« 69歳を一期に 松井信彦版画遺作展 船橋スクエア21ビルで | トップページ | 「シンドラーのリスト」にある思い 日本人に伝わるか »

2014年1月23日 (木)

世阿弥の教え「花伝書」 伊集院の解釈 臨機応変 時節感当

000021 大きな神社など行くと、能舞台が設えてある。芭蕉が訪ねた中尊寺の隣りにある毛越寺には、立派な能舞台があった。ちょうどそのときは、雅楽のような演奏をしていたので、聞きほれた・・・。東京では、湯島天神にもあったような気がする。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★
読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います お気に入りに追加    
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

000034 
 今時、能楽堂で“能”をやっているのを見たことがない。今から600年ほど前には、芸能人の演芸場のようにしょっちゅう興行が行われ、近在の住民が幼稚園の運動会のように、弁当持ちで見に集まってきた。

なぜ平泉で中尊寺、毛越寺が栄えたか 

「冬構え」(1985年)NHKアーカイブス:000018 世阿弥「花伝書」の中にある教えを解説していた番組(100分で名著)を録画しておいたので、見ると面白い。つい興味持ってみてしまった。NHK教育TVはずいぶん努力され工夫がある。昔の教育番組とは違う。芸能人がずいぶん登場している。
 なにしろ、能は、テンポが現代感覚とあわない。言葉が聞き取りにくい。内容が時代にマッチしていない。それらが、今の人が繰り返し聞くような内容にはなっていない。
ただ“能”を見るのは苦痛に思ってしまうが、解説があれば、入りこめる。

 “風姿花伝”という言葉には、含蓄のある意味がある。
000015_2「離見リケンの見ケン」これを解説して、考えれば現代のエンターテイメントには大きな意味をもつ。
 離見の見=『客観的に見られた役者の演技は、離見(姿)である。すなわち離見を自分自身で見ることが必要であり、自分の見る目が観客の見る目と一致することが重要である』
Photo 「時節感当」=幕が上がって、役者が観客の前に出て、そんな中、役者は第一声を出すタイミングを見極め、観客と自分(役者)。両者が一体となれる瞬間、これを世阿弥は「時節」と呼んだ。この“時”を読める役者が一流で、また的確に読むことを「感当」と言った。

  観客はザワザワとしていたり、酒を飲んで集中していないところへ、役者が出て行き、客の空気に間をみて、体を当てにいく芸を説明しているのだと、現代風に解釈すると「花伝書」はエンターテイメントの解説書になると伊集院は言っていた。000042 観客が騒いでいれば、「序破急」の“破”であり、こちらのテンションも上げて入る。この「序破急」は、一つの定説であるが、これにこだわっては、役者として一流ではないという。
Photo_2“急”は、“オチ”とは違うが、この“オチ”が、観客の感度に合わせて、どう落ち着けるかは、ライブでこそ芸のレベルが見せられるところだ。

 伊集院は六代目円楽の弟子であるのは知られているが、あるとき、古典落語を習っているころ、「CDもあるし、生で落語をやる理由はなんでしょうね」と聞いたそうだ。
「まぁボク用にわかりやすく話してくれたんですけどね。与太郎の小咄ってのがあって、
隠 居『お前いつも鼻たらしてるから鼻かめ』って言うわけですよ。そうすっと
与太郎『ちり紙がもったいない』
隠 居『おまえいつもそんなことばっかり言ってるから、もったいなくないように言ったろ。鼻かんだら乾かしといて、後で便所で使えばいいって言ったろ』
 この後の与太郎は
『やったけど間違えた』って言うのね。これだけで(観客が)笑うときにはこれでいい」
 伊集院の説明は、円楽から聞いた話しである。
 「『やったけど間違えた』でお客さんがあまりノッてない場合は、
“何を”、“順番”まで(説明して)言う。その“順番”で笑いがこなければ、一押しする。

000002
 『汚ねぇな、おまえは』ってとこまでテンションあげて(隠居のセリフ)言え。この“臨機応変”ができるのがライブだ、って」
 風姿花伝とは違うかもしれないが、といいつつ、伊集院は世阿弥の言葉を噛み砕いて、視聴者に伝えていた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★
読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います お気に入りに追加    
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored LinkKanban2
de-ta入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ

録音テープ起し
講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ

執筆代行 ゴーストライター
 
原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの原稿作成。著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを文章に作成。出版社・印刷所に提出できる体裁にします。《→執筆代行詳細へ                                                         

プライバシーマーク認証 研修済み 
証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 69歳を一期に 松井信彦版画遺作展 船橋スクエア21ビルで | トップページ | 「シンドラーのリスト」にある思い 日本人に伝わるか »

日本の姿、文化」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 69歳を一期に 松井信彦版画遺作展 船橋スクエア21ビルで | トップページ | 「シンドラーのリスト」にある思い 日本人に伝わるか »