« ピース又吉じゃない“もう一人”芥川賞羽田圭介(29)の小説家ぶり | トップページ | 近代の戦考える 雨宮処凛(かりん)『14歳からの戦争のリアル』 »

2015年9月10日 (木)

M大法科大学院の先生が、20代女性に「憲法」問題漏洩

明治大学の法科大学院の(憲法)先生、アレアレ、今後の人生棒に振ってしまったかもしれないね。000010 先生は、試験問題の出題責任者で、憲法の問題を出していて解答まで一字一句まで教えて、それを彼女は丸暗記して書いたから、模範解答を貰って採点する採点担当の先生には、「オカシイ」と思うよ。000019 今回、これがバレたのは、彼女の憲法論文が100点に対して、ほかの科目が60点に満たない点だったようで、それがまず疑問を持たれたのだ。憲法で100点取るなら、普通ほかの科目でも、もっといい点を取れると思う。
 彼女は、今後5年間司法試験を受験できない処分された。教えた側の先生、青柳先生、彼女に惚れていたみたいで、つい魔が差したのか。この先生、女の子とみればやたら親切だったと法科大学院の生徒たちは言っている。男が女に親切なのは悪くはないが、明らかに(男と女に差をつけて)女にだけ親切な人がいる。その類かな。
 それが嵩じて、法務省から処分がされ、その上、刑事罰を受けることになる雲行きだ。

 論文試験の採点というのは難しいが、採点基準がある。配点基準は、以下の要領である。
①「最大の論点はここです」ときちんと述べたら合格点60点。
②これに対して、自分の意見が述べられていると、加点。
③さらに、反対説にも触れてあれば、さらに加点。
④反対説を批判し、自説を補強していれば、尚加点される。

000021 以上のように、大澤孝征弁護士が解説していた。
大澤 孝征(おおさわ たかゆき、1945年7月14日 - ):
1964年 神奈川県立湘南高等学校卒業
1969年3月 早稲田大学法学部卒業 9月 - 23歳で司法試験合格
1972年4月 司法修習24期修了。検事任官
1979年3月 検事退官 4月 - 弁護士登録(第一東京弁護士会登録)

 司法試験は、弁護士・裁判官・検察官(法曹三者)になるための試験で、受験資格は、法科大学院を修了、もしくは予備試験に合格。予備試験には受験資格制限ないので、大学在学中でも司法試験合格を目指すことができる。
 試験は、「短答式試験」と「論文式試験」があり、その比重は1:8とし、実際は、論文式の比重を調整し1.75倍し、短答式の素点の2分の1を加算して判定する。
短答式試験(マークシート)
1.憲法 20問~25問,50点満点。50分
2.民法 30問~38問,75点満点。75分
3.刑法 20問~25問,50点満点。50分

論文式試験 合計800点満点
1.公法系科目 1問2時間 2問 /計200点満点
2.民事系科目 1問2時間 3問 /計300点満点
3.刑事系科目 1問2時間 2問 /計200点満点
4.選択科目 問題数2問3時間/計100点満点

000030
平成26年度の司法試験では、
出願者のうち実際試験8,015人が受け、短答式試験の合格が5,080人で、最終合格者は1,810人。
受験者に対する合格率は22.6%。

平成24年度合格者を例、
一橋大学が、受験者135人に合格者77人(57%)で、率からいうとトップ。京都大学(54.3%)、慶應義塾(53.6%)、東京大学(51.2%)、神戸大学(45.8%)と続き、20%以上の合格率は他に、中央大学、大阪大学、首都大学東京、早稲田大学、千葉大学、北海道大学、名古屋大学、愛知大学、九州大学、東北大学、明治大学、上智大学がある。

 この法科大学院で勉強するより、司法試験予備試験が人気を呼んでいるのは、理由がある。
 平成24年度の予備試験合格者95人(出願し85人)が(司法試験を)受験。そのうち短答式試験には84人が合格、(論文式試験で)最終的に58人が合格。合格率は68.2%で、法科大学院修了者よりずっと高い合格率である。

 受験者の中には、大学2年生の時に予備試験に合格して3年生の時に本試験に合格した例もある。そのため、司法試験合格を目指す学生達の間では、法科大学院へ行くよりも、むしろ予備試験から司法試験を受験する方が合格への近道と見なされる傾向が強くなっている。

昨日深読みベスト5
野坂昭如と大島渚 記憶に残る大バトル:
歌手田端義夫94歳幸せな生涯
平成27年9月、第一次世界大戦の強国日本へ舵を切る
村上春樹デビュー作、どこがいいのか判断は難しい
ファミリーヒストリー 武田鉄矢の母 波乱の半生が馬力
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 お気に入りに追加  ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link
   

Kanban2データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ     

 アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ
 

 録音テープ起し
 講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ》 
録音起こし依頼側へ  
講演などの録音は、
①講演者から1.5m以内でICレコーダーで録音。
②講演会場の自席でスピーカー通して録音。
 ①と②では、作業担当者には、大きな違いがある。①の場合は、ほとんど資料など必要ない。 ②は、聞き違いが生じる

●自分史の口述をお考えになっている方にお勧めします。 お話相手になりながら、採録します。
 

Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。 
*ドロップボックスへ音声ファイルを入れると、即刻、デスクトップ上に届く。現在1回20GB(音声30時間)受付可。
 即日、専用ドロップボックスを用意します。
 バイク便より確実で早く、料金のご負担もない。
 (宅急便で、SDカード、CD、DVD送付でもOK。)
執筆代行 ゴーストライター (原稿作成)
 自身の経験・原案を一冊の本/講演スピーチに/
 
 著者からテーマを聞き出し、取材して“言いたいこと”を原稿作成。出版社・印刷所に出せる体裁に。《→執筆代行詳細へ                                                         

プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック
 事前にメールを頂いたのちに、電話があると話が進めやすいので、そのようにお願いしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« ピース又吉じゃない“もう一人”芥川賞羽田圭介(29)の小説家ぶり | トップページ | 近代の戦考える 雨宮処凛(かりん)『14歳からの戦争のリアル』 »

アジア問題」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

事件、事故」カテゴリの記事

司法問題」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

日本の姿、文化」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

自分育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピース又吉じゃない“もう一人”芥川賞羽田圭介(29)の小説家ぶり | トップページ | 近代の戦考える 雨宮処凛(かりん)『14歳からの戦争のリアル』 »