« 二週間読んでいない新聞、どうしますか? | トップページ | 加害者18歳少年A、中1少年13歳、大人と子ども、ナンなんだ? »

2015年3月16日 (月)

「友情」(昭和50年=1975年松竹80周年)ホロリとするストーリー

松竹80周年記念「友情」(昭和50年=1975年制作)
 大学生の三浦宏 (中村勘九郎20歳)が、OLの友部紀子(松坂慶子23)と場末のアパートで同棲している設定で、彼が夏休み二ヶ月間にダム工事現場でアルバイトをするという話から始まる。

000004・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村 お気に入りに追加
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 タオルケットを買ってきた紀子が「これは自分用にする」と、布団を並べた上に敷くと、三浦は「オレのほうが使う」と、ふざけて紀子からタオルケットを奪うシーンで、「しょうがない」とタオルを使わせる。タオルを取り合ったのち、同棲ならではのからみあい。
 このとき、
松坂 慶子 1952年(昭和27年)7月20日 - )
中村勘九郎1955年(昭和30年)5月30日 - 2012年(平成24年)12月5日)
 中村勘九郎20歳、OL松坂慶子23歳。
000009 年下の彼のわがままを紀子が受け入れる昭和ぽさが見えて、監督脚本の細かい気配りがある。

 松竹「男はつらいよ」のタッチに似ているな、と思ったら、山田洋次と共同制作した監督がつくっていたんだ。
渥美清 (男優)= 矢沢源太郎 
中村勘九郎(五代目)=三浦宏
松坂慶子(女優)=友部紀子
米倉斉加年=河内健太
笠智衆
有島一郎
佐々木愛(女優)
名古屋章 (男優) 川辺
加藤嘉 (男優) 友吉
谷村昌彦 (男優) 安岡
中原早苗(女優) しげ
吉田次昭 (男優) 松崎

 夏休みのアルバイトで、山奥のダム工事現場に向かう大学生の宏(中村勘九郎)。そこで粗暴だが、なぜか憎めない一人の男矢部源太郎(渥美清)と出会う。
000016 源太郎の振る舞いに最初は抵抗を覚えたが、宏は自由奔放に生きる源太郎の魅力にしだいに引きつけられる。ある日、トラックの転倒で宏は左腕を骨折する事故に巻き込まれる。

000039 病院へ駆けつけた同棲相手であるOLの紀子(松坂慶子)は、意外に元気な宏の姿にホッとし、涙を流す。 そうそう、最初同棲相手がOL女性が誰だか、わからなかった。昭和50年=1975年といえば、今か009041404matuzaka_bら40年前だから、細身のOL(23歳)、声は聞き覚えがあるのに、ダレ?としばらく逡巡して・・・今は太めの松坂慶子!だ、あの可憐さをどこへ置き忘れたのか。歳月の威力を感じた。 

 退院し東京に帰る宏を見送りにきた源太郎は「もう会うことはないな」というが、数ヵ月後、二人は東京で思わぬ形で再会する。そして・・・。

  前半は、 (中村勘九郎20歳)が、OLの友部紀子(松坂慶子)との話で展開して、二人が同棲だけで捨てられるからと紀子のオジがねじ込んできて、そこに矢部源太郎(渥美清)が居合わせて・・・000013結構多彩な展開を予測させるが、そうは広がらない。

 アルバイトを事故で失って、その休み中に旅行に出ることに、矢部源太郎(渥美清)も同行することになって、岡山県笠岡市にある笠岡諸島に属する島、真鍋島を見てみて、源太郎はオレの実家はこの島にあるといい、一緒に行こうとなったが、船に乗る段階で、やはりやめたと言い出した。宏のみが先に行ってくれという。

  駅前旅館で、「矢部源太郎をご存知ですか」と宏が聞くと、宿の主加藤嘉が、源太郎の東京でノ知り合いとわかり、その情報が瞬く間に島中に広がった。その日の夕方に妻(佐々木愛)が訪ねてきた。000080 矢部源太郎の人の良さで、都会へだ稼ぎにきて6年、故郷へ帰らず、妻は源太郎のライバルであった河内健太(米倉斉加年)の世話になるに従って、一緒に暮らし、源太郎の父親も面倒を見る形になって・・・。
 戦死した兄嫁が弟と一緒になって家を守る。戦死したはずの兄が生きて復員して大騒動になった話は、昭和20年代にはあった。それを思い出させる話だ。
000113 妻(佐々木愛)は、 源太郎 (渥美清)と健太(米倉斉加年)の間に挟まれて、どうしょうもない。父(笠智衆)は、息子源太郎より健太(米倉斉加年)に世話になる現状を守ろうとして、「帰れ、帰れ」という。健太(米倉斉加年)は、沈黙を守るしかない。
 一緒に来た三浦宏(勘九郎)は居たたまれなくなって、家の外へ出る。すると、妻(佐々木愛)の泣き声が家の外まで聞こえる。源太郎 (渥美清)も、それ以上、この雰囲気に堪えかねて、出て行く。

000134000130




みごとな演技である。こんな図はドラマでないと描けないが、こういう関係は、ありうる。家庭裁判所の相談委員はどう裁くだろう。民法上の夫は源太郎 (渥美清)だが、それを健太(米倉斉加年)に夫の座を譲って出ていく。明るい源太郎 (渥美清)が、三浦宏(勘九郎)から離れて、島を出て行く船のへさきで一人泣いている。000144 それを離れた場所から三浦宏(勘九郎)見ている。「男はつらい」の終わり方に似ていてもいい。コレが人生だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村 お気に入りに追加
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link
Kanban2録音テープ起し
講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ

 
Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。 
 ドロップボックスへ音声ファイル・画像ファイルを入れるだけで届きます。非常に簡単になりました。現在1回20GB(音声30時間)まで受付可。
  ご連絡頂ければ、即日、専用ドロップボックスを用意します。バイク便を使うより確実で早く、料金のご負担もありません。(もちろん、宅急便依頼は、SDカード、CD、DVD送付でもOKです。)
 
執筆代行 (①ゴーストライター/②スピーチライター) 
ゴーストライター:原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの原稿作成。著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを文章に作成。出版社・印刷所に提出できる体裁にします。《→執筆代行詳細へ                                                         


プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 二週間読んでいない新聞、どうしますか? | トップページ | 加害者18歳少年A、中1少年13歳、大人と子ども、ナンなんだ? »

家庭問題」カテゴリの記事

日本の姿、文化」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

青春時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二週間読んでいない新聞、どうしますか? | トップページ | 加害者18歳少年A、中1少年13歳、大人と子ども、ナンなんだ? »