« からくりTV 昌平と美颯 完結編 連絡しなかった六ヶ月間に | トップページ | 盗聴、傍受、検閲 アメリカのやることは、一体なんだ? »

2013年11月 5日 (火)

黒塗りの記事、秘密保護法、国民主権を制限すること

01 これは、10月30日の朝日新聞の社説に出て、「特定秘密保護法」を具体的にして見せたら、多くの人が改めて、ドキっとした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★んで頂いたら、1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います お気に入りに追加  
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
これは、小池百合子議員(自民党)の質疑で、改めて、「特定秘密保護法」を制定しないと日本は「えらいことになる!」と警鐘を鳴らす意味で、首相動静を制限したほうがいいという意味で発言している。


Tky201308230646

79_1_05B0077271_1755434 彼女は、かつて小泉首相が「郵政選挙」のとき、小泉総理の方針の反対する議員の選挙区に刺客として、立候補させたが、一番の難敵であった郵政反対実力者、小林興起がいる東京10区は、小泉首相の意向に男たちがしり込みしたのに、いち早く小池百合子は手を上げ、(兵庫県第2区)から落下傘刺客「くのいち1号で、小林興起を弾き飛ばした。この度胸のよさは、男性議員の上を行く。

 東京10区平成17年衆議院選挙結果
000009



その後、選挙区を奪った小池百合子に対する小林興起の挑戦が続くが、・・・民主党に協力を求めて、小池百合子を落とそうとしたが、江端貴子が、民主党の勢いと小林興起の票をもらって小池百合子に勝ったが、小池百合子はしぶとく比例で復活当選した。
Ebatatakako
東京10区
平成21年8月30日衆議院選挙結果
①江端貴子 105280 当選
②小池ゆり子 96231   比当

東京10区 小池百合子 vs 江端貴子 vs 小林興起 投票38日前  ←YouTubeクリック

 小池百合子渡り鳥経歴日本新党(比例区)参議院議員1993年衆議院議員(兵庫県第2区)→新進党(小沢一郎側近として活躍)→分裂自由党→分裂(残留要請を拒絶)保守党→(2002年保守党を離脱)自由民主党入党。

小池百合子は、権力のありかに近づく嗅覚が優れているから、最初は新進党の小沢一郎に近づき、側近として活躍、新進党分裂で、小沢一郎からたもとを分かち、保守党→(2002年保守党を離脱)自由民主党入党。政権に近づいた。それが、小泉純一郎が大衆に人気だとわかると、首相の意に沿う行動をしている。

Imagesca15h6ft今回の「特定秘密保護法」に賛成しているのは、安倍晋三総理の方針に擦り寄っているのがあまりに明らか。

一方で、日本は、秘密であるとか機密に対する感覚をほぼ失っている平和ぼけの国でございます。毎日、新聞に、首相の動静とか、何時何分、誰が入って、何分に出てとか、必ず各紙に出ていますね。私は、あれは知る権利を超えているのではないだろうかと思いますし、……」――と(国家安全保障特別委員会議事速報)。

 小池百合子議員は、政府に対して新聞各紙への首相動静の情報提供制限、新聞各紙へ掲載自粛、首相動静を「特定秘密」に指定せよ、との主張かはわかりにくい。ただ、首相動静の公表が国民の「知る権利」を超えている、との主張だけは明確だ。

 最高権力者たる総理の動静を報道する事はあって良い、と考える。首相動静を国民が知ることによって、首相の意思(政策)決定過程が国民に伝わってくる。
 小池百合子の発言に、菅官房長官は記者会見で「各社が取材して公になっている首相の動向なので、特定秘密保護法案が規定する特定秘密の要件にはあたらない」と打ち消している。しかし、その本音は、どこにあるか、明確ではない。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131105/k10015795931000.html

 憲法の三大原理を破壊し、日本を「情報統制国家」つまり、トップの意思で国が簡単に進路を決定できる国にしようとするために、「日本版NSC法案」や「特定秘密保護法案」の成立を急いでいるのは、空恐ろしい。
 つい70年前に、日本は頭のいい連中が、天皇を動かして戦争へ突入したあのころを忘れて、日本社会をひっくり返して国民を道連れにした過去を忘れている。

 そのボロボロになった日本の焦土の中から、アメリカの手助けで『平和憲法』を拾ったようなものだが、人類は、もうこれ以上の平和を希求する憲法はできないだろう。

 憲法の三大原理=日本国憲法の三大基本原理としてよく挙げられるのは、基本的人権の尊重国民主権(主権在民)・平和主義(戦争の放棄)である。そして、この三大原理の根底にあるのは、「個人の尊重」「個人の尊厳」という個人の尊厳の原理である。(国民主権=主権とは、国の意思を決定する権利のことを言う)

 国民が国家の支配下で、鶏小屋につながれているのが一番安全と思っている人はいないだろうが、鶏小屋の主人になりたい、我がワレがと思う人が多いのが問題だ。公正無私の精神で「自分の数に入れず」と宮沢賢治の詩のようにはいかないから、どんな情報も知らせてこそ、公正にできるという知恵を働かせたい。閣議の議事録も作っていない・・・ということは、つまり、トンでもない発言する閣僚もいるから・・・鶏小屋の主人のつもりの閣僚が多いということだ。
 だからこそ、逆「特定秘密保護法案」が必要だというべきだ。彼ら国家指導者には、GPSと会話傍受が必要かもしれない。敵の知られて都合の悪い機密は、機密室か、運動場の真ん中で交わしなさい・・・というべきだ。戦国時代の機密会議は、障子を開けて、外か見えるようにして行ったと聞いている。

PhotoG機密について、一般の国民には厳しいくせして、同僚というか管理する側のトップには、機密意識が希薄な場合が多い。要するに、下の組織や個人にはその法律で網を掛けておきながら、情報が漏れるのは、上のほうだ。

戦時中の情報が漏れた事件では、漏らした元が「漏らしていない」トウソ突き通して、作戦がアメリカに完全の漏れていて、大打撃を受けた事件がある。
 1944年(昭和19年)3月31日に起った海軍乙事件では福留繁参謀長ら連合艦隊司令部将校の搭乗機が墜落しゲリラに捕獲されたが、この時積載していた暗号書が米軍の手に渡っていたという。
海軍乙事件 福留繁参謀長 マリアナ沖海戦:
 トップの人間が責任を取ったのは少なく、責任を取るべき人が責任を取ると美談になるほどだ。

海軍軍令部はどんな反省をしたのか 
ミサイルとMDに戦争の悲惨さはない 
陸軍中佐沼田正春 幼い息子に遺訓

太平洋戦争 開戦から学徒動員まで 
嗚呼 満蒙開拓団 岩波ホール盛況なり 
橋本艦長 回天出動せず 真夏のオリオン 
動画で見る 日本の歩んだ歴史と戦争
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「★んで頂いたら、1日1度クリック」 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います お気に入りに追加 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link 
 

062004/04/10 > e-Learning TOEIC(R) TEST 掲載!
http://nozawa21.newton-e-learning.com/index.shtml
Newton e-ラーニングのご紹介
http://nozawa21.newton-e-learning.com/elearning/syokai.html
Newton e-ラーニング TLT学習のしくみhttp://nozawa21.newton-e-learning.com/elearning/tlt.html
Newton e-ラーニング受講教材の紹介
http://nozawa21.newton-e-learning.com/kyozai/index.html ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sponsored Link 
データ入力(文字入力)エクセル入力
http://www.nozawa21.net/データ・名刺入力/
アンケート入力

http://www.nozawa21.net/アンケート入力/
アンケート処理  1000件以上を想定
 

  録音テープ起し
http://www.nozawa21.net/テープ起こし/

研究講演、授業の音声の記録を文書化に役立つ
財界「ランキング情報 テープ起し部門」全国1位
クリック
http://www.nozawa21.net/お問合わせ/ 

  執筆代行(ゴーストライター)
http://www.nozawa21.net/執筆代行/
原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまでの作業。
著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを表現する作業。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« からくりTV 昌平と美颯 完結編 連絡しなかった六ヶ月間に | トップページ | 盗聴、傍受、検閲 アメリカのやることは、一体なんだ? »

国家戦略」カテゴリの記事

日本の姿、文化」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

コメント

お気に入りに追加

投稿: お気に入りに追加 | 2015年8月29日 (土) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« からくりTV 昌平と美颯 完結編 連絡しなかった六ヶ月間に | トップページ | 盗聴、傍受、検閲 アメリカのやることは、一体なんだ? »