« 菅原文太の妻「落花は枝に還らず」小さな種を蒔いて…コメント | トップページ | 各党トリセツ(マニフェスト)つまみ食い解説、分かりやすく »

2014年12月 3日 (水)

“朝勃ち”する?しない?で、ずばり狭心症や脳梗塞、老化の判定、

 人類は、2000年前、人間の平均寿命は18歳であったそうだ。これは、18歳で半数が死ぬというより、幼児死亡が多かったからだろう。江戸時代の平均寿命は30代、大正時代でさえ、40代。
 それが、今日本では男でも80歳を越す平均寿命になっている。Photo そうすると、長生きで、かえって加齢による心筋梗塞、脳血管障害など、疾患が増えるのは残念ながらや仕方ないのかもしれない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  一ヶ月ほど前の週刊誌(新潮)を見ていたら、すなわち、老化現象(更年期障害)という記事があった。医学用語で、LOH(加齢男性性腺機能低下 Late-onset hypogonadism)。

 老化現象(更年期障害)として、
①腰痛、
②肝臓・腎臓の萎縮、
③骨粗しょう症、
④尿モレ、
⑤血管の錆付き
 以下の通り。症状:仕事、趣味に打ち込めない、眠れない、肩こり。

 老化現象(更年期障害)をいろいろ述べると焦点がボケるから、まず最初に“⑤血管の錆付き” から始めよう。

“⑤血管の錆付き”LOH症候群(加齢男性性腺機能低下 )の原因は、体の酸化予防を担う男性ホルモンの低下にある。01(医学的注釈
 男性ホルモン(酸化老化予防を担う)代表がテストステロン(Testosterone) これは、男性の成長や精子の生産するホルモンで、睾丸で95%、副腎で5%、メスでは卵巣や副腎から男性の5-10%程度分泌。男性性器の発育、筋肉や骨の質を高めて運動機能を助ける。内科学的には、高血圧や糖尿病の予防に欠かせないホルモンだと言われている。


 このホルモン低下が明白にわかるのが、“朝勃起”がなくなることだ。細君を亡くした定年後の彼に「“朝勃ち”する?」と聞くと、自信なさそうだった。
 “それ”は生理現象で、性的な興奮や本人の意識とは無関係に勃つ。つまり、早朝の勃起不全は、男性ホルモンの低下。早朝勃起不全は、陰茎血管の錆付きの現れである。

 血管にはイロイロあるが、心臓の冠動脈直径3~4ミリ、クビの動脈は直径5~7ミリだが、陰茎血管は細くて1~2ミリで、“朝勃ち”の生理現象がないことは、その血管が錆びついていることだ。ということは、他の血管も同様に老化しており、狭心症や脳梗塞の前兆といえる。

 LOH(加齢男性性腺機能低下)症候群の潜在患者は、日本には600万人以上という統計がある。それを未然に防ぐには
①7時間以上の睡眠が大切。
②抗酸化作用の強い食べ物、玉ねぎ、にんにくが効果的。
 毎日、玉ねぎを二分の1個程度食べる目標にする。
 アルコーは睡眠を浅くするから、ほどほどに。

 
 老化現象では、
①腰痛が目立つ。
 60代では、男女とも、4人に一人はその痛みに悩まされている。

②内臓、特に、肝臓の老化。
 加齢により、40代から肝臓は、徐々に小さくなり、肝臓の萎縮率は、40代を100として、60代で15%、70代で25%、80代で35%も小さくなっている。機能がおとろえる。栄養分解や解毒作用が弱る。
 その機能が低下で、肝臓の代謝力が下がると、薬の成分が分解去れず、例えば睡眠剤の効果が長く続き過ぎて、眠気が取れない。これは肝臓の老化が原因ということがある。
 深刻なのは、腎臓である。肝臓で分解した残りは腎臓で分解する。腎臓が老化すると、薬剤などが分解されず体内に残り続け、薬物中毒になる恐れがある。
 肝臓と腎臓をまもるには、油分、糖分、そしてアルコールが
大敵、控えるのが近道である。

③骨粗しょう症、
 骨粗しょう症の患者は日本には1280万人いる。骨粗しょう症は、圧倒的に女性に多い。男性の3倍は女性。
 理由は閉経と関係があり、50歳を過ぎで骨折をする女性は多くなる。
 破骨細胞(骨を溶かす)と骨芽細胞(新たに骨を作る)が
骨の中にあってバランスをとって骨をリニューアルしている。
 閉経後は、エストロゲンの分泌が少なくなり、破骨細胞(骨を溶かす)が活発になり、骨の形成をする骨芽細胞(新たに骨を作る)を上回る結果、骨がスカスカになってしまう。

 転んでも折れない骨をつくるには、
 カルシュウムの多い牛乳を飲み、小魚を食べればよさそうだが、
「骨は、筋肉によってひぱられて広がることで強くなっている。骨は、適度の刺激を与えることが重要である。
 お勧めするのは、縄跳びや四股ふみ。四股ふみで、加重がかかれば、大腿骨が鍛えられる。骨が横に引っ張られて、さらに骨は鍛えられる。」
 今日からでも実践、何よりも肝心なのは継続である。

(医学的注釈
エストロゲン(米: Estrogen 独: Estrogene):
ステロイドホルモンの一種。一般に卵胞ホルモン、女性ホルモンとも呼ばれる。エストロゲンの語源は、ギリシャ語の“estrus(発情)”と、接尾語の“-gen(生じる)”から成り立つ。エストロゲンの分泌がピークになると発情すると言われたことに由来する。
 卵巣の顆粒膜細胞、外卵胞膜細胞、胎盤、副腎皮質、精巣間質細胞で作られる。乳児期早期(1-3ヶ月)の女性は思春期並に分泌量が多く、小卵胞が出没するが、2歳から思春期を迎えるまでは分泌量が減少する。


④尿モレ、
 この予防策として、膣と肛門、尿道回りの筋肉を一回5秒締め付ける。これを毎日30回~50回行うのが予防になる。1日10回でもよいから、今からでも始めるのがいい。台所の立ち仕事で行っいる人もいる。

長寿で健康な生活の三本の柱は、
①運動
②食事
③生き甲斐
3つのうち、一つでも失うと、他の二つで挽回するのはかなり大変だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ Kanban2データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ   

 アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ   
 

録音テープ起し
講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ
 

Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。  

ドロップボックスへ音声ファイルを入れるだけで、非常に簡単になりました。現在1回12GB(音声20時間)まで受付可。
  ご連絡頂ければ、即日、専用ドロップボックスを用意します。バイク便を使うより確実で早く、料金のご負担もありません。(もちろん、宅急便依頼は、SDカード、CD,DVD送付でもOKです。)   
 

執筆代行 (①ゴーストライター/②スピーチライター) 
ゴーストライター:原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの原稿作成。著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを文章に作成。出版社・印刷所に提出できる体裁にします。《→執筆代行詳細へ                                                         

プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 菅原文太の妻「落花は枝に還らず」小さな種を蒔いて…コメント | トップページ | 各党トリセツ(マニフェスト)つまみ食い解説、分かりやすく »

心と体」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

病気と健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菅原文太の妻「落花は枝に還らず」小さな種を蒔いて…コメント | トップページ | 各党トリセツ(マニフェスト)つまみ食い解説、分かりやすく »