« 張成沢 死刑判決 即日執行!朝鮮の改革派抹殺 中国、衝撃 | トップページ | 「マンデラの名もなき看守」 南アフリカは独立した朝鮮と同じ »

2013年12月14日 (土)

老いて初めて知る非情の国政 地獄の沙汰もカネ次第

011012
 この投書は、朝日新聞「声」欄がスクラップしやすく■のレイアウトにする前のモノだから、5年以上前だ。現在、当時92歳の武田定子さんはご健在か、わからないが、しっかりした趣旨の投稿である。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ある一定年齢を越すと、生き方が大変になる。
「つれづれデジカメ日記」に出てきた年金暮らしの方がいちご六粒持ってきて、三粒ずつわけて食べた話しは、身につまされた。年金生活になったから、会合に遠慮したり、出にくいようだ。

  これからは、死に方、死の心構えが課題になる。社会のお荷物になりたくはないが、そうはいっても、社会の医療や福祉の負担が大きいからと、盛んに言われていると、自分は社会のお荷物かと思ったりする。

 名前を出して悪いが、片山さつき議員の父が植物状態になったとき、主治医に「救命措置をしますか」と聞かれたそうだ。一人娘の彼女は、つい「はい」と返事をした。すると、呼吸のためのチューブ、食事のためのチューブを鼻、口から差し込まれ、生かされる状態にされた。
 

 現在、日本全国にはこうして生かされている患者が20万人いるそうだ。片山さつきさん、大蔵省の査定をする立場になって、初めて、全国のこの人たちのような“植物人間”のために1兆円以上の費用がかかっている、と気付いたそうだ。
 そうして生かされることは、家族にとっては「家族の一員」かもしれないが、脳は働かない“生きる死人”…全介護を必要とする人を日本全体で20万人を抱えている。そのことによって生ずる負担は、1兆円以上ある。

 医師は、「リビングウイル」で自分の死を宣言できるように勧める。
 日本社会というシャバは、財政困難な状況で、年金は不十分であるし、健康保険は財政破たんの状況である。政府責任者は年金支給を遅くしたがっているし、健康保険の国民負担を多くしたいと思っている。
 

 もっとはっきり、高齢者で「死にたい人はいませんか?」と声かけをしたらどうだろう。給付額を全国で1年で1兆円削減するためには、何人死ねばいいか、負担を減らすために、計算して、その人数の募集する。これだけはっきり言える人はいないだろう。が、あえて提言してみたい。 

 企業が倒産危機を回避するために人員カットやるではないか。それを年金受給者を同様にしたら、どうなんだ?こんなことは、マスコミも言えないし、識者もいえないだろう。だから、無名の私が、あえて、言ってみる。

 本当いうと、健康で元気でいるうちに、自分の意思で「死なしてもらえる」と、ありがたい。こんな考え方は不健全だろうか。国民基礎年金月6万円だけで、生きていくことを強いられるのは、つらいものがある。病気にでもなった日にや、とてもとても、生きる希望が持てない。

  一年前の土曜日のお昼頃、ドイツに住んでいる母(K君の祖母)が老人ホームで亡くなった。
 その日は調子が良くて車いすに乗って食堂に行き、介護の人が「ご飯を持ってくるから」と離れ、ご飯を持って戻ってきたら、車椅子の上で亡くなっていた…。 94歳の誕生日の前日であった。
 こんなに静かに老衰して、世を去る姿は、死に方のお手本みたいなものだった。昔の人は苦しみを長く引きずらせるより、ひと思いに介錯してもらった。それって、人間の知恵だ、と思う。

  こうはっきりいうと、私が「自殺を勧めている」ようで、非難されそうだが、そういう趣旨ではない。
 以下の二点を言おうと思う。
 「リビングウイル」で自分の死を宣言を勧めること、もう一つは、「死」を堂々と討論するテーマにしてもいいという点である。死をタブー視しないで、肉体的な死は、精神が存在しない物体になっている、という割り切りを日本人もしたら、20万人の植物人間に1兆円以上の費用は、浮いてくる。

 安楽死を認めたら、意外な効果が出てくるかもしれない。
 希望者が、“安楽死鑑定”を受けると、その判定で、公的な機関が生き方をアドバイスし、彼らの苦境を助ける・・・・、と、私は思うのである。
 “安楽死鑑定”死に際しては、借金をし過ぎている死には、相談もできる。元気な肉体から肝臓、腎臓、角膜の提供でペイできれば、安楽死OKとなる。そんな考え方は、現在は倫理的に、いやいや、そうはできないだろうが。

 「リビングウイル」で自分の安楽死宣言は、現代人がかんがえなきゃならないテーマである。生まれれ選択はできないが、「死」が本人の意思で決定できるとなったら、(国家)財政的にも、「(個人的な)生き方」の面でも、メリットがあるはずだ。

 「こんなこと」は、マスコミも言えないし、政府も、知識人も言えないだろう。だから、無名の私が、あえて、言ってみた。

 「リビングウイル」の書式を探したら、医師、病院本位の言い分にも聞こえる。免許証返還を警察署が勧めるようなスタンスに見えて仕方がない。

 私としては
「精一杯生きる努力するが、意識が回復の見込みがないなら、諦める」・・・というニュアンスにしたい。だから、「リビングウイル」を自分で納得いくように変えてもいいだろう。

000006000007日本尊厳死協会ながさき
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link
野沢工房
http://www.nozawa21.net
/
●データ入力(文字入力)エクセル入力
http://www.nozawa21.net
/データ・名刺入力/

●アンケート入力
http://www.nozawa21.net
/アンケート入力/
アンケート処理  1000件以上を想定

●録音テープ起し
http://www.nozawa21.net
/テープ起こし/
研究講演、授業の音声の記録を文書化に役立つ
財界「ランキング情報 テープ起し部門」全国1位

クリック http://www.nozawa21.net/お問合わせ/ 

●執筆代行(ゴーストライター)
http://www.nozawa21.net/執筆代行/
原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの作業。
著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを表現する作業。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 張成沢 死刑判決 即日執行!朝鮮の改革派抹殺 中国、衝撃 | トップページ | 「マンデラの名もなき看守」 南アフリカは独立した朝鮮と同じ »

家庭問題」カテゴリの記事

死の招き」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

病気と健康」カテゴリの記事

コメント

 本当いうと、健康で元気でいるうちに、自分の意思で「死なしてもらえる」と、ありがたい。こんな考え方は不健全だろうか。国民基礎年金(月6万円)で暮らしているのは、つらいものがある。
 「リビングウイル」=自分死の宣言は、現代人が考えなきゃならないテーマである。誕生は選択できないが、「死」が本人の意思で決定できるとなったら、(国家の)財政的にも、「(個人的な)生き方」の面でも、メリットがあるはずだ。
私としては、
「精一杯生きる努力するが、意識が回復の見込みがないなら、諦める」・・・というニュアンスに「リビングウイル」はしたい。

投稿: 安楽死希望 | 2014年1月26日 (日) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 張成沢 死刑判決 即日執行!朝鮮の改革派抹殺 中国、衝撃 | トップページ | 「マンデラの名もなき看守」 南アフリカは独立した朝鮮と同じ »