« 自民党武藤真也議員“新規未公開株”の情報、クローズだからね。 | トップページ | Qさま優勝は、無職学生ダンナを養う八田亜矢子 »

2015年8月21日 (金)

備中松山藩5万石、財政破綻寸前の立て直した山田方谷

 子供のころ、クワ(鍬)、スコップ、カマ(鎌)、なた(鉈)など・・・農具の中に「備中」という何か仲間はずれのような呼び名が気になっていた。S_2・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村  お気に入りに追加
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 この“備中くわ”は、幕末期に財政破綻寸前の備中松山藩が藩政立て直しで、「鉄製の農具」の全国販売で広まったものらしい。備中松山藩には、良質な砂鉄が取れるから、鉄の製品をつくる工場が30箇所はあったという。砂鉄って、日本の海岸あちこちで取れるんだね。 

 幕末の藩の多くが財政難になっていた中、例にもれず備中松山藩5万石も、財政破綻寸前の状態であった。そこで、山田方谷(1805~1877年)は、(当時人生50年)数えの45歳、幕末1849年(嘉永2年)12月9日、新しく藩主になった板倉勝静(かつきよ)から江戸藩邸に呼び出しを受けた。
「備中松山藩の勘定奉行兼吟味役をせよ」と厳命した。

 「勘定奉行と吟味役」同時抜擢は、いわば備中松山藩の「行政の財政権限」を一身に担う立場である。冬の寒さの中にいても、体中に冷や汗と脂汗がにじみ出てくるような気がした。
 「それに、私はもう年だ。後進に道を譲って隠居しなければならない・・・」。と抗弁して、辞退しかかったが、それは、命令であった。
 「これは大変なことになった」――。江戸藩邸で勝静から「勘定奉行兼吟味役」をいきなり命じられ、方谷は呻くような声を上げた。

 身分をとやかく言われる時代であったから、方谷は元百姓の出であると、藩校の教授ではあったが、同輩の侍衆からは、嫉妬交じりの嫌がらせがあったことだろう。「勘定奉行兼吟味役」の任命を断る事は難しい。
 とりあえず最初に、借金10万両(約300億円)の債権者(大坂の豪商)らとの交渉が待っていた。これだけでも、胃が痛むような交渉である。カレは誠実に対応して、応援を得よとした。

 当時は、コメの流通によって日本経済が成り立っていたので、備中松山藩もコメ販売のために大阪に蔵を持っており、その販売を大阪のコメ商人に任せていた。
 大阪に屋敷と屋敷運営費、仲介料など中間費用をかけて備中松山藩のコメは販売されていた。藩の役人は従来通り役目を果たせば、つつがなく仕事をしたことになると思っていた。その結果が、10万両(約300億円)という巨額の借金となっていた。その責任を誰も取る人はいなかった。
000038 山田方谷は「行政の財政権限」を一手に握って、大改革を断行した。まず、大阪でのコメ取引を中止した。大阪のコメ屋敷も廃止して、コメ販売の中間費用を一切カットした。
 代わりに、コメすべて備中松山藩によって直売にしたのである。今で言う、インターネット販売、新聞広告、手紙による販売、電話販売など、直接販売に限った。それも、コメの値段が高騰している地域を中心に売ったので、大阪で商人仲介販売の頃と比較すると、飛躍的に利益が多くなった。
000047 輸送手段として、自前の船をもって紀伊半島を迂回して大消費地の江戸で販売をした。全国からきた友達と知り合いになり、その後も交友が続いていたので、全国の情報(コメの作柄吉凶)を得ていた。000062 次に手を打ったのが、地場産業の育成であった。その一番は、農機具の販売である。当時の日本の産業は、農業である。農具の良し悪しで、生産の高が変わる。特に、新開地の開墾は、優れた農具が必要である。どこの藩も、幕府には内緒で、開墾をして農地を広げていた。その開墾で成功している藩が、幕末の政治を左右している。

  その中で、備中は田んぼを掘り起こしには有用な農具であった。良質な砂鉄が取れ、燃料などが揃っていたのだろう。藩内には、農具製造工場が30箇所以上あった。コメの収穫期以外の時期も、藩の船を頻繁に運用して藩の特産物を送っていた。

  方谷は、巨大な幕政の貧困を前にして、まず“天下の士風が衰え”、“賄賂や贅沢なこと”が、財政を圧迫しているのでこれらを改めることを説いた。そこで、大胆な藩政改革を行った。
1.藩財政オープン化して、
 藩の収入=年間1万9千石とを明らかにし、
 債務を50年返済延期を決定。
(改革の成功によって数年後には完済)。

 2.大坂の蔵屋敷を廃止、領内に蔵を移設。
 堂島米会所の動向(相場)に左右されず、最も有利な市場で米や特産品を売却。
000009利益によって、災害飢饉の時の領民援助米にあてた。(領民の安心)

 

3. 藩の武士に質素倹約を命じ、上級武士も質素な生活を送るように命じた。領民から賄賂や接待を受ける事を禁じ、発覚した場合には没収。方谷自身は、家計を公開し、賄賂を受けていないと明らかにした。000016

4.多額の藩札を回収(金換算で11,855両)焼き捨てた。兌換を義務付けた新藩札を発行。これによって藩札の信用度が増し、他国の商人や資金も松山藩に流れるようになった。 

5.領内の砂鉄で備中鍬を生産させ、またタバコや茶・和紙・柚餅子などの特産品を開発し「撫育局」を設置、一種の専売制を導入。他藩とは逆に、生産者の利益を重視した。000100

6.特産品販売は、藩所有の艦船(蒸気船「快風丸」)で直接江戸へ運び、藩邸販売所で、江戸や関東近辺の商人に直接(卸売り)販売した。中間利益を排して、高い収益性を確保した。000098 藩所有の艦船(蒸気船「快風丸」)を運行することで、藩士たちに航海術を学ばせた(安中藩の家臣であった新島襄も、この航海演習に参加した)。

7. 領民の教育にも力を注ぎ、優秀者な農民や町民は、藩士へ取立てられた。
8. 家の庭に、桑や竹などの役に立つ植物を植えさせた。
 道路や河川・港湾など公共工事に貧しい領民を従事させて、現金収入を与えた。交通の安全や農業用水の灌漑も充実された。
9. 10. 11. 略
12. 若手藩士と農民からの志願者(イギリス式)軍隊を整えた。この軍制は長州藩(奇兵隊)や長岡藩でも模範にされた。
 

 山田方谷のやり方は、聞いたも見た事もないので、反対意見を受けた。あくまで、藩全体で利益を共有し、藩の領民に最大限に還元するためであるとして、この批判を退けた。(方谷は松山藩の執政の期間には加増を辞退して、むしろ自分の財産を減らしている)。 

 山田方谷の改革によって、松山藩(5万石)の収入は、20万石に匹敵するといわれ、農村で生活に困窮する者はいなくなった。雄藩に準ずる大規模な藩政改革を行い、長州藩等の手本になった。当時としては画期的な政策であった。000103 わずか8年間の改革で借金10万両(現在の価値で約300億円)を返済し、余剰金10万両を作った。大変な力量と言わざるをえない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村 お気に入りに追加
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link
   
Kanban2データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ  

 アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ
 

 録音テープ起し
 講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ》 
録音起こし依頼側へ  
講演などの録音は、
①講演者から1.5m以内でICレコーダーで録音。
②講演会場の自席でスピーカー通して録音。
 ①と②では、作業担当者には、大きな違いがある。①の場合は、ほとんど資料など必要ない。 ②は、聞き違いが生じる

●自分史の口述をお考えになっている方にお勧めします。 お話相手になりながら、採録します。   
 

Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。 
*ドロップボックスへ音声ファイルを入れると、即刻、デスクトップ上に届く。現在1回20GB(音声30時間)受付可。
 即日、専用ドロップボックスを用意します。
 バイク便より確実で早く、料金のご負担もない。
 (宅急便で、SDカード、CD、DVD送付でもOK。)
執筆代行 ゴーストライター (原稿作成)
 自身の経験・原案を一冊の本/講演スピーチに/
 
 著者からテーマを聞き出し、取材して“言いたいこと”を原稿作成。出版社・印刷所に出せる体裁に。《→執筆代行詳細へ                                                         

プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック
 事前にメールを頂いたのちに、電話があると話が進めやすいので、そのようにお願いしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 自民党武藤真也議員“新規未公開株”の情報、クローズだからね。 | トップページ | Qさま優勝は、無職学生ダンナを養う八田亜矢子 »

お金、経済」カテゴリの記事

日本近代史」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

経済・金融問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自民党武藤真也議員“新規未公開株”の情報、クローズだからね。 | トップページ | Qさま優勝は、無職学生ダンナを養う八田亜矢子 »