« 100歳まで生きるのは今5000人に一人。余命を考えて生きよう! | トップページ | 戦争の記憶に「撮影禁止」は矛盾。「国民的歴史」は国民の共通記憶文化だ »

2014年4月16日 (水)

NHKスペシャル 第3回老いと戦う 免疫細胞 老化防止

 シリーズ最終回となる第3回は、老化研究や再生医療の最先端研究を紹介し、細胞社会の終わりを見つめる。出演は京都大学iPS細胞研究所 所長 山中伸弥さん、劇作家・演出家・役者の野田秀樹さん、作家の阿川佐和子さん。テーマ曲はヴァイオリニストの葉加瀬太郎さん。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
000007 世界的に長寿で有名な、イタリアのサルデーニャ島では、100歳の割合が二倍だという。延べ3000人の百歳以上の方の血液を調べると、驚くなかれ、病原菌に対して免疫細胞が20代と同じように効果的に働いていた、という。

 全身に2兆個あるという免疫細胞は、骨髄の「ニッチ」という場所で、1日に1000億個作られ、胸腺で免疫細胞の性能を選別し、有能な免疫細胞のみを全身に送り出すのである。 000014_3
 
 たくさんの種類の免疫細胞が生まれる中で、「司令塔」といえる存在が「T細胞」である。

000026_2
000031 ←まず、樹状細胞が、体の中に入ってきた異物を捕らえてT細胞のもとへと運び。それがもし有害な病原体であるとT細胞が判断すると、T細胞からは「サイトカイン」という物質を放出する。山中教授曰く(その)“一斉メール”によって、他の免疫細胞に連絡し、警戒命令を下す。

000033 Photo_2  その“一斉メール”を受けると、マクロファージが活動して、病原体を捕え、どんどん食べていく•••。免疫のシステムは、このような連携プレーによって、われわれ人体を守ってくれている。

 老化を防ぎ、長寿を可能にするのは、遺伝と免疫力である。
  その免疫力は、年令と共に低下している。一般の人には気付きにくいが、それをT細胞(免疫細胞の司令官)の活動で比較してみると、普通はこのような差がある。
  今後、人間は、「遺伝」的に“長生きタイプ、短命タイプ”の優劣で、結婚相手を選ぶようになるかもしれない。000076
 骨髄で作られたT細胞は、まず心臓の上にある胸腺に送られ、溜め込まれる。このときの免疫細胞の司令塔T細胞の表面には、異物を見分けるための「アンテナ」となる突起物が、既にビッシリと生えている。それは、さまざまな病原体に対応できるようにランダムに生み出され、それぞれが違う形の「アンテナ」を持つように特化されている。
000072
 ところが、胸腺において、これらT細胞(免疫細胞の司令塔)の厳しい選別がなされ、大部分は胸腺の壁で破壊され、生き残るT細胞はわずか5%以下になる。こうして厳しく選別された精鋭たち5%が、病原体攻撃の前線へと送られていく。
000067_2  そのようにT細胞を選別する胸腺は、なんと思春期を過ぎる頃には働きを止め消滅してしまう。その結果、T細胞は一切補充されなくなり、判断力を失って、挙句に暴走する•••
 というのが「老化」の正体だ、と最近は考えられる。

 その免疫細胞が、「免疫細胞の暴走」を起こすことを大阪大学のバイオイメージング技術が、世界で初めて映像に捉えた。そこには、正常であるはずの肝臓の細胞にビッシリとマクロファージが群がり、攻撃している様子が鮮明に映っていた。
000047 000049また、血管にマクロファージが貼り付いて血管の流れを滞らせ、動脈硬化の原因をつくることもわかった。また、メタボリック症候群も、免疫細胞の老化(働き不良)が関わっているらしい。
 このような、免疫細胞がなぜ「暴走」するか。それは、T細胞の機能低下である。判断力を失ったT細胞から放出されたサイトカイン“一斉メール”により、全身のあらゆる所が「攻撃対象」となってしまうためである。

52  山中さんは 次のように語った。
「老衰は避けることはできないが、事故などで苦しい思いをしている人たちもいる。それをなんとかしたい。」
 番組で紹介されていたiPS細胞を用いた試みはまだまだ研究段階なので、これが免疫細胞の「暴走」への切り札になれるかどうかは、まだまだ未知数だ。

白血病 特に急性リンパ球性白血病:
カンニング 中島忠幸 白血病で死:
被爆者二世 がん、白血病の遺伝的影響:

100歳は今5000人に一人。余命を考えて生きよう!
 
NHK細胞の変身パワー 愛着ホルモン(オキシトシン) 
肝硬変から重症化 入院後、小康状態に 
花粉症の正体は何だろう。そして、花粉症対策②
ヒヤリ・ハット20件で一件、事故割合で、ついに 
便秘、整腸、胆石の予防法 「受けたい授業」より 
“梅干し”を毎日一個食べていた兵士は、無事復員
 
血栓予防、血液サラサラにする「ポリフェノール」 
NHK病の起源  うつ  扁桃体からストレスホルモン 
NHK病の起源 がん 生物の発生からのメカニズム 
眼科医から白内障手術DVDをもらった 
アルツハイマーと糖尿病。ためしてがってん 
基礎代謝を上げ、らくらくダイエットが可能!

満腹でも食う人間 ダイエットできるか 
食べ物、食文化
 塩分を減らす食事を考える  
梅ジュースの梅からジャムを作ってみた
 
梅ジュースを造ってみた。 2010.08.09
ゴーヤカーテンからゴーヤ料理へ  
サンマのDHA 脳神経と中性脂肪に有効
  
下水溝油!再生食用油で出回る 
梅ジュースを造ってみた。
 
飲料水「だから」って一体いくら?
 
大潟村 新しい米粉麺の需要創造 
揚げサバ味噌煮 簡単料理 

ゆで卵のカラ なぜむき難いか
 
遺伝子組み換え 是か非か 
鶴瓶 アニサキスで七転八倒 出演 
脂肪肝の治し方、考えてみる 三宅裕司 
長生き遺伝子サーチュイン 目ざませよ
 
熱ショックたんぱく質 老化防止物質 
満腹でも食う人間 ダイエットできるか
 
ハゲは、胃がん 気管支ガンが少ない 
塩分を減らす食事を考える 
遺伝子組み換え 是か非か 
うつ原因はテストステロン欠乏


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link
 
Kanban2データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ 

 アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ

 録音テープ起し
講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ

 執筆代行 ゴーストライター 
原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの原稿作成。著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを文章に作成。出版社・印刷所に提出できる体裁にします。《→執筆代行詳細へ                                                         

プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 100歳まで生きるのは今5000人に一人。余命を考えて生きよう! | トップページ | 戦争の記憶に「撮影禁止」は矛盾。「国民的歴史」は国民の共通記憶文化だ »

生き方」カテゴリの記事

病気と健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 100歳まで生きるのは今5000人に一人。余命を考えて生きよう! | トップページ | 戦争の記憶に「撮影禁止」は矛盾。「国民的歴史」は国民の共通記憶文化だ »