« 銀河水(ウナス)管弦楽団とモランボン楽団の北朝鮮女性たち | トップページ | 肝硬変から重症化 入院後、小康状態に »

2014年4月 8日 (火)

横田夫妻、拉致被害者めぐみさん娘ウンギョンさん 赤ちゃんに会った

Crm14032021020026p4 めぐみさんの父滋さん(81)母早紀江さん(78)夫妻は、3月10日からモンゴルに滞在し、孫娘ウンギョンさんとは集中的に面会した。にも関らず、日本のマスコミに詳細が伝えられていなかったが、それが、7日、インタビューに対して明らかにした。
拉致被害者横田さん あと一年が勝負 
海上拉致60名~70名 海難事故に見せかけ:
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 面会は、北の係官が立ち会う場合もあるが、通訳なしで行われることもあり、その際はウンギョンさんの夫が日本語でやり取りし、Kor14040813210004n1 (北の)ビデオカメラで様子を撮影していたこともあったという。 
 (モンゴル、ウランバートルの)滞在した施設で、横田さん夫妻は3階、ウンギョンさん一家は4階に部屋が分かれ、面会は主に1日3回の食事の際に行われた。ウンギョンさんに生後10カ月の娘がいるため、横田さん夫妻からウンギョンさん一家の部屋を訪れることはなかったが、夫妻の部屋をウンギョンさんらが訪れ、交流することはあった。

 

 ウンギョンさんに日本語の堪能な夫を娶わせているのは、北政府の意図が大いにあると推測できる。ここをテコにして日本との外交をするつもりが感じられる。


 面会は通常、日本側、北朝鮮側の通訳が同席していたが、横田さん夫妻とウンギョンさん一家のみで過ごすこともあった。その際はウンギョンさんの夫が日本語を話せ、交流が可能だった。夫の日本語は「通訳がいなくても(会話)できる」(滋さん)レベルだったという。
 通訳がいない際には、北朝鮮側がビデオカメラを設置して面会の様子を撮影していた。目的は不明だが、北朝鮮側が面会での横田さん夫妻らの会話を撮影し、その後チェックした可能性も考えられる。

Crm14032021020026p1  早紀江さんは「向こう(北朝鮮当局)に(ビデオなら)直接伝わるチャンスだと思ったので、たくさんの(拉致された)人が帰ってくるのを日本のみんなが待っているということを口に出していった」と明らかにした。

 ウンギョンさんの女児は昨年5月に誕生、北朝鮮では1歳の誕生日を祝うことが大きな行事という説明を受け、ウンギョンさんの娘が1歳の誕生日を迎える5月に北朝鮮を訪問するよう要請を受けたが、
 滋さんは「行けるようになればいいですけどね」と現段階での訪朝が困難なことを説明。母、早紀江さん(78)も「今の段階では行けません」と答えたという。滋さんは「いずれ、こちらから北朝鮮に行ったり、ウンギョンさんを日本に招くことも可能と思うので、その日を楽しみにしている」と話した。
Kor14040808230001n1 (また、北朝鮮が平成16年にめぐみさんの「遺骨」として提示した骨が日本側のDNA型鑑定で別人のものと判明したことについて、ウンギョンさんが面会で「日本の悪い人たちが偽物の骨だというように勝手にいっているだけ」と両親に話したことも分かった。早紀江さんはウンギョンさんに対し、「私はお母さん(めぐみさん)もたくさんの(拉致された)人たちもみんな元気でいること信じているから」と心情を話した。)
産経新聞のインタビューに応じた横田さん夫妻との主なやり取りは次の通り。
 --現時点での訪朝は
 早紀江「全然考えていません」滋「自由に行けるのであったら、行ってみたいですけれどね」
 --拉致問題が解決しないと訪朝はできないのか
 早紀江「もちろん、そうです。(拉致問題が)解決しないとそれはできないですね」
 --めぐみさんについてはどんな話を
 早紀江「(めぐみさんが)動物好きだったという話をしたら、猫がいたことを話してくれて、動物好きなのは変わりないんだなと思いました」
 --めぐみさんの安否の話はあまりしていないということだが
 滋「建前としてお母さん(めぐみさん)が死んだことになっているから、そこを無理に聞くと、北朝鮮に帰ってから(ウンギョンさんに)何かあるのではと思いました」
 --ウンギョンさんはどのような感じだったか
 早紀「小柄でかわいらしい感じ。(めぐみさんに)よく似た顔で、『よく似ているな』と思ってみていました」
 --ウンギョンさんの娘の様子は
 早紀江「ひざ立ちできる。ひざですごく上手に歩いていました」
 --名前は
 早紀江「名前は覚えられなかった。向こうの言葉(朝鮮語)で何と言っていたのか分からなくなった。ご主人(ウンギョンさんの夫)も(名前が)分からない。書いてもらっておけばよかった」
 --今年10月でめぐみさんは50歳になる
 滋さん「(拉致されてから)こんなに長くなったのは人権問題の最たるものなので、一刻も早く解決してもらいたい」

 訪朝実現のための条件として、横田さん夫妻は「拉致問題の解決」を挙げた。滋さんは「自由に行けるのであれば、行ってみたい」と、問題解決後に日本と北朝鮮が自由往来できるようになってからの訪朝を希望。早紀江さんは「ちゃんと解決しないと(訪朝は)できない」と語った。
 面会最終日にウンギョンさんと別れる際、早紀江さんは「今すぐには訪朝はできないけれど、時期が来たら会うことができるから希望を持ってね」と伝えたという。
 面会時、めぐみさんの安否に関して話をすることはほとんどなかった。滋さんは理由について、北朝鮮がめぐみさんについて「死亡した」と主張しており、「そこを無理に(ウンギョンさんに)聞くと、北朝鮮に帰ってから何かあるのではと思った」と説明した。

横田夫妻が米特使と面会 孫娘とのやりとり伝える2014.4.5 10:19
 先月モンゴルで対面した際の内容を、来日中の米国のキング北朝鮮人権問題担当特使に直接伝えていたことが、4月5日、分かった。
 めぐみさんの母早紀江さん(78)によると、米側の要請で4日、父滋さん(81)とともに東京の米国大使館を訪れ、キング特使と約30分間にわたり非公開で面会した。
 めぐみさんが北朝鮮で産んだウンギョンさん、ウンギョンさんの夫と娘の3人と3月10~14日にモンゴル・ウランバートルで初対面した際の様子や、やりとりについて話したという。
 キング特使は拉致問題の解決に協力したいとの考えを示したといい、横田さん夫妻も支援を求めた。
 早紀江さんは「拉致問題に非常に熱心に活動されているキング特使が、モンゴルでの私たちの対面について理解したいということだと思う」と話している。

拉致被害者、横田めぐみさん=拉致当時(13)は、早紀江さんはウンギョンさんに対して、めぐみさんについて「生きていると信じていますとはっきり言いました」と伝えたことを明らかにした。
 面会で、北朝鮮でのめぐみさんについて、ウンギョンさんから「お母さんは歯が弱くていつも歯医者さんに通っていました」ということや、家庭に猫がいたことを聞いたという。横田さん夫妻とウンギョンさん一家との部屋は階が分かれており、主に話をするのは食事の際だった。
 めぐみさんら拉致被害者の安否に関しては、「生死の問題は非常にこちらも出しにくいし、向こう(ウンギョンさん)も(北の政府に)しっかり教えられたように思っていると考えたので、心をかき乱すことになると思い、聞かないでいました」(早紀江さん)と説明。滋さんも「『こういうことを話しては駄目』と(北朝鮮から)いわれていると思った」として、滋さんからは質問しなかったとした。
 ウンギョンさん一行について、滋さんは「チャーター機に乗ってきていたので、(北朝鮮の)偉い人も乗ってきていたと思った」と話したが、面会中に北朝鮮幹部との接触は一切なかったという。
 今月30、31日には中国・北京で局長級による日朝政府間協議が予定されている。滋さんは北朝鮮が経済制裁により外貨不足に陥っているとした上で、「北朝鮮のほうも変わってきているから、その機会を利用して(拉致問題を)解決してほしい」と訴えた。

 実現の背景に家族高齢化
 ウンギョンさんの存在が判明してから今回の面会が実現するまでには、実に11年半もの歳月を要した。めぐみさんにウンギョンさんという娘がいることが分かったのは、日朝首脳会談が開かれた平成14年9月。首脳会談で、北朝鮮はめぐみさんについて「死亡」と説明していた。
 「めぐみさん死亡」という北朝鮮の描いたストーリーが、横田さん夫妻とウンギョンさんが面会する上での「壁」だった。ウンギョンさんは、父でめぐみさんの夫だった金英男(キム・ヨンナム)氏からめぐみさんが「病死した」と聞かされている。
 逆に、ウンギョンさんの「母は亡くなった」という主張に理解を示せば、「めぐみさん死亡」を夫妻が受け入れたようにとられる。めぐみさんは拉致救出運動のシンボル的存在で、運動に与える影響ははかりしれない。ほかの拉致被害者家族らのことも考え、面会はなかなか実現しなかった。
 今回の面会が実現された背景について、横田さん夫妻は17日の会見で、拉致被害者、松木薫さん=拉致当時(26)=の母、スナヨさんが今年1月に92歳で亡くなったことに触れ、「われわれもそういうことになる年齢になっているので、できれば一回でも(面会に)行ってみたいとお願いした」と明かした。

 国連人権調査委報告書が大きな効果
 横田さん夫妻が面会を希望した事情に対し、北朝鮮が面会に応じた背景として指摘されるのが、北朝鮮の人権侵害を調べていた国連人権調査委員会の存在だ。拉致被害者の支援組織「救う会」の西岡力会長は「北朝鮮の人権侵害について、国連調査委員会の報告書は踏み込んで書いており、それが効いた」と話す。
北朝鮮強制収容所 人権無視の実態、アウシュビッツ以上だ

拉致問題進展への影響は?
 今回の面会について、平成14年10月に帰国した拉致被害者や家族たちは「良かった」と声をそろえた。そして、その先の拉致問題進展への期待を口にした。
 20日まで行われた日朝赤十字会談に並行して開かれた両国外務省の非公式協議で、平成24年11月を最後に途絶えている日朝政府間協議を再開することで合意した。横田さん夫妻とウンギョンさんの面会を経て、一つのチャンスが作り出された。政府間協議を糸口に、政府が拉致問題の進展にどうつなげられるのか。高齢化が進む被害者家族は、政府の取り組みを見守っている。

張成沢  死刑判決 即日執行!朝鮮の改革派抹殺 中国、衝撃
北の組織「109常務」、猥褻取締まりで80人を公開処刑
NO.2張成沢チャン・ソンテクの職務解任、朝鮮労働党除名
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link

Kanban2データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ 

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ

録音テープ起し
講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ

執筆代行 ゴーストライター 
原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの原稿作成。著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを文章に作成。出版社・印刷所に提出できる体裁にします。《→執筆代行詳細へ                                                         

プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

|

« 銀河水(ウナス)管弦楽団とモランボン楽団の北朝鮮女性たち | トップページ | 肝硬変から重症化 入院後、小康状態に »

北朝鮮問題」カテゴリの記事

家庭問題」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銀河水(ウナス)管弦楽団とモランボン楽団の北朝鮮女性たち | トップページ | 肝硬変から重症化 入院後、小康状態に »