« これで“おしまい”閉店のおしらせ「注文の多い料理店」 | トップページ | お弁当作れるうちが花・・人生は矢のごとし、一炊の夢ですよ。 »

2014年3月26日 (水)

「究極の卵かけごはん」=TKGすぐ美味しく食べる方法

000016  「卵かけごはん」で、卵かけご飯を、熱いお湯かけたご飯でさらさらとたべようとしたら、「アレ?」 さらさら、とならないんだね。ぐちゃぐちゃと掻きこむことになった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

①マサカメTV「究極のTKG=卵かけごはん」が録画してあったので、見ると、ちょっとした工夫が隠されていた。卵かけごはん、簡単な料理であるが、されど一工夫があると、ないでは大違い。

000010  まず、●白身と黄身を分けて●、白身を先にご飯に載せて混ぜる。そうすると、ご飯に白身がまとわり付いて、なめらかな舌ざわりになる。そこへ黄身を載せてかき回す。その前に醤油を1プッシュ、それでかき回す。

さらに上級の食べ方、ヒロシマ風お好み焼きの味で食べたい方には、000017000019 かき混ぜて食べると、材料は同じだから、お好み焼きの味らしい。ご飯の代わりにお好み焼きでもいいと思うなら、それでいい。

タイ風TKGの作り方は、タイ風醤油とバクチー(野菜)を混ぜて、掻きこむ。000023 

②米屋さんがすごく美味しいご飯の食べ方を教えていた。 アル夏の暑い日、食欲がないとき、ふとヨーグルトをご飯にかけたら涼しかろ、とご飯に乗っけたら、いい具合にマッチして美味しかったという。000029 ご飯の上にふりかけとか、なにかプラスするといけそうだ。乳酸飲料などの乳酸系の食品はご飯とマッチする。納豆とキムチが合うように。子供のころ好きだったのは「砂糖かけご飯」だった。

 食に関するブログ
揚げサバ味噌煮 簡単料理 
味噌汁は日本の最高の知恵なり: nozawa22 
人はどれだけ食べたら満足するか 
おばんざい 京都の手料理 
WTO決裂 背景と日本農業  
金芽米 大晦日 昭和20年代のごちそう   
ポリアミン効果、慢性腫瘍に効く  
さんまの焼き方 NHK料理参照 
サンマのDHA 脳神経と中性脂肪に有効  
これで“おしまい”閉店 「注文の多い料理店」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link
 

Kanban2データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ

 アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ

 録音テープ起し
講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ

 執筆代行 ゴーストライター 
原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの原稿作成。著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを文章に作成。出版社・印刷所に提出できる体裁にします。《→執筆代行詳細へ                                                         

プライバシーマーク認証 研修済み 証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

|

« これで“おしまい”閉店のおしらせ「注文の多い料理店」 | トップページ | お弁当作れるうちが花・・人生は矢のごとし、一炊の夢ですよ。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これで“おしまい”閉店のおしらせ「注文の多い料理店」 | トップページ | お弁当作れるうちが花・・人生は矢のごとし、一炊の夢ですよ。 »