« 官兵衛 鉄砲購入の命をうけて 堺へ旅 荒木村重と遭遇 | トップページ | 世阿弥の教え「花伝書」 伊集院の解釈 臨機応変 時節感当 »

2014年1月22日 (水)

69歳を一期に 松井信彦版画遺作展 船橋スクエア21ビルで

2825
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★
読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います お気に入りに追加    
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 松井信彦さんの版画遺作展を、船橋スクエア21ビルへ見に行ってきた。2830 作品の数は80数枚、これでも、半分だそうだ。
 それぞれ心にしみる作品であった。遅咲きの作家だったので、世間への知名度は広がらなかったが、彼の誠実さが伝わってくる色彩、秋田県横手出身のよさが伝わってくる。
2840 そして、昨年2013年6月に亡くなるまで、死のカウントダウンの中で、版画を作り続けた作品が並べられいると、思いながら見ると、作者の心意気を感じる。2864 版画は、描画、彫り、刷りという段階を経て作品になるから、この三段階が、どこも技量が落ちると作品が落ちてしまう。松井信彦さんの繊細な絵(描画)、版木の彫り、そして「刷り」ともに、うまい。2896美術学校で学んでいないとも聞いているが、これを専門の師について学んで、美術の賞でも受けていたら、注目されたに違いない。291129172931このころから、肺に異常が感じられるような状態になった。しかし、彼は決して弱気になったり、消極的な態度はしなかった。本職は建築設計であったが、版画作成のためには時間を惜しみなく使い、終末意識を持ってからは、ますます盛んに版画作成に力を注いだという。2975これが、“フィナーレ”と称する人生の最後の作品らしい。バリ島ウドブで見た光景を描き、彫って作品にした。2977
 国民栄誉賞でなくてもいいから、がんばって生きた証に取り上げて賞状の一枚でもほしい。スポーツ選手であったら、プロ級の作品だ。スポンサーをくっつけて、版画に専念させたら、もっとたくさんのいい作品が出来ただろう。光を当てて、日本独特の芸術である版画を取り上げるべきだ。
 彼の作品をもっとタイムリーにマスコミが取り上げるべきだった。
2980・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★
読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います お気に入りに追加    
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored LinkKanban2
de-ta入力 
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/

顧客名簿作成・名刺データ入力・DM宛名シール作成。様々な形式で作られたデータの同一形式での統一化。手書き原稿のデータ化。《→データ入力詳細へ

アンケート入力
各種調査アンケート集計
《→
アンケート入力詳細へ


録音テープ起し
講演・講義・取材・座談会など。様々な媒体の音声のデータ化。 オプションサービスとして、出張録音(機材持込可)・原稿要約いたします。 《→
録音テープ起し詳細へ


執筆代行 ゴーストライター
 
原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの原稿作成。著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを文章に作成。出版社・印刷所に提出できる体裁にします。《→執筆代行詳細へ                                                         

プライバシーマーク認証 研修済み 
証明書番号1483
当社はベテランオペレーター40名
Microsoft Office User Specialist 有資格者


問い合わせ窓口 ←クリック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 官兵衛 鉄砲購入の命をうけて 堺へ旅 荒木村重と遭遇 | トップページ | 世阿弥の教え「花伝書」 伊集院の解釈 臨機応変 時節感当 »

死の招き」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 官兵衛 鉄砲購入の命をうけて 堺へ旅 荒木村重と遭遇 | トップページ | 世阿弥の教え「花伝書」 伊集院の解釈 臨機応変 時節感当 »