« 南スーダンの激戦 30万都市ボル 2500名死亡 遺体から悪臭 | トップページ | 名護市長選が「沖縄基地問題」に与えた衝撃 政府、米軍困惑 »

2014年1月27日 (月)

新幹線利権からむJR北海道 派閥抗争が自殺に追い込む

北海道JRでは、2011年中島尚俊社長(当時64)が海で自殺。今年2014年今月15日には、元社長坂本真一相談役(当時73)も海で遺体で見つかり、道警は自殺の可能性が高いと見ている。
堕落した企業体質 派閥抗争 やる気のない社員 JR北海道
JR北海道ニュース ニュース02
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★
読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います お気に入りに追加    
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Jr07中島 尚俊 JR北海道の元代表取締役社長の自殺については、後述として、先に元社長坂本真一相談役(当時73)の自殺を取り上げる。

 北海道新幹線めぐる社内の権力闘争の渦中の坂本真一相談役(当時73)の自殺問題は、底が深すぎて、上記の朝日新聞も、北海道JRでは何が起きているか、読者には伝わらない。多くの新聞社はフォローしきれていないようだ。5f9fd267 末端の作業員がレールの幅の記録改ざんするのが常識化している現実も、この自殺と派閥抗争からすると、それほど異常ではないのかもしれない。沖縄が中央に刃向かうのと違った意味で、北海道は日本の病理である。先進国日本の幻想から目をさませ。早くみんな気付かないと・・・、日本は、メルトダウンだ。

Photo_2 坂本真一相談役
坂本 眞一(1940年(昭和15年)2月19日 - 2014年(平成26年)1月14日):
日本の鉄道実業家。北海道旅客鉄道(JR北海道)相談役。
1940年、東京都出身。北海道大学工学部土木工学科を卒業後に1964年(昭和39年)、旧国鉄に入社。1988年(昭和62年)、日本国有鉄道分割民営化後、取締役鉄道事業本部営業部長、専務取締役総合企画本部長など歴任、
1996年(平成8年)第2代社長に就任。その後は2003年(平成15年)会長、2007年(同19年)相談役を務める。
2006年(平成18年)北海道経済同友会代表幹事、2008年(平成20年)社団法人北海道観光振興機構会長を歴任。
●2014年1月15日8時20分ごろ、北海道後志管内余市町の余市港100mの沖合にて死体となって浮いているところを海上自衛隊によって発見。14日17時頃に秘書が札幌市内自宅に送り届け、翌15日朝に自宅に迎えに行ったが連絡が取れなくなっていたため、警察に通報。自家用車が余市港の岸壁で発見されており、自殺とみられる。

JR北海道の“ドン”坂本真一氏自殺で、関係者間では悲しみをよそに「(巨大利権)北海道新幹線の計画が頓挫してしまう」という動揺が広がっている。

  15日午前8時20分ごろ、後志管内余市町港町の余市港で、「遺体のようなものが浮いている」と海上自衛隊から小樽海保に通報があった。余市署は指紋などから、遺体がJR北海道元社長で相談役の坂本真一さん(73)と確認した。付近の岸壁で坂本さんの乗用車が見つかっている上、遺体に目立った外傷はなく、自殺の可能性が高いという。坂本さんは民営化後の同社2代目社長で、道内経済界でも要職を務めてきた重鎮だった。
 JR北海道などによると、坂本さんは単身赴任で、札幌市中央区のマンションに居住。15日は出勤する予定で、秘書が自宅を確認したところ、携帯電話が残され、連絡も取れないため、同社が札幌中央署に相談。遺書などは見つかっていない。
 余市署によると、遺体は同日午前8時20分ごろ、余市港の約100メートルの沖合で海上自衛隊に発見され、小樽海保が引き揚げた。シャツとベスト、ズボン姿で靴を履き、身元が分かるような所持品はなかったという。死因は水死とみられ、同署は司法解剖して詳しく調べる。
 

 坂本相談役は、社内で“ドン”と呼ばれる超大物だった03年に会長、07年に相談役となったが、社内を大きく動かす派閥のトップとして大きな力を発揮していた。

 
 JR北海道では昨年以降、ずさんな安全管理で事故が多発した上、レール検査データの改ざんが新たに発覚するなど問題が相次ぎ、国土交通省から3回にわたって改善指示が出されている。
 昨年10月には、取締役ではない坂本さんら旧経営陣が、同社の取締役会に毎回出席していることが「現経営陣の意思決定を阻害している」と国会でも問題視され、出席要請を取りやめていた。
 同社では、11年5月に上川管内占冠村の石勝線で特急脱線炎上事故が発生、国交省から事業改善命令を受けた後、11年9月には、現職社長中島尚俊さん(当時64)が、遺書を残して自殺している。<北海道新聞1月15日朝刊掲載>

「JR北海道は、会長派、社長派の二大派閥に分かれていて、長年その対立こそが、ここ最近起こっている数々の問題の原因でもあった。会長派(小池明夫会長)に対して、社長派(坂本相談役)が後ろ盾となり、中島尚俊社長が率いていましたが、中島社長は2年前に脱線事故の責任を問われている中で自殺。
 中島社長の後任の小池会長が一時、社長を引き継いでいたんですが、ボス坂本相談役の力が働いて、昨年の夏、野島誠氏が新社長に就いたんです」(JR北海道関係者)

 ずさんな安全管理で事故が多発、レール検査データの改ざんも発覚するなど渦中のJR北海道だが、責任者である野島社長は10日に入院、16日に予定だった定例記者会見を延期したばかりだった。
「この会見では、レール検査データ改ざんの調査結果が公表される予定だったのですが、その内容をめぐって水面下では、派閥対抗で役員たちが紛糾していた。野島社長の入院は時間稼ぎだろう、という見方がされていた」(同)

 その背景に見え隠れする社内の会長派と社長派との権力闘争に、坂本相談役が悩まされていたという話もある。
「不祥事を機に対立派閥が実権を握ろうとし、そうなると北海道新幹線の誘致をめぐる利権失うという構図があった」と関係者。
 北海道新幹線は40年前に計画され巨額の資金が投じ続けられてきた利権のバケモノ。来年、青森から函館まで6,000億円近くかけてやっと開通の予定。計画では、20年後までに札幌までの延伸で工事が続き、その額2兆円は下らないという予測がある。

「JR北海道は何百億も赤字で、新幹線自体が必要とはいえないのですが、自民党の土建族議員の利権としては、この上なく莫大なもので、がそれぞれ大手ゼネコンを率いて、複数の大物議員社内の派閥を引っ張り合っていた。その緊迫した中で、坂本相談役は権力を失えば、あらゆるところに損失が出るという状況でした」(同)

 社長派役員たちからは、“(北海道新幹線は)完成すれば儲かる”と信ぴょう性のない話が延々と流され、(北海道新幹線)反対意見を封じ込める重要な役目を坂本相談役が担っていたが、坂本相談役の自殺で、さらに状況は混迷してきた。
 JR北海道の最大の問題である社内の権力闘争は、死者を出しても解消する気配はない。
(文=鈴木雅久)ライブドアニュース 

S中島 尚俊(なかじま なおとし、1947年(昭和22年)2月11日 - 2011年(平成23年)9月中旬)、北海道旅客鉄道(JR北海道)の元代表取締役社長。
北海道旭川市出身。1965年(昭和40年)に北海道旭川北高等学校を卒業後、東京大学経済学部に入学。1969年(昭和44年)に大学を卒業し、日本国有鉄道(国鉄)に入職した。その後は営業職を中心に勤務。
1987年(昭和62年)の国鉄分割民営化によりJR北海道に転籍、同社の鉄道事業本部営業部長、旅行業本部長を経て、1994年(平成6年)に取締役、 2003年(平成15年)6月に 代表取締役専務、2007年(平成19年)6月に代表取締役社長に就任。
2011年(平成23年)9月12日、遺書を残し同日朝から行方不明であることをJR北海道が発表。午後には石狩市内の海岸で本人の自家用車が発見される。同年9月18日早朝、釣り人が北海道小樽市・オタモイ海岸の沖合約1キロの海上で遺体を発見し、小樽海上保安部(第一管区海上保安本部所属)の巡視艇が収容した。北海道警の検視の結果、指紋などから遺体が本人であると確認された。
その後、遺書のうち社員宛てのものが公表された。そこには自殺の動機について直接的な表現はなかったが、当時社内で発覚した三六協定違反の謝罪や、同年5月に発生した石勝線特急列車脱線火災事故に触れたうえで安全意識の向上を社員に促す、といった文面がつづられていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★
読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います お気に入りに追加   
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored LinkKanban2
de-ta入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ


録音テープ起し
講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ


執筆代行 ゴーストライター
 
原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの原稿作成。著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを文章に作成。出版社・印刷所に提出できる体裁にします。《→執筆代行詳細へ                                                         

プライバシーマーク認証 研修済み 
証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 南スーダンの激戦 30万都市ボル 2500名死亡 遺体から悪臭 | トップページ | 名護市長選が「沖縄基地問題」に与えた衝撃 政府、米軍困惑 »

ニュース」カテゴリの記事

事件、事故」カテゴリの記事

死の招き」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南スーダンの激戦 30万都市ボル 2500名死亡 遺体から悪臭 | トップページ | 名護市長選が「沖縄基地問題」に与えた衝撃 政府、米軍困惑 »