« 従軍慰安婦の正体(動画 7分間)当時の日本の立場で主張 | トップページ | イスラム過激派「イスラム国」に日本人男性(42)が拘束 »

2014年8月18日 (月)

「少年H」から見える 現代日本の将来図 動画あり

000003・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

M_3c323a主人公:妹尾肇:通称はH。1930年(昭和5年)生まれ。腕白坊主だが根は真面目で、意外と正義感は強い。実際は1970年(昭和45年)に下の名前を「河童」に改名。
父:妹尾盛夫、1902年(明治35年)生まれ。洋服屋を営む。肇の良き理解者で、理論的に考えるタイプ。身長は153cm。
母:妹尾敏子:1905年(明治38年)生まれ。熱心なクリスチャン(プロテスタント)だが、それが原因で周囲との間に摩擦を生むことも。
妹:好子:1932年(昭和7年)生まれ。優しい心の持ち主だが泣き虫。
 少年H 予告編★
★少年Hの動画は、これ以外は、一切ない。これほど徹底した戦略のできるのは「東宝」だからだろう。こうすれば、見たい人がツタヤでDVDを借りるだろうし、DVDを買うだろう・・・。50年過ぎたら、日本国民の財産として解放する「国民文化財法」を制定したいものだ。 

 昭和初期の神戸。

P249h3 幸せに暮らしていた4人、好奇心に満ちた少年H、妹尾肇(吉岡竜輝)、洋服の仕立屋を営む父・盛夫(水谷豊)、優しい母・敏子(伊藤蘭)に、妹の好子(花田優里音)一家の周りでも、
 洋楽のレコードを聞かせてくれた近所のうどん屋の兄ちゃん(小栗旬)が、政治犯として警察に逮捕されたり、映写技師のオトコ姉ちゃん(早乙女太一)が召集令状受けたが入隊せずに脱走して、憲兵に追われ、町の廃屋の」中でクビつり自殺していた。
 少年「H(エッチ)」は、アメリカへ帰国した宣教師からエンパイア・ステート・ビルディング(英: the Empire State Building)の絵葉書をもらったのを友達に自慢したことから端を発し、父が在留外国人の洋服仕立てを受けていたことから、外国人と連絡があるとか、スパイ疑惑を受ける。
159647_11  憲兵隊に尋問という名の拷問を受ける。拷問は、指に鉛筆を挟んで締め上げ。家に帰ると指は腫れ、血だらけだ。 妻の敏子(伊藤蘭)に秘密にしようと、少年「H(エッチ)」に語る心遣いが、感動させる。
 
 徐々に周囲には、不穏な空気が漂う。一家の周囲にも次第に戦争の足音が忍び寄ってきた。

  いよいよ開戦し、軍事統制が一層厳しくなる頃、少年「H(エッチ)」は中学校に入った。待っていたのは、軍事教練ばかりが続く毎日だった。軍事教練のために在籍する軍人教師が、徐々に力をもっていく様も、見ものである。

自由に物を言うこともできにくい空気が漂う中、少年「H(エッチ)」は自分が疑問に思ったりおかしいと感じたりしたことを素直に口にする。

 敗戦濃厚になった教室で、クラスの生徒が00000「みんな、聞いてほしい。大島さんが爆撃で亡くなった。二中生では始めての犠牲者にったんや。苦しいときこそ、国民が一つになることが大事なんやと思う。
 国を守るために命を捧げることは日本男児の本懐や。勝つか負けるかやない。自分がどれだけ、日本のために尽くせるかや。そうやろ。(せや、せや)
オレはは、いぞとなったら、生きるより、敵を一人でも、二人でも刺し殺してから玉砕する。二中生の大和魂を見せてやろやないか。(オー、拍手)」
 煽られると、簡単に舞い上がる大衆の心理を見せる。000008 
少年Hに近づいて来て
「何か言いたいことあるか?」
少年「H」:別に
「オマエ、玉砕できるのか?」
少年「H」:玉砕するのは、日本の作戦が悪いからやないか?
「なんやと?」

少年「H」:新聞もラジオも、ウソばっかりやて。ボクら本当のこと知らされんでドンドン人が死んで行っているやろ?
「非国民!精神をタタキ直してやる!」000011

 父盛夫は、洋服仕立ての仕事は減って、消防署に勤める。小柄な父には肉体を酷使する消防作業はキツイものだった。母、敏子は隣組の班長に、そして妹、好子は田舎に疎開することになるなど、戦況が不利になるにつれ、それぞれの日常が激変してゆく。 

 Thceab2zod
 ついに神戸も大空襲に襲われ、少年「H(エッチ)」の家も、父は空襲の報で、消防署に駆けつけている間に、焼夷弾で火事になる。小柄な少年「H(エッチ)」は、父の大事にしているミシンをを守ろうと二階から下ろす。母と一緒に重い思いをして道路まで出したが、火は回りを囲んで、とてもそれ以上持ち出せない。そこへ捨て置いて、逃げてようやく命を守った。
 翌朝、神戸の街は見渡す限り焼け野原になっている。そこへ父盛夫が来て、少年「H」と会う。

 行きたくもない戦争に出征し、自分の信念を持って反戦を訴えれば拷問され、町の人からは非国民だと非難され、政府に反抗する良識の人は最前線に送られ殺された。
 そんな人々は、戦争が終わった途端に、
「戦争は間違っていたと思う」
「戦争は二度と起こしてはいけない」
「弾圧されていて自由な発言すら許されなかった」と訴える現代人を見て、少年「H(エッチ)」は一体何を思うのか。

 児童文学作家山中恒は、
51endncqxpl「作中に夥しい数の事実誤認や歴史的齟齬がみられること」や、
「主人公やその家族の視点が当時の一般的な日本人の感覚から大きく乖離していること」、
「戦後になるまで誰も知らなかったはずの事実をまるで未来からでも来たかのように予言していること」、さらに
「自身が編纂に関わった書物の記述がその誤りの部分も含めてまるごと引用されている点」など
 
Thp4jp35jf_2自著『間違いだらけの少年H』で指摘し、『少年H』は、戦後的な価値観や思想に基づく初めから結論ありきで描かれた作品で、
「年表と新聞の縮刷版をふくらませて作り上げたよう
Syoukokumin2な作品」
「戦争体験者の酒の席での与太話を小説風にまと
めただけのもの」と「ボクラ少国民」~子どもから見た戦争~ の作者だけあって、『少年H』には手厳しい酷評。
妹尾は「自らの記憶と体験を元に書いた作品である」との主張を撤回してはいない。

戦時中の軍歌と戦時画像: nozawa22 New! 
武谷三男、日本のくずれぬへいわをかえせ、だ!  
1914年(大正3年)第一次世界大戦、日本の成金時代  
おとなになれなかった弟たちに 米倉斉加年   
はだしのゲン 閲覧制限の考え方  
井上ひさし、「木の上の軍隊」が終着   
森光子と赤木春恵 巡回劇団以来 刎頚の友 
赤木春恵の満州体験 昭和二十年夏Ⅱ 2012.11.12
赤木春恵の満州体験 昭和二十年夏Ⅰ 2012.11.11
赤紙召集令状のからくり: nozawa22 
戦争の影響 女たちの不幸: nozawa22  
甲種合格は身長152センチ以上で身体頑健

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link
Kanban2データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ   

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ 

録音テープ起し
講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ

Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。 

ドロップボックスへ音声ファイルを入れるだけで、非常に簡単になりました。現在1回12GB(音声20時間)まで受付可。
  ご連絡頂ければ、即日、専用ドロップボックスを用意します。バイク便を使うより確実で早く、料金のご負担もありません。(もちろん、宅急便依頼で、SDカード、CD,DVD送付でもOKです。)

執筆代行 (①ゴーストライター/②スピーチライター) 
ゴーストライター:原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの原稿作成。著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを文章に作成。出版社・印刷所に提出できる体裁にします。《→執筆代行詳細へ                                                         

プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 従軍慰安婦の正体(動画 7分間)当時の日本の立場で主張 | トップページ | イスラム過激派「イスラム国」に日本人男性(42)が拘束 »

国家戦略」カテゴリの記事

家庭問題」カテゴリの記事

日本近代史」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 従軍慰安婦の正体(動画 7分間)当時の日本の立場で主張 | トップページ | イスラム過激派「イスラム国」に日本人男性(42)が拘束 »