« 定年後の夫に感謝、しかし認知症になった場合は? | トップページ | 歳々年々 秋空すっきり、初秋、紅葉落葉2014、 »

2014年9月20日 (土)

“最後のおもてなし”ホスピス医 下稲葉康之の経験と叡智から学ぶ

 「私の努めは、天国への旅支度に訪れた患者さんたちに、“最後のおもてなし”をして差し上げること」と語るのは、福岡でホスピス医と教会の牧師を努 める下稲葉康之さん(75歳)。
「弱さの極みにあるはずの末期ガンの患者さんたちが、素朴な輝きを見せてくれる」という。
 30年 余りのホスピスへの取り組みで見つめてきた「人が死と向き合う姿」について聞く。

000022【出演】ホスピス医・牧師…下稲葉康之,【きき手】杉浦圭子
こころの時代〜宗教・人生〜(再)=ラジオ深夜便で同じ内容でやっていた。再放送 順次変わっていく
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います  お気に入りに追加  
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ホスピス医・牧師下稲葉康之の栄光病院(終末期医療)へ入院してきた末期の患者さんがホスピスで過ごす平均日数は40日。
 その方にとって、死とは単なる概念ではありません。現実です。
「先生、死んだらどうなる?」とよく聞かれます。
「天国って本当にあるの?」
「先生、行ったことなかろうもん」
 もちろん、ありません。経験したことがない。
 なのに、キリストを信じる者は死んでも生きる。キリストが天国へ迎え入れてくださる。その保証は何でしょうか。何を根拠にそう言えるのでしょうか。
 それは「本当にキリストは死んで、よみがえられた」という事実にあるという。

 今仏教へ切り替えている私には、
下稲葉医師の言葉はすぐには飲み込めないが、下稲葉先生は、そこの説明がうまい。信者とそうでない人のギャップ(格差)を
「イエス様は、今生きているお方だから・・・」すがりついて甘えていいのだ、という。 現世とあの世を行き来できる人(イエス様)がいて、案内して天(仏教では彼岸)へ・・・という構図で説明する。

 仏教系ホスピスは、ないかもしれないが、死に瀕する人にどんな説教するのだろうか。聞いてみたい。お寺さんは、死んだあとの葬式や法事で稼ぐのも必要かもしれないが、死にゆく人に安心をどのように与えるか、仏教の踏ん張りどころを見てみたい。

 入院患者に少女がいた。少女の名は、江里子(仮名、高校生)。
彼女は、八歳で神経芽細胞腫を発症し、小学二三年生のとき休学して、三度手術をしている。その後、抗がん剤と放射線照射を行い、治ったと彼女は思っていた。それから五年目、腰が痛いといって入院してきた。
 診察した医師からの手紙では、神経芽細胞腫※の再発であると伝えてきている。下稲葉医師も再発で、余命はあと数か月であると診断した。
 医師の見立てと患者の理解が違って両者のギャップがあっては、患者を世話するのは難しい。彼女の側からすると、治るべき腰の病が治らない。病状を正確に認識しないまま、だんだん病状は進行する。そんな状態で医師が彼女とかかわり、それでは、信頼関係が結べないし、時間が過ごせない。
 ご両親に事情を説明し、本人にある程度説明をするべきだと伝えた。ご両親は「先生、よろしくお願いします。先生にお任せします」ということだった。

 今まで数多くの患者に病状を説明し告知をしてきたので、ヘンない言い方であるが、
下稲葉医師は慣れていた。しかし、何度経験しても緊張する。今回の相手が、16歳の年若い女子高校生ということで、緊張した。今でも、よくおぼえている。
 神様に祈りました。私がまず落ち着いて、彼女の話をじっくり聞きながら説明をできるように、私を整えてくださいと、祈った。そして、彼女の心に慰めを与え、落ち着かせてくださいと。
 そう祈ってから部屋を出た。
 病室には、彼女がいて、その横にお母さんが寄り添っておられた。下稲葉医師は、ナースを伴って病室の彼女に声をかけた。
「江里ちゃん」と。
 

神経芽細胞腫(しんけいがさいぼうしゅ):
 
小児がんの一種、現在は神経芽腫と呼ばれる。
 神経堤細胞に起こる悪性腫瘍で、主に副腎髄質や交感神経幹に発生する。副腎に腫瘤(かたまり)として発見され、肝臓、骨、骨髄に転移することが多い。乳幼児に多く発見される。
 以前は新生児スクリーニング(選別)テストしていたが、新生児では、がんが縮小してなくなるケースがあるとの批判から、今では行われない。一般に18ヶ月までに発症する場合は予後が良いが、18ヶ月以降の場合は予後不良が多い。また、神経節に生じた腫瘍は予後良好。日本では年間150例発生する
 

細胞腫ということで、入院を引き受けたのだけれど、」と、そこまで話すと、江里ちゃんはピーンときたのです。今でもその瞬間のことは、はっきり覚えている。途端に、彼女の体がガタガタと震わせながら、
「先生、再発、再発したの?」「私、この病気で死ぬの?こわい、こわい」「先生、治るの、治らないの?」「死ぬの、死なないの?」「(高校へ)復学できるの、出来ないの?」
 そてまで、何十回、何百回も病状の説明をした医師であったが、その彼女の姿を見て、説明を続けるわけにはいかなかった。
 肩をさすりながら、彼女の落ち着くのを待った。
「三年だけど、再発した?」
告知の説明は、普通一時間前後かけて説明する。私も腰を据えて説明し、質問を受けながら、様子を見ながら表現を考え説明したので、普通の告知より時間がかかった。
 私(下稲葉医師)は、「再発した」「治療の方法が残念ながらない」ということを説明した。「死ぬ」ということは言いにくい。「死なない」というのはウソをつくことです。言えない。ですから、彼女を満足させるような答えになっていない。

 「誰も死なないと言ってくれない」やがて、「ウソでもいいから、死なない、と言って」彼女は叫ぶようになった。ソレを聞いて、私(下稲葉医師)は、ほんとうに切なかった。彼女に会うたびに、私たちは追い詰められていく、そんな感じでした。
 そうした時期が、三週間、四週間あった。その頃、詰め所(ナース、医師の)では、毎日、彼女のことでミーティングをしていた。どういう風に対応するべきか、最初に二つの原則を確認した。
一、絶対ウソをつかない。
二、できるだけ真実に接する。
 ミーティングで相談した結論をもって、彼女のところに行き、
「江里ちゃん、残念だけど、死なないとは言えない」と私(下稲葉医師)は言った。担当医としては、これほどつらいことはない。
「死なないとは言えない」そして、「でも、江里ちゃん、あなたに死んでほしくない」
 

それから、二三週間たったころ、江里ちゃん部屋へ行って話していると、ちょっと彼女がうつむき加減に
「先生、死ぬんだったら」と、
 本人から「死ぬのだったら」と言う言葉は始めてだった。
「先生、死ぬのだったら、その前にしたいことがあるのです」うつむきながら、「死ぬ前に、ウエディングドレスを着たい」

 それを聞いて、両親と相談した。
 彼女のおばの美容室で着付けて、写真を撮ったのがこれである。万感の思いが篭った写真となった。
000012彼女の病室に入ると、目につくところに数枚貼ってあった。

「(彼女の)死にたくない」という気持ちには強いものがあり、ひょっとして死ぬかもしれない」という揺れる気持ちの中でのこの写真撮った。撮ったからって、解決したわけではない。
 それから、いろいろあって、私(下稲葉医師)は、いろんな話をした間柄であった。しかし、死を前提にして、「江里ちゃん、あなたが死んでも」とか、そういう一人称の「死」として会話を交わすのは大きな躊躇があった。

 ところが、ある日病室へ行くと、お母さんが本人を前にして、「江里子は、小学一二年の頃、聖書を読んだことがあって」と語った。それを聞いて、私(下稲葉医師)は、「あ、江里ちゃん、聖書を読んだことがあったの・・・」
 

 下稲葉医師の牧師としての気持ちになって一条の光明が差した。「江里ちゃん、賛美歌を歌っていいかな」
 そこで「忘れないで」という讃美歌を歌って聞かせた。

賛美歌、忘れないで

「わすれないで」
忘れないで いつもイエス様は
君のことを 見つめている
だからいつも 絶やさないで
胸の中の ほほえみを
 

だけどいつか 激しい嵐が
君のほほえみ 吹き消すでしょ
だからいつも 離さないで
胸の中の み言葉を
 

忘れないで 悲しみの夜は
希望の朝に 変わることを
だからすぐに 取り戻して
いつもの君の ほほえみを
 

エリコさんに対して死を語る際にあった壁のようなものを取り去ったという経験を語っておられた。 

 このとき、賛美歌を一度歌ってあげると、「もう一回歌って」と頼まれ、数回歌い、その後は絵里子ちゃんもいっしょに歌った。
そうこうするうちに、
「江里ちゃん、さびしいでしょう、時に不安になったり、怖くなったりするよね。こっちからイエス様は見えないけれど、イエス様は江里ちゃんを見つめている。
 怖かったり、不安なときには、“イエス様、怖い!”って言っていいのだよ。イエス様は今生きているお方だから、イエス様にすがりつけ、必ずイエス様はあなたが死んでも、天国に迎えてくださる」と、私(下稲葉医師)は、こんなお話しが絵里ちゃんとできるようになった。

 「死」と言う言葉が“壁”だったが、「江里ちゃんの死」という言葉の壁が崩れて、使えるようになって、彼女とのコミニケーションの壁がほとんどなくなった。「私が死んでも」と言う枷がはずれて、心解放され、それから、彼女の身辺、表情、振る舞いが徐々に落ち着きを取り戻し、穏やかになった。
 17歳の誕生日を金曜日に迎え、数日後の月曜日に彼女は天に召された。
 

下稲葉康之
Doctors昭和38年 九州大学医学部卒業・福岡中央病院でインターン研修
39年4月  九州大学医学部第二内科(勝木内科)入局
40年7月  西独ボン大学留学
42年4月  医)古森病院に勤務、 福岡市にて開拓伝道に従事
42年10月 キリスト福音教会創設し 伝道者として奉仕
55年10月 福岡県・亀山病院勤務、末期医療(ホスピス)を担当
61年4月  福岡亀山栄光病院新築開業 副院長・ホスピス長就任
平成20年 「社会医療法人」栄光病院 ホスピス主監/理事長
現在、日本死の臨床研究会九州支部役員、NPO法人栄光ホスピスセンター理事長、九州大学・久留米大学非常勤講師、香住丘キリスト福音教会協力牧師
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います  お気に入りに追加  
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link

Kanban2データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ    

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ   
 

録音テープ起し
講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ
 

Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。 

ドロップボックスへ音声ファイルを入れるだけで、非常に簡単になりました。現在1回12GB(音声20時間)まで受付可。
  ご連絡頂ければ、即日、専用ドロップボックスを用意します。バイク便を使うより確実で早く、料金のご負担もありません。(もちろん、宅急便依頼で、SDカード、CD,DVD送付でもOKです。)

執筆代行 (①ゴーストライター/②スピーチライター) 
ゴーストライター:原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの原稿作成。著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを文章に作成。出版社・印刷所に提出できる体裁にします。《→執筆代行詳細へ                                                         

プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 定年後の夫に感謝、しかし認知症になった場合は? | トップページ | 歳々年々 秋空すっきり、初秋、紅葉落葉2014、 »

日本の姿、文化」カテゴリの記事

死の招き」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

病気と健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 定年後の夫に感謝、しかし認知症になった場合は? | トップページ | 歳々年々 秋空すっきり、初秋、紅葉落葉2014、 »