« 最近、国の指導者は、国民の気持ちに逆らっている。 | トップページ | 戦後を総括する「思想の科学」が日本人に何を残したか。 »

2014年7月13日 (日)

アンチ体育会系リーダー鈴木君の奮闘 写真誌フラッシュの発展

 光文社「フラッシュ」編集長だった鈴木紀夫さんから奮闘を、時々同窓会では聞かせてもらっていた。それを退職を機に一冊にまとめて出版した。読みやすい文章だったので、それを昨夜寝る時間を削って一気に読んだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 最近聞いた話は、某有名女優(今は中●雅●の奥さん)のグラビア撮影に東南アジアで一週間同行した。その際は、初めはお互い遠慮があったが、そのうち着替えを目の前でするようになった。撮影のあと、夕方から夜は、ヒマになり、彼女は町の賑わいを見たいというので、雑踏にいくと、ガラの悪いアンちゃんが集まってきて、可愛い彼女を誘いかけるとか。そのため、彼鈴木君、ヘンな男が近づいてきたら、彼女に「(危険だから)新婚旅行中だということで行動しよう」とささやいて・・・アベックのようにその夜は楽しんだ。彼女のいい匂いを身近に感じて過ごしたとか。 

今回の本「部下をつぶさないアンチ体育会系リーダー術」は、週刊フラッシュ、宝石等の彼の本業について、彼の奮闘が書かれている。
 前回の本『受付のおじさん』は、出版界に入らなかったら教員したかったということで、小学校に勤めてみたかったという夢の実現だった。今回は、言い訳ナシの本業について書かれているから、訴える力があった。
第一章 箸にも棒にもかからない新入社員
第二章 怒鳴らなくても結果は出せる
第三章 自ら高めれば部下は動く
第四章 波乱の「フラッシュ」創刊劇
第五章 売上増なくしては人は伸びない
終 章 部下はひとりとしてつぶすな
 

 最初「女性自身」の担当で苦労をした話は、モレ聞いていたが、福島の田舎育ちでは、あの都会女性を相手にする週刊誌「女性自身」で悪戦苦闘していたようだ。(お前は)使えないと上司から追い出されるようにして、転々と所属上司を変わって・・ようやく10人目上司に出会って・・・それから彼の芽が伸び始める。
 9人の上司を5年にわたって苦労した。この五年で性格が、彼はガラっと変わった。相当叩かれて、鍛え抜かれたのだろう。
 この彼自身のもがいていた時代は、この本の中では、価値のある部分だ。上司との適性があることを読者にも伝わるが、それがどこが受け入れられないのか、それも知りたいものだ。自分自身の問題で、相手のある問題だから、ノンフィクションでは書けないかもしれない。
 

 組織論や部下の育成問題は、部外者には詳しく知らなくてもいい。だけど、彼にとっては当たり前の、雑誌の基本、彼も最初は分からなかった。目の前のデスクが電話で
 「奇起こし四ページ、広告はタテサンとツキとカク」(=「奇数ページから始まる四ページ企画で、その中に一ページの三分の一大の広告、名刺大の『突き出し広告』、六センチ四方の正方形『角広告』スペースをあける」)という、会話が飛び交っていたが、彼は、それを分からず質問できないで、「箸にも棒にもかからない」新人時代をすごした・・・とあると、その苦労が伝わる。常識が編集者間ではツーカーでないと仕事が進まない。
 

それが、9人目のデスクまでは、ノリオは編集部の足手まといのように扱われていた・・・というと彼に悪いが、とにかく次々とお払い箱にされていた。06

 10人目のMデスクに出会い、十数人の班に配属され「今晩、歌舞伎町で一杯やろう!」と誘われ「私の歓迎会か」と思ってついていくと、歌舞伎町のスナックであった。
 若いホステスが親しげに話しかけてきていたが、私の右隣の男が妙に絡み始めた。
「やたらに親しげだな。常連なのか}「そうでもないよ」
「そっちばかりサービスするな」「まあ、まあ、まあ」
その間、Mデスクは黙々と飲みながら、こちらの小競り合いを横目で見ていたようだ。
 その男は、私の方に向き、私のネクタイに手を伸ばし、そして掴んだ。その瞬間、Mデスクがライオンのような咆哮を発しながら立ち上がった。ラグビーで鍛えた、優に八十キロを超える体軀である。
 「ウォーッ!オレのノリオ(紀夫)に手を出したな、おい!お前ら!」
 Mデスクは彼らの前に進むと、一気に彼らのテーブルをひっくり返した。グラスが割れ、氷が飛び散り、ウィスキーのボトルが転がった。女性たちが悲鳴を上げた。女性たちが「辞めてください」と叫ぶ。グラスの破片で切ったのか、くだんの男の手から鮮血が流れ、顔面蒼白状態であった。修羅場だった・・・。
 

 上司と部下の関係となった初日の夜、まさかこんなことになろうとは・・・。この時を契機に、Mデスクとは生涯の付き合いがはじまった。 

 このようなドラマが続くと、面白いのだが、話しは、彼が今度、「フラッシュ」創刊して、部下をもつようになって、部下を育てていくプロセスになる。 

 フォーカス(新潮)130万、フライディ(講談社)150万、エンマ(文芸春秋)50万、タッチ(小学館)50万。FFETの500万市場へ、「フラッシュ」創刊しようとするわけだ。身震いのする戦場に切り込む話である。
 最初創刊号は80万部で勢いがよかった。ソレという段になって、フライディ(講談社)は「ビートたけしの殴りこみ」事件が起きた。そして、写真週刊誌、悪玉論が浮上して、創刊間もない「フラッシュ」は影響を受け、坂道を転げ落ちるように部数は減って行った。62万、57万、55万、52万。パンダが日本にきて、ソレを特集したが1987年最低の42万部に。
 編集長は、そこで、ターゲットを28歳男子を中心とする仕事、性、恋愛、遊び、収入、親問題、仲間。エリートを捨てて、多数派庶民を狙う。23歳~33歳(700万人)の男性を対象として、その10分の一を狙う。リニューアルして、そのターゲットを編集部員全員に徹底した。
 

 コレでV字回復したら、簡単であるが、そうは行かない。あるとき、小泉今日子のパンチラ写真を手に入れた。ソレを載せたいが・・・と、所属プロの社長に直談判して・・・。翌週の売上げが少し上がる。このお色気路線発見して・・・、地道な回復路線を繰り返し・・・

 まあ、あとは、「部下をつぶさないアンチ体育会系リーダー術」を読んでください。dZEROという出版社。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link
Kanban2データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ    

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ

録音テープ起し
講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ 

Dropboxge_3 最近お勧めはDropBoxです。 

ドロップボックスへ音声ファイルを入れるだけで、非常に簡単になりました。現在1回12GB(音声20時間)まで受付可。
  ご連絡頂ければ、即日、専用ドロップボックスを用意します。バイク便を使うより確実で早く、料金のご負担もありません。(もちろん、宅急便依頼で、SDカード、CD,DVD送付でもOKです。)

執筆代行 (①ゴーストライター/②スピーチライター) 
ゴーストライター:原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの原稿作成。著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを文章に作成。出版社・印刷所に提出できる体裁にします。《→執筆代行詳細へ                                                         

プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 最近、国の指導者は、国民の気持ちに逆らっている。 | トップページ | 戦後を総括する「思想の科学」が日本人に何を残したか。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

青春時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近、国の指導者は、国民の気持ちに逆らっている。 | トップページ | 戦後を総括する「思想の科学」が日本人に何を残したか。 »