違いがある。①の場合は、ほとんど資料など必要ない。 ②は、聞き違いが生じる

●自分史の口述をお考えになっている方にお勧めします。 お話相手になりながら、採録します。
 

Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。 
*ドロップボックス
へ音声ファイルを入れると、即刻、デスクトップ上に届く。現在1回20GB(音声30時間)受付可。
 即日、専用ドロップボックスを用意します。
 バイク便より確実で早く、料金のご負担もない。
 
(宅急便で、SDカード、CD、DVD送付でもOK。)

執筆代行 ゴーストライター (原稿作成)
 自身の経験・原案を一冊の本/講演スピーチに/
 
 著者からテーマを聞き出し、取材して“言いたいこと”を原稿作成。出版社・印刷所に出せる体裁に。《→執筆代行詳細へ                                                         

プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック
 事前にメールを頂いたのちに、電話があると話が進めやすいので、そのようにお願いしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« nozawa22 深読みベスト7 小甲斐 syoukai 紹介 | トップページ | プロ漫画家になる最短コース、Web“オモコロ”にデビューだ »

生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« nozawa22 深読みベスト7 小甲斐 syoukai 紹介 | トップページ | プロ漫画家になる最短コース、Web“オモコロ”にデビューだ »