« 福山雅治の妻、吹石一恵 どんな人?おちゃめな、気のいい女 | トップページ | 自分なんかが生きていても値打ちがない 波田さんへ »

2015年10月 1日 (木)

奉行根岸肥前の「耳嚢」は、時代小説のネタ宝庫らしい

赤鬼奉行根岸肥前(時代小説 風野真知雄) 
耳嚢 上中下(岩波文庫)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 日曜日のシニア支援センター「江戸こぼおれ話」で、講師の高田さんから聞いた南町奉行根岸肥前の「耳嚢」を図書館に取り寄せてもらって借りた。(備前だと思って聞いていたら、肥前だった)Photo 「耳嚢みみぶくろ」は、根岸肥前が30数年間、メモ魔のように、書き綴った記録がある。Photo_2 「徒然草」や「方丈記」に似た雰囲気がある。根岸肥前奉行の聞き書きだから正確とはいえない面もあるが、その時代の雰囲気が伝わっている。奉行のせいか、事実として聞き書きをそのまま、提供している。その事実を自分の解釈を加えている吉田兼好とは、明らかに違う。教育者の側面はあまり出ていない。
 小説「赤鬼奉行根岸肥前」は、南町奉行に指名されるのが62歳、隠居する年齢だから、引き受けるべきか、断るべきか、迷っている場面が長々とあって、やっと本題に入る。ストーリーとしては遅い。なにしろ、歳のせいか、特に最近せっかちだから、イライラする。

義賊ネズミ小僧次郎吉、回向院、お上のお目こぼし

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link
   Kanban2
データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ    

 アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ

 録音テープ起し
 講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ》 
録音起こし依頼側へ  
講演などの録音は、
①講演者から1.5m以内でICレコーダーで録音。
②講演会場の自席でスピーカー通して録音。
 ①と②では、作業担当者には、大きな違いがある。①の場合は、ほとんど資料など必要ない。 ②は、聞き違いが生じる

●自分史の口述をお考えになっている方にお勧めします。 お話相手になりながら、採録します。 

Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。 
*ドロップボックスへ音声ファイルを入れると、即刻、デスクトップ上に届く。現在1回20GB(音声30時間)受付可。
 即日、専用ドロップボックスを用意します。
 バイク便より確実で早く、料金のご負担もない。
 (宅急便で、SDカード、CD、DVD送付でもOK。)
執筆代行 ゴーストライター (原稿作成)
 自身の経験・原案を一冊の本/講演スピーチに/
 
 著者からテーマを聞き出し、取材して“言いたいこと”を原稿作成。出版社・印刷所に出せる体裁に。《→執筆代行詳細へ                                                         

プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック
 事前にメールを頂いたのちに、電話があると話が進めやすいので、そのようにお願いしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 福山雅治の妻、吹石一恵 どんな人?おちゃめな、気のいい女 | トップページ | 自分なんかが生きていても値打ちがない 波田さんへ »

日本の姿、文化」カテゴリの記事

日本史」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福山雅治の妻、吹石一恵 どんな人?おちゃめな、気のいい女 | トップページ | 自分なんかが生きていても値打ちがない 波田さんへ »