« 仏教徒(僧侶=宗教人)を目指す高校生の生き方 | トップページ | ネトウヨ(略称)=ネット右翼日本に流行るもの »

2014年3月 4日 (火)

NHK経営委員がこんなに話題になるとは!長谷川三千子さんについて

Photo そんな中で、槍玉にあげられるのは、百田尚樹と長谷川三千子だ。両方とも、安倍カラーの強い人だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います  お気に入りに追加  
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 長谷川三千子という名前は、この経営委員が問題になって、初めて知った。
①通常、歴史的仮名遣いを用いて文章を書く。
②絶対天皇制を肯定。
③右翼の朝日新聞東京本社襲撃について肯定。
④夫婦別姓制度については文化を破壊する、と反対。

  これだけ並べれば、思想的な傾向は明瞭。とすると、安倍総理の頭も、中身はこれに似ているということか。安倍さんは、内閣法制局長官も、日銀にも、最高裁へも、総理として送り込めるところは、ことごとく似たような思想の方を送り込んでいる。

長谷川 三千子(はせがわ みちこ、1946年3月24日 - ):日本の政治評論家、哲学者。埼玉大学名誉教授。保守系政治団体日本会議代表委員。NHK経営委員。
1964年、東京都立新宿高等学校卒業
1969年、東京大学文学部哲学科卒業
1972年、東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了
1975年、博士課程中退、東京大学文学部助手
1978年、埼玉大学教養学部講師、80年、同大助教授、87年、同大教授、11年、定年退職、名誉教授、13年、NHK経営委員に就任

親戚、姻戚
祖父:元法政大学総長・野上豊一郎(英文学者)、祖母:小説家・野上弥生子。
父:元東京大学教授・野上耀三(物理学者、1918-2008)、母は野上三枝子(英語教育者1922-2008、市河三喜の娘)、
夫:東京水産大学名誉教授・長谷川晃(長谷川西涯)、
伯父:元京都大学教授・野上素一(イタリア文学者、妻は渋沢成一郎の孫娘)
伯父:元東京大学教授・野上茂吉郎(物理学者、妻は労働運動家・高野岩三郎の娘)。「一族とはいえ、長谷川・野上一族には、思想的には左右が入り乱れている」、と兄弟がともに財閥渋沢一族の娘と結婚し「渋沢家との繋がりも深いエリート一族」とも評される983年3月発表の論文「戦後世代にとつての大東亜戦争」(中央公論)。
1984年5月「男女機会平等法は文化の生態系を破壊する」(中央公論)でフェミニズム批判。
2002年1月「『アメリカを処罰する』といふメッセーヂが日本に突きつけたもの」(正論)アメリカの同時多発テロを受けては保守派の西尾幹二、西部邁、田久保忠衛、小林よしのり、入江隆則、東谷暁、佐伯啓思、阿川尚之らが論争を展開、長谷川自身は、彼らは皆同じ保守土台に立ち、論争は成り立たないと見解を表明。そのほか、大東亜戦争(太平洋戦争)、靖国神社、憲法、裁判員制度、皇室などの諸問題に関しても発言。
また選択的夫婦別姓制度については文化を破壊するなどとして反対している。
『「平和主義」の哲学②』長谷川三千子・倉山満 AJER2012.7.17(4)

http://www.youtube.com/watch?v=OSgJ503wppc&list=PL17F541195E184141&feature=share&index=5
★仰っている言葉使いは、お上品ではあるが、その内容は西洋的な価値判断を拒否して、日本本来の神道の価値観に基づいて、一刀両断。それを受けるサンケイ新聞、正論などの連中が、戦前の価値観を持ち出して、時代錯誤がはなはだしい。そんな印象で、毎日新聞、朝日新聞をボロンクソに槍玉に挙げている。どうもこうも、、左翼と右翼のケンカみたいな言論界は、まとまりが付かない様相だ。

【歴史観】民主党、百田尚樹・長谷川三千子両委員の参考人招致★★ニュースより、右翼的“桜”の
感情的な毎日新聞社批判

長谷川三千子の言論活動
『中央公論』1989年7~12月号「OPINION」、
『Voice』  1993年1~12月号「巻頭の言葉」、
季刊『わしズム』(小林よしのり編集・幻冬舎)1号~14号「思想相談室」連載。産経新聞「正論」執筆者。
『バベルの謎』(1996年、中央公論新社)により、和辻哲郎文化賞受賞。

安倍晋三の首相再任を要望し、2012年には「2012年安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」の代表幹事。安倍の首相再任が実現した後も応援団を自認している。

こんな一族がいるのだと感心する。安倍総理も、名門の出だから、似たつながりがあるのだろう。学問も、思想も、労働運動も、なんだか似たようなくくりで、関心持って勉強したり、首つっこんで、組織を作っているように見える。
 生活苦とは無縁の社会階層を形作る人たち。そういう人たちが、NHKの経営委員として、社会を上から監視していていいのだろうか

Nhk NHK受信料の支払いを拒否していた長谷川三千子経営委員の衝撃 (以下全文引用)
  NHK人事の混乱が収まらない中で思わぬ事実が発覚した。
 それは長谷川三千子経営委員が、
NHKの受信料の支払いを拒否していたという事実である。きょう2月27日の毎日新聞が大スクープした。

 これで長谷川経営委員の人事はアウトだろう。籾井会長から始まって百田、長谷川両経営委員の暴言、失言は、批判をものともせず居直るつもりらしい。
 しかし、この受信料拒否事実の発覚は、主義・主張とは無関係の、言い訳ができない“経営委員不適格性”の発覚だ。しかも不注意ではない。
 NHKの報道内容が気に食わないと言って明言した上での受信料支払い拒否だ。すなわち、「クローズアップ現代」の「国歌国旗・卒業式で何が起きているか」という番組が「本当に酷うございました」と公言して拒否したという。自らの偏った思想に反する番組を流したからと言って拒否したのである。確信犯だ。
 ただでさえ受信料不払いの国民に対して最近のNHKは厳しさを強めている。
 未払い者に対しては強制的に取り立てはじめ、NHKの番組参加には受信料支払い者に限ると繰り返し念を押している。一般国民が不払いをするのとはわけが違う。
 NHK会長を選び、NHK放送の経営方針を決める立場にある者が受信料を拒否していたのである。もはや言い訳は成り立たない。自ら辞任するほかはない。
 当然のことながら籾井会長、百田経営委員のNHK人事の適正にも波及するだろう。任命責任問題につながるだろう。これは毎日新聞の大スクープだ。
 久しくお目にかからなかった本来の新聞の役割を、毎日新聞はこのスクープ記事でやっと果たしてくれたということである(了)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います  お気に入りに追加  
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link

Kanban2データ入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ

 アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ

 録音テープ起し
講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ

 執筆代行 ゴーストライター 
原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの原稿作成。著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを文章に作成。出版社・印刷所に提出できる体裁にします。《→執筆代行詳細へ                                                         

プライバシーマーク認証 研修済み 
証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 仏教徒(僧侶=宗教人)を目指す高校生の生き方 | トップページ | ネトウヨ(略称)=ネット右翼日本に流行るもの »

国家戦略」カテゴリの記事

日本の姿、文化」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仏教徒(僧侶=宗教人)を目指す高校生の生き方 | トップページ | ネトウヨ(略称)=ネット右翼日本に流行るもの »