« 古賀茂明氏が「報道ステーション」降板に自民圧力を“暴露”余波 | トップページ | 言論界の萎縮をねらう。与党自民党・NHK、テレ朝“異例の聴取”で、 »

2015年4月19日 (日)

ファミリーヒストリー坂上忍 親父の太宰治に影響された破天荒ヒストリー

 ファミリーヒストリー坂上忍は、興味のある話だが、ある意味、太宰治に影響された破滅型の親父の記録だ。
 
000000 坂上忍のルーツから、彼の人柄、潔癖ともいうきれい好き、口の悪さの理由がわかったような気のするファミヒスだった。内面に切り込み、「知りたくない、帰りたい」とつぶやくように、家系的には傷のつくモノになっているが、彼の芸に厚みが加わったのではないか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思いますお気に入りに追加 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

000028曽祖父末彦の代から歴史を掘り起こしていた。
 熊本県潮害誌によると、
 明治初年に生まれた末彦43歳は、本籍地で台風の潮害によって、暮らしていた土地が農作物を育てることはできなくなって、大牟田へ友人の紹介で転居した。
 これが、最初の転機である。義信さんは80代で、その本籍地近くで住んでいた。

 

000024000031

 

 
大牟田の炭鉱では、(曽祖父)末彦は、43歳という年齢から、炭鉱の外で働く仕事だったと考えられる。息子の勝は頭を働かせて、好景気にわく炭鉱関連の会社から広告をとり、業界紙を発行した。

000052000010


 

 

   昭和12年中国で戦争になって、ますます石炭需要が増え、九州の炭鉱は景気が沸騰した。勝は、連れ子のある女性スソエ(つれ子:ソエ子)と結婚した。000039
 業界紙と並行して下宿屋を経営。炭鉱の会社から、事務所の人がきて「何人置いてくれないか」とひっきりなしに依頼があった。炭鉱は3交代だから、食事は3回だから、一日中料理を作る仕事で忙しかった。昭和12年勝也(忍の父)が誕生。

 

 また、勝は市会議員にも立候補したが、落選。弁の立つ勝は、小学校のPTA会長として写真が校長室に写真が飾られていた。

000042 三池炭鉱は、日中戦争に突入して、石炭を多く必要となって、ますます炭鉱は繁盛して、町の景気が良くなり、勝は業界紙は一社だけでなく、数社設立した。
 
 勝は、外では社交的な人であったが、家にあっては、ワンマンな暴力夫であった。しばらくして、(忍の祖母)妻は離婚して家を出た。
 息子勝也は、母と貧しい暮らしを余儀なくされた。
 親父の名前勝也は、祖父の勝からとっているとも、忍は知らなかった。「妻に暴力をふい、離婚」=祖父がそうでしたから、その轍をうちのオヤジ(勝也)が同じことを繰り返したのは、あまりにも学習能力がないと思います。
 離婚後は、母との暮らしは大変だった。勝也は、中学生頃から新聞配達で母を助けていた。
000065
 三池高校へ入学して… 父勝也は文学青年で、同級生から見ると、「自分たちと話すレベルが違うと痛感した」という。友人のもっている成績一覧をみると、彼は国語の成績が抜群であった。000015 ある日友人から「人間失格」(太宰治)を借りれ読み、自分の境遇と似ていて、衝撃はあまりにも大きく、それ以後の人生に影響を及ぼす。太宰治の影響で「小説家へのデビュー」を夢見るようになった。  

 勝は、太宰の心中事件に影響されたように、高校2年から3年になるころ、女性と心中して病院へ担ぎ込まれた。
000077000078ファミリーヒストリーでは追及していなかった。このような事件を起こすほどだから、女性の経験は高校生時には、すでに同級生とは違う意識もあったのだろう。
000017 病院の院長に「このバカが」と、叱責されていたと友人の証言がある。学校の文芸雑誌に「自滅」と言う題で自分の体験をもとにした小説を掲載した。彼は、学校にいずらくなって、三池高校を退学した。

 しかし、何度も投稿しても採用されず、だいぶ苦労して(小説では)食っていけないことがわかったが、けれども書きたい気持ちも強かったのではないかと思う。
000016 大牟田では、映画館だけで20館はあったから、その映画館を中
000095心にした映画紹介の業界紙を作って書いた。文化紙には、彼の詩も載っていた。一生懸命書いていた。
 大牟田の炭鉱は敗戦後もしばらくは続いてが、昭和35年以降、石炭から石油にエネルギー転換の時期になって、鉱山労働者の首切りが始まり、三池炭鉱の未曾有の炭鉱ストライキが始まる。

000103 大牟田の生活が成り立たなくなると、勝也は上京した。大牟田の記者の経験を買われて、銀座の交通関係の業界紙に就職した。
「月給取りが自分の性に合わない」と言いながら、幸せな生活を送っていると書いた手紙を大牟田の友人に送っている。
 

000108000112





 そんころ、社内にいた同僚の2歳年下の女性、のちに忍の母になる女性と恋仲になった。000127 忍の母は「ラブレターを頂き、汚いところのギョーザ屋さんで帰りに一緒に飲んでいったり、ものずごい物知りでそれにほれた」と語る。今は食べ物屋さんをやっている。

  勝也は、結婚して生活が安定すると、母を呼びよせて、幼児だった忍の面倒をみてもらった。000002 感受性の強い忍は、祖母が亡くなると、そのショックで口を利かなくなった。
 それのリハビリをさせるために「児童劇団」に入れた。すると、彼の才能が開花したように、愛くるしい表情と演技力によってまたたくまに人気子役になった。

000134000137_2





 小学生のころの話だが、
 朝4時とか5時にたたき起こされて、父は、「釣りにいくぞ」といわれて釣りに連れていかれました。特別というか、よその家とは違うなという嬉しさがあった。

  忍の父は、収入が多くなると、
 「うちの母や祖母を旅行に招いて楽しませてくれたし、格好いいというイメージがあったけれど、うちの父はそういうところをハラハラしていた。もうちょっと先のことを考えて蓄えたらよいのでないか、と言っていた」

000148 儲けた資金で出版社を立ち上げて、また文章を書く夢を追い始めた。多くの有名な著者に文章を書いてもらい、それを発行した。 事業欲と小説を書きたいと言う願望が先行して、雑誌を続けたが、売れ行きは良くなかった。当然、事業は行き詰まる。000147 また「釣り談義」をシリーズで10冊発行したところ倒産し、借金とりが父勝也に連日押しかけてきた。父は家から出て行った。

「週刊誌に(子役で有名な)忍の父が借金まみれだと売り込むぞ」
000153 父の倒産のせいで、週刊誌に出るのは、お金とか借金よりも、なにより、忍が今までやってきたのをダメさせたくいないと、父が出て行ったのち、母と忍は、10数年間かけて、父のつくった借金一億円を払い終えた。

 それか数年、父と合わなくなって15年、突然電話が父からあった。出版記念会があるから手伝ってくれと。父との溝が多少でも埋まるのかと思い、大牟田の会場にいき、忍の父が出版ということで、地元で盛大に行われた。
000161000163父は読者と写真を撮ったり、おおい二面目を施していた。一方、忍は読者にサインをしていた。

 高校時代からの友人は「マサル(忍の父)は、あのときほど、うれしそうな顔は見たことない。息子の成功と自分の小説が出版できたことで、満足していたと思う」と語っていた。

 それが一段落して、
「はじめに断っておかなければならない。私は君に謝罪をしたり、頭を下げる気持ちはない。父と息子の因果関係なぞ、世間でいうほど強いものではない。君の人生は君のものであり、私の人生は私のものだ。私を恨む気持ちがあれば、木刀や竹光など半端ものでなく、来るなら真剣で斬り掛かってくるがいい。」
000171 この手紙は、NHKの取材過程で下書きが見つかったと言っていたが、息子の忍は受け取っていたのかもしれないが、父の性格が出ているとわかっていた。
 
高校生が、孤独で見捨てられた家庭環境から自分を破滅型に追い込む“太宰治”の影響をイイトシまで引きずる親父に坂上忍はいう。
「あんな事を言っているからダメなんですよ。悪いことをしたら謝るのですよ、普通は。頭を下げるんです。それをああいう独特のニヒリズムで逃げることがダメなんです。
 (家庭を)守った上で自分のやりたいことをやらなければ、こういう家に生まれたからかもしれないですけれど、生まれとか育ちというのは、選べるものでないので、自分の環境とかルーツのせいにするのは楽ですけど、そのせいにしたところで何も始まらないので、例えば、今の僕がいるとするならば、親父が事業で失敗しなかったら、それをバネにして生きていかなければないけない。それを発奮材料にする。
 どこのご家庭だって両親が離婚しないほうがいいわけで、離婚してしまったものはしょうがないし、それをバネにして生きていかなければいけない。」

 友人はいう
「(父親:坂上勝は)無責任なところがあるけれど、人と関係をむすぶのがうまい。毒気があるというとおかしけれど、非常に強烈なにおいを発散する動物みたいなところ、彼と一緒にいると非常に元気になる。私にとって重要な友達だった。・・・いいやつで、悪いやつでした。」

 坂上忍が父の出版記念サイン会ののちに、父とやりあったあと手紙を出している。000215「あなたが放棄した家族は、あなたの置き土産によって、すでに鮮血を流している。

 僕には伝わらない。
あなたの男としての美学も
        理解できない。
 

それでも
僕はあなたの背中を見続けてきた。」

 彼、坂上忍も、しかし、オヤジ勝の性格が影響ないとはいえない。彼のそれは理性で破滅を回避しているが、かなり太宰治的だ。オヤジのように太宰治に影響されて、破滅していく男を他にも知っているが、罪作りだよ、太宰は。

坂上忍★

ファミリーヒストリー坂上忍 親父の太宰治に影響された破天荒 
ファミリーヒストリー加山雄三 父方も母方も話題満載
ファミリーヒストリー 武田鉄矢の母 波乱の半生 
ファミリーヒストリー モト冬樹、エド山口(兄)の父は産婦人科医

ファミリーヒストリー 船越英一郎のルーツ  2013.02.04
ファミリーヒストリー 余貴美子 客家の祖父 2012.10.23
ファミリーヒストリー 又吉直樹 祖父の英語2013.11.02
ファミリーヒストリー 藤原紀香 祖父 満州渡航の軌跡: 
谷原章介(俳優)★ファミリーヒストリー★祖父の生涯: 
ファミリーヒストリー今田耕司 魚雷危機 命拾い 
 
谷原章介(俳優)ファミリーヒストリー祖父の生涯: 
マルシアの祖父 苦節70年inブラジル
浅野忠信 母の祖父オランダ人、祖母ノルウェー人
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思いますお気に入りに追加 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link
   

Kanban2データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ 

 アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ

  録音テープ起し
講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ》 
 

Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。 

ドロップボックスへ音声ファイルを入れるだけで、非常に簡単になりました。現在1回12GB(音声20時間)まで受付可。
  ご連絡頂ければ、即日、専用ドロップボックスを用意します。バイク便を使うより確実で早く、料金のご負担もありません。(もちろん、宅急便依頼で、SDカード、CD,DVD送付でもOKです。)

執筆代行 ゴーストライター 
原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの原稿作成。著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを文章に作成。出版社・印刷所に提出できる体裁にします。《→執筆代行詳細へ                                                         

プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 古賀茂明氏が「報道ステーション」降板に自民圧力を“暴露”余波 | トップページ | 言論界の萎縮をねらう。与党自民党・NHK、テレ朝“異例の聴取”で、 »

家庭問題」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

青春時代」カテゴリの記事

ファミリーヒストリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古賀茂明氏が「報道ステーション」降板に自民圧力を“暴露”余波 | トップページ | 言論界の萎縮をねらう。与党自民党・NHK、テレ朝“異例の聴取”で、 »