« 母105歳の死、わが母38歳の死を見て、私のゴールは | トップページ | JR西日本 宝塚脱線転覆事故 歴代3社長に責任はないだろうか? »

2015年3月27日 (金)

◆大塚久美子社長に、創業家以外の株主の8割以上が支持

 父娘による創業家で紛争が起きている大塚家具の定時株主総会が27日、東京都内で行われ、 議長・大塚久美子社長(47)に対して、創業者で筆頭株主の大塚勝久会長(72)と、千代子夫人が株主として出席し、戦いを挑んだ。201503100100532・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村 お気に入りに追加
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  肉親の情に終始した質問には何ら建設的なものがないと判断されたのか、長女久美子社長側の案に対して61対39で賛成が上回り父・勝久会長の株主提案は受け入れられなかった
 約200人の株主が出席して行われたこの日の大塚家具の株主総会。執行部の長女・久美子社長に対して、創業者の父・勝久会長と千代子夫人が株主として株主提案を出して挑むという異例の戦いが繰り広げられた。
この委任状争奪戦の戦前の票読みでは、五分五分とも見られていた。また、社員株主は4割が棄権し、残りは自主投票となった。
大塚勝久       350万株 18.88%
ききょう企画       189万株 10.21%
日本生命       114万株 6.15%
日本トラスティ信託 91万株 4.94%
東京海上日動     62万株 3.37%
三井住友信託     57万株 3.08%
従業員持株会     55万株 2.98%
大塚春雄         55万株 2.82%
ジャックス           48万株 2.59%
ノーザントラスト       38万株 2.10% ※敬称略

  会社提案は、久美子社長をトップとし、二女の夫・佐野春生氏、二男の大塚雅之氏らを中心とした経営陣。
一方で、勝久氏が出した株主提案は、勝久会長をトップとして、長男・勝之氏を中心とした経営陣になる。

  勝久会長は質問に立ち「権限をわたしからすべて奪っておいて、さらに会議には参加させない。(久美子社長は)5年間もそうやってきた。(会社の)復活はいまのメンバーには無理で、わたしにしかできない。わたしはワンマンではないし、そうでなければ今まで社員はついてこなかった」と訴えた。
 また「佐野取締役は二女の旦那だが、家も何もかも用意しました。それがクーデターの張本人です。社長もそうですが、雨風をしのげるようにと妻が家を与えました」などと、肉親の情に訴えかけるなど、会場から失笑も漏れた。
 ちなみに、久美子社長の千代田区内のタワーマンションは、大部分が母親名義であることは不動産登記からも確認できる。
 興奮し不規則な発言をする勝久氏に、久美子社長は「御静粛にお願いできますでしょうか」と制止する場面もあった。「貴重なご意見ありがとうございました」などと返した。
 また、母の千代子夫人も質問に立ち「昨年7月、(取締役会で)7人中5人の賛成で『わたしは辞任しない』と退任しましたね。そのあとすぐに、(大株主の)ブランデス・インベストメントに電話をしましたが、そういうことはいけませんね」と暴露を続けた。
 他にも退任したあと、総会前に一部の記者を集めてパーティーをしたこと、社内に監視カメラを多数設置したことなども述べた。久美子社長は「様々な事柄で事実に基づかないこともございます」と否定している。
 また、一族に対しては専務で長男の勝之氏に対しても外部の株主から「勝之さん、お父さんにくっついているだけじゃないですか。あなたにその器はない」という厳しい指摘も出るなど、一族内の争いへの嫌悪感を表すようでもあった。
 3時間以上のロングラン総会となったが、内容で見るべきものはほぼなかった。すでにニトリ、イケアなどにシェアを奪われて競合他社に押されている中で、既定路線を走ろうとする勝久氏よりも、若い久美子氏に任せようという株主が少しだけ上回ったという印象だ。だが、勝久氏は戦いを挑む意思をすでに示しており、これで終わったわけではなく、歩み寄りは遠そうだ。
 総会について、出席した株主たちは不満の声を次のように漏らしている。
 「社長も会長も、インサイダー取引を起こした時や、業績が落ちてきた時も、我々株主の意見など何ら聞いてこなかった。株主説明会もこれまで行わなかったのに、それが、今になって話を聞いてくださいとは、ムシがよすぎる」(60代、男性)
 「会社が変わっていかなければならないという危機意識で、若い久美子社長の方が有利だったように思う」(40代、女性)
 「結果、配当が2倍になるが、それでも全然喜べない。会長より社長の方がマシというだけで、何の解決にもなっていない。将来の具体的な改革案なども聞きたかったのだが、それもない。配当をもらうだけなら、別に他でもいい。もう売る」(40代、男性)

  ききょう企画(父会長の持ち株を兄弟で所有する節税対策の組織)とはナニか、調べているうちに、内紛を長男=久美子の弟が記者に語っている記事があった。
「ききょう企画」をめぐる対立の深層とは
---資産管理会社の「ききょう企画」を(父)会長が訴訟を起こしています。これは相続スキーム(節税対策)ですね。。
勝之(長女久美子の弟長男)氏 まったく違います。姉の発案で、000
会長(父)の株の一部をききょう企画に移すことになったのですが、父が株を持ったまま死んでしまった場合、株が散逸しかねないから安定化対策(として)130万株をききょう企画に移し、その代わりに私募債15億円分を発行し、会長が引き受けた。

一昨年の2月に家族が集まった時、会長から、そろそろ社債(4月が償還期限)を一度返してもらおうという話になったのです。結局、その後、話し合いがもたれず、期限を過ぎました。
 10月にききょう企画の総会があったのですが、姉と弟と妹の4人が、あの社債は継続することが口頭で承諾されていると言い出し、そして、11月1日に大量保有報告書が出て分かったのですが、株を久美子さんが自分の方に入れたんですよ。慌てて弁護士に駆け込みました。

 ---大塚家具の株式は、すでにききょう企画に売却されていて、その原資を社債で調達しているということですね。久美子氏は別のところから資金調達するためにききょう企画の株式に担保権を設定したと説明しています。
勝之氏 (姉が)差し押さえを逃れるためだと言っていました。実は私がいったん会社を辞めたあと、2008年末に会長の自宅に行ったところ、ききょう企画の株式を兄弟姉妹平等に変えてくれと言われました。それまで私が半分持っていましたから。当時は会社を離れていたので、いいよと即答した。今は母が10%、兄弟姉妹5人が18%づつを持っています。その際、贈与税が発生したので、母が肩代わりしておカネを貸し、少しずつ返してもらっているはずです。

 ---ききょう企画の訴訟は、15億円を返せ、という訴訟ですね。
勝之氏 ききょう企画の財産はほとんど大塚家具の株式なので、代物弁済するか、ききょう企画を会社ごと会長に持ってもらうしかない、と言っています。

 ---久美子氏らが資金調達して返金することもあり得ますね。
勝之氏 ファンドを使って借りようとしている、借り先を見つけている最中だ、と言っていました。

 ■ 「姉は会長と私を排除したいだけ」
---おカネの問題は一族のプライベートな問題ですが、それでどちらに大塚家具の株式が帰属するかとなると、上場企業の経営権の問題がからんできます。
勝之氏 実は1年前の株主総会でも、ききょう企画は会長選任案に棄権しています。会長の選任に棄権するようでは、安定株主ではありません。私たちは、ききょう企画の株は、違法に持っている株だと思っています。会長と私を排除するために使われている。あのスキームは、今になって思えば、始めからそういう目的だったのではないか。

 ---久美子社長は会見で、私が会社に戻ることは、会長が引退するのが前提だった、と言っています。
勝之氏 2005年に久美子姉さんがいったん役員を辞めたのも、会長とぶつかったからで、母は、これだけ考え方が違うんだから、どちらかが辞めないと仕方がないわねと言ったためです。

 ---2008年に勝之氏が会社を辞めなければ、久美子姉さんが社長に戻ることはなかった、と。
勝之氏 そうでしょうね。私はいなかったので分かりませんが、姉が早く代われと父に言い続けていたのは事実です。姉さんが戻る時に父がどういう言い方したかは、母も分らないのです。

 ---勝之さんと久美子さんの2人が会社に残るのは難しいのですか。
勝之氏 仕事でぶつかっているのではない。姉は、会長と私を排除したいだけですから、とくに会長を排除したいだけです。経営方針は関係ないんです。ぶっちゃけて言ってしまえば。姉さんは、取締役会の様子をビデオに取って会長が怒鳴ったりするのをパワハラの証拠だとか言っています。

 ---こうなると、委任状争奪戦で決着を付けるしかないですか。
勝之氏 あとは株主の皆さんに判断して頂くしかありません。

  記事の紹介で終始して、私がコメントを入れる余地はないですね。父と母が株主総会に出て来て、一般の株主の前で、私情を含む話を暴露して味方につけようとしている時点で、オヤジ側の負けだね。姉のほうが勉強している分、冷静だ。下克上で、結局、姉の天下になることだ。一時は、ニトリに水をあけられるのは仕方がない。家具販売は難しそうだね。現在、小規模の家具販売会社は、かなり淘汰されているのが現状。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村 お気に入りに追加
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link

Kanban2録音テープ起し
講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ

 
Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。 
 ドロップボックスへ音声ファイル・画像ファイルを入れるだけで届きます。非常に簡単になりました。現在1回20GB(音声30時間)まで受付可。
  ご連絡頂ければ、即日、専用ドロップボックスを用意します。バイク便を使うより確実で早く、料金のご負担もありません。(もちろん、宅急便依頼は、SDカード、CD、DVD送付でもOKです。)
 
執筆代行 (①ゴーストライター/②スピーチライター) 
ゴーストライター:原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの原稿作成。著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを文章に作成。出版社・印刷所に提出できる体裁にします。《→執筆代行詳細へ                                                         


プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 母105歳の死、わが母38歳の死を見て、私のゴールは | トップページ | JR西日本 宝塚脱線転覆事故 歴代3社長に責任はないだろうか? »

企業情報」カテゴリの記事

日本の姿、文化」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

経済・金融問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母105歳の死、わが母38歳の死を見て、私のゴールは | トップページ | JR西日本 宝塚脱線転覆事故 歴代3社長に責任はないだろうか? »