« マイナンバーで縛り付けても、自由に世界飛びまわる時代だ | トップページ | 東住吉放火殺人再審 冤罪の自供を導き出す警察の熟練、その方法。 »

2015年10月22日 (木)

安倍晋三=東條英機とは言わないが、独裁に「三奸四愚」がつき物

Ar “安倍晋三=東條英とは言わないが、一人の強いリーダーが生まれると、必ず媚びる部下が集まるものだ。内閣改造されると、リーダーの視線を気にして、靖国神社へ参拝し、「国のために犠牲になった英霊に敬意を払って何が悪い!」と、胸を張る議員がいたりする。女性大臣が、これをやると、手がつけられない。日本の将来とか、国際的な見地から冷静な判断という配慮を無視し、自分の意見を開陳するのを優先している議員がいる。女性の活躍をと大臣に選ばれても、知恵が欠ける行動をする議員がいるものだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Jg_2 ちょうど1943年(昭和18年)10月21日は、東條英機が神宮球場で学徒動員の壮行会を行い、最後に「天皇陛下、バンザーイ!」と、叫んだ日だ。

 文系大学生から徴兵猶予を取り消して、悪化する前線に出征させた。
 太平洋戦争へ突き進んでいったアノ時期、東條英機一人で全てができるはずがない。それを支えた側近がいる。その側近には、当時から、現在に至るまで、世間の目には相当目障りな人達がいた。いわゆる「三奸四愚(さんかんしぐ)」と陰口される人物がいた。おまけに、三大汚物といわれる佞奸もいた。

 三奸=①鈴木貞一、②加藤 泊治郎、③四方諒二
 四愚=④木村 兵太郎、⑤佐藤賢了、⑥真田穣一郎、⑦赤松貞雄
 三大汚物と呼ばれる三名もいる。
 =⑧杉山元、⑨牟田口 廉也、⑩冨永恭次

 アベソウリにも、「法的安定性は関係ない」と言った総理補佐官がいたっけ。靖国神社に出かけるだけで目立つ女性閣僚も、頂けない。それを見るにつけ、東條総理の「三奸四愚」+三大汚物って、どんな人達だったか、70年前の歴史を振り返ってみたい。高校生も、歴史好きはいるが、近現代史は勉強しないから、すぐ中国、韓国の教え込まれる知識に負けてしまう。

 まず、三奸=①鈴木貞一、②加藤 泊治郎、③四方諒二

Hi
①鈴木貞一 「背広を着た軍人」情報戦略の達人で、主として陸軍を代表する形で国政に関った。対米英強硬論者。野心家であり、自分から東條に接近している。A級戦犯。釈放後は自民党の黒幕の一人となっており、頭の切れる男だったのは確か。開戦直前 方針決まらない日本Ⅲ:

②加藤 泊治郎(かとう はくじろう、1887年(明治20年)6月8日 - 1951年(昭和26年)2月19日):日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。旧姓、三隅。憲兵畑のエリ-ト。東條は憲兵や特高の力で、反対勢力を押さえ込んでおり、史実上の実績は無いが、懐刀として相当強権を持っていたはず。戦後ソ連の捕虜となり、病死。

③四方諒二 (しかた りょうじ、明治29年(1896年)4月28日 - 昭和52年(1977年)12月13日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍少将。憲兵のエリ-ト。無事に終戦を迎える。
 四方は、密に東條倒閣運動に加わっていた軍需次官の岸信介
Is16mhv76k
を訪れ、軍刀を立てながら「東條総理大臣が右向け右、左向け左と言えば、閣僚はそれに従うべきではないか! それを総理の意見に反対するとは何事か!」と一喝した。
 しかし、岸は怯まず「黙れ兵隊!お前のようなことを言う者がいるから、東條さんはこの頃評判が悪いのだ。日本において“右向け右、左向け左”と言えるのは天皇陛下だけではないか。それを東條さん本人が言うのならともかく、お前たちのようなわけのわからない兵隊が言うとは何事だ、下がれ!」と逆に言い返すと、「覚えておれ」とだけ言って四方は立ち去った、という逸話がある。

四愚

④木村 兵太郎、⑤佐藤賢了、⑥真田穣一郎、⑦赤松貞雄

Aro④木村 兵太郎(明治21年(1888年)9月28日 - 昭和23年(1948年)12月23日):陸軍軍人。太平洋戦争後、A級戦犯とし極東国際軍事裁判にて、絞首刑の判決。最終階級は陸軍大将 「ビルマの屠殺者」。東條の下で陸軍の権力を掌握。ただし、あだ名にしても、死刑にしても「過大評価」と見られている。
 軍指揮官として、ビルマ戦線で部下や民間人を見捨て、自分だけ芸者を連れて逃げ、残された部下達は命令系統もぐちゃぐちゃの状態で、おびただしい戦死者を出した。


Ryo⑤佐藤賢了(1895年(明治28年)6月1日 - 1975年(昭和50年)2月6日):日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。軍官僚。
 国会にて自分の答弁中、立憲政友会の宮脇長吉などより「やめさせろ」「討論ではない」などヤジに「黙れ!」と怒鳴りつけ、以後、議員達は軍を恐れ、発言しなくなったという。
 昭和19年7月、サイパン失陥によって東條内閣が窮地にたつと、東條は内閣改造で挽回を図り、佐藤もその指示により奔走するが、東條は退陣。東條の失脚後は、支那派遣軍総参謀副長となる。A級戦犯。釈放後、実業家。最後まで反米を貫き、ベトナム反戦運動に参加。


Anada

⑥真田穣一郎 (1897年(明治30年)11月21日 - 1957年(昭和32年)8月3日):日本の陸軍軍人。第2総軍参謀副長・陸軍省軍務局長・参謀本部第一部長を歴任し、階級は陸軍少将功四級に至る。軍官僚。
昭和13年8月17日から板垣征四郎陸軍大臣に仕える。昭和20年4月6日第2総軍参謀副長を補され、この職で終戦を迎える。

⑦赤松貞雄(明治33年(1900年)5月21日 - 昭和57年(1982年)8月16日):日本の陸軍軍人。東條英機大将の、陸相秘書官・首相秘書官として知られる。階級は陸軍大佐。小松崎力雄陸軍少将は兄。陸軍大佐小松崎清職の三男として秋田県に生まれ、後に赤松久吾の養子となる。京華中学校、仙台陸軍地方幼年学校(33期)卒業。
 東條の秘書。サイパン陥落の責任問題で東條が失脚した時、ク-デタ-をそそのかしたが、さすがに東條が拒否。無事に終戦を迎える。

 さらに、三大汚物、馬鹿さ加減はヒンシュク
A_02杉山元(1880年(明治13年)1月1日 - 1945年(昭和20年)9月12日):元帥、陸軍大将、陸軍大臣、教育総監、太平洋戦争開戦時の参謀総長。福岡県出身。陸軍士官学校(12期)、陸軍大学校(22期)。陸軍大臣、参謀総長、教育総監の陸軍三長官を全て経験し元帥にまでなった。商社マンに扮してフィリピン・マニラに潜入。諜報活動を行った。日本海軍の練習艦隊がマニラを訪れた際には、海軍少尉になりすまして米海軍の軍港を視察。

Ya
⑨牟田口 廉也(1888年(明治21年)10月7日 - 1966年(昭和41年)8月2日):中将。盧溝橋事件や、大東亜戦争開戦時、マレー作戦や同戦争中のインパール作戦で指揮した。下級将校時代はいわゆる優等生で、18年間は参謀本部・陸軍省勤務で、典型的軍人官僚。
キャリアの失言と愚将牟田口廉也:

⑩冨永恭次(1892年(明治25年)1月2日 - 1960年(昭和35年)1月Ji
14日):日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。、「東條英機の腰巾着」というあだ名を持つ。実戦経験が乏しく、まして航空戦の知識は皆無であり、第4航空軍にとって邪魔になるような行動も多かった。特攻前になると一升瓶をぶら下げて現れては訓示を垂れる。特攻隊出撃前の訓示では「諸君はすでに神である。君らだけを行かせはしない。最後の一戦で本官も特攻する」[3]と言う一方で、機体の故障等で帰還した特攻隊員は容赦なく罵倒して62回にわたって約400機の特攻を命令しパイロット達を全員戦死させた。
 残り少ない戦闘機を駆り出して護衛を命じ、フィリピンのエチャーゲ南飛行場から台湾の台北へと続々と逃亡した。積み荷はウィスキーと芸者たちであったという。

 こういう連中は虎の威を借りて、“安倍晋三=東條英”とは言わないが、日本を愚も付かぬ方向へ引っ張り、あるいは、自分の欲望を遂げる行動をする人材を頂いた過去を反省し、再び「一億総懺悔を」と言い出したりする人物をチェックしておきたい。近現代の歴史を勉強すると、今の政治の欠陥が見えたりする。

  東條の腹心の「三奸四愚」と呼ばれた三奸:鈴木貞一、加藤泊治郎、四方諒二。四愚:木村兵太郎、佐藤賢了、真田穣一郎、赤松貞雄。また、インパール作戦を直訴し、大失敗した牟田口廉也、陸軍大臣の時、仏印進駐の責任問題で左遷し、わずか半年後に人事局長に栄転し、陸軍次官も兼任した富永恭次がいる。富永はフィリピンで特攻指令をだし、自らも特攻すると訓示しながら、「胃潰瘍」の診断書をもって戦闘機の護衛付きで台湾に逃亡。しかし、東條はこれらの部下を処分しなかった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link

Kanban2データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ  

 アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ

 録音テープ起し
 講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ》 
録音起こし依頼側へ  
講演などの録音は、
①講演者から1.5m以内でICレコーダーで録音。
②講演会場の自席でスピーカー通して録音。
 ①と②では、作業担当者には、大きな違いがある。①の場合は、ほとんど資料など必要ない。 ②は、聞き違いが生じる

●自分史の口述をお考えになっている方にお勧めします。 お話相手になりながら、採録します。   

Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。 
*ドロップボックスへ音声ファイルを入れると、即刻、デスクトップ上に届く。現在1回20GB(音声30時間)受付可。
 即日、専用ドロップボックスを用意します。
 バイク便より確実で早く、料金のご負担もない。
 (宅急便で、SDカード、CD、DVD送付でもOK。)
執筆代行 ゴーストライター (原稿作成)
 自身の経験・原案を一冊の本/講演スピーチに/
 
 著者からテーマを聞き出し、取材して“言いたいこと”を原稿作成。出版社・印刷所に出せる体裁に。《→執筆代行詳細へ                                                         

プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック
 事前にメールを頂いたのちに、電話があると話が進めやすいので、そのようにお願いしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« マイナンバーで縛り付けても、自由に世界飛びまわる時代だ | トップページ | 東住吉放火殺人再審 冤罪の自供を導き出す警察の熟練、その方法。 »

国家戦略」カテゴリの記事

戦争」カテゴリの記事

日本近代史」カテゴリの記事

自分育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マイナンバーで縛り付けても、自由に世界飛びまわる時代だ | トップページ | 東住吉放火殺人再審 冤罪の自供を導き出す警察の熟練、その方法。 »