« 長島家長男と次女、花田家長男と次男、共通するものは | トップページ | 韓国ドラマ「ホジュン」文禄の役/壬辰倭乱で朝鮮大混乱 »

2015年1月 8日 (木)

仏週刊紙「シャルリーエブド」襲撃事件 衝撃映像from中国

仏週刊紙「シャルリーエブド」の本社襲撃事件の逃走する犯人をビルの高層階から見ていた動画。000001 テレビでは、横たわる人を撃つ瞬間は放映していない。実際の動画では、犯人は、「シャルリーエブド」警備担当警察官をマシンガンで倒した後、近づいてトドメを撃ち込み、黒い小型ルノーに乗り込んで逃走する。この間、十数秒。これは、イスラム国の戦争のやり方だろうと思わせる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ちょっと、殺伐としたシーンだから、近いうちにこの画像はストップするだろう。★音量注意★上下黒ずくめの男2人が銃撃を繰り返す衝撃の瞬間を、たまたま近くにいた目撃者が撮影していた。インターネット上で公開された動画には、凄惨(せいさん)な現場が記録されていた。
録画したのは、
この事件を知った「シャルリーエブド」社員のようだ。上層階の窓から写したもの。さすがマスコミ関係者は、チャンスをにがさないものだ。

 本社近くの建物屋上から撮影したとされる動画では、道路中央に止められた小型乗用車から黒ずくめで目出し帽をかぶった男2人が飛び出すと、自動小銃を水平に構えていきなり数発発砲。歩道にいた警察官が被弾し倒れ込むと、男のうち1人が近づき、片手を上げ無抵抗の姿勢を示す警察官に更に1発発砲した。その後、男らは再び車に戻り別の場所へと移動した。

 また別の動画では、オフィスビルなどが並ぶ繁華街の十字路で、男2人が「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と大声で叫び、直後に自動小銃を乱射。さらに何かを叫びながら移動する様子が映っていた。
(毎日新聞) 2015年01月07日 23時53分
 

【パリ宮川裕章、斎藤義彦】仏週刊紙「シャルリーエブド」のパリにある本社で7日、男らが銃を乱射し、計12人を殺害した襲撃事件で、仏捜査当局は同日、容疑者3人の身元を特定した。仏メディアの報道によると、アルジェリア系のパリ出身の兄弟のサイド・クアシ(34)、シェリフ・クアシ(32)の両容疑者と、仏北部ランス出身のハミド・ムラド容疑者(18)。ハミド・ムラド容疑者(18)は、現場から離れところの警察に出頭した。000004000006 フランス人の国民性は、こういう国民が犠牲になったことには、強い反応がある。市民が立ち上がった歴史(フランス革命)がある。ドイツがパリを占領したときにも、市民は地下組織をつくって粘り強い抵抗運動をした。それを考えると、イスラムの過激派もしつこいが、フランス国土と国民を守る勢力は、日本とは比較にならないほど、強い。今後の展開、相当長く、粘り強いと思う。

 3人のうち、ムラド容疑者は7日深夜(日本時間8日朝)、仏北部シャルルビルメジエールの警察署に出頭し、拘束された。米メディアは米国情報筋の情報として、兄弟はイラクで戦闘に参加した経験があると報じた。警察は約3000人体制でクアシ兄弟の行方を追っている。 

 仏メディアが報じた目撃証言によると、7日午前11時半ごろ、覆面をかぶり、銃を持った2人組の男が同社本社建物に押し入り、地上階の受付にいた男性2人に同社であることを確認した後、発砲し、1人を殺害した。男らは3階の編集室に向かい、「偉大な神よ」「預言者の敵だ」と叫びながら銃を約30発連射した。 

 同紙は毎週水曜日の午前10時から編集会議を開いており、男らはこの編集会議を狙った可能性が高い。 
 会議に遅れて到着した同紙のデザイナーの女性は、ルモンド紙(の取材)に「自分が建物玄関に着くと覆面の男2人がおり、脅されて扉の暗証コードを押した」と証言。女性によると「男らは完璧な仏語を話し、(国際テロ組織)アルカイダを名乗った」という。女性は銃撃中、机の下に隠れたという。
 

 屋上に逃げ込た記者が撮影した映像では、男らは建物の外に出てからも叫びながら銃を乱射。(動画のシーンは)駆けつけた警察官らに発砲し、負傷した警察官に近づいて射殺した。 男らは付近に止めてあった黒い乗用車に乗り込み、000002同紙本社から約4キロ北の地点で車を乗り捨て、近くに停車していた車を奪って逃走した。

 しかし、イスラム信者がみんなこんなこの過激派のように思われたら、気の毒だ。イスラム信者は、寛容で、やさしい。懐の深い人が多い。他の宗教も、人を救うのが仕事だし、暖かい関係を築くのが仕事だ。ソレを忘れたら、宗教ではない。一度、宗教はなし・・・ということにしてから、もう一度仕切りなおししよう。
 過激派が生まれた原因を考えると、一体なぜこうなるか、わかるかもしれない。

シーア派とスンニ派の違い イスラム教:  
イスラム過激派★先進国の搾取★アルジェの貧困: 
イスラム過激派「イスラム国」に日本人男性(42)が拘束 
エジプトがホメイニ師イランに類似 嫌う米国  
アルジェ★天然ガス施設★ゲリラ襲撃★日本人人質

国家基幹襲撃イスラム過激派 制圧して終りか?:

 ◇シャルリーエブド◇ 

000007 政治家や聖職者らへの風刺で知られる週刊のタブロイド紙で、公称3万部。前身は1960年代に発刊された月刊紙「アラキリ(腹切りの意味)」。同紙が過激な記事で発売禁止処分になったため、多くの編集者が移籍して70年に発刊された。(日本の大手写真週刊誌は公称30万~80万部
 2006年にデンマーク紙が掲載したイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を転載した。その後も同様の風刺画を掲載。
 イスラム諸国で抗議デモが起き、同社への脅迫も続いた。国際テロ組織アルカイダは13年、編集長を標的リストに入れた。
 仏警察はシャルリーエブド本社を警護対象にし、7日の銃撃で死亡した警察官2人も警備担当者だった。紙名の「エブド」は「週刊」の意味。「シャルリー」は人気漫画「ピーナッツ」のキャラクター、チャーリー・ブラウンから取られた。

 こういうユーモアや諧謔を政治家に向けたり、権力と戦うとき、かなり危険を承知で戦うから、凄さがある。

イスラエル、パレスチナ人との友好  
イスラエルとパレスチナの和解は、永遠に来ないか  
ハマス覆面戦闘員 ガザ地区:  
パレスチナ紛争 英国の三枚舌外交の結果 
国のない民族 クルド、チベットなど  
ガザ爆撃、地上戦はイスラエルのあせり

*****
 在フランス日本大使館から、在留邦人宛に、注意勧告のメールが届きました。
(件名)フランス:パリの雑誌社に対するテロ事件の発生に伴う注意喚起
(内容)
1.7日11時半頃(現地時間)、パリ第11区で,左派系雑誌社「シャーリー・エブド(Chalie Hebdo)」をカラシニコフ銃等で武装

した2人組が襲撃し、少なくとも警察官2名を含む12名が死亡、6人が負傷しました。現在も犯人は逃走中です。

2.また、オランド大統領は本事件をテロと断定しました。さらに同日、パリを含むイル・ド・フランス州におけるテロ警戒レ

ベルが最高レベルである「攻撃の警戒」(alerte attentat)に引き上げられました。

3.現時点では、犯人像は明らかになっていませんが、「シャーリー・エブド」社はイラクとレバントのイスラム国(ISIL)の

指導者バクダーディーの風刺画をツイッターに掲載しており、また、犯人らは、犯行時「アラー・アクバル(神は偉大なり)」

「預言者に対する復讐をした」と叫んだと報じられています。

2014年9月、ISILは、米国を始めとする「連合」によるISILへの攻撃を批判するとともに、カナダを含む世界の(スンニ派)イ

スラム教徒に対して、米国、フランス、オーストラリア、カナダを始めとする対ISIL連合諸国の国民を攻撃するよう扇動する声

明を発出しています(9月29日付け広域情報「イスラム過激派組織による脅迫メッセージ発出に伴う注意喚起」参照。

4.ついては、フランスへ渡航・滞在される方は,以上の状況を考慮し、テロ事件や不測の事態に巻き込まれることのないよう、最新の関連情報の入手に努めてください。特に、テロの標的となりやすい場所(政府・軍・警察関係施設,公共交通機関,観光施設,デパートや市場など不特定多数が集まる場所)を訪れる際には、周囲の状況に注意を払い、不審な状況を察知したら、速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意してください。

5.なお、テロ・誘拐対策に関しては、併せて御参照ください。
(1)パンフレット
「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット
「海外旅行のテロ・誘拐対策」
http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載)

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)
(現地大使館等連絡先)
○在フランス日本国大使館
住所:7, Avenue Hoche, 75008, Paris, France
電話: (市外局番01) 4888-6200
国外からは(国番号33)-1-4888-6200
FAX: (市外局番01) 4227-5081
国外からは(国番号33)-1-4227-5081
ホームページ:http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/

○在ストラスブール日本国総領事館
住所:”Tour Europe”, 20, Place des Halles, 67000 Strasbourg, France
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link
 

Kanban2データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ 

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ 

録音テープ起し
講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ

 
Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。 
 

ドロップボックスへ音声ファイルを入れるだけで、非常に簡単になりました。現在1回12GB(音声20時間)まで受付可。
  ご連絡頂ければ、即日、専用ドロップボックスを用意します。バイク便を使うより確実で早く、料金のご負担もありません。(もちろん、宅急便依頼は、SDカード、CD,DVD送付でもOKです。)

執筆代行 (①ゴーストライター/②スピーチライター) 
ゴーストライター:原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの原稿作成。著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを文章に作成。出版社・印刷所に提出できる体裁にします。《→執筆代行詳細へ                                                         


プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

|

« 長島家長男と次女、花田家長男と次男、共通するものは | トップページ | 韓国ドラマ「ホジュン」文禄の役/壬辰倭乱で朝鮮大混乱 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ヨーロッパ」カテゴリの記事

国家戦略」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長島家長男と次女、花田家長男と次男、共通するものは | トップページ | 韓国ドラマ「ホジュン」文禄の役/壬辰倭乱で朝鮮大混乱 »