« 志高く 孫正義伝 幼いころの凡人との違いを見る | トップページ | 新国歌に『緑の山河』、 『われら愛す』提唱した戦後の熱気 »

2015年3月 4日 (水)

『あんぽん 孫正義伝』より パチンコ屋と釣堀&北朝鮮は天国

Img_0
 パチンコ店経営していた孫正義氏の父 釣り堀併設し大ヒット(EWSポストセブン 2012年1月)
  著者の佐野眞一氏は、同書のなかで、孫正義氏の父・孫三憲氏の商才について、書いている。 (文中敬称略)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村 お気に入りに追加
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

38e7 孫三憲は金貸し商売をやりながら、「これは長くやる商売ではない」というのが、いつもの口癖だった。「カネはあくまで商品。カネ貸しだからといって、下品にふるまってはいけない」というのも、三憲の口癖だった。 

 孫正義が十歳になった頃、三憲は金貸しからパチンコ屋に転身した。三憲の金貸し時代のカバン持ちだった大竹仁鉄は、孫一族がパチンコ屋に相次いで転身した経緯について、こんな興味深いエピソードを教えてくれた。
 「三憲さんのところは七人兄妹ですが、長男の三憲さんがリーダーシップをとっていました。でも、ほかの兄妹も焼酎の密造と養豚で結構なお金を貯めていて、いろいろな商売に手を出していた。
 母の兄妹は、みんな個性が強いし、我も強かった。最初にパチンコ屋を始めたのは、うちの母(清子)と三憲さんの弟の在憲さんなんです。一九六九年くらいでした。それが結構繁盛したものだから、それから一年ほどしたら、今度、長女の(玉村)友子さんと三憲さんがパチンコ屋を出すことになった。それが、なんとうちの母たちが出していた店の隣ですよ(笑)。
 

 隣が金儲けすると、日本人は足を引っぱるが、韓国人は歯がゆがる、という言葉があります。うちの一族はまさにそんな感じでしたね。結局、兄妹同士で隣に店を出してもしょうがないから、店をつなげて四人で共同経営しようということになった。ところが、月末になると必ず大ゲンカです。売り上げをどう配分するかで。
 誰が一番よく働いたか、どんな景品を仕入れたとか、この仕事はうちがやったとか……。そこにばあさん(李元照)まで入ってくると、もうまったく収拾がつかなくなる(笑)」
 1980年代の初め、大当たりが出るフィーバー機の規制がまだ始まる前のパチンコブームのときには、孫一族七人兄妹のうち六人が持っていた佐賀と福岡のパチンコ屋だけで、56軒もあった。その当時、パチンコで大儲けした孫一族の一人が建てた御殿のような豪邸は、いまでも一族の語り草になっている。
 

 その家には、だだっぴろい風呂場に水風呂やテレビ付きのサウナまであって、飼っていたピレネー犬の犬小屋にはクーラーまでついていた。 

 かといって、大竹が言ったように、そんなリッチな生活を彼らにもたらした一大パチンコ企業は、孫一族が一致団結して築いたわけではない。
 こうした孫一族の奇妙な関係を冷静にウオッチしていた銀行の支店長は、「みなさんで一致団結すれば、すぐにでも日本一のパチンコチェーンになれるでしょうに」と、残念がったという。
 

 『孫家の遺伝子』(孫泰蔵著)によれば、フィーバー機の規制が始まって孫一族のパチンコ屋に閑古鳥が鳴き始めたとき、三憲はこんな奇抜なアイディアを出してみんなを驚かせたという。

 三憲はパチンコ屋の駐車場に釣り堀をつくり、
赤鯉を釣った人には一万円のボーナスを差し上げます」
 というチラシをまいた。すると釣り堀は大繁盛し、ボーナスをゲットした客はパチンコ屋に戻ってきた。パチンコで負けた客はまた釣り堀で儲けようとするから、両方とも繁盛した。
 要するに三憲は、大量の黒鯉に数匹だけ混ぜて釣り堀に放流した「
赤鯉」を、規制されたフィーバー機がわりにしたのである。

 三憲が北九州の八幡に家を建てたとき、三憲はその豪邸で新築祝いの大盤振る舞いをし、両親を呼び寄せた。(『あんぽん 孫正義伝』より抜粋)6 

 『焼肉仁』の経営者・大竹仁鉄によれば、

(大竹仁鉄は、孫正義の父三憲の姉の子、従兄弟)
 もしかすると、孫家には孫正義がこの世に生まれなかったかもしれないし、ソフトバンクもなかったかも、そういう危機が二つあった、と 大竹仁鉄はそう前置きして、孫家の履歴書を語り出した。

「これはうちの母清子(孫鍾慶(正義の祖父)の次女、三憲の姉)から聞いたんですが、祖父は、1945年戦争が終わって故郷の大邱市郊外に一度帰ったそうです。そのとき祖父孫鍾慶に同行したのが、母の清子と中学一、二年生だった三憲さんでした。

 ところが帰ったものの、故郷は田畑も荒れ、みんな貧しい生活をしていた。孫鍾慶さんたちが故郷で小さい商いを始めたときも、親類からものすごい嫌がらせをされたそうです。
 『うちの一族は商売なんかする家柄じゃない』ってね。
 孫家は先祖が武人だったり、学者だったりという家柄だから、商売なんてやるのはとんでもない、という感覚だったらしい。
 

 それで『これでは日本に帰った方がましだ』と思い、再び日本に帰ることにした。といっても、密航です。やはり日本から引き揚げたものの、故郷の荒廃を見て日本に戻る人たちがいた。その人たちと一緒になけなしの金を集めて、ぼろい漁船を調達したそうです。
  一行は見つからないよう夜のうちに韓国を出港して、博多を目指した。ところが、その漁船が想像以上のオンボロ船だったらしく、途中で浸水してきた。このままでは本当に沈みかねない。
 

「母の話では、そのとき三憲さんは、『だから、オレは日本になんか帰りたくなかったんだ』と大泣きしたといいます。後にも先にも三憲さんが、それほど我を忘れて泣きわめいたのは、そのときだけだったそうです」 

 仕方なく船は針路をかえ、韓国に戻った。
 だが、密航船だから大声で助けを呼べない。そこで知恵者が「私たちは日本から渡ってきました」とウソをついて、何とか救出してもらうことができた。
 

 孫鍾慶らは、その後、別の船で博多の志賀島に無事上陸した。博多でしばらく過ごした一行は、知人に誘われて鳥栖に行き、駅前の朝鮮部落にやっと居を定めることができた。 いわゆる無番地の土地である。

「もし、日本に向かう密航船が沈没していたら、孫正義も生まれていなかったし、ソフトバンクも存在しなかった。もちろん私も生まれていませんでした(笑)」

 二つ目の危機は現在も続く問題である。
 「私は小さい頃、飯塚に住んでいたんですが、近所の貧しい朝鮮人一家が、急に夢でも見たような、“北朝鮮はこの世の天国”へ行くのだ、と
幸せそうな表情になったんです。
 その家族は、それから二、三日後に、町から忽然と消えました」 彼らは、総連の帰還事業の口車に乗せられて、北朝鮮に渡っていった家族だった。

 地上の楽園」1950年代~1980年代にかけ、朝鮮総連は北朝鮮を「地上の楽園」などと宣伝し、在日朝鮮人とその家族の多くを永住帰国・移住させた。日本政府も在日朝鮮人の帰国を推進した。ソ連のシベリア抑留に日本兵を連れて行ったときのウソと同様に、日本人は、だまされやすかった
 2008年(平成20年)6月、脱北女性(日本在住)が朝鮮総連を相手に大阪地裁に訴訟を起こし、
 朝鮮総連の「北朝鮮は地上の楽園」と嘘の宣伝により北朝鮮へ帰国したが、過酷な労働を強いられ、拷問され、差別され、囚人や奴隷と変わらない生活を強いた。
「(朝鮮総連は)人をだまし、組織的に誘拐した。人権と自由を無差別に奪った悪魔みたいな団体だ」「私1人の問題ではない。今も強制収容所の中で必死で生きている人がいる」と訴えた。
 この訴えに対し、朝鮮総連は「同胞社会と日朝関係に害を与える以外のなにものでもない」と主張している

帰国事業 北朝鮮帰国船 真相: nozawa22

「あの一家はいまどうしているのか。それを考えると、孫鍾慶さん一家が総連の口車に乗らなかったことだけは、本当によかったと思うんです」 (『あんぽん 孫正義伝』より抜粋)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村 お気に入りに追加
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link
Kanban2録音テープ起し
講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ

 
Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。 
 ドロップボックスへ音声ファイル・画像ファイルを入れるだけで届きます。非常に簡単になりました。現在1回20GB(音声30時間)まで受付可。
  ご連絡頂ければ、即日、専用ドロップボックスを用意します。バイク便を使うより確実で早く、料金のご負担もありません。(もちろん、宅急便依頼は、SDカード、CD、DVD送付でもOKです。)
 
執筆代行 (①ゴーストライター/②スピーチライター) 
ゴーストライター:原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの原稿作成。著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを文章に作成。出版社・印刷所に提出できる体裁にします。《→執筆代行詳細へ                                                         


プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 志高く 孫正義伝 幼いころの凡人との違いを見る | トップページ | 新国歌に『緑の山河』、 『われら愛す』提唱した戦後の熱気 »

北朝鮮問題」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

韓国関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 志高く 孫正義伝 幼いころの凡人との違いを見る | トップページ | 新国歌に『緑の山河』、 『われら愛す』提唱した戦後の熱気 »