« 録音テープ起し アンケート入力  データ入力 問い合わせ窓口 | トップページ | 「風と供に去りぬ」スカーレット・オハラみたいな女、案外いるいる 評価AA »

2014年11月25日 (火)

山口淑子の男遍歴、松岡洋右の長男謙一郎、イサム・ノグチ、大鷹弘・・・

 山口淑子(当時21歳)は、日劇七回り半事件のあと、日劇公演が終わって、一通のファンレターを受け取った。17 「思いがけぬ大騒動に巻き込まれ、さぞかし動転なさっていることと、同情申し上げます。しかし、人間の値打ちは、世間で騒がれたり、有名になったりすることで測られるものではありません。人間の価値は、表面にあらわれるものではありません。
「李香蘭私の半生」山口淑子 楊柏堡・平頂山事件
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 あなたは新聞の談話で、李香蘭と偶然に名乗った・・・と言い訳をしていますが、あなたが悪いのではありません。国策に利用されたのです」と慰めてくれた。そのあと、「しかし、自分だけは大切にしなさい。自分がしっかりしないと、国家や時局にもてあそばれるだけです。あなたは、心に光るものを持っている人です。それをいつまでも大事にしてください。」と結び、末尾の「大学生松岡謙一郎」と著名があった。

「日劇七周り半事件」とは昭和16年2月11日、日本劇場で行われた実演「歌ふ李香蘭」において、チケットを求める群衆が劇場の周囲を7回り半取り囲んだとして、当時の李香蘭の人気を物語る伝説になっている事件である。
01
 後年(1986年)、久しぶりにお会いしたら、父洋右氏とそっくりな風貌になっていた。この手紙の書いた内容は記憶にないようだった。

 その頃、李香蘭は行く先々でファンに取り囲まれ状態で、外でデートというわけにはいかないので、桜の季節の終わり頃、夜の青山墓地を歩いた印象が残っている程度である。赤坂の「瓢亭」にいくと、女中頭が気を利かせて一番奥の部屋へ案内してくれた。一緒にいられる時間は少なかったが、それでも何年かするうちに、いずれ結婚を申し込まれるかもしれないと、期待をもっていた。松岡謙一郎も、友人に「どうするのか」と詰問されたことがあった、という。


03 昭和16年、海軍経理学校から海軍本省と勤務がめまぐるしくかわり、戦局が敗色が濃くなると、結婚どころではなくなった。李香蘭は、求婚を望んでいたが、表情には出さなかった。しかし、良家のお嬢さんを松岡家に招待したとか、お見合いをしたとか、耳に入ってきた。松岡さんの気持ちがつかめず、辛かった。松岡の笑顔がすばらしい方だったが、彼の明るく笑う分、苦しんだ。新京の友人に打ち明けて、一晩、思い切り泣いたこともあった。

 彼女にはエキゾチックな無国籍的な魅力を振りまいていたが、スターになっても、気安さが漂っていたからか、男性が寄ってくるが、彼女には友人どまりのガードがどこかにあるようで、告白のタイミングがつかみにくい・・・。09 山口 淑子(やまぐち よしこ、1920年2月12日 - 2014年9月7日)は、日本の歌手、女優、政治家。戸籍名:大鷹淑子(旧姓:山口)。戦前の中国(中華民國)と満州國、日本、そして戦後の香港で李 香蘭(り こうらん、リ・シャンラン、Lee Hsiang Lan)、戦後の米国ではShirley Yamaguchiの名で映画、歌などで活躍した。終戦を上海で迎えた彼女は、漢奸(中国人として祖国を裏切った)容疑で中華民國の軍事裁判に掛けられたものの、日本人であることが証明され、漢奸罪は適用されず、国外追放処分となり、日本に帰国した。

Chi02 今のタレント、女優に当てはめると、沢口靖子の雰囲気がある。このころ、田村泰次郎がかなり熱を上げているように書かれている。

田村 泰次郎(1911年11月30日 - 1983年11月2日、享年71):三重県四日市市出身の小説家である。早稲田大学文学部卒。
戦時中5年3か月に渡って中国山西省で従軍。その当時の経験は『田村泰次郎の戦争文学-中国山西省での従軍体験から』(笠間書院)にてまとめている。40代のときに脳卒中で倒れ、少し言語障害が残った。
 代表作「肉体の門」 1977年 日活/ 1988年 東映京都/肉体の門(テレビドラマ、2008年、テレビ朝日)

● イサム・ノグチと語り合う席を設けてくれたのは、石垣栄太郎・綾子夫妻であった。石垣夫妻と知り合ったのは、作家パール・バック女史の邸宅。滞米生活の長い栄太郎氏が、彼ノグチ氏十代ころから知っていて、同じニューヨークの芸術仲間で付き合いがあって、46歳になっても独身を続けていて、ヤキモキしていた。

「満州でデビューしたキミは、日本軍部の宣伝に使われたわけだね」と早口で言われ、そのときは、グサリと刺された思いであったが、「軍部の宣伝に使われた」という、ノグチ氏にストレートに言われたコトが、素直に受け止めることができた。ノグチ氏も、李香蘭(山口淑子/当時31歳)も帰るふるさとを失われた同士の郷愁が共感できた。

 ノグチは、淑子の映画女優を芸術家としてみなし、お互いの目標について語り合える相手と感じた。彼から求婚されたとき、自分の気持ちを整理する必要があり、返事を一年待ってもらった。「芸術家としていつも自由でありた」というノグチ、「結婚に縛られないで仕事優先したい」淑子の意見をお互いに尊重ということで意見の一致をみた。仕事の支障をきたしたら、友人として円満に別れるという条件とした。Photo
 お互いの仕事が忙しくなり、会える機会が益々減って、ノグチ氏のニューヨークでの仕事が長期滞在が予想されることになり、一緒に渡米するつもりでいたところ、入国ビザが下りず、映画「抱擁」の仕事が入って後から行くことになったが、撮影が終わり、改めてビザの申請してもまともや「ノー」の返事であった。ノグチ氏と合流することにしたが、日本人では徳川夢声などもビザが下りないクチであった。非米活動委員会の「赤狩り」の対象になっているらしかった。結局アメリカへは行かず、香港で中国映画に出演して、日本へ戻った。

 入国拒否の真相がわかった。
 李香蘭は、共産党シンパとして、(好ましからざる人物)にリストアップされていたのだった。「赤狩り」が下火になったのと、ビザが下りたのが時期的に一致していた。ノグチ氏は、彼女のビザ問題でパリ、ニューヨーク、ワシントン、東京と駈けずり回っているうちに、大事な仕事コンペを失敗して失った。近くにいて、慰めることもできず、電話の声だけでは、ギクシャクしてしまった。

 イサム・ノグチ氏との結婚生活は終止符を打たれる時がきた。結婚の条件に従って、時間のすれ違いが、性格のすれ違いにつながってしまった。四年間の結婚生活中一緒に暮らしたのは一年にも満たなかった。

●山口淑子は、彫刻家イサム・ノグチ氏と離婚直後、ニューヨークでミュージカルの主役を演じて活躍中。ある日、国連の会議に出席した日本代表に食事に誘われましたが、舞台稽古に多忙な山口さんはこれを辞退した。
 そのため山口淑子に花束が贈られることとなり、これを公務として届けたのが秘書官大鷹弘だった。当時、彼は国連大使加瀬俊氏の秘書官補佐としてニューヨーク在勤中であった。

 これを機会に大鷹弘(28歳)が淑子を食事に誘ったのがきっかけとなって、二人のデートが始まり、ノグチ氏との破綻失意の8歳年上の彼女を慰め、愛し合う仲となった。
 外務省が、スキャンダルを恐れた歳の差カップルを引き離すため、その年の暮れ、大鷹弘は突然遠くビルマのラングーンに転勤となり、当時のマスコミは、この人事は左遷だと報道した。二人は、周囲の反対をものともせずに結婚し、9ヵ月後にはビルマから帰国した。

 山口さんは、十分芸能界生活をしたという考えであった。専業主婦として、週刊誌的に伝わらなかったが、外交官夫人として、ホムパーティを開いたり、社交界は、彼女は水を得た魚のように、お手の物でったようであった・・・はず、と思う。2       大鷹氏との写真は多くはない
 山口淑子は、夫と共に駐ベルギー、駐フィジー、駐スリランカ兼モリジブ、駐ミャンマーの各大使を歴任した。2_34 田中角栄に口説かれて、参議院全国区で立候補したが、彼女は李香蘭としても有名であるし、マスコミでも名前が売れているから、組織票を上乗せしないでも、自前で当選できるだろうと、案外冷遇された。開票しても、票の上積みが遅く、前評判にしては下位であった。あとで、角栄さん、組織票つけなくてゴメン、とかなんとか言っていた。

そして、昭和49年からは3期18年の参議院議員生活を送った。新人国会議員にいしては、芸能界も長いし、戦後は司会業、レポーターも経験しているから、国会議員外交にも遜色はなかった。

 選挙民にしてみれば、選挙で一番面白いのは「全国区」の開票であった。立候補者にしてみると、これは全国を回るのは肉体的にも厳しいとマスコミに顔を出さない組織のチョウ長はいやだろうと、全国区を中止してしまった。全国区なら、定員減らすのは、一番簡単だ。
 即日開票で、定員50名、だんだん決まっていくが、山口淑子は夜中2時過ぎても決まらず、3時過ぎに46位で当選になった。と、自叙伝に書いてある。

 女性が8歳年上なら、お互い男女の平均寿命が同時くらいのはずが、大鷹弘さん、71歳で他界。

「李香蘭私の半生」山口淑子 楊柏堡・平頂山事件
山口淑子の松岡洋右長男謙一郎、イサム・ノグチ、大鷹弘・・・ 
李香蘭の歌声、姿が日本人の心を揺さぶった頃 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Kanban2データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ  

 アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ   
 

録音テープ起し
講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ
 

Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。

 ドロップボックスへ音声ファイルを入れるだけで、非常に簡単になりました。現在1回12GB(音声20時間)まで受付可。
  ご連絡頂ければ、即日、専用ドロップボックスを用意します。バイク便を使うより確実で早く、料金のご負担もありません。(もちろん、宅急便依頼は、SDカード、CD,DVD送付でもOKです。)   

執筆代行 (①ゴーストライター/②スピーチライター) 
ゴーストライター:原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの原稿作成。著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを文章に作成。出版社・印刷所に提出できる体裁にします。《→執筆代行詳細へ                                                         

プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 録音テープ起し アンケート入力  データ入力 問い合わせ窓口 | トップページ | 「風と供に去りぬ」スカーレット・オハラみたいな女、案外いるいる 評価AA »

日本の姿、文化」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

死の招き」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 録音テープ起し アンケート入力  データ入力 問い合わせ窓口 | トップページ | 「風と供に去りぬ」スカーレット・オハラみたいな女、案外いるいる 評価AA »