« 殺されたあいりちゃん(当時6)の「ママはかわいそう」に涙す | トップページ | 「般若心経(はんにゃしんぎょう)」仏教の真髄を理解したい。般若心経1 »

2014年9月 9日 (火)

あの歌声から45年、新宿西口広場の歌姫大木晴子 今もゲリラ活動

 NHKラジオ深夜便〔明日へのことば〕(午前4時)を半分寝ながら聞いていたら、「あの歌声から45年、新宿西口広場の歌姫」という人がインタビューされていた。02 主婦大木晴子さん、DVD付「1969―新宿西口地下広場」新宿書房・3456円を出版したことで、NHKが関心持ったのだろう。
明日へのことば 大木晴子
http://www.nhk.or.jp/shinyabin/doga/16.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大木/晴子:1948年秋、東京生まれ。高校卒業後、友人たちと「日野ベ平連」を作りデモに参加。1969年2月から新宿西口地下広場でフォークソングを歌いながらベトナム戦争反対の意思表示を始める。
イラク戦争が始まった2003年の2月、再び新宿西口地下広場で毎土曜日に反戦の意思表示を始めた


「ベ平連」の運動に触発されて、何かできないかと、10人程度の人に連絡を取って、新宿駅西口広場でギターを鳴らして、歌い出したら、見物をする人が輪を作って・・・。ベトナム戦争真っ只中だから、関心は「戦争反対」になる。あの頃は首相は佐藤栄作だったかな。第2次佐藤内閣: 1968年(昭和43年)~1970年(昭和46年)。
 

 この頃は、ベトナム戦争真っ盛りで、B52、大型爆撃機が・・・今オバマがイスラム国の侵攻を食い止めると称して爆撃すると同じように・・・、北爆(北ベトナムへ)爆撃していた。南ベトナムでは、民族戦線を「ベトコン」(=ベトナム共産主義者)と蔑称で呼んで、新聞もそういっていた。あとから見れば、地元のベトナム人だ。必死のゲリラ戦で地下の穴を張り巡らして、神出鬼没の作戦が功を奏して・・・というが、アメリカ軍は枯葉作戦で、ジャングルを丸裸にしてしまうような強力な薬剤を使って・・・後遺症で奇形児が生まれるような事例が一杯あった。
 言ってみれば、その戦争を日本政府は、アメリカ軍の後方基地としての役目を果たしていたから、その当時の若者を中心とした日本人は大反対の気持ちが、これは日本人の気持ちに反することを政府はやっていたから、火付け役がいればすぐ燃え上がった。
 

私も、王子米軍野戦病院の周辺で集まりがあるというとき、デモというのはどうなんだと野次馬で見に行って、ひどい目に遭った体験している。 ベトナム戦争 沢田教一の写真から:

 ラジオ放送が終わった直後、大木晴子さんのtwitterを見ると、書き込みがあった。
「ラジオ聴きました。人はもっとあったかい気持ちで、たくさん話をしなきゃいけない、と。なんか、いろいろ、気持ちが変わりました。ありがとうございます。」
それに対して、大木晴子「明日も晴れ」 が返しツイートがあった。
「話しましょうね。分かり合えるまで」と。
 5000人以上の大木晴子さんのフォロアーがいるようだ。
 

 日本の首都には「広場」と名のつく空間が少ない。有名な広場といえば、皇居前広場と新宿西口地下広場ぐらいだ。どちらも、政治的な集会が何度も開かれ、警官隊や機動隊に強制排除されたのを契機に広場としての機能を失った。
 69年新宿西口地下広場は、強引に名称を「通路」と変え、性格が大きく変わった。
 
 大木晴子さんは、「1969―新宿西口地下広場」という本を出した。当時の模様を克明に記録したDVDとして付いている。
 

 1969年、現在と一見変わらない新宿西口地下広場が、毎週土曜日には、若者たちで埋まり、討論の輪が生まれた。集会はフォークゲリラと呼ばれ、新宿駅西口地下広場は若者たちで埋まった。反戦ソングを歌う「フォークゲリラ」である。Photo フォークゲリラや若者で西口地下広場は埋めつくされた。その熱気ムンムンの群れに「フォークゲリラの歌姫」と呼ばれた大木晴子(せいこ)さん(当時20歳)がいた。中央、ギターの男性の横で声を張り上げているのが大木晴子さんだった。01
いつも最初に歌ったのが岡林信康 『友よ』だったという。それにみんなが和して、歌声が広がった。
岡林信康 COVER『友よ』★
注意岡林信康カバーです。
『友よ』
※友よ 夜明け前の闇の中で
友よ 戦いの炎をもやせ
夜明けは近い 夜明けは近い
友よ 闇の向うには
友よ 輝く明日がある※

友よ 君の涙 君の汗が
友よ 報われるその日がくる
夜明けは近い 夜明けは近い
友よ 闇の向うには
友よ 輝く明日がある

友よ のぼりくる朝日の中で
友よ 喜びをわかちあおう
夜明けは近い 夜明けは近い
友よ 闇の向うには
友よ 輝く明日がある
(※繰り返し)

  最初、数十人の集まりから、1000人になり、すぐ3000人~4000人になった。5ヶ月後の西口地下広場集会を締め出される頃には、7000人が集まった。
 改札口に人が集まっていたが、楽器を持って駅を下りてくると、真ん中がサっと開いて、通れる道ができた。そしていつもの集まって歌う柱へ行く。池に石を投げると波紋ができるように、触れ合ってもムっという感じななく、一人ひとりが優しかった。
 

友よ、野に咲く花 歌はジョン・バ フォークの花盛りで、ギターの伴奏で盛り上がるのが流行りであった。

 あの頃は、土曜日も仕事でその帰りに集まってくれる人が多かった。歌を歌い、その合間に、話をして、それぞれ輪になって議論をした。集会が終わると、みんなごみを片付け、ごみを拾って帰った。歌う反戦など、生ぬるいかもしれないけど、心は豊かであった。毎週土曜日、勤め帰りの人が集まった。
 帰り道、オジサンに「今だけだよ、こうして活動できるのは」と言われたのが印象的だった。「ベトナム戦争反対でも、子供ができたらこんなことはできないよ。」と帰りの電車の中で言われた。電車降りるとき「気をつけて帰れよ」と言われて、今、電車の中の人は、下向いてスマホでをイジッているばかり。隣りの人との接点がない孤立だ。
 

 あのとき、個がそれぞれ光っていた。それぞれの個と個が結びつき、議論をして支えあって強くなろうとした。

権力が、警察権力が入ってこなければ・・・、集会が5ヶ月続いたとき、7000人があつまった最高潮のとき、集会は解散させられた。催涙弾を打ち込まれ、そして、集会の中心の7人が逮捕拘束された。
1969年6月28日…反戦フォークゲリラ事件
 フォークゲリラ集会が機動隊と激突し、道路交通法が適用されて排除された。それまでは車路から噴水まで一帯を埋め尽くすほどの人(7000人)であった。以降集会は禁止され、名称も一夜にして西口“広場”から西口“通路”(=公道)と変更された。集会や蝟集などは歩道不法占有とされた。

 
逮捕されて、拘置所では警察は、すでに氏名はわかっていた。「晴子セイコちゃん」と呼びかけてくるが、彼女は完全黙秘を続けた。三泊四日で無事解放された。

あのとき7000人が集まった仲間の熱気はどこへ行ったのだろう。平和運動に関心がなくなったといわれる中、二人の友人はソレを引きずりながら、抜け出せなかった。それを支え切れなくて、この本を出してよかった。
 
その当時、出版社の編集者として勤務していたが、ソレを機にやめて保育の学校へ行き、幼稚園教師の資格を取っ手やり直しをした。個が強くならなくてはいけない。

 68、69年頃、ベトナムの空爆を毎日続ける米軍に気を使う政府の態度に、若者を中心に反ベトナム運動の高まり、当局は反米運動がドンドン大きくなることを畏れ、新宿西口広場のフォークゲリラ運動を抑えにかかった。まず、規制の口実として、新宿西口地下広場の「広場」を「通路」と書き換えた。それで、通路を不法占拠とみなし、改札口を出たら止まらず歩かせるように、機動隊を使って運動を圧迫し始めた。
 「広場の政治」の高揚感を機動隊が彼らに催涙弾を浴びせて追い払おうとした。日本の現代史のなかで定着することのなかったが、見る者に迫ってくる。あっという間に、ファオークゲリラは消えた。
私も、(文京区に住んでいたから)一度行きたいと思っている間に次の週から、集まる人もいくなり、歌声も聞こえなくなった。

 特に大学生に本書を強く薦めたい。そして本書を読んだら、新宿西口地下広場に足を運んでみてほしい。雑踏のなかから、45年前の光景が浮かび上がるはずだ。
 

特集ワイド:今も新宿駅西口に立つ、フォークゲリラの歌姫に会いに 夜明けは遠かった… mainichi.jp/shimen/news/m20140616dde012040003000c.html

94s べ平連活動でがんばった人も、時が過ぎれば去って行ってしまうが、変わらずに大木セイコさんは、戻ってきて活動を続けている。この粘り強さはなかなかまねできない。たいていは、大学生時代にデモに出ていた人も、うまく学生運動の前歴を隠して役所に就職したりしている。ホントウの平和運動の足腰の弱さはここにあるのではないか。
ベトナム戦争路上射殺 国警長官の末路
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link

Kanban2データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ   

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ   

録音テープ起し
講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ

Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。 

ドロップボックスへ音声ファイルを入れるだけで、非常に簡単になりました。現在1回12GB(音声20時間)まで受付可。
  ご連絡頂ければ、即日、専用ドロップボックスを用意します。バイク便を使うより確実で早く、料金のご負担もありません。(もちろん、宅急便依頼で、SDカード、CD,DVD送付でもOKです。)

執筆代行 (①ゴーストライター/②スピーチライター) 
ゴーストライター:原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの原稿作成。著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを文章に作成。出版社・印刷所に提出できる体裁にします。《→執筆代行詳細へ                                                         

プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 殺されたあいりちゃん(当時6)の「ママはかわいそう」に涙す | トップページ | 「般若心経(はんにゃしんぎょう)」仏教の真髄を理解したい。般若心経1 »

事件、事故」カテゴリの記事

日本の姿、文化」カテゴリの記事

青春時代」カテゴリの記事

音楽、メロディ、歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 殺されたあいりちゃん(当時6)の「ママはかわいそう」に涙す | トップページ | 「般若心経(はんにゃしんぎょう)」仏教の真髄を理解したい。般若心経1 »