« 「花燃ゆ」ネタバレあらすじ(追伸)庠序学校を設け為して | トップページ | 仏週刊紙「シャルリーエブド」襲撃事件 衝撃映像from中国 »

2015年1月 8日 (木)

長島家長男と次女、花田家長男と次男、共通するものは

 長島家長男と次女、それは、正月放映の特番『独占!長嶋茂雄の真実 父と娘の40年物語』(TBS系)で、2004年に脳梗塞で倒れた"ミスター"長嶋茂雄の壮絶なリハビリ生活ドキュメンタリー。そこで、娘が父を看護した話しが展開したのだが、そこに長男が一度も登場していないことで、記者が疑問に感じたという出だしだった。(Livedoorニュースから、内容をお借りしました。)40・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

 次女三奈が特番で取り上げられたのに、長男長嶋一茂が一切登場しなかった。長嶋家には、他に長女と次男もいるが、この二人は一般人だから表に出てこないのはよいとして、しかしタレント・キャスターの一茂が、番組内で一切出てこない、触れられなかったのはあまりに不自然。

 実は、そこには、長年にわたる長嶋一家内の対立、父娘vs長男夫婦の骨肉の争いが横たわっている。
 争いが表面化したのは、長嶋夫人亜希子さんが亡くなった二年後09年6月、差出人「長嶋茂雄」名で1通の通知書がマスコミ各社やスポンサーに送りつけられたことに始まる。

 内容は、
「長嶋茂雄の肖像権管理、商品化権、広告宣伝活動及び出演活動につきまして」
 「従来は、有限会社ナガシマ企画が関与していましたが、平成21年6月15日から、改めて上記通り、株式会社オフィス・エヌが責任を持って行うこととしましたので、お知らせいたします」
という文面が書かれていた。

 

有限会社ナガシマ企画」=一茂の個人事務所で、妻の仁子夫人が代表を務めている。「オフィスエヌ」は亜希子夫人が代表になっていた会社で、現在は三奈が代表に就任している。
 つまり、この通知は、今後、長嶋茂雄に関係するビジネス一切、娘三奈の管理を宣言したものだった。
 

 背景には、ミスターの権利関係やマネジメントを管理に一茂のナガシマ企画が介入し、関係各所との軋轢を生むようになったことがあった。最大のきっかけは、ミスターのリハビリの模様を放映したNHKに対し、ナガシマ企画がクレームをつけ、「ウチを通せ」と横やりをいれ、これに父茂雄が激怒し長男一茂外しを決断したのだ。 

 こうした動きに対して、
 「フライデー」(09年7月3日号/講談社)が一茂サイドに立ち、一茂はずしの裏に、次女の三奈、そして故亜希子夫人の実弟の妻であるAさんの存在があると報道。Aさんが"女帝"といわれるほど力をもち、父茂雄を陰で操っていると書いた。
 すると、この記事に対して、異例の抗議声明文を発表した。
「今回のように悪意に満ちた、全く事実と違う記事に対して、大変に憤りを感じています(略)娘たち、義理の妹が献身的に支えてくれています。そうした善意をこの記事は真っ向から踏みにじるもの」

 情報戦を仕掛けた一茂に向けた 「フライデー」を使った抗議だった。これがきっかけに、一茂に批判的な報道が出始めた。
 まず、「週刊文春」(09年7月2日号/文藝春秋)が「長嶋茂雄と一茂 少誌だけが知る『骨肉のバトル』」と題し、
 一茂が「長嶋茂雄」の商標登録の更新を行い、その商標権を獲得、これに対してミスターは「少年野球教室のことで協力してほしいからサインをしてほしい」といわれてサインをした「騙しうちにあった」として無効を主張していると報道。
「フラッシュ」(09年7月21日号/光文社)もこの商標権問題を取り上げ、ミスターが一茂に激怒し、「裁判をやる覚悟はできている。法律に判断してもらうしかない。不退転の決意でやる。息子といえども不正は許さない」と宣言したとの情報を伝えた。
 実際、ミスター側と一茂サイドは双方弁護士をたてて交渉をしていたものの、決裂。一時は訴訟になることが確実という情勢だったという。
 

 そこで、慌てた一茂がすがったのが、"芸能界のドン"バーニングプロの周防郁夫社長と幻冬舎の見城徹社長という二人の大物業界人だった。周防社長はもともと故・亜希子夫人と親しく、一茂が引退した後の面倒を見た経緯がある。またその周防社長の右腕といわれる見城社長は、今、一茂の最大のブレーンだ。
 実際、7月に入って、周防社長と見城社長が仲立ちをするかたちで、ミスターと一茂の"和解の昼食会"が開かれ、その写真が一茂に近い「フライデー」(09年7月31日号)にすっぱ抜かれた。
 この席で一茂は自分の事務所ナガシマ企画が得た「長嶋茂雄」の商標権をはじめすべての権利をオフィスエヌ、つまりミスターと三奈に返すことを約束したという。
 
 ところが、 「週刊文春」(09年8月13日・20日合併号)には昼食会後、一茂が約束を反古にしたことが報じられている。
「(一茂は)その後、『"和解の昼食会"で権利をすべて返すとは言っていない』と周囲に主張しはじめた。さらにミスター側が七月二四日までに調印して戻すように求めていた和解書も期限までに届けられなかった」
 さらに、8月1日には、一茂が自作の和解書を手にミスターの元を訪れ、権利の棲み分けを明示した文面とともに『以後、この件に関しては訴訟を起こさない』という一文を提示。ミスターのサインを求めた。これに三奈は激怒したという。
 

 それから5年──。ミスターと一茂の確執はいまだ続いていると伝えられていたが、奇しくも正月早々の感動ドキュメントで、その根深さが証明されてしまった。 

「権利問題に付いては、結局、ミスターは一茂側の和解案を受け入れてしまったようですが、絶縁状態はずっと続いているようですね。三奈だけでなく、長女、次男も反一茂で、一切連絡を断っているから、三奈が主導した今回のドキュメンタリーに出演させるはずがありません」(テレビ関係者) 

 戦後最大のスーパースター・長嶋茂雄に降り掛かった一家ドロ沼の利権争奪戦。
 ただ、これはたんに息子・一茂夫妻の欲深さだけが招いた騒動ではないだろう。根底にはミスターが家庭をほとんど顧みず、そのかわりにさんざん自分の威光を使って子どもを甘やかしてきたこと、そして莫大な利権を築いてしまったことがある。そういう意味では、長嶋茂雄という戦後最大のスーパースターゆえに起きた一家の崩壊、といってもいいかもしれない。(Livedoorニュース)

 
長島亜希子さん死去 彼女の胸中

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link
 Kanban2データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ 

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ 

録音テープ起し
講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ

 
Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。 
 

ドロップボックスへ音声ファイルを入れるだけで、非常に簡単になりました。現在1回12GB(音声20時間)まで受付可。
  ご連絡頂ければ、即日、専用ドロップボックスを用意します。バイク便を使うより確実で早く、料金のご負担もありません。(もちろん、宅急便依頼は、SDカード、CD,DVD送付でもOKです。)

執筆代行 (①ゴーストライター/②スピーチライター) 
ゴーストライター:原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの原稿作成。著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを文章に作成。出版社・印刷所に提出できる体裁にします。《→執筆代行詳細へ                                                         


プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

|

« 「花燃ゆ」ネタバレあらすじ(追伸)庠序学校を設け為して | トップページ | 仏週刊紙「シャルリーエブド」襲撃事件 衝撃映像from中国 »

家庭問題」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「花燃ゆ」ネタバレあらすじ(追伸)庠序学校を設け為して | トップページ | 仏週刊紙「シャルリーエブド」襲撃事件 衝撃映像from中国 »