« もやし一筋 業界2位年商80億円 今、南米パラグアイで農場を | トップページ | 女性閣僚の共通点は、安倍総理に従順で大物過ぎないこと »

2014年10月11日 (土)

八郎潟干拓50年、全国から入植者が集まって、モデル新農村

25_pict1
 東京五輪50年、新幹線50年・・・と、大きく取り上げられて全国的に有名だが、もう一つ八郎潟干拓50年がある。1964年10月1日、最初の入植者は家族6世帯14人、干拓関係者とでスタート。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います  お気に入りに追加  
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ogata_3       秋田郡大潟村の田んぼ。奥は日本海

 琵琶湖に次ぐ国内第2の広さだった八郎潟を干拓して誕生した秋田県大潟村が10月1日、創立50周年を迎える。総額850億円の国費を投じ、戦後の食糧不足解消と、大規模な機械化農業による「モデル農村」の実現を目指した。
Img_2

 Photo_3
池田首相は、世界に誇れるモデル新農村をつくることを強調した。
中小企業者の自殺もやむを得ない
貧乏人は麦を食え」と、マスコミが食いつく失言もあったが、「所得倍増」など、高度成長期であったからだが、的確な展望がありスケールの大きい首相であった。


 干拓関係者は、日本農家一戸当たりの平均耕地は1.2ha(東京ドーム46755㎡の4分の一。)として、その平均的農家と大きな格差を生まないサイズ(一戸5ha)にしようと考えていた。
 八郎潟干拓地を訪れた池田首相は、西欧の農村(フランス、ドイツ平均は30ha)に負けない農村にするべく、1戸当たり面積を20haの大きな農村を作るように指示した。しかし、第一次入植者の与えられた土地は10haだった。(後に15ヘクタール)の広大な農地、北欧風の住宅などが手厚く配分された。スケールの大きい農地をもらう分、負う借金も巨大になった。

 67年(昭和41年)、選考を経て
第1次入植者58人(600人が応募、競争率11倍)が入村した。
昭和42年第2次、定員  86人に281名応募。
昭和43年第3次、定員180人に309人応募。
昭和44年第4次、定員150人に389人応募。
昭和48年第5次、定員120人に869人応募。
合計580戸が入植した。
http://www.pref.akita.jp/fpd/oogata/oogata-index.htm 

Photo 秋田県北西部に位置する大潟村は面積約170平方キロ、人口は3000人超となった。
 農業産出額の9割以上を稲作が占め、村によると、大規模化により1戸当たりの農業所得は1600万円以上(2012年)と全国平均を大きく上回る。8割以上の農家が入植2~3世に経営を移譲。
 今年5月に有識者でつくる「日本創成会議」が公表した人口推計で、県内で唯一、若年女性人口が増加すると試算されるなど独特の発展を遂げてきた。
 

View0017923517 私が八郎潟干拓地を見たのは、10年前であるが、ホントに行って見ないとわからないが、9千haあって、JR山手線の面積より広い。義父の縁故者に小型バスで案内して頂いた。それが夏だったので、農閑期だったのか、大型の農機具が動いていても、大きく見えないほどの背景の農地が広い。
八郎潟大潟村新農村: 続noz22 

順調に大潟村(八郎潟干拓地)の米作の増産が喜ばれたのは、初めの数年だけで、米の減反政策が始まり、国は稲作面積を半分にしてほかの野菜生産を強いた。

 国は全国的なコメ余りを背景に減反を開始。作付面積の上限を超えたコメを刈り取らせる「青刈り」を実施した。
 補償金を出さずに利益の少ない畑作への転作を誘導したため、不信感を抱いた一部農家が過剰作付けの「ヤミ米」を市場外で売り始めた。入植者たちは米生産をすることで安定的に借金を返済してきたから、農家はトラックで運び出す「ヤミ米」に対して、国は道路封鎖などして
阻止・・・。80年代はニュースになるようなことが次々起きた。国は農地没収などで対抗、村内は減反に従う農家と、反対する農家に二分された。
 2010年、減反参加を条件に農家の赤字を穴埋めする戸別所得補償制度が導入されると、8割以上が減反に参加し対立は沈静化。12年の村長選では反減反派が対抗馬を立てず、長年の確執解消を印象づけた。

Photo 
 合計580戸が入植したはずが、今は510戸だ。50年の間に、借金が負い切れなくて脱落した農家もある。入植者の面接でうまく合格しても、農業経験のない人もかなりあったらしい。また、農業の経験があっても、
八郎潟干拓地はスケールが違うから、勝手が違い、機械の操作とか、一年間は訓練農場で習うことが多かった。しかし、入植者たちには意気込みがあって、それぞれ希望に燃えていた。

 スタートは、まったく同じ条件でも、貧富の差が今はできている。95年に食管法が廃止されて、米を集めて米の流通で稼ぐことで、2011年の所得は、平均で1440万円。Wさんは流通業で成功している。所得は、10年前で30数億だった。Bsc1410040500003p1 とにかく、日本の農村のイメージでは、把握しきれない。 

P1 50年経ったのは、東京五輪や新幹線ばかりではない。八郎潟干拓50年、日本の農業が変わったことを忘れちゃいかん。 

 米を食わなくなったのは、アメリカの陰謀で、パン食を子供に教え込んだから、だんだんコメ離れが進んだ。
 八郎潟干拓地の整備された農地なら、TPPが農業の自由化を進めても、広大な農産物は安い価格で対抗できる。コメの生産は、ほかの一般農家のコメ作りとは違って、生き残る。コメ粉でうどんでも、ラーメンでも作れる。モチでも、パンでも、コメから作れるはずだ。
 
八郎潟農地向うに見える海は日本海

八郎潟大潟村新農村: 続noz22 
大潟(八郎潟) 戸堀四郎さん: nozawa22 
米増産でインフレ防止の基本戦略: nozawa22

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います  お気に入りに追加  
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link
Kanban2データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ   

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ   

録音テープ起し
講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ

 
Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。 
 

ドロップボックスへ音声ファイルを入れるだけで、非常に簡単になりました。現在1回12GB(音声20時間)まで受付可。
  ご連絡頂ければ、即日、専用ドロップボックスを用意します。バイク便を使うより確実で早く、料金のご負担もありません。(もちろん、宅急便依頼は、SDカード、CD,DVD送付でもOKです。)

執筆代行 (①ゴーストライター/②スピーチライター) 
ゴーストライター:原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの原稿作成。著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを文章に作成。出版社・印刷所に提出できる体裁にします。《→執筆代行詳細へ                                                         

プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« もやし一筋 業界2位年商80億円 今、南米パラグアイで農場を | トップページ | 女性閣僚の共通点は、安倍総理に従順で大物過ぎないこと »

国家戦略」カテゴリの記事

日本の姿、文化」カテゴリの記事

食料、食べ物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もやし一筋 業界2位年商80億円 今、南米パラグアイで農場を | トップページ | 女性閣僚の共通点は、安倍総理に従順で大物過ぎないこと »