« 新垣隆の音楽才、辻井伸行の音楽才 ♪符表現に勝るか | トップページ | 関が原の戦い 地元の人々の迷惑 »

2015年10月 7日 (水)

日本人のノーベル賞受賞のラッシュ、医学生理学賞大村智さん

 湯川秀樹昭和25年、日本人のノーベル賞受賞一号の以後、10年は誰も日本人受賞者は出ていなかった時代から、一年に二人、三人もでる2000年以降のラッシュ・・・。アメリカの研究施設ではなく、日本にいて受賞するのは、すばらしい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●医学生理学賞 80歳
 大村智さん受賞 寄生虫感染症の治療法発見
 受賞第一声、16年前に亡くなった妻に知らせたいと泣かせる。
17
●物理学賞 56歳
梶田隆章さん受賞 素粒子ニュートリノの研究

 大村智さんの業績は、アフリカの風土病の治療に役立った。 伊豆半島のゴルフ場近くの土から採取した細菌の作り出す物質が、寄生虫の駆除に効果があることを発見。これが、薬剤「イベルメクチン」の開発につながった。
 この「イベルメクチン」という薬は、年間2億人に使用され、失明する熱帯病オンコセルカ症など、寄生虫を原因とするアフリカの感染症の特効薬となった。

 発見した化合物のうち25種が医薬、動物薬、農薬、生命現象を解明するための研究用試薬として世界中で使われており、人類の健康と福祉の向上に寄与している。加えて100を超える化合物が有機合成化学のターゲットとなり、医学、生物学、化学をはじめ生命科学の広い分野の発展に多大な貢献をしている。

 イベルメクチンは、世界中で年間3億人以上の人々が感染しながら、それまで治療薬のなかった疥癬症や沖縄地方や東南アジアの風土病である糞線虫症の治療薬としても威力を発揮している。
 その他、プロテインキナーゼの特異的阻害剤スタウロスポリン、プロテアソーム阻害剤ラクタシスチン、脂肪酸生合成阻害剤セルレニンなどを発見した。
 また、発見した特異な構造と生物活性を有する化合物は、創薬研究のリード化合物としても注目され、新規抗がん剤など作られている。

 大村先生の業績も素晴らしいが、彼のご自宅を見たか?すばらしく立派な豪邸だ。年収が8億とも言われている。そこいらの教授とは違い、研究成果を特許にして、特許から入るから、山梨の故郷にいくつかの温泉施設を寄贈している。

 000016_2大村先生は、山梨県の生家の農業の手伝いをし、地元の中学、高校、そして山梨大学へと進学。大学を卒業後、都立定時制工業高校の教師となり、物理、化学、体育を教えた。大学時代に体育教師の免許を取っていた。

   大村 智(おおむら さとし、1935年7月12日 - ):
日本の有機化学者。山梨県北巨摩郡神山村生まれ。
 北里大学特別栄誉教授、同大北里生命科学研究所特任教授。学位は、薬学博士(東京大学1968年)、理学博士(東京理科大学1970年)。専門は、有機合成化学、触媒開発研究。女子美術大学名誉理事長/開智学園名誉学園長、韮崎大村美術館長を兼任


 33歳の時に東大薬学部で抗生物質の研究で薬学博士号を取得し、35歳で東京理科大学で理学博士号も取得。そして36歳の時に米国のウエスレーヤン大学に客員教授として招かれ、米国の先端研究者らとの学術交流。渡米2年目に北里研究所の抗生物質研究室の室長として帰国する。
 大村先生の産学連携始まりは、研究費を導入するため米国の大手企業を訪問し、米国メルク社と年間8万ドルの契約を取り付けた。1ドル360円時代だから、破格の年間2880万円の研究費だった。

 大村先生がメルク社に提案したのは、動物で効く薬を開発し、それを人間に応用できないかと考えた。動物薬の開発というところに大村先生の卓抜したアイデアがあった。逆転の発想があった。
 1979年、伊豆半島のゴルフ場の周辺で採取した土壌の微生物が抗寄生虫物質を作成していることを発見。メルク社と共同で研究を進め、馬や牛のお腹の中にいる寄生虫をほぼ百パーセント駆除する物質を薬剤にし、エバーメクチンと名付けた。
 この薬はたった1回投与するだけで完璧な効果を発揮し、1983年以降20年間、世界の動物薬の売上高でトップを走った。犬のフィラリア症が退治できたのもこの薬のおかげである。

 さらにこの薬は、人間の熱帯寄生虫病で、進行すると盲目になるオンコセルカ症に劇的に効くことも発見。アフリカで蔓延する病気を根絶することが見えてきた。この薬の投与によって年間1億3千万人の罹患予防ができるようになった。
 大村先生は、この貢献でメルク社から特許ロイヤリティで約250億円以上を提供され、研究発展と病院建設、研究所運営に投与してきた。これだけ巨額の成果を出して研究に役立てたケースは世界でも極めて珍しい。 250億円を30年間で割ると、年間8億円という金額が算出されて、年収8億円ということになったのだろう。

Photo まだまだ、ほかに特許を持っているし、教授とか学長をやっているから、人の懐に興味がわく。

 国際情報企業「トムソン・ロイター」は、2015年9月24日、ノーベル賞受賞に値する研究者として、
森和俊氏、 坂口志文氏、を含む五カ国18名を発表。
 日本では、
その他、新海征治(九州大学名誉教授)北川 進 (日本の無機化学者)藤嶋 昭   (光電気化学、機能材料化学)春田正毅(分子応用化学域)坂口志文(制御性T細胞の発見)飯島澄男/中沢正隆/十倉好紀/細野秀雄/審良静男/小川誠二/竹市雅俊/水島昇/大隅良典が有望。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151005-00010000-newswitch-sctch
http://matome.naver.jp/odai/2134831991690844601

材料学者細野秀雄教授ノーベル賞候補:  
ノーベル賞田中耕一さんグループの研究注目
ノーベル賞カペッキ氏の貧困生活
発明の巨人 西澤潤一 半導体の先駆 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link
   

Kanban2データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ   

 アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ
 

 録音テープ起し
 講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ》 
録音起こし依頼側へ  
講演などの録音は、
①講演者から1.5m以内でICレコーダーで録音。
②講演会場の自席でスピーカー通して録音。
 ①と②では、作業担当者には、大きな違いがある。①の場合は、ほとんど資料など必要ない。 ②は、聞き違いが生じる

●自分史の口述をお考えになっている方にお勧めします。 お話相手になりながら、採録します。
 

Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。 
*ドロップボックスへ音声ファイルを入れると、即刻、デスクトップ上に届く。現在1回20GB(音声30時間)受付可。
 即日、専用ドロップボックスを用意します。
 バイク便より確実で早く、料金のご負担もない。
 (宅急便で、SDカード、CD、DVD送付でもOK。)
執筆代行 ゴーストライター (原稿作成)
 自身の経験・原案を一冊の本/講演スピーチに/
 
 著者からテーマを聞き出し、取材して“言いたいこと”を原稿作成。出版社・印刷所に出せる体裁に。《→執筆代行詳細へ                                                         

プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック
 事前にメールを頂いたのちに、電話があると話が進めやすいので、そのようにお願いしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 新垣隆の音楽才、辻井伸行の音楽才 ♪符表現に勝るか | トップページ | 関が原の戦い 地元の人々の迷惑 »

学問・資格」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

科学研究、発明発見」カテゴリの記事

自分育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新垣隆の音楽才、辻井伸行の音楽才 ♪符表現に勝るか | トップページ | 関が原の戦い 地元の人々の迷惑 »