« ソ連が満州に侵攻した夏(半藤一利)①ソ連の考えていたこと | トップページ | 大渕愛子弁護士(37)、俳優金山一彦(47)と再婚 フナッシーはイリュージョンで別 »

2014年8月28日 (木)

ソ連が満州に侵攻した夏②“日ソ不可侵条約”昭和21年4月まで

  昭和20年8月、9月頃にソ連軍が侵攻するという声は高かった。しかし、ドイツとの戦いで多大な損害を受けているから、その傷を癒さないうちに武力攻撃に踏み切る可能性は低いと考えられた。
  もう一つ、ソ連軍が満州へ9月に侵攻したら、二ヶ月で冬だから、冬季作戦は困難を伴う。また“日ソ不可侵条約”の効力は、昭和21年4月まである。
 ソレらを考え合わせると、年を越して昭和21年の春になってから、侵攻を開始するのが妥当。これが軍部の見通しであった。楽観的であるが、ソ連に出てきて欲しくないという日本軍の
日本軍の心理=願望がそうであった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ソ連軍の陽動作戦というには、ズサンな行動に見えるが、8月5日40キロ先から日本軍の虎頭要塞の様子をさぐるソ連軍将校20名が偵察していた。
 その夜、100名のソ連兵が射撃を加えながら河を渡って、要塞500メートルまで接近してきた。
Ou12日本側は、関東軍総司令部からの通達で、応戦はせず隠忍自重で、夜明けと共にソ連軍は退いた。
 これによって、ソ連軍の侵攻計画の意図が察知された。総司令部は、ソ連軍侵攻の前兆だと憂慮すると共に、何事もなく収束したことからかえって安心した。そのときの総司令官山田乙三大将の(戦後の)感想は、
「(千匣屯事件は)いよいよソ連軍が出てきたかと相当緊張したが、大事に至らず一安心。ソ連軍の侵攻はまだまだ先のことであろうとの気持ちであった」

虎頭要塞:満州国黒竜江省鶏西市虎林市虎頭鎮にある大日本帝国陸軍の要塞。Kotouzannmono_2 1934年(昭和9年)~1939年(昭和14年)に完成したソ連邦からの満州防衛の関東軍主要な要塞。また東西約10km・南北約4kmを誇る要塞はウスリー河対岸のソ連領イマンを見渡せる高地で、唯一長いソ満国境とシベリア鉄道を目で確認できる戦略拠点であった。08062911 守備隊長・西脇武陸軍大佐は第5軍司令部に出張中で、大木正陸軍大尉が守備隊長代理として指揮。在留民間邦人も要塞に避難し、計約1,800人が籠城。四十一糎榴弾砲でシベリア鉄道の鉄橋を砲撃し、さらに砲身が射耗するまでソ連軍に砲撃を続けた。
 守備隊は8月15日に玉音放送を謀略とみし、捕虜日本人5人が、ソ連軍の軍使として、無条件降伏を伝え、停戦交渉を行うが謀略として、軍使の1人在郷軍人会の会長を斬殺。その後、10倍以上の戦力で攻勢をかけたソ連軍を相手に2週間以上にわたり防衛戦(虎頭要塞の戦い)を行い、8月26日に本要塞は陥落。生存者はわずか50名ほど。第二次世界大戦、最後の激戦とされる。

Molotov_2L_2 モロトフ外相から宣戦布告状を受け取った駐ソ大使佐藤は、ポッダム会談前からあれほど辞を低く、ソ連に仲介を頼んでいた。それが、ソ連から出された回答は、予想外。
 「日本がポッダム宣言を拒否したゆえに和平をソ連に和平を仲介する基礎が失われた」という。
 この言い分は、あとからのこじつけだ。なぜなら、日本がソ連に和平の仲介を依頼したのは、ポッダム宣言の出される前の段階であり、ポッダム会談の前に日本は必死で和平を求めてソ連に頭を何度も下げた。しかし、ソ連は何かと理由をつけて返事を延ばして延ばして、出てきた答えが「対日宣戦布告」だ。
 ポッダム宣言を理由に仲介を断るどころか、代わりに「対日宣戦布告」を渡してよこすとは・・・。あれから、70年過ぎた今でさえ、一介の読者である私でも腹が立つ。
 スターリンのやることは、冷徹で、日本は太平洋の島々では制海権、制空権も失って、飢餓状態の兵士が逃げ回るだけの状況だ。今まさに
熟し柿が落ちるというときに、ソ連は参戦するというのだ。40年来の日露戦争での屈辱を・・・と。

 そのあと、付け加えた文章がある。
「ドイツ国民が無条件降伏を拒絶した後味わったような危険と破壊から、日本国民を回避させる」ため、直ちに日本と戦争状態に入ることを宣言する。この宣言を攻撃期日の前の日、8月8日に駐ソ大使佐藤に渡す。

 屈辱、怒りに満ちた佐藤駐ソ大使は、それでも、紳士的に振る舞い、「対日宣戦布告」を東京へ打電するために外交特権を、ソ連外相モロトフに求めた。
「差し支えない。それは平文でも、暗号文でも自由に。また、マリク駐日大使からも、日本政府に伝える」と答えた。
 しかし、佐藤駐ソ大使が日本大使館へ戻り、打電しようとすると、すでに日本大使館の電話線は切られ、無線機が秘密警察の手で没収されていた。宣戦布告とは、こういうことか。ソ連のKGBのやることは、えげつない。
 やむなく、通常の国際電報で「ソ連参戦」を外務省に伝えるしかなかった。ゆっくりと、通常の通信システムで送られたので、8月8日の夜のうちに「対日宣戦布告」を政府や軍部が知ることが出来なかった。

 スターリンは大好きな趣味の映画鑑賞を終え、9日午前零時わずか回った頃、現場の司令官から電話があり、
「同志スターリン、いよいよ攻撃です。わが軍は圧倒的に優勢であり、完全な奇襲に成功する自信があります。日本軍は満州から駆逐されるでありましょう。勝利は間違いありません」

 八月九日午前0時過ぎ、極東第一方面第35軍の先遣支隊と国境守備隊が、闇と雷雨を利用して、静かに前進する。砲兵は、虎頭要塞に照準を合わせる。シベリア鉄道の破壊を任務とする要塞を叩き潰すことが、ソ連軍には緊急の課題であった。日本軍の砲撃によって、補給路が断たれることが一番の痛手であるのだ。
ソ連軍司令官は
「砲撃せよ。目標は日本軍の虎頭要塞である」と命じた。

  • ソ連が満州に侵攻した夏(半藤一利)①ソ連の考え
  • 「遠い約束」背景 満州捨てる 関東軍 最終防衛ライン
  • 満州(中国東北部)からの引き上げ 宝田明の場合
  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
      ↓   ↓   ↓   

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
    ブログ村
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    Sponsored Link
    Kanban2データ入力 
    http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

    顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ   

    アンケート入力
    各種調査アンケート集計
    《→
    アンケート入力詳細へ 
     

    録音テープ起し
    講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
    録音テープ起し詳細へ
     

    Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。 

    ドロップボックスへ音声ファイルを入れるだけで、非常に簡単になりました。現在1回12GB(音声20時間)まで受付可。
      ご連絡頂ければ、即日、専用ドロップボックスを用意します。バイク便を使うより確実で早く、料金のご負担もありません。(もちろん、宅急便依頼で、SDカード、CD,DVD送付でもOKです。)

    執筆代行 (①ゴーストライター/②スピーチライター) 
    ゴーストライター:原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの原稿作成。著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを文章に作成。出版社・印刷所に提出できる体裁にします。《→執筆代行詳細へ                                                         

    プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
    当社はベテランオペレーター40名
    Microsoft Office User Specialist 有資格者


    問い合わせ窓口 ←クリック

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    |

    « ソ連が満州に侵攻した夏(半藤一利)①ソ連の考えていたこと | トップページ | 大渕愛子弁護士(37)、俳優金山一彦(47)と再婚 フナッシーはイリュージョンで別 »

    ロシア問題」カテゴリの記事

    戦争」カテゴリの記事

    日本近代史」カテゴリの記事

    書籍・雑誌」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    « ソ連が満州に侵攻した夏(半藤一利)①ソ連の考えていたこと | トップページ | 大渕愛子弁護士(37)、俳優金山一彦(47)と再婚 フナッシーはイリュージョンで別 »