« 日本弥生人の45%が下戸 白人黒人は「酒に強いタイプ」 | トップページ | 犯罪者レッテルを貼られ.・・・A氏(40)その後の行動を見る »

2013年12月17日 (火)

二ジェールで ただ一人がんばる在留邦人 谷垣雄三外科医

000000   ニジェールと言われても、アフリカと言うことは分かっても、地理的にピンと来ない。世界の最貧国で、医療の遅れた国らしい。なにしろ、国の三分の二が砂漠地帯だという。そこへ移住して、三十年以上外科医として、地元の医療に貢献している。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います お気に入りに追加   
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ニジェールは、国の三分の二が砂漠地帯、世界の最貧国、医療の遅れた国。日本にいると、恵まれているが、しかし、
人生に「生き甲斐」が見つけられないでいる人が多い。そこで、最貧国でも「生き甲斐」を見つけ、そこでがんばる姿を見ると、うらやましいし、感動がある。000081_2
NEW HORIZONという「英語の教科書」に、ニジェールの青年が女装してコンクールという話が載っていた気がする。覚えていないかね。
000008外務省の渡航情報として、危険なレッド情報をだして、なるべくなら渡航を控えるように・・・という。000024 事実、タクシーに乗ったら、運転手が強盗だった。痛めつけられ身ぐるみはがされて、その上、最後にバッテリー液(硫酸)を飲まされ、食道と胃を焼け爛れて病院に担ぎ込まれたときは、意識が朦朧として歩けない状況だったという。
 その治療したのが谷垣雄三医師であった。
 

000089000090 谷垣雄三医師は、1969年信州大学医学部を卒業。卒後、小川赤十字病院にて整形外科、麻酔科などの研修を行い、保生園病院にて胸部外科、麻酔の研修、帯広市立病院にて一般外科を研修。1979年アフリカ・ニジェール・000036
アガデスの国際資源社の医師として派遣され、1年6ヶ月滞在。
 その時の医療のない現地の住民の状態に心を動かされ、帰国後フランス語の研修を積み、1982年、ニジェール政府の要請により、JICAより単独派遣としてニジェールの首都ニアメの国立医科大学の外科教授として派遣された。

5 ニジェールの面積は、日本の3倍の広さがあり、しかし人口は1500万人である。
 ところが、外科医が国に3人しかいないという悲惨な事情であった。谷垣雄三医師は、定時手術毎週50名という激務をこなしたが、しかし10日もかけてラクダに乗せられて来院する急患の大部分は手遅れで悲惨な状態で、谷垣医師は悔しい思いを何度もした。

  中央病院に来る前に、地方に手術のできる外科医を備えた地方病院をもっと沢山作る必要がある。

 ニジェール厚生省に
1)そもそも外科医を増やす必要がある。
2)地方に外科医を配置できる病院が必要である。
3)一つの県に一つの外科病院を作る。
4)少なくとも60万人にひとつの外科病院を作るように
 と提案をした。
 

 外国人が病院をつくることは許可しなかったが、実験センターとしての病院なら、と許可された。都より770㎞離れたテッサワに私費を投じて外科診療所を設立した。
 そこで、多数の患者の手術を行いながら、2名の外科希望の医師を教育し、JICAの協力で日本にこの2名を派遣し研修した。この2名は帰国後ニジェールの貴重な外科医として活躍中である。働きかけにより、現在は外科医が20名程度に増加している。
 

 また、ニジェールの医療が、いつの日か援助に頼らない自力の医療を実現しなければならない、と考えてきた。そのためには、住民が負担できる安い費用で治療が受けられることを実行した。 

 外科治療、薬品をほとんど使わない、酸素吸入などを要しない、手術材料などもなるべく安い糸を使う。高価なガーゼではなくタオルを使う、全身麻酔を避けて局部麻酔に徹するなどの工夫により、経費の節約に努めてきた。


Photo3 谷垣姓は苗字としては旧丹波国に非常に集中しており、兵庫県丹波市や養父市、豊岡市、京都府福知山市などに集中している。兵庫県京都府の両府県に、全国の谷垣さんの半分以上が存在しているとみられる。 谷垣禎一(さだかず)衆議院議員(京都府福知山市)と谷垣雄三医師(京都府峰山町)とは、顔の輪郭が似ている。親戚か、数代まえにはどこかでつながっているのだろうと想像させる。

谷垣雄三医師のプロフィール
1942年 京都府峰山町(現・京丹後市)に生まれる
1967年 信州大学医学部卒業
1970年 小川赤十字病院で4年間、整形外科、麻酔科を研修し、その後国内施設で胸部外科、一般外科を研修する
1979年 ニジェール共和国、サハラ砂漠のアガデスの診療所に1年間勤務。 帰国後、小岩病院で外科、内視鏡を研修、アテネ・フランセでフランス語を学ぶ
1982年 JICAからニジェール共和国・ニアメ国立病院に外科医として派遣される
1992年 ニジェール地方外科医療改善のため、自費でテッサワに病院を設立し、JICAの支援を受け、ニジェール人外科医を2名養成し、援助に頼らない外科医療を開始した
1994年 読売新聞社・国際医療功労賞を受賞
1999年 静子夫人 現地で風土病にて逝去・埋葬される
2001年 JICAから単独派遣打ち切りにより支援が断たれ、自力で医療活動を決意、また谷垣病院が国有化されたため、再度、自費で100ベッドの病院を建設する
2001年 横浜港北ロータリークラブ名誉会員
2006年 国家公務員であった谷垣病院の看護師が引き上げたため、一時、病院を閉鎖する
2007年 病院を再開し、現在に至る
2008年 シチズン・オブ・ザ・イヤー賞を受賞
2009年 第16回読売国際協力賞を授与

 健康アドバイス① 
長生き遺伝子サーチュイン 目ざませよ
 
老病死をどう受け止めるか 
人間の飽食から生まれた糖尿 
便秘、下痢ぎみ、尿道結石 防止運動 
性同一性障害?死ぬほどの悩みか! 
ポリアミン効果、慢性腫瘍に効く 
 ストレスは 寿命を伸ばす良薬?! 
ハゲは、胃がん 気管支ガンが少ない 
脂肪肝の治し方、考えてみる 三宅裕司 
白血病 特に急性リンパ球性白血病:

健康アドバイス② ネグレクト、虐待を受けた人へ  
うつ原因はテストステロン欠乏 
窓を開ける健康 外気を楽しむ 
宮本亜門 引きこもり少年から脱出 
初老期うつ病 定年期うつ病 
うつ認知行動療法 大野裕慶應教授 
増加する「引きこもり」現象
 
森山風歩 虐待と筋ジスからの出発 
界性パーソナリティ障害 医療の遅れ
鶴瓶 アニサキスで七転八倒 出演

白血病 特に急性リンパ球性白血病 
熱ショックたんぱく質 老化防止物質 
告発するか、それとも口をつぐむか 水俣病 
引きこもりからの脱出 ことばの処方箋
人生は山坂多い旅の道 長寿の心得  
うつ認知行動療法 大野裕 慶應教授 
境界性パーソナリティ障害 医療の遅れ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★読んで頂いたら、★1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓  
人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います お気に入りに追加   
ブログ村  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Sponsored Link
野沢工房
http://www.nozawa21.net
/
●データ入力(文字入力)エクセル入力
http://www.nozawa21.net
/データ・名刺入力/

●アンケート入力
http://www.nozawa21.net
/アンケート入力/
アンケート処理  1000件以上を想定

●録音テープ起し
http://www.nozawa21.net
/テープ起こし/
研究講演、授業の音声の記録を文書化に役立つ
財界「ランキング情報 テープ起し部門」全国1位

クリック http://www.nozawa21.net/お問合わせ/ 

●執筆代行(ゴーストライター)
http://www.nozawa21.net/執筆代行/
原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの作業。
著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを表現する作業。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 日本弥生人の45%が下戸 白人黒人は「酒に強いタイプ」 | トップページ | 犯罪者レッテルを貼られ.・・・A氏(40)その後の行動を見る »

国際情勢」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本弥生人の45%が下戸 白人黒人は「酒に強いタイプ」 | トップページ | 犯罪者レッテルを貼られ.・・・A氏(40)その後の行動を見る »