« ◆大塚久美子社長に、創業家以外の株主の8割以上が支持 | トップページ | 高校新入生に「春休みの宿題」これでステップにジャーンプ! »

2015年3月28日 (土)

JR西日本 宝塚脱線転覆事故 歴代3社長に責任はないだろうか?

 JR西日本 宝塚脱線転覆事故は、今から10年前に起きた。2d 2005年4月25日午前9時18分頃、兵庫県尼崎市のJR宝塚線(福知山線)尼崎―塚口間で、上り快速電車(7両編成)が脱線し、1両目と2両目が線路脇の9階建てマンションに激突した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村 お気に入りに追加
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 6bedc
兵庫県警によると、運転士(当時23)を含む107人が死亡、約550人が負傷した。死者数は、日本の鉄道事故史上、戦後では1962年の旧国鉄常磐線三河島事故に次ぐ惨事となった。59798 事故原因の究明にあたる県警と国交省の事故調査委員会は、現場のカーブ入り口の制限時速は70kmなのに約115〜117kmで入り、直前の最高速度は124〜125kmだったとして、「主因はカーブでの速度超過」とみている。001111 なぜ、運転士が急いだのか。ここが重大な点である。
①この箇所は、私鉄と競合していて、JRが乗客を奪われているので、過密スケジュールで停車時間を削り、私鉄に勝てる。そのために直接の列車運転には無理な時刻表を押し付けられていた。
 

②運転士には、過去その時間を守れなくて、「日勤教育」(罰則の再教育)を課せられたことがあった。その再教育で厳しく叱責された経験から、「今度やったら降ろされるかも」と漏らしていた。 

③事故直前の時点で、すでに数分の遅れを生じていた。Yjimagecavcd8dm
 主因とされる運転士の側には、スピードを落とせない理由が存在していた。これで、運転士を追い込む客観的な状況にある。これをして、運転士が“悪い”と判断して終わりでいいのか? 

 事故調査委員会は06年度内に最終報告では、
 事故の背景として、JR西日本の経営体質を指摘した。本州にあるJR三社(東日本、東海、西日本)のうち、JR西日本は赤字路線を多く採算性が悪い。歴代社長は利益確保を急ぐあまり、過密ダイヤを組み、安全装置、ATS(自動停止装置)など整備が遅れた。
 速度超過を感知すると減速させるATSの設置は、宝塚線には、事故の二か月後の6月末に導入予定だった。「これが現場にあれば事故は防げた」とJR西日本は認める。事故直後、国土交通省は、ATSの設置など、義務付ける改正省令を改正施行した。
 

 今まで、JR西日本のトップ、歴代3社長にこの事故の責任を問う裁判では、いずれも無罪であった。それが組織には責任を問えないので、被害者から不満が出ていた。刑法の過失責任が問えるのは個人だけ。検察審議会で元社長らに責任があると判断して、強制起訴に持ち込んだ。 

  元社長は
「安全対策は担当者に任せていた」
「当時、安全装置を設置義務は法的になかった」と繰り返した。
 JRの組織としての責任を指摘しはできても、それを罰として社長に負わせることができないから、つまりは無罪になる。その論理で人間社会は、看過していいのか。
 

 JRのトップに立つ人間は、人倫に悖モトる行い、あるいは「行わない(不作為)罪」を負うことが課せられる。人としての見本という義務を負うべきだ。
 道義上の罪なら、法律にないから無罪ということにならない、という騎士の栄誉を守るべきではないか。「私が責任をとる」従って、「みんな(部下)は安心して、仕事に勤しめ」というのが、
トップの地位の人が言うのじゃないか。
 表向きはそういっておいて、いざとなると、逃げるのが日本人のトップの悪い癖。この三人元社長は「責任
ある」と一人が思っても、ほかの二人に影響あるから言えないのかもしれない。 

 この判決は、末端の(死んだ運転士に)責任を押し付けた形で終わっている。最高の地位にいるものには、一般兵士が行った行為(銃を撃つ、ミサイルを撃つ)の責任はトップの方針に従うわけだから、責任はトップがある。 

 組織の長であるJR西日本の社長は、事故の大きさを考えれば、刑法の上で無罪となっても、「私の責任は重い」と述べて社会に対して咎を負う姿勢を示すことが、トップの在り方ではないか。そうすることで、社会における「倫理・道徳観の欠如・崩壊・空洞化」を防ぐ責任を示すことにもなる。 

 それは騎士たるものが負う“ノブレス・オブリージュ(自発的な無私の行動)”を日本社会に根付かせる必要がある。トップが逃げ回るようじゃ、日本もおしまいだ。 

ノブレス・オブリージュ(仏: noblesse oblige):
直訳「高貴さは(義務を)強制する」を意味し、一般的に財産、権力、社会的地位の保持には責任が伴うことを指す。
 最近では主に富裕者、有名人、権力者が社会の模範となるように振る舞うべきだという社会的責任に関して用いられる。その核心は、明文化されない“自発的な無私の行動”を外形的な義務として、受けとめること。
 倫理的な議論では、特権は、それを持たない人々への義務によって釣り合いが保たれるべきだという考え方。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村 お気に入りに追加
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link
 

Kanban2録音テープ起し
講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ
 

 
Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。 
 ドロップボックスへ音声ファイル・画像ファイルを入れるだけで届きます。非常に簡単になりました。現在1回20GB(音声30時間)まで受付可。
  ご連絡頂ければ、即日、専用ドロップボックスを用意します。バイク便を使うより確実で早く、料金のご負担もありません。(もちろん、宅急便依頼は、SDカード、CD、DVD送付でもOKです。)
 
執筆代行 (①ゴーストライター/②スピーチライター) 
ゴーストライター:原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの原稿作成。著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを文章に作成。出版社・印刷所に提出できる体裁にします。《→執筆代行詳細へ                                                         


プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« ◆大塚久美子社長に、創業家以外の株主の8割以上が支持 | トップページ | 高校新入生に「春休みの宿題」これでステップにジャーンプ! »

事件、事故」カテゴリの記事

コメント

検察審議会で元社長らに責任があると判断して、強制起訴に持ち込んだ。

投稿: JR西元社長S | 2015年8月26日 (水) 09時17分

刑法の上で無罪となっても、「私の責任は重い」と述べて社会に対して咎を負う姿勢

投稿: トップ社長の責任 | 2016年8月19日 (金) 18時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆大塚久美子社長に、創業家以外の株主の8割以上が支持 | トップページ | 高校新入生に「春休みの宿題」これでステップにジャーンプ! »